【故障したレコーダーのデータ復旧】対処法と本当におすすめ復旧業者を紹介

数あるデータ復旧業者の中でも、レコーダーの復元ができる業者はごく一部です。大事な仕事や思い出のデータを確実に取り出したいという方向けに、失敗しない業者選びのコツとおすすめ業者を紹介しています。
  • 2022年9月7日
  • by.bitdds

レコーダー

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

「レコーダーの電源が付かない」「録画はできているのに再生できない」など、せっかくレコーダーで保存していたデータが取り出せなくなることがあります。

突然レコーダーが正常に動かなくなる原因として、保存しているデータが破損している場合と、内蔵されているHDD自体が物理的に故障している場合に分けられます。

レコーダーに内蔵されているHDDのデータ暗号化技術は非常に強力なため、自力でのデータ復元はほとんど不可能といわれており、データ復旧業者であっても対応できるのは一握りです。

もしこのような状況になってしまった場合には、数多くのデータ復旧業者の中からレコーダーのデータ復旧技術を持っている業者に復旧依頼をする必要があります。

そこで、本記事ではレコーダーの種類やデータを修復する方法、データ復旧に対応できる業者の選び方を紹介し、レコーダーの復旧に対応可能な本当におすすめできるデータ復旧業者を紹介します。

レコーダーからデータを取り出す方法
  • バックアップ機能から復元する
  • 他の機器にデータを移行する
  • データ復元ソフトを使用する
  • メーカーに修理を依頼する
  • データ復旧業者に依頼する
復旧率95.2%実績のおすすめデータ復旧業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

レコーダーの種類

レコーダー差し込み

レコーダーは大きく「HDDレコーダー」と「BDレコーダー」に分けることができ、それぞれ用途は様々です。

ここでは各レコーダーの特徴を紹介していきます。

レコーダーの種類
  • HDDレコーダー
  • ブルーレイレコーダー

HDDレコーダー

HDD(ハードディスク)に映像データを記録するレコーダーで、ブルーレイレコーダーが普及するよりも以前に多く使用されていました。

基本的にはレコーダーに内蔵HDDが取り付けられており、取り外しができないか難しい状態になっています。

HDDレコーダーに外付けHDDを付けられるタイプも存在しており、レコーダー専用の外付けHDDを接続することによって容量をより大きく確保することができます。

外付けHDDに保存したデータはディスクに保存できず、容量を満たしてしまうと削除するか外付けHDDにデータ移行する必要があるのがブルーレイレコーダーとの大きな違いです。

ブルーレイレコーダー

ブルーレイレコーダーとは、DVDの後継となる光ディスクの「ブルーレイディスク」を使ったレコーダーであり、DVDと比較して約5倍のデータを保存することができます。

現在で普及しているレコーダーはブルーレイディスクに対応した機器であるっことが多いです。

ブルーレイレコーダーは主に3つのパートで構成されています。

ブルーレイレコーダーの3つのパート
  • 光ディスクを読み込むブルーレイドライブ
  • 電源や液晶表示などの制御を行うパーツ
  • 録画などのデータを内蔵するHDD

データの保存用に内蔵HDDを搭載しているブルーレイレコーダーでは、内蔵HDDの経年劣化や摩耗によって正常に動作しなくなったり、筐体の故障で電源がつかなくなるなど、複数の要因で障害が発生します。

レコーダーに利用されるHDDの一般的な耐用年数は5年程度と言われており、故障したり録画やデータの読み込みが出来なくなってしまった時には、早急にデータの取り出しを行わなければ最悪の場合2度とデータの取り出しができなくなってしまうかもしれません。

レコーダーのデータ復旧する時に注意すべき点として、一般的なHDDと比較して個人での復旧は復旧確率がとても低いため、場合によってはデータ復旧業者に依頼することが大切です。

主なメーカーと機種

HDD・BDレコーダーの主なメーカーと機種は以下の通りです。

メーカー機種目安の耐用年数
SONYBDZ-FB・BDZ-FB・BDZ-F5~7年
PanasonicDIGA(ディーガ)6年
SHARPAQUOS(アクオス)5年
TOSHIBAREGZA(レグザ)5~6年

一般的にレコーダーの寿命は5~6年と言われており、突然壊れてしまったり認識されなくなるとった事例は少なくありません。

もしも突然故障してしまった時のためにも、データをレコーダーだけに保存するのではなく定期的にディスクなどにデータを移行してバックアップをとっておくことをおすすめします。

レコーダーのデータ復旧を依頼するならデジタルデータリカバリー


レコーダーのデータ復旧に対応が可能なデータ復旧業者は一握りの技術力の高い業者に限られますので、探すのでも一苦労です。

そんな時に本当におすすめできるデータ復旧業者はデジタルデータリカバリーです。

✔11年連続データ復旧国内売上No.1のデータ復旧サービス

復旧率最高値95.2%の技術力

✔自社内復旧・最先端設備の自社復旧ラボをすべて公開

✔官公庁・大手法人を含む相談件数29万件以上の実績

✔国際標準規格ISO27001/ISMS認証を取得した万全なセキュリティ体制

✔データ復旧依頼の8割を48時間以内に復旧するスピード対応

✔相談・初期診断・見積無料など豊富なサポート体制

今回おすすめするデジタルデータリカバリーは国内最大手のデータ復元業者の1つです。

他社で復旧できなかった機器の復旧実績が多数あるため技術力は間違いありません。

データ復旧業者に依頼をする場合はまずこちらのデジタルデータリカバリーに相談すると間違いないでしょう。

復旧率95.2%実績のおすすめデータ復旧業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

レコーダーが故障する主な原因

レコーダーが故障したり寿命が近づいたりすると、「電源が入らない」「録画・再生ができない」など色々な症状が現れます。

異変を感じた時には、何らかの障害が発生している可能性が高くなるので、症状が悪化してしまう前にデータ復旧業者で診断してもらうことが大切です。

レコーダーが故障してしまう原因として、大きく以下の3つに分けられます。

レコーダーが故障する原因
  • 筐体不良
  • データに不具合がある論理障害
  • 物理的に故障している物理障害

筐体不良

レコーダーの電源が入らない場合、外装部分の筐体が故障している可能性があります。

筐体が破損していると、データを保存しているHDDに異常が起きていなかったとしても読み込めていないため、データが正しく認識されません。

また、筐体の破損が起きている状態で接続を繰り返しや長い間放置してしまうことによって、HDDの故障につながるケースもあり、他の障害との判断が難しいことがあります。

筐体の故障はデータ復旧ではなくレコーダーの修理を行い、データ復旧を行う必要があるため難易度が高くなります。

データ復旧業者でもデータを復元できないことが多いのですが、技術力が備わっている業者であれば、筐体故障にも対応しているので、まずは技術力の高い業者で初期診断をおこなうことをおすすめします。

論理障害

「論理障害」とは、レコーダーのデータを保存しているHDD自体に問題はなく、保存しているデータの読み出しや保存状態に問題があるときに発生する障害です。

これらはレコーダーを扱っている中での誤操作やフォーマット上書きによって発生します。

論理障害に発生しやすい症状として、以下の原因があります。

論理障害の症状
  • データを誤ってフォーマット・上書き・削除・初期化してしまった
  • 機器に「アクセスできません」などのエラーが発生している
  • 認識しない、読み込めない
  • データが再生できない
  • 読み込みなどの動作遅くなる

一般的なHDDに発生している論理障害の復旧率は症状が軽度であれば低いですが、レコーダーの論理障害は下記で説明する「物理障害」と同等に復旧が難しいとされています。

レコーダーに搭載されているHDDに記録されたデータは、著作権上の問題で全て暗号化されているため、非常に復旧難易度が高く従来の復旧作業では通用しないケースが多いです。

レコーダーの専門技術を持っている復旧業者は一握りの業者に限られますので、対応可能な技術力の高い業者を選択し、依頼することが重要です。

物理障害

「物理障害」とは、レコーダーのHDD自体が物理的に故障している状態であり、症状としてはかなり重篤化している状態です。

物理障害は経年劣化や外部からの物理的な衝撃、水没や静電気などの影響によって発生する可能性が高くなり、データの復旧難易度がかなり高くなります。

物理障害の症状として以下の症状が挙げられます。

物理障害の原因と症状
  • 異音・異臭がする
  • 落下や水没による強い衝撃を加えた
  • 部品の破損
  • 電源が入らない
  • エラーコードが表示・エラーランプが点灯する

コピーガードによって別の機器にデータを移行できないため、元のレコーダーを修理してからデータ復旧を行う必要があります。

物理障害のデータ復旧が可能なデータ復旧業者は一部の業者に限られるため、診断したうえで、発生している障害に対応可能かどうかを確かめる必要があります。

障害が併発している場合

動画が再生できない場合は「論理障害」「物理障害」が併発している可能性があります。

上記の症状はどちらの障害でも発生する可能性があり、どちらの障害が発生しているのか、併発している可能性があるか見分けることは、専門の業者で診断しなければ難しいです。

安易に自己判断をし復旧作業をした場合、状態が悪化するおそれがあるので、不安な方は専門業者に依頼するようにしましょう。

【メーカー別】 エラーコードの表示・エラーランプの点灯の意味合い

レコ―ダーのエラーランプが表示されている場合やレコーダーの窓部分にエラーコードが表示されている場合のように、レコーダーが正常に起動できない場合があります。

上記のような状態ではHDDに何らかの障害が発生している可能性が高いため、レコーダーがどのような状態にあるのかを知るためにも、エラーコードやエラーランプの意味合いを見分けることも一つの手段になります。

メーカー別に分けた、症状が重症な場合のエラーコードの表示パターンは以下のとおりになります。

東芝(REGZA)
  • 「新しいUSBハードディスクを検出しました」
  • 「ハードディスクが初期化されていません」
SONY
  • 「SYSTEM ERROR 」
  • 「E6100」
  • 「E6101」
パナソニック(DIGA)
  • 「F99」(本機が正常に動作しません)
シャープ(AQUOS)
  • 「システムエラーが発生しました」
  • 「ハードディスクにエラーが発生しましたので操作できません」
  • 「 ハードディスクを確認中です」

これらのエラーコードが発生している場合には、HDDがレコーダーに認識されていない状態であることが多く、このエラーが一番頻発するトラブルです。

エラーコードに合わせた対処を行ったうえでも改善されない場合には、レコーダー本体が故障していたりHDDに物理障害が発生している可能性が高くなるので、なるべく早急にデータ復旧業者に依頼して復旧しましょう。

レコーダーのデータ復旧は個人では難しい

レコーダーのデータ復旧は通常のHDDよりも難易度が高く、自力で復旧するのはほとんど不可能であり、高度な知識と技術が必要です。

通常のHDDよりもレコーダーはデータ復旧難易度が高い

レコーダーのデータ復旧は、メーカーごとに独自のフォーマット形式を採っており、各機器のフォーマットに合わせた技術力が必要になるため、データ復旧のなかでも高難易度とされています。

また、レコーダーの暗号化技術は非常に優れておりデータ復旧は困難であるため、ほとんどのメーカーではデータ保障サービスを設けていません。

大事な映像が入っていたり、データを確実に取り出したい方は、レコーダーの復旧に関して技術力の高い業者に依頼するようにしましょう。

 HDDを分解して取り出す必要がある

データ復旧業者でHDDを解体する際には、異物混入を防ぐためのクリーンルームなどの設備が備え付けられている場合があり、復旧経験の多いエンジニアが対応することが多いです。

これは、一度HDDの分解をしてしまうと、内部にホコリやチリなどの不純物が混入し、部品が損傷する可能性があることから、データの復旧できる可能性が著しく低下してしまうためです。

個人作業でHDDを解体し、データが復旧できなくなってしまったという事例は少なくないので、個人での解体は絶対にしないようにしてください。

復旧ソフトではデータを取り出せる可能性は低い

レコーダーの場合、復旧ソフトを使用してデータを復元できる可能性は非常に低いです。

レコーダーに使用されているHDDは暗号化がかかっており、そのレコーダーでしか読み書きできないようになっています。

また、復旧ソフトで復元できるのは「軽度の論理障害」に限られています。

レコーダーのHDDは暗号化がかかっており、高度な解析と技術が必要になるので、対応範囲外になります。

メーカーの修理ではデータは取り戻せない

メーカーの修理では、レコーダーの機能を修理するものにとどまるためデータの復旧はできず、保存されているはずのデータは消去されてしまいます。

データが確実に復旧したい場合には、メーカーや修理業者で修理作業を行う前にデータ復旧業者に依頼してデータの取り出しを行うことが先決です。

修理とデータ復旧をしっかりと区別し、機器の動作とデータのどちらを修復したいかを判断することが大切になります。

レコーダー復旧に対応できるのは一握りの業者のみ

上記で説明した通り、「メーカーごとに独自のフォーマット形式を使用している」「暗号化がかかっている」という点から、技術力のない業者にデータ復旧を依頼してしまうとほぼ確実に初期化されてしまいます。

また、データ復旧作業の中でも高難易度とされているので、レコーダーの復旧に対応できるのは一握りのデータ復旧業者のみとなっています。

確実にデータを復旧するためには、技術力の高いデータ復旧業者を見極めて、早急に依頼することが重要ですので、本記事に記載しているデータ復旧業者の選び方を参照してみてください。

 

レコーダーからデータを復元・取り出す方法

不具合や故障が疑われるレコーダーからデータを復元・取り出す方法について解説していきます。

レコーダーからデータを復元・取り出す方法
  • バックアップ機能から復元する
  • 他の機器にデータを移行する
  • データ復元ソフトを使用する
  • メーカーに修理を依頼する
  • データ復旧業者に依頼する

バックアップ機能から復元する

バックアップに映像を保存している場合は、そこからデータを復元できる可能性があります。

レコーダーに他の機器へのダビング・ムーブ機能があればバックアップが可能ですが、それらの機能がなく過去にバックアップをとったことが無ければ、この方法を利用することはできません。

ダビング・ムーブ機能の有無は、機器の取扱説明書を確認してみてください。

他の機器にデータを移行する

同じメーカー、モデルのものをもう一台用意できる場合は、HDDを移し替えてデータを読み込める可能性があります。

ですが、ブルーレイレコーダーは機種によってファイルを読み書きするシステムである「ファイルシステム」を使用しているため、この方法はある程度機械の知識が必要になります。

ファイルシステムが異なる機器にデータを移行した場合は、データを読み込めないだけでなく、データが初期化される可能性もあります。

また、この方法はHDDに物理障害が発生している場合には使えず、復旧難易度がさらに高くなってしまうため、行わないようにしてください。

データ復元ソフトを使用する

自力でデータを取り出したい場合は、データ復元ソフトを使用する方法もあります。

ですが、復元ソフトのほとんどはパソコン用に作られており、ブルーレイの録画データを読み出すことができません。

データを取り出せても、パソコンとブルーレイレコーダーは互換性がなく読み出し不可能になるだけでなく、復元ソフトを使用することで症状を悪化させる危険性もあります。

安易にデータ復元ソフトを使用しないようにしましょう。

メーカーに修理を依頼する

データよりも、レコーダーの正常な起動・動作を優先する場合はメーカーに修理を依頼しましょう。

破損した部品や箇所を修理・交換を行うことで正常に動作させることができます。

しかし、レコーダーのメーカー修理のほとんどの場合初期化され、データは全て失われます。

データを復旧したい方はメーカーに修理を依頼する前にデータ復旧業者に依頼することが必要になります。

データ復旧業者に依頼する

データを最優先で取り出したい・復旧させたいという方で最も成功率の高い方法が、レコーダーに対応しているデータ復旧業者に依頼することです。

データ復旧業者では、故障原因を正確に判断し、発生している障害に合わせてデータ復旧作業を行います。

技術が高い業者を選べば、復旧設備や実績から得られるノウハウによって高難易度な障害でも復旧できることがあります。

むやみに自力でデータを取り出そうとするとかえって悪化し、復旧難易度があがってしまうので、早い段階でデータ復旧業者に相談するようにしましょう。

データ復旧業者を選ぶ際のポイント

いざ、データ復旧業者を選ぶとなっても、100社以上存在する中から選ぶことは非常に困難な作業になります。

また、技術や強みは業者によって大きく異なり、依頼したはいいものの業者選びに失敗してしまうと、データを完全に失ってしまうこともあります。

業者をスムーズに選べるように、見るべきポイントを4つに絞りました。

データ復旧の技術力が高い

レコーダーのデータ復旧作業は非常に高い技術力が求められるため、一番大切なポイントになります。

技術力の高い業者の特徴として以下の点が挙げられます。

技術力の高い業者の特徴
  • 技術の実績(復旧率・復旧件数)を公開している
  • 他社で復旧できなかった障害の復旧実績が多い
  • 精密な作業ができる復旧設備(クラス100クリーンルームなど)を設置している
  • 技術的な面での表彰実績がある
  • 軽度~重度・最重度障害まで、対応できる障害の幅や機器の種類が豊富
  • 自社内に復旧専門エンジニアが数十名在籍している
  • 自社内でデータ復旧を行っていて、復旧ラボを見学できたり、WEB上に公開している

復旧率や自社の設備を非公開にする業者は、実績が乏しい可能性が高いため、依頼は避けた方が良いでしょう。

信頼できる実績やセキュリティ水準

復旧したいデータには個人情報や機密情報が詰まっているため、信頼性の高いデータ復旧業者を選ぶようにしましょう。

信頼性の高いデータ復旧業者の特徴
  • 相談実績・対応実績数が他の業者と比較して多い
  • 官公庁・捜査機関、大手法人からの依頼実績がある
  • 他社で復旧に失敗した機器の復旧事例がある

また、セキュリティ対策のレベルは、ISO27001やPマークなどの規格認証を取得しているところであればまず間違いありません。

スピード対応が可能

24時間電話対応や復旧期間が短いなど、スピード対応を行っている業者は技術力が高い傾向にあります。

直接業者への持ち込みが可能な業者であれば、その場で診断・見積まで行えるのでスムーズに復旧作業を行うことができます。

緊急時の対応が可能であるため、今すぐ復旧したい、〇日までにデータを取り出したいといった急ぎの場合も相談しやすいメリットがあります。

サポート体制が充実している

初期診断を無料で行っていたり、部品代が無料になるサービスを行っている業者もあります。

また、年中無休で対応している業者だと、土日祝日の問合せにも対応してもらえます。

データ復旧をできるだけストレスなく、お得に依頼するためにも、サポート体制が充実しているかをHPなどで確認しましょう。

おすすめのデータ復旧業者

ここで、編集部おすすめのデータ復旧業者の特徴やサービス内容について解説していきます。

データ復旧の依頼を検討している人はぜひチェックしてみてください。

デジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリートップページ

デジタルデータリカバリーは、国内売上11年連続No.1のデータ復旧業者です。(第三者機関調べ/2007年~2017年)

技術力は国内トップクラスで、データ復旧率の最高値は95.2%(※2018年2月)と高い実績を持っています。さらに、ハードディスク、PC、スマホ、USB、sdカード、ビデオカメラ等の幅広い機器に対応しています。

官公庁・法人からの依頼実績も多数あり信頼できるだけでなく、相談窓口は年中無休の24時間365日受け付けているので、急なデータトラブルが発生しても安心のサポート体制が整っています。

デジタルデータリカバリーのおすすめポイント
  •  11年連続データ復旧シェアNo.1
  • データ復旧実績は95.2%!
  •  初期診断無料で安心して相談できる
  •  365日営業・最短即日でデータ復旧対応可能
  •  国際水準のセキュリティ対策で信頼できる
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

デジタルデータリカバリーのサービス特徴

項目デジタルデータリカバリー(DDR)
営業時間・相談窓口年中無休 24時間受付 夜間の電話相談あり
持込・宅配・出張 への対応持込:◎
宅配:◎
出張:◎
ラボ見学も可能
初期診断
費用:無料
最短5分で診断完了
配送料無料
(キャンセル時の返送料金のみお客様負担)
実績✓復旧率最高値95.2%
✓ご相談件数29万件超
✓ご依頼の約8割を48時間以内に復旧
設備クリーンルーム クラス100
ドナーHDD 7,000台以上
セキュリティ承認ISO27001/ISMS
Pマーク
従業員数164名
(エンジニア40名以上在籍)
拠点5ヶ所
本社:東京
運営会社デジタルデータソリューション株式会社
詳細公式サイトを見る
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

レコーダーが故障した場合まとめ

レコーダーが故障してしまった時のデータ復旧の方法は通常のHDDよりも復旧難易度が高いため、より慎重な対応が求められます。

個人での復旧では復旧できる可能性がかなり低く、本当は復旧できたかもしれないレコーダーの状態がが復旧できない状態まで悪化してしまっては本末転倒です。

データ復旧業者でも一部の業者でしか復旧できないため、確実にデータが復旧したい場合にはデータ復旧業者に早めに依頼することをおすすめします。

レコーダーが故障した場合まとめ
  • 原因は「論理障害」「物理障害」があり、併発している可能性もある
  • レコーダーのデータ復元は通常のHDDよりも難易度が高い
  • データ復元ソフトは安易に使用しない
  • 業者を選ぶ場合は技術力と信頼性がある業者を選ぶようにする
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。