スマホのバッテリー交換方法

スマホのバッテリー交換方法3選|値段は?事前にやるべきことも解説

  • 更新日:2023年8月30日
  • 本記事には広告が表示されます

スマホを長く使っているとバッテリー持ちが悪くなり、すぐに充電が必要になってしまいます。

バッテリーが劣化したらスマホの買い替えを検討する時期ですが、中には「買い替えずにバッテリーだけを交換したい」と考えている人も多いのではないでしょうか。

しかし、ほとんどのスマホがバッテリー内蔵式のため、自分では簡単に交換することはできません。

本記事ではスマホのバッテリー交換方法や値段、事前にやるべきことについて詳しく解説していきます。

スマホのバッテリー交換のやり方が分からなくて困っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スマホのバッテリーの交換時期はいつ?

スマホのバッテリーの交換時期
多くのスマホに使われているバッテリーは、「リチウムイオン電池」です。

リチウムイオン電池は、一般的に500回充電するとバッテリーの容量が5~7割程度に劣化していくといわれています。

そのため日常的にスマホを使っている場合には約2~3年でバッテリーの劣化が進み、バッテリー持ちが悪くなってしまいます。

したがって、バッテリーの交換時期は2~3年が目安です。

スマホを購入してから2年以上経過し、購入当初に比べてバッテリーの持ちが悪いと感じたらバッテリーを交換しましょう。

使い方によってはバッテリーの劣化が早まることも

スマホを購入してから2年未満でも、スマホの使い方によってはバッテリーが劣化することがあります。

バッテリー持ちが悪くなる原因
  • 満充電なのに充電を続けている
  • 高温になる場所にスマホを置いている
  • 充電しながらスマホを操作する
  • メーカー純正品以外の充電器を使っている

充電しても1日バッテリーが持たないという場合には、バッテリーが劣化している可能性が高いです。

端末でバッテリーの劣化度合いを確認してみよう

バッテリーが劣化度合いは端末で確認することができます。

バッテリーの交換時期に迷った場合は確認してみましょう。

iPhoneでの確認方法
  1. 設定を開く
  2. バッテリーを選択
  3. バッテリーの状態を選択

最大容量を確認し、80%未満だった場合はバッテリーが劣化しているので交換をおすすめします。

Androidスマホでの確認方法
  1. 設定を開く
  2. 機器の状態をタップ

「劣化しています」と表示されている場合はバッテリーを交換しましょう。

なお、機種によってはバッテリーの劣化状態を確認できないものがあります。

その場合は、バッテリー診断アプリをダウンロードすれば端末のバッテリーの状態をチェックできるので試してみてください。

スマホのバッテリーを交換する場合の値段と日数は?

スマホのバッテリーを交換する場合の値段と日数
ガラケーの場合、バッテリーを自分で取り外すことができる機種がほとんどでした。

しかし、スマホはバッテリーが内蔵されているものが多く、自分でバッテリーを交換することはできません。

バッテリーを交換するには、購入したキャリアやメーカー、修理専門店でバッテリー交換を行う必要があります。

バッテリー交換は預かり修理での対応になる場合もあり、その場合は日数がかかるので注意が必要です。

スマホのバッテリー交換にかかる費用と日数について解説していきます。

スマホのバッテリー交換にかかる費用と日数
  • キャリアで交換する場合
    ・基本は預かり修理での対応
    ・1週間~10日程度かかる
    ・費用は保証サービスの加入の有無によって異なる
  • メーカーで交換する場合
    ・基本は預かり修理での対応だが、一部のメーカーは店舗に持ち込めば即日交換が可能
    ・費用は機種によって異なる
  • 修理専門店で交換する場合
    ・即日交換が可能でキャリアやメーカーより費用が安い
    ・保証サービスが受けられなくなる可能性がある

キャリアで交換する場合

まずはキャリアで交換する場合の値段と日数を一覧にまとめました。

キャリア値段日数
ドコモ補償サービス加入なら上限3,300円1週間~10日程度
au補償サービス加入なら上限5,500円10日前後
ソフトバンクあんしん保証パックプラス:修理費用から3,300円割引
あんしん保証パックネクスト:全額割引
約10日

キャリアごとに詳しく見ていきましょう。

ドコモ

ドコモでのバッテリー交換は預かり修理対応です。

ドコモショップ・オンラインで申し込むことができ、ドコモショップに持ち込む場合は修理完了まで1週間程度かかります。

オンラインで申し込みの場合はキッドが届いてから端末を返送するため、さらに日数がかかる可能性があります。

ただし、修理預かり期間中は代替機を借りられるので、スマホが使えなくなる心配はありません。

バッテリー交換の費用については、smartあんしん補償やケータイ補償サービスに加入しているかで異なります。

バッテリー交換費用の例
機種名補償サービス未加入補償サービス加入
Galaxy Note20 Ultara 5G11,770円3,300円
Galaxy Z Fold3 5G12,650円
Galaxy A5211,550円
Xperia 10 III11,110円
Xperia XZ311,000円
AQUOS sense49,240円

smartあんしん補償・ケータイ補償サービスに加入していれば、3,300円でバッテリー交換が可能です。

しかし、補償サービスに加入していない場合は機種によってバッテリー交換費用が異なり、金額も高額になる機種が多いです。

ドコモでバッテリー交換する場合は、smartあんしん補償やケータイ補償サービスに加入しているか確認するようにしましょう。

なお、オンライン修理受付センターを利用する場合も費用は同じです。

送料も無料なので、ショップに行く時間がないという人はWebから申し込みましょう。

GalaxyならGalaxyリペアコーナーで即時交換が可能

お使いの端末がGalaxyなら、全国に10店舗ある「Galaxyリペアコーナー」でバッテリー交換をしてもらうこともできます。

持込すれば最短即日バッテリー交換が可能です。

費用はsmartあんしん補償やケータイ補償サービスに加入している場合、ドコモショップと同様に3,300円で交換してもらえます。

未加入の場合は機種によって修理費用が異なるため、店頭で確認してください。

au

auのバッテリー交換は、預かり修理での対応となります。

預かり修理の申し込み方法は以下の3種類から選べます。

預かり修理の申し込み方法
  • auショップに持ち込む場合
    10日前後
  • 電話での申し込みの場合
    郵送でのやり取りになるため日数がかかる
  • Webでの申し込みの場合
    郵送でのやり取りになるため日数がかかる

預かり修理に出している間は代替機を借りられるので、スマホが使えなくなる心配はありません。

バッテリー交換費用は、故障紛失サポートの加入有無によって異なります

故障紛失サポートに加入している場合、上限5,500円でバッテリー交換が可能です。

故障紛失サポートに加入していない場合はで機種によって異なるため、店頭でご確認ください。

ソフトバンク

ソフトバンクでのバッテリー交換は、以下の3つのサービスから選べます。

ソフトバンクのバッテリー交換サービス
  • iCracked店頭修理
  • オンライン修理
  • ソフトバンクショップで修理預かり
iCracked店頭修理

iCrackedの店頭に持ち込むと、最短当日にバッテリー交換してもらえます。

ただし、対応しているのはGoogle Pixelと対象シャープ製スマホのみ

それ以外のスマホのバッテリー交換はできません。

バッテリー交換費用は機種によって異なります。

機種名費用
Google Pixel 7a14,080円
Google Pixel 7 Pro16,280円
Google Pixel 716,280円
Google Pixel 6a14,080円
Google Pixel 6 Pro15,180円
Google Pixel 615,180円
Google Pixel 5a(5G)14,080円
Google Pixel 514,080円
Google Pixel 4a(5G)14,080円
Google Pixel 4a14,080円
AQUOS R715,180円
AQUOS R615,180円
AQUOS sense7 Plus15,180円
AQUOS sense5G14,080円
AQUOS zero614,080円
オンライン修理

オンライン修理で申し込む場合、日数は約10日です。

バッテリー交換の費用は、保証サービスの加入有無によって異なります

バッテリー交換費用
  • 保証サービス未加入の場合:8,250円
  • あんしん保証パックプラスに加入:修理費用から3,300円割引
  • あんしん保証パックネクストに加入:全額割引
    ※1年ごとに合計2回まで利用可能

あんしん保証パックネクストに加入していれば無料でバッテリー交換してもらえるのでお得です。

ソフトバンクショップで修理預かり

ソフトバンクショップに持ち込んでバッテリー交換する場合は、1週間~10日程度かかります。

交換費用はオンライン修理で申し込んだ場合と同じです。

バッテリー交換費用
  • 保証サービス未加入の場合:8,250円
  • あんしん保証パックプラスに加入:修理費用から3,300円割引
  • あんしん保証パックネクストに加入:全額割引
    ※1年ごとに合計2回まで利用可能

メーカーで交換する場合

機種の開発元であるメーカーでバッテリーを交換してもらうことも可能です。

主なメーカーのバッテリー交換費用と日数は以下の通り。

メーカー日数費用
Apple店頭:即日交換が可能な場合がある
郵送:1週間~10日程度
Apple Care+加入:バッテリー容量が80%未満なら無償
ソニー2週間程度機種によって異なる
シャープ要問い合わせ8,000円~9,000円
FCNT要問い合わせ機種によって異なる
Google店頭持込:即日交換可能
オンライン:7~10営業日
14,000円~16,000円
ASUS要問い合わせ機種によって異なる
OPPO到着から5営業日程度機種によって異なる
Xiaomi要問い合わせ機種によって異なる

メーカーでバッテリー交換を依頼する場合、基本的には郵送での対応となります。

ただし、AppleとGoogleについては店頭に持ち込めば最短即日に交換が可能です。

また、iPhoneについてはApple Care+に加入していてバッテリーの容量が80%未満の場合は、無償でバッテリーを交換してもらえます。

Apple Care+未加入またはバッテリーの容量が80%以上の場合は実費での交換となります。

機種名費用
iPhone 14 Pro Max14,900円
iPhone 14 Pro
iPhone 14 Plus
iPhone 14
iPhone 13 Pro Max12,800円
iPhone 13 Pro
iPhone 13
iPhone 13 mini
iPhone 12 Pro Max
iPhone 12 Pro
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone 11 Pro Max
iPhone 11 Pro
iPhone 11
iPhone XS Max
iPhone XS
iPhone X
iPhone XR
iPhone 8 Plus10,500円
iPhone 8
iPhone 7 Plus
iPhone 7
iPhone 6s
iPhone SE(第3世代)
iPhone SE(第2世代)

Apple以外のメーカーのバッテリー交換費用については、各メーカーにお問い合わせください。

修理専門店で交換する場合

街の修理屋でバッテリー交換してもらうことも可能です。

修理専門店の場合キャリアやメーカーでバッテリー交換するより費用が安く、即時対応してくれるところが多いというメリットがあります。

ただし、修理店でバッテリー交換するとキャリアやメーカーでのサポートが利用できなくなる可能性があるので注意してください。

バッテリー交換費用は機種・お店によって異なります。

修理専門店にお問い合わせください。

スマホのバッテリーを交換する方法は?

スマホのバッテリーを交換する方法
ここからは、スマホのバッテリーを交換する方法について解説していきます。

スマホのバッテリー交換方法
  • キャリアで交換する
    ・ショップに持ち込みorオンラインで申し込み
  • メーカーで交換
    ・オンラインで申し込み
    ・Google・Appleは店頭申込が可能
    ・iPhoneはキャリアの店舗で預かり修理に出すこともできる
  • 修理専門店で交換
    ・直接店舗に持ち込む

キャリアで交換する方法

まずはキャリアで交換する方法です。

キャリアでバッテリー交換を依頼する場合、直接ショップに持ち込むかオンラインで申し込みできます。

キャリアごとの申し込み方法について解説していきます。

ドコモ

ドコモでバッテリー交換する場合は、ドコモショップで修理預かりしてもらうか、オンライン修理受付サービスで申し込みが可能です。

ドコモショップに持ち込む際は、来店予約がおすすめです。

予約優先で対応してもらえるため、待ち時間を大幅に減らすことができます。

ドコモ公式サイトから簡単に予約できるのでぜひ活用してみてくださいね。

オンライン修理受付サービスは、My docomoから申し込みできます。

修理を行う機種を選択し、必要事項を入力するだけで手続きは完了です。

申込み後1~2日程度で代替機と預かりキットが自宅に届くので、機種を返送してください。

au

auでバッテリー交換する場合は、ショップに持ち込み・オンライン・電話のいずれかの方法で申し込みが可能です。

ショップに持ち込む際は、事前に来店予約しておくと待ち時間を減らせるのでスムーズに手続きできます。

Webで簡単に予約できるのでぜひ活用してみましょう。

オンラインで申し込みの場合は、My auから手続きを行います。

必要事項を入力し申し込みが完了すると、数日中に返送用キットが送付されます

バッテリー交換を希望する機種を入れて返送してください。

電話で申し込みの場合は、故障紛失サポートセンターに電話します。

  • 故障紛失サポートセンター:0120-925-919(受付時間:9時~20時)

ソフトバンク

ソフトバンクでバッテリー交換を依頼する場合は、ショップに持ち込み・オンラインで申し込みが可能です。

ソフトバンクショップも事前に来店予約しておくと、待ち時間が少なくなりスムーズに手続きできます。

ショップに持ち込む際は、Webで来店予約を行いましょう。

オンラインで申し込みの場合は、My SoftBankから手続きを行います。

申し込みの1~2日後に配送会社がスマホを引き取りに来てくれるので、希望の日時を指定してください。

メーカーで交換する方法

メーカーでバッテリー交換する場合は、基本的に郵送での対応となります。

各メーカーの申し込み方法は以下の通りです。

メーカー申し込み方法
Apple・キャリアで修理取次
・Appleストアに持ち込みor郵送
・一部店舗では即日対応可能
ソニー・LINE:24時間受付
・チャット:10時~17時
・電話(050-3754-9013):平日10時~18時/土日祝日10時~17時
シャープ・オンラインで申し込み
・電話(050-5846-5418):10時~17時
FCNT・電話(050-3152-2799):9時~18時
Google・オンラインで申し込み
・認定修理担当パートナーへ持ち込み
ASUS・オンラインで申し込み
・チャット/メール
・電話(0570-783-886):9時~19時
OPPO・オンラインで申し込み
Xiaomi・チャット/メール
・電話(0120-300-521):9時~18時

iPhoneについては、Appleストアに持ち込み/郵送での申し込みの他、キャリアで修理取次を行うこともできます。

iPhoneのキャリアでの修理取次
  • ドコモ
    ・iPhone・iPadリペアコーナー(ドコモショップ丸の内店、ドコモスマートフォンラウンジ名古屋)
    ・ドコモショップで修理取次してもらう
  • au
    ・同日修理対応店に持ち込む
    ・auショップで修理取次してもらう
  • ソフトバンク
    ・店頭修理対応店に持ち込む
    ・ソフトバンクショップで修理取次してもらう

店頭修理に対応しているショップに持ち込みすれば、最短即日バッテリー交換が可能です。

対応店舗については、各キャリアの公式サイトをご確認ください。

修理専門店で交換する方法

修理専門店でバッテリー交換を依頼する場合は、直接修理店に端末を持っていきます

修理店を利用する場合は、端末の不具合などのトラブルを避けるためにも「登録修理業者制度」に登録している店を利用するようにしましょう。

登録修理業者はこちらで検索できます。

スマホのバッテリーを交換する前にやるべきこと・注意点

スマホのバッテリーを交換する前にやるべきこと・注意点
バッテリー交換をする前に、必ずデータのバックアップを取ってください。

バッテリー交換は預かり修理での対応となるため、スマホのデータはすべて消去する必要があります

バックアップを取らずに預かり修理に出してしまうと、データが消去されているためデータを復旧できなくなってしまいます。

また、代替機を借りる場合は、代替機にデータを移行しておくことも忘れずに行いましょう。

買い換える方が安く済む場合も

買い換える方が安く済む場合も
キャリアやメーカーの有料保証サービスに加入している場合、低料金でバッテリーを交換することが可能です。

しかし、保証サービスに未加入の場合、バッテリーの交換に1万円以上かかる可能性があります。

機種によっては買い替えてしまった方が安く済むこともあるため、バッテリー交換を依頼する場合は必ず費用を確認するようにしましょう。

スマホのバッテリー交換でよくある質問

よくある質問
最後にスマホのバッテリー交換でよくある質問に回答していきます。

スマホのバッテリー交換方法について気になることがある人は、申し込みする前に確認しておきましょう。

スマホのバッテリー交換はいくらぐらいかかる?

キャリアやメーカーが提供している有料保証サービスに加入している場合、3,300円~5,500円程度でバッテリーの交換が可能です。

保証サービスに未加入の場合は保証外修理となるため、機種によって費用が異なります。

機種によっては1万円以上かかることもあるので、バッテリー交換が必要になった場合は保証サービスの加入状況を確認しておくようにしましょう。

スマホのバッテリーの寿命は何年?

スマホのバッテリー寿命は2年~3年程度です。

スマホの使い方や充電頻度によってはもっと寿命が短くなることもあります。

購入から2年経っていなくても1日バッテリーが持たなくなった場合には、バッテリーの交換をおすすめします。

スマホのバッテリーは自分で交換できる?

ほとんどのスマホはバッテリーが内蔵されているため、自分で交換することはできません

購入したキャリアやメーカー、街の修理専門店でバッテリー交換してもらいましょう。

アンドロイドのバッテリー交換はどこでやるのがいい?

購入したキャリアで交換してもらうのがおすすめです。

店頭に持ち込み・オンラインでの申し込みが可能で、預かり期間中は代替機を貸してもらえるので修理中もスマホを利用できます。

またキャリアが提供する保証サービスに加入していればバッテリー交換費用を割引してもらえるので、安くバッテリー交換が可能です。

バッテリーを長持ちさせるには?

バッテリーを劣化させないように使用することが重要です。

以下の点に注意すればバッテリーを長持させることができます。

バッテリーを長持ちさせるポイント
  • 満充電の状態では充電しない
  • 高温になる場所にスマホを放置しない
  • 充電しながらスマホを使用しない
  • メーカー純正の充電器を使用する
  • 省電力モードなどの機能を使用する

スマホのバッテリー交換はキャリア・メーカー・修理専門店に依頼しよう

スマホを操作している人
スマホのバッテリー交換方法について解説してきました。

スマホのバッテリー交換方法
  • キャリアで申し込む
    ・修理預かりが基本で1週間~10日かかる
    ・保証サービスに加入していれば割引価格で交換できる
  • メーカーに申し込む
    ・基本は郵送での対応
    ・iPhoneはキャリアでも修理取次が可能
  • 修理専門店で申し込む
    ・即日交換が可能
    ・メーカー保証対象外になる可能性があるので注意

現在販売されているスマホは、大半がバッテリー内蔵型です。

自分でバッテリーを交換することができないため、購入したキャリアやメーカー、修理専門店で交換してもらいましょう。

ただし、バッテリー交換は基本的には預かり修理での対応となるため、バッテリー交換してもらうのに1週間程度時間がかかります。

キャリアでは代替機の貸し出しもしているので、必要な場合はお申し込みください。

なお、バッテリー交換の際はデータが消去されてしまうため、必ずデータのバックアップを取っておくようにしましょう。

この記事を書いた人
bitWaveの校閲・編集を担当しています。 読者目線で、早く簡単にわかりやすく、有益な情報を届けることを心がけています。