【2022年5月】ポケット型WiFiの短期レンタルでおすすめ3つと番外編4つ

ポケット型Wi-Fiが必要だけど、数日、数週間で十分。必要なときだけ使いたいという方には、短期間1日単位で使えるレンタルポケット型Wi-Fiがおすすめです。本記事では2022年現在で短期ユーザー向けのレンタルポケット型Wi-Fiや、契約期間の縛りがなくおすすめできるポケット型Wi-Fiをご紹介します!
  • 2022年5月3日
  • by.Fenway

ポケット型WiFi 短期レンタル

2年・3年単位の長期契約と違約金が発生すると思われがちなポケット型WiFi(モバイルWiFiルーター)。

しかし、最近は1日単位でも使える短期ユーザー向けのレンタルサービスもあることをご存じでしょうか。

契約期間が短ければ、固定回線の工事前や出張などで一時的に使いたい人も気軽に利用できますね。

そこで今回は2022年現在で短期レンタルできるおすすめのポケット型WiFiをランキング形式で紹介します。

関連記事

本記事では大容量の2022年おすすめポケット型WiFiを中心に、月額料金や特徴などを比較・紹介します。 現在、容量無制限で使えるポケット型WiFiは少なくなり、100GB〜300GBの大容量ポケット型WiFiが中心となりました。 […]

ポケット 型 WiFi 2022年最新 人気 おすすめ
ポケット型WiFiおすすめ
ポケット型WiFi短期レンタルおすすめNo.1

※本記事中の価格は総額表示

ポケット型WiFiのレンタルとは?

STAR WiFi端末

画像引用元:完全定額格安レンタルWi-Fi STAR WI-FI

まず、ポケット型WiFiのレンタルとは何か説明します。

一般に、ポケット型WiFiの契約期間は2~3年程度で、契約期間内に解約すると違約金が発生します。

しかし、ポケット型WiFiのレンタルはポケット型WiFiの端末と回線を借りるサービスで、契約期間や違約金などの縛りが一切ありません

下記のような、長期の契約を避けたい方にはレンタルのポケット型WiFiがおすすめです。

レンタルのポケット型WiFiがおすすめな人
  • 引っ越し等で一時的にネット回線が必要になった人
  • 海外からの旅行客・短期留学生

レンタル時の端末の受け取り先は、コンビニや空港など自分の都合に合わせて選べます。

また、返却もポスト投函などとても簡単なので、短期でポケット型WiFiを使いたい人には便利なサービスです。

続いて、レンタルポケット型WiFiのおすすめサービスをランキングで紹介します。

ポケット型WiFiレンタルするならどこで借りる?店舗かWEBかおすすめは

おすすめ1位 WiFiレンタルどっとこむ

WiFiレンタルどっとこむ

画像引用元:【公式】WiFiレンタルどっとこむ|WiFiレンタル日本国内専用

1位は、海外でも国内でも使えて1日単位からレンタルできる「WiFiレンタルどっとこむ」です。

WiFiレンタルどっとこむの特長
  • 国内WiFiレンタル2年連続1位
  • 1日単位からのレンタル期間
  • 料金は最安1日496円~
  • ユーザーの「もう少し」を叶える自動延長制
  • いつでもやめられる日割り料金計算
  • 事務手数料なし
  • 分かりやすく簡潔なホームページ

レンタル期間が1日単位で料金も安く、ユーザーの支持が高いことも分かります。

特に、1日からの短期レンタルが可能にもかかわらず1日最安496円からという低価格は魅力的です。

料金とキャンペーン

料金プランは基本的にレンタルする端末によって異なります。

WiFiレンタルどっとこむの料金プラン(一部)

項目料金
(1日あたり)
利用可能
データ量
回線
SoftBank T7
無制限 1日10GB
540円無制限ソフト
バンク
SoftBank
E5383
無制限 1日1GB
470円無制限
SoftBank
T6
無制限 1日5GB
490円無制限
WiMAX 5G L11
無制限
605円無制限WiMAX
FS030W
6GB
1,320円31日間6GBまでau
詳細WiFiレンタルどっとこむ 公式サイトへ

今回紹介するランキングの中でも機種ラインナップにおいてはトップクラスです。

どの機種をレンタルするか迷いそうですが、ホームページにわかりやすく説明されているので、自分にぴったりな端末もすぐに見つかります。

料金、使いやすさ、実績と総合的に判断してランキング1位のおすすめ業者となりました。

予定が伸びても自動延長で安心

一時的にテレワークする、新居のネット回線工事までのつなぎなどの事情で、短期レンタルのポケット型WiFiを使うケースが多いです。

ただテレワーク期間や回線工事までの期間が急に延びたりして、予定していた期間より長くポケット型WiFiが必要になることは珍しくありません。

WiFiレンタルどっとこむは契約が自動延長され、契約時の料金プランも引き継がれるため、延長手続きの手間が省けます。

店舗はある?

WiFiレンタルどっとこむ 渋谷ちかみち 総合インフォメーション

画像引用元:全国主要空港カウンターで受取・返却可能 | 【公式】WiFiレンタルどっとこむ

WiFiレンタルどっとこむは、主要空港と渋谷(渋谷ちかみち 総合インフォメーション)に店舗があります。

また、渋谷ちかみち 総合インフォメーションでは、ポケット型WiFiの受取りのみに対応し返却等の他手続きはできません。

そのため、WiFiレンタルどっとこむを利用する際は、宅配やコンビニを使うことになると考えて良いでしょう。

WiFiレンタルどっとこむの申込み手順

ここではWiFiレンタルどっとこむの申込み方法を、実際の画面を見ながら解説します。

手順1:WiFiレンタルどっとこむの公式サイトにアクセス

WiFiレンタルどっとこむ

手順2:レンタルしたい端末と台数を選ぶ

WiFiレンタルどっとこむ端末選択

手順3:受取返却方法を選ぶ

受取返却方法

手順4:レンタルする期間(ご利用期間)を入力

レンタル期間

手順5:各種オプションを選択する

WiFiレンタルどっとこむのオプション選択

手順6:お客様情報やクレジットカード情報などを、画面の指示に従って入力していく

お客様情報入力

以上でWiFiレンタルどっとこむの申込みは完了です。

端末が届くのを待ちましょう。

おすすめ2位 SoftBankレンタルWiFiルーター

SoftBankレンタルWiFiルーター

画像引用元:SoftBankレンタルWiFiルーター公式サイト

通信速度の制限を受けたくない人は「SoftBankレンタルWiFiルーター」がおすすめです。

SoftBankレンタルWiFiルーターの特徴
  • 1ヶ月250GBまで速度制限なし
  • 下り最大988Mbpsの高速通信
  • 高速化したWiFi規格「11ac」に対応
  • 干渉しにくい「5GHz」に対応

SoftBankレンタルWiFiルーターは、以下のように通信速度を高速化しているため、快適に利用できます。

  • 下り最大988Mbpsの高速通信「4G LTE」に対応
  • 通信速度を高速化したWiFi規格「IEEE 802.11ac」に対応
  • 電波の干渉を受けにくい「5GHz帯」に対応

SoftBankレンタルWiFiルーターで取り扱っているものは、大容量バッテリーを搭載しており、最大で約12時間の連続通信が可能です。

また、10台まで同時接続できるので、家族や友人と共有して使用することも可能です。

通信速度の制限を気にしないで使える

モバイルルーターにはひと月7GBなど通信量の上限が決まっているものが多く、上限を超えると制限がかかり低速になってしまいます。

そのため、動画が再生されない・ダウンロードができないなどイライラする事態になることも。

しかし、SoftBankレンタルWiFiルーターでは、250GBまで速度制限がかかりません

かなりハードに利用しても制限がかかることは、まずないでしょう。

ネットサーフィンはもちろん動画を見たり、音楽・アプリをダウンロードしたりゲームを楽しむなど、通信速度の制限を気にせずに楽しめます。

長期プランがお得

SoftBankレンタルWiFiルーターのプランでは利用期間が長くなるほど、お得に利用できます。

SoftBankレンタルWiFiルーターの料金プラン

プラン料金 (501HW / 601HW)料金 (802ZT)
デイリープラン480円 / 1日580円 / 1日
マンスリープラン 6,000円 / 1ヶ月7,500円 / 1ヶ月
3ヶ月 (10%OFF)月々5,400円月々6,750円
6ヶ月 (15%OFF)月々5,100円月々6,375円
詳細SoftBankレンタルWiFiルーターを見る
SoftBankレンタルWiFiルーター

13日以上利用する場合は、マンスリープランの方がお得です。

高速通信ルーターの802ZTでは、マンスリープランは1日あたり250円で利用でき、1日につき250円で延長もできます。

延長の申し込みは、延長フォームより申請できます。

また、3ヶ月以上利用する場合は、10%〜15%の長割が適用される長期プランがおすすめです。

店舗で申し込み・受け取りはできる?

SoftBankレンタルWiFiルーターの申し込みは、公式サイトからのみ受け付けています。

以下が、申し込みフォームです。

一方、受け取りは家やホテルなど日本全国どこでも対応しています。

また、以下の空港での受け取りも可能なので、旅行客や留学生は利用するとよいでしょう。

  • 成田国際空港
  • 羽田空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港

ただし、空港での受け取りは、当日の申し込みで受け取ることはできないため、事前に申し込んでおきましょう。

なお、返却はルーターに同封されているレターパックを使用して、ポストへ投函するだけと簡単に行えます。

おすすめ3位 NETAGE

NETAGE

画像引用元:無制限のWiFiレンタル!日本国内格安 WiFiならNETAGEのレンタル

短期レンタルのポケット型WiFiで回線にこだわりたい方には「NETAGE」がおすすめです。

NETAGEの特長
  • 取り扱い回線が豊富
  • 1日あたり495円~
  • 割得キャンペーンの利用で1日350円

NETAGEの料金は1日あたり495円からです。

ただし、UQのWiMAX W06であれば割得キャンペーンを適用すると、業界最安値級の1日350円で利用できます。

料金の他、特筆すべきは取り扱い回線の豊富さで、NETAGEではドコモとワイモバイルに対応しています。

都市部ではあまり回線による違いはありませんが、地方であればドコモ回線が最も強いためNETAGEをおすすめサービスに含めました。

最安値はソフトバンク回線

料金は回線・端末によって違います。

NETAGEの料金(一部)

項目料金(1日あたり)利用可能データ量回線
FS030W495円無制限/月ソフト
バンク
660円au
1日は取扱なし25GB/月ドコモ
305ZT1,540円7GB/月ワイモバイル
W06500円無制限/月UQ WiMAX
NA011,650円100GB/月クラウドSIM
詳細NETAGE 公式サイトへ
NETAGE

上記の表には各回線のデイリープランで最安値の機種を挙げています。

地方に強いドコモ回線はソフトバンク回線と比較すると割高です。

また機種数はソフトバンクは11機種用意されていますが、ドコモとauは2つ、ワイモバイルは1つです。

ドコモ回線を使えるものの、機種は限られるため、レンタル前に確認してください。

店舗はある?

NETAGEは東京 築地に店舗があり、来店すれば当日中に端末を受け取れます。

ただし、店舗で新規申込みができるわけではなく、事前にWebサイトからの申込みをした端末の受け取りとなるため注意してください。

店舗情報
  • 住所:東京都中央区築地2-1-17 陽光築地ビル8F 株式会社モバイル・プランニング
  • 営業時間:平日10:00 〜 17:30
  • 東京メトロ有楽町線「新富町」1番出口から徒歩1分
    東京メトロ日比谷線「築地」4番出口から徒歩3分

東京出張などで、当日すぐにポケット型WiFiが必要なら店舗受け取りが便利ですね。

おすすめ4位 WiFi東京レンタルショップ

WiFi東京レンタルショップ

画像引用元:WiFi東京レンタルショップ – 国内用の無制限PocketWi-Fi格安レンタル店舗

1日単位ではなく、1~2ヶ月間のレンタルであれば「WiFi東京レンタルショップ」がおすすめです。

WiFi東京レンタルショップの特長
  • 1ヶ月~2ヶ月なら1日220円
  • 最短1日で440円
  • 機種選びに迷わない分かりやすいプラン構成

料金は最短1日で440円、1~2ヶ月であれば1日あたり220円と、格安です。

180日なら1日183円

WiFi東京レンタルショップの料金プランは下の表の通りで、短中期のレンタルに向いています。

WiFi東京レンタルショップの料金プラン

項目短期長期
1日440円-
15日3,850円
30日6,600円
60日-13,200円
90日18,150円
180日33,000円

レンタル期間が長いほど、1日あたりの料金が安くなります。

180日であれば1日あたり183円と業界最安値水準です。

店舗はある?

WiFI東京レンタルショップは、主要空港と新宿に店舗があり、どこでも受取り・返却できます。

店舗情報
  • 住所:東京都新宿区 西新宿7-18-19
    新宿税理士ビル第2別館佐竹ビル2F
  • 営業時間:10:00〜18:00

なお店舗での受取りでは、事前にWebからの申込みが必要です。

【番外編】契約期間の縛りや違約金のないポケット型WiFi

契約期間の縛りや違約金のないポケット型WiFi

次に契約期間の縛りや違約金のないおすすめのポケット型WiFiを4社を紹介します。

契約の縛りが一切なく、いつ解約しても違約金などのペナルティが発生しないため、短期間の利用にも向いています。

ただし、解約月の月額料金は日割りにならないので、最低でも1ヶ月はポケット型WiFiを利用する予定の方におすすめです。

AiR-WiFi

AiR-WiFi

画像引用元:日常生活お役立ちBLOG » Blog Archive » AFB12638【AiR-Wi-Fi】業界最安月額2,980円~!縛りなしでも最安値!

まず紹介するのは、比較的新しいWi-FiサービスのAiR-WiFiです。

AiR-WiFiの特長
  • 無料おためし制度あり
  • 初期事務手数料0円
  • 月間データ量100GBを月額3,278円から利用可能

月間100GBを3,278円で利用できる!

まずは、AiR-WiFiの料金プランを確認していきましょう。

AiR-WiFiの料金プラン

プラン名月間データ量月額料金端末スペック
サクッとプラン100GB3,278円上り最大50Mbps
下り最大150Mbps
同時接続台数5台
まるっとプラン3,608円上り最大50Mbps
下り最大150Mbps
同時接続台数5台
タッチパネル搭載
スマホに充電シェア
らくらくプラン3,377円上り最大50Mbps
下り最大150Mbps
同時接続台数10台

AiR-WiFiのプランは3種類あり、月間データ量は一律100GBです。

違う点は利用できる端末のスペック。性能が高いものほど、月額料金も高くなります。

どの端末も通信速度は同じです。しかし、タッチパネルを搭載していたり同時接続台数が多い端末もあったりするため、自分の環境に合わせて選びたいですね。

また、上表のプランには解約料金が設けられていますが、更新月は13ヶ月目・26ヶ月目と1年ごとに来ます。

通常、ポケット型WiFiサービスの更新月は2~3年に1回です。AiR-WiFiはかなり使いやすい印象がありますね。

解約金は、1年目が7,700円、2年目以降は5,500円。他社に比べて安いです。

初期事務手数料が0円!おためし制度もあり

AiR-WiFiには、30日以内のおためし制度もあります。

初期事務手数料が0円になるほか、30日以内の利用であれば月額料金も0円です。

ただし実際には、返却手数料とクリーニング費用として合計3,300円の料金が発生します。完全無料というわけではありません。

それでも、普通に契約・解約して月額料金と解約金を支払うよりはかなりお得です。AiR-WiFiが気になる方は、積極的に利用してみてくださいね。

クラウドWiFi

クラウドWiFi

画像引用元:クラウドWi-Fi – 135ヶ国対応・月額2,580円でレンタル!

次は、解約金なしで大容量を利用できるクラウドWiFiについて紹介します。

クラウドWiFiの特長
  • 解約金なし
  • 最低100GB使えて月額3,718円
  • プランは1つのみのシンプル構成

クラウドWiFiはプラン1つのみのわかりやすい構成

クラウドWiFiの料金プランは下表のとおりです。

クラウドWiFiの料金プラン

項目月間データ量
月間データ量100GB
月額料金3,718円
端末スペック上り最大50Mbps
下り最大150Mbps
同時接続台数5台

上表のとおり、クラウドWiFiのプランは1種類のみです。

プラン選びであれこれと悩む必要がないため、ポケット型WiFi初心者にもおすすめですね。

クラウドWiFiの公式サイトには、使えるデータ量は「最低100GBを保証」と記載されています。

ただ実際には、100GB付近で通信制限となるケースがほとんどです。使えるデータ量は100GBと思っておいた方が良いでしょう。

月額料金は3,718円。上述のAiR-WiFiよりも高いです。

しかし、クラウドWiFiには解約金がありません

いつでも解約できて、解約金は当然0円です。

プランもシンプル、面倒な解約金もなしと、とにかく簡単でわかりやすいのがクラウドWiFiの特徴と言えます。

回線は3キャリア混合!

クラウドWiFiでは、基本的にソフトバンクの回線を利用しますが、副回線としてドコモ回線とau回線も用意されています。

そのため、通信エリアは非常に広大です。

また、ユーザー側が回線の設定をする必要は特にありません。

クラウドWiFiで利用する端末が、通信場所に最適な回線を自動で選択してくれます。

3キャリアの電波を使えるため、圏外になりにくいのが特長です。

ネットを快適に利用できます。

Mugen WiFi

Mugen wifi

画像引用元:【Mugen WiFi】月額3,718円!業界最安級のWiFiルーター

Mugen WiFiの基本情報は下記の通りです。

Mugen WiFi

契約期間内容
通信制限100GB
月額料金3,718円
契約期間2年以内だと違約金あり
オプション(月額660円)加入で契約期間縛りなし
違約金1年未満:9,900円
1〜2年未満:5,500円
契約更新月以降:0円
初期費用事務手数料:3,300円
端末料金:無料
通信速度下り:最大150Mbps
上り:最大50Mbps
海外利用1日1,200円〜(容量・地域による)
同時接続5台
支払い方法クレジットカードのみ
詳細Mugen WiFi(公式)を見る

Mugen WiFiはオプション2年間縛りなしプランに加入すれば、違約金がかかりません。

オプションは月額660円で、通常月額料金と合わせて、月額4,378円で毎月100GB使えます。

大容量かつ契約期間の縛りがないポケット型WiFiを探している方には、まさにピッタリなサービスです。

通信エリアは、ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアに対応しています。

ポケット型WiFiのかゆいところに手が届く、理想のサービスがMugen WiFiです。

どこよりもWiFi(縛りなしプラン)

どこよりもWiFi

画像引用元:どこよりもWiFi|Wiz cloud(ワイズクラウド)

次に解説するのはどこよりもWiFiです。

どこよりもWiFi

どこよりもWiFi20GB
(しばりなしプラン)
50GB
(しばりなしプラン)
100GB
(しばりありプラン)
200GB
(しばりありプラン)
月額料金3,058円3,828円3,718円4,378円
最大速度
(下り)
150Mbps
初期費用3,300円
契約期間-2年間
解約金-10,450円
詳細どこよりもWiFi 公式サイトへどこよりもWiFi

どこよりもWiFiのしばりなしプランは、20GBと50GBの2種類。

100GB以上の大容量プランでは2年間の縛りが発生しますが、上表のとおり月額料金は安いです。

端末はレンタルなので、端末代は一切かかりません。

ただし、解約時にクリーニング代として2,200円が発生するので注意しましょう。

契約期間や違約金の縛りがないポケット型WiFi
  • AiR-WiFi
    30日間無料でお試しできる
  • クラウドWiFi
    解約金がなくプランがわかりやすい
  • Mugen WiFi
    100GBが低価格で使える
  • どこよりもWiFi(通常プラン)
    段階制料金で200GBまで使える

4大キャリアでレンタルできる?

ドコモ

ここまでおすすめのポケット型WiFiレンタルサービスを見てきましたが、「キャリアでレンタルできないのか?」と気になる方もいるでしょう。

結論からお伝えすると、キャリアではポケット型WiFiのレンタルサービスはありません。

ただ、ドコモと楽天モバイルは、対応するモバイルWiFiルーターがあればレンタル感覚でポケット型WiFiを使えます。

キャリアのデータ契約について
  • ドコモ:端末があればレンタルに近い使い方が可能
  • au:WiMAXと同等の契約内容でレンタルは不可
  • ソフトバンク:端末セット販売なのでレンタル不可
  • 楽天モバイル:対応端末があればレンタルに近い使い方が可能

ドコモはスマホのデータを共有

ドコモのポケット型WiFiでは、5Gデータプラスまたはデータプラスを使います。

どちらもドコモのスマホのデータ量を共有して利用することで、ポケット型WiFiの月額料金は最低限に押さえられます。

データプラスの月額料金

プラン月額料金
データプラス1,100円
2年契約の違約金1,100円

5Gデータプラスもデータプラスも月額料金はたった1,100円で、かつ2年契約の途中解約も1,100円だけです。

ドコモはSIMのみの契約もできるので、ドコモかSIMフリーのモバイルWiFiルーター端末があれば、ポケット型WiFiをレンタル感覚で使えるということですね。

スマホのデータ量を共有することになりますが、ドコモの5Gギガホ プレミアを利用している人ならデータは使い放題です。

ドコモで利用する場合の条件
  • ドコモのWiFiルーター端末を持っている
  • 5Gギガライト・5Gギガホ・5Gギガホ プレミアを使っている

上記の方は、5Gデータプラスでポケット型WiFiをレンタル感覚で使えます。

auはWiMAXと同等プラン

auのポケット型WiFiはレンタル契約はなく、プラン構成はWiMAXと同等です。

auのポケット型WiFi料金プラン

モバイルルータープラン
月額料金4,721円
データ量無制限※
(3日10GB制限)
ハイスピードプラス
エリアモード利用時
1,105円/月
違約金1,100円
※ハイスピードプラスエリアモードは7GB/月

正直なところ、auのポケット型WiFiは他のWiMAXプロバイダより料金が割高で、短期利用も想定されていません。

現在auスマホを利用している人も、短期間のポケット型WiFi利用なら先に紹介したレンタルサービスから選んだほうがいいでしょう。

ソフトバンクはデータ共有か単独プラン

ソフトバンクでポケット型WiFiを利用する際は、スマホのデータ量を共有するデータシェアプランか、データ通信専用50GBプラン・ミニフィットプラン+を選ぶことになります。

ソフトバンクのデータプラン
  • データシェアプラン:月額1,078円
  • データ通信専用50GBプラン:月額5,280円
  • ミニフィットプラン+:月額3,278円~

データシェアプランを選べば月額1,078円で使えるのでランニングコストは安いです。

ただし、ソフトバンクはデータプランでSIMのみの契約がなく、モバイルWiFiルーターとセット契約することになります。

例えば現在セット販売されている802ZTは、750円×36回払いなので、短期間レンタルしたいという人には不向きですね。

楽天モバイルは1年無料の新プラン

楽天モバイルでは、現在新プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」が1年間月額料金無料かつ解約金や事務手数料も無料で提供されています。

Rakuten UN-LIMIT VIの通常料金は月額最大3,278円で、楽天モバイルの自社回線エリアならデータ容量が無制限です。

また、1GB未満なら月額0円、3GB未満で月額1,078円、20GB未満で2,178円と、非常に安くなっています。

さらに、自社回線エリア外でもau回線で毎月5GBまで利用可能です。ただし、5GBを超過した場合は、最大1Mbpsに制限されます。

なお、楽天モバイルで動作確認済みのモバイルWiFiルーターは4機種しかありません。

楽天モバイルの動作確認済み端末
  • Aterm MP02LN
  • Aterm MR05LN
  • FS030W
  • FS040U

今ならRakuten WiFi Pocketが端末料実質0円で利用できます。

楽天モバイルでポケット型WiFiを利用する場合は、わざわざ端末を用意しなくても大丈夫です。

短期運用ならポケット型WiFiをレンタルしよう!

パソコンとスマホ

レンタルサービスは違約金、端末代が発生しないため、短期間の利用に向いています。

ただし、レンタル品なので端末が破損・故障してしまうと損害金が発生してしまうことがあるので注意してください。

ポケット型WiFiおすすめ
ポケット型WiFi短期レンタルおすすめNo.1

4大キャリアにはレンタルサービスこそありませんが、ドコモではポケット型WiFi端末さえあれば、レンタルに近い形で利用できます。

また、楽天モバイルであればRakuten Wifi Pocketを実質無料でもらえるため、4キャリアのなかでは最もポケット型WiFiを利用しやすいと言えるでしょう。

本記事を参考に、自分に合ったポケット型WiFiのレンタルサービスを見つけてください。

この記事を書いた人
横浜生まれ横浜育ちの生粋の浜っ子。学生時代はサッカー部に所属。サッカー経験者なのにメジャーリーグファン。小さい頃から音楽とスポーツをこよなく愛し、趣味は作曲とスポーツ観戦。iPhone・iPad・iPod Touch・Macを使用するApple信者。