iPhone8・7からの買い替えで今一番選ぶべきスマホは?6機種を比較

  • 2020年12月15日
  • by.船本ちとせ

iPhone12

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhone8やiPhone7を使っていて、「そろそろ新機種に買い替えようかな」と検討をしている人もいるのではないでしょうか。

しかし、スマホの種類は数多くあり、比較検討するのも一苦労です。

そこで、最新モデルのiPhone12シリーズを含む計6機種で価格や機能を比較してみました。

どの機種にしようか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめiPhoneの特徴まとめ
  • iPhone12
    サイズも性能も標準的
  • iPhone12 mini
    現行モデル最小のコンパクトモデル
  • iPhone12 Pro
    標準サイズでカメラが良い
  • iPhone12 Pro Max
    最も大きいサイズでカメラが最強
  • iPhoneSE(第2世代)
    コスパが良く指紋認証対応
  • iPhone11
    標準サイズでコスパが良い

※本記事中の価格は税込み表示

トップ画像引用元:iPhone 12とiPhone 12 mini – Apple(日本)

iPhone8・7を買い替えて良くなる6つのこと

iPhone 12とiPhone 12 mini

画像引用元:iPhone 12とiPhone 12 mini – Apple(日本)

iPhone7は2016年、iPhone8は2017年に発売されたモデルです。

発売から3年~4年経っているので、どこか良くなっているのか気になっていることと思います。

そこで、新しいiPhoneに買い替えて機能が向上するポイントを以下にまとめました。

iPhoneを買い替えると良くなること
  • カメラ性能
  • 5G対応(iPhone 12シリーズ)
  • CPU性能
  • 画面サイズ
  • 電池持ち
  • 防水性能

特にカメラはシングルカメラだったものが2眼・3眼カメラになり、さまざまなシーンできれいな写真を残せるようになりました。

また、iPhoneの頭脳であるCPU性能も大きく進化し、サクサクと快適に動くように処理速度が向上しています。

そのほかiPhone12シリーズが5Gに対応したことや長時間使えるバッテリー容量など、性能が上がったポイントを細かく挙げるときりがありません。

iPhone8やiPhone7から新しいiPhoneに買い替えると、たくさんのメリットを受け取れるでしょう。

しかし、買い替えを検討するにあたり「どのような基準で選べば良いかわからない」と思っている人もいるのではないでしょうか。

それでは、iPhone8やiPhone7からスマホを買い替えるときのポイントを見てみましょう。

iPhone8・7からのスマホ選びのポイント

iPhone 12

画像引用元:iPhone 12とiPhone 12 mini – Apple(日本)

では、スマホ選びの注目ポイントを解説します。

現状でiPhone8やiPhone7を使っているなら、そのままiPhoneの中のどれかで選ぶのがおすすめです。

理由は以下の通りです。

iPhoneがおすすめな理由
  • 機種変更のデータ移行が簡単
  • ラインナップが豊富

の2点です。もう少し詳しくみてみます。

機種変更のデータ移行が簡単

機種変更するときのデータ移行や設定は、iPhone同士のほうが簡単にできます。

iPhoneからiPhoneへのデータ移行は、iCloudを経由したり、「クイックスタート」という機能を使ったり、簡単にデータを移せるツールがAppleから用意されているので便利です。

仮にAndroidスマホを選んだ場合は、iPhoneと比べてデータ移行に手間がかかりますし、操作方法も若干違うので覚え直さなくてはなりません。

そう考えると、スムーズに機種変更ができるiPhoneから選ぶのがベストです。

ラインナップが豊富

これから機種変更するならiPhone12シリーズの4機種やiPhone SE (第2世代)、iPhone11など豊富なラインナップの中から機種を選べます

これだけiPhoneの種類があれば、きっとあなたの使い方に合うものが見つかるでしょう。

新しいiPhoneを検討していて、「数が多くて機種ごとの違いがよくわからない」という人もいるかもしれません。

けれども、安心してください。歴代のiPhoneをそれぞれ比較してみると、価格やサイズ、搭載しているスペックに違いがあります。

そのため、ポイントに注目しながら比較していくと、ある程度のところまでは機種を絞り込めるのです。

あなたがスマホを使う上で、必要になる機能や外せないポイントはどこなのかを考えながら選択していくと、あまり迷わずに新しいiPhoneを決定できるでしょう。

それでは、新しいiPhoneの購入を検討している人におすすめしたい、6機種の比較を解説します。

iPhoneおすすめ6機種を比較

iPhone 12 mini XR 比較

2020年12月現在、新しいiPhoneとしておすすめできるのは、iPhone12シリーズの4機種とiPhoneSE(第2世代)、iPhone11の6機種です。

比較したいポイントはいくつかありますが、今回は以下の項目に絞って調べてみました。

iPhoneのおすすめ6機種の比較項目
  • 価格
  • カメラ
  • サイズ
  • 5G/4G対応

それぞれの詳細を見てみましょう。

価格

iPhone 12 mini 外箱

まずは、iPhoneの本体価格です。

購入時の予算に合わせて選ぶと機種や本体容量の大きさを絞り込めます。

機種名/本体容量64G128GB256GB512GB
iPhone1294,380円99,880円111,980
iPhone12 mini82,280円87,780円99,880円
iPhone12 Pro117,480円129,580円153,780円
iPhone12 Pro Max129,580円141,680円165,880円
iPhoneSE(第2世代)49,280円54,780円66,880円
iPhone1171,280円76,780円88,880円

※2020年12月上旬時点でのAppleオンラインストアの価格

とにかく性能よりも価格重視で買いたい」という人におすすめなのがiPhone SE(第2世代)です。

性能が抑えられている分、安く購入できます。

価格を抑えつつ、性能も妥協したくない人は、少し予算をアップしてiPhone11やiPhone12 miniが候補になるでしょう。

一方、性能重視派の人はiPhone12 ProやiPhone12 Pro Maxがおすすめです。

しかし、カメラ性能などが良い分、価格も高くなるので、予算と相談をしてみてください。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

カメラ

iPhone 12 Pro Max 実機レビュー9

次にカメラ性能を見てみましょう。

iPhone 8やiPhone 7はシングルカメラでした。

新しく買い替えるiPhoneには、2眼カメラと3眼カメラを搭載したものがラインナップされています。

機種名カメラ種類メインカメラ画素数ズーム
iPhone12超広角/広角1,200万画素2倍の光学ズーム
iPhone12 mini
iPhone12 Pro超広角/広角/望遠4倍の光学ズーム
iPhone12 Pro Max超広角/広角/望遠5倍の光学ズーム
iPhoneSE(第2世代)広角
iPhone11超広角/広角2倍の光学ズーム

iPhone 8とiPhone 7のカメラも1,200万画素ですので、そこまで違いはないのではと思う人もいるかもしれません。

しかし、搭載しているカメラの数が増えたことで、迫力のある風景写真や遠くにいる人を撮影するなども可能になりました。

さらに、iPhone12シリーズはA14 Bionicチップを搭載しているので、画像の処理技術が向上し、これまでよりもきれいに写真を残せるようになっています。

以上の理由から、カメラを使って動画や写真をきれいに残すなら、iPhone12シリーズから選ぶのがおすすめです。

その中でも、よりカメラ機能を重視する人は、4~5倍の光学ズームが可能で撮影シーンも広がる、iPhone12 ProかiPhone12 Pro Maxを選ぶと良いでしょう。

サイズ

iphone-12-mini

手に持ったときのサイズも注目しておきたいポイントです。

現在、ラインナップされているiPhoneには、画面の大きいタイプから持ちやすい小型のタイプまであります。

サイズ感は好みの分かれるところですので、使いやすい大きさのものを選んでみてください。

機種名本体サイズ(mm)重さディスプレイ
iPhone12146.7×71.5×7.4162g6.1インチ
iPhone12 mini131.5×64.2×7.4 133g5.4インチ
iPhone12 Pro146.7×71.5×7.4187g6.1インチ
iPhone12 Pro Max160.8×78.1×7.4226g6.7インチ
iPhoneSE(第2世代)138.4×67.3×7.3148 g4.7インチ
iPhone11150.9×75.7×8.3194 g6.1インチ

iPhone 8とiPhone7の画面サイズは4.7インチです。

同じ画面サイズで選ぶなら、iPhone SE(第2世代)一択になります。

しかし、本体サイズで比較するとiPhone12 miniのほうが小さいです。

iPhone12 miniはTouch IDが非搭載になったことで本体サイズが小さくなり、さらに画面サイズは大きくなりました。

より小型で、見やすい画面にするならiPhone12 miniがおすすめです。

標準的なサイズのiPhoneを選択するならiPhone12、iPhone12 Pro、iPhone11が候補になるでしょう。

より大きな画面で楽しみたい人はiPhone12 Pro Maxを選んでみてください。

5G/4G対応

iPhone 12 5G

画像引用元:iPhone 12とiPhone 12 mini – Apple(日本)

iPhone12シリーズの特徴として、iPhoneで初めて5G通信に対応したことが挙げられます。

5Gで通信すると、大容量のデータも高速でやりとりが可能です。

次の表で、5G・4Gの対応を見てみましょう。

機種名5G対応4G対応
iPhone12
iPhone12 mini
iPhone12 Pro
iPhone12 Pro Max
iPhoneSE(第2世代)
iPhone11

特に5G対応機種にこだわらない場合は、4Gで通信するiPhone SE(第2世代)かiPhone 11を選ぶと良いでしょう。

料金プランも、これまでと同じものが使えます。

一方、5G対応のiPhone12シリーズから選ぶと、高速通信ができるようになります。

しかし、専用の料金プランに変更が必要だったり、5Gで通信できる対応エリアが狭い点には注意しなくてはなりません。

5G対応機種のメリット・デメリットを理解した上で購入してみましょう。

ここまで、6機種のiPhoneを比較してきました。

ポイントごとに見ると、ある程度、機種が絞れたのではないでしょうか。

それでは、次で機種ごとの特徴を解説するので、さらに詳しく知りたいときの参考にしてみてください。

iPhone6機種の特徴

iPhone 12 Pro Max

おすすめのiPhone6機種の特徴を以下にまとめてみました。

おすすめiPhoneの特徴まとめ
  • iPhone12
    サイズも性能も標準的
  • iPhone12 mini
    現行モデル最小のコンパクトモデル
  • iPhone12 Pro
    標準サイズでカメラが良い
  • iPhone12 Pro Max
    最も大きいサイズでカメラが最強
  • iPhoneSE(第2世代)
    コスパが良く指紋認証対応
  • iPhone11
    標準サイズでコスパが良い

それぞれの特徴を見てみましょう。

iPhone12

iPhone 12

サイズも性能も標準的になっているのがiPhone12です。

iPhone12シリーズの4機種はすべて5Gに対応しているので、どれを選んでも高速通信ができます。

5G以外のポイントで見ると、サイズやカメラにこだわりがない場合にiPhone12がおすすめです。

iPhone12は性能のバランスが取れたスタンダードモデルですので、「特にこだわっているポイントはないけれど、最新iPhoneで5G通信がしたい」という人は検討してみてください。

iPhone 12
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.4mm
重さ162 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角)
インカメラ1,200万画素
ROM64GB・128GB・256GB
CPUA14 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラーホワイト・ブラック・
(PURODUCT RED)・
グリーン・ブルー
詳細iPhone 12評価レビュー

iPhone12 mini

iPhone 12 mini

現行モデル最小のコンパクトモデルがiPhone12 miniです。

搭載しているチップやカメラ性能はiPhone12と変わりません。

持ちやすいサイズでありながら、性能は落ちていないところが特徴です。

ただし、サイズが小さい分、バッテリー持ちは少し短くなります。

さらに、小型な部類に入るiPhoneSE(第2世代)よりコンパクトになっているにもかかわらず、ディスプレイは大きくなっていることにも注目しておきましょう。

小さいサイズのiPhoneが好みの人や常にポケットに入れて持ち歩きたい人におすすめの1台です。

iPhone 12 mini
画面サイズ5.4インチ
本体サイズ高さ:131.5mm
幅:64.2mm
厚さ:7.4mm
重さ133 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角)
インカメラ1,200万画素
ROM64GB・128GB・256GB
CPUA14 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラーホワイト・ブラック・
(PURODUCT RED)・
グリーン・ブルー
詳細iPhone 12 mini評価・レビュー

iPhone12 Pro

iPhone 12 Pro

iPhone12 ProはiPhone12と同じサイズ感になっていますが、カメラに違いがあります。

超広角・広角・望遠の3つのカメラを搭載しているので、撮影シーンも広がります。

たとえば、4倍の光学ズームを搭載したことで遠くの景色や人もきれいに撮影が可能です。

さらに、ナイトモードでもポートレート撮影ができるようになりました。

暗い場所でも明るくきれいに人物の写真が残せるので、SNSで目を引く1枚に仕上がるかもしれません。

ズーム機能を使って写真を撮る機会がある人、iPhone12よりカメラ性能が良いものにしたい人はiPhone12 Proを検討してみてください。

iPhone 12 Pro
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.4mm
重さ187 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角、望遠)
インカメラ1,200万画素
ROM128GB・256GB・512GB
CPUA14 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラーシルバー・ゴールド・
グラファイト・
パシフィックブルー
詳細iPhone 12 Pro評価レビュー

iPhone12 Pro Max

iPhone 12 Pro Max

iPhone12 Pro Maxは、iPhone12シリーズの中で最もサイズが大きいモデルです。

6.7インチの大画面で動画やゲームアプリなども楽しめます。

さらに、iPhone12 Proよりカメラ性能が高いことも注目ポイントです。

3眼カメラを搭載していることは同じですが、光学ズームが5倍になり、広角カメラがセンサーシフトの光学式手ブレ補正に対応しているなどの違いがあります。

より鮮明にプロが撮影したかのような写真を撮りたい場合は、iPhone12 Pro Maxがおすすめです。

iPhone 12 Pro Max
画面サイズ6.7インチ
本体サイズ高さ:160.8mm
幅:78.1mm
厚さ:7.4mm
重さ226 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角、望遠)
インカメラ1,200万画素
ROM128GB・256GB・512GB
CPUA14 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラーシルバー・ゴールド・
グラファイト・
パシフィックブルー
詳細iPhone 12 Pro Max実機レビュー

iPhoneSE(第2世代)

iPhone SE(第2世代)

2020年4月に発売した比較的新しいモデルであるにもかかわらず、コスパの良い機種になっているのがiPhoneSE(第2世代)です。

iPhone8やiPhone7と同じサイズになっているため、iPhone12のサイズでは少し大きいと感じる人におすすめします。

カメラはシングルカメラになりますが、iPhone11と同じA13 Bionicチップを搭載し、きれいに写真を残せるところは注目です。

さらに、iPhoneSE(第2世代)は紹介した6機種の中で唯一、指紋認証に対応しています。

マスクを付けた生活が中心となる中で、顔認証ではなく指紋認証でセキュリティを高められるのは、きっと重宝することでしょう。

できるだけコスパ重視で選びたい、指紋認証を使いたい人はiPhoneSE(第2世代)を選んでみてください。

iPhone SE(第2世代)
ディスプレイ4.7インチ
本体サイズ高さ:138.4 mm
幅:67.3 mm
厚さ:7.3 mm
重さ148 g
アウトカメラ広角:1,200万画素
インカメラ700万画素
バッテリーiPhone 8とほぼ同じバッテリー駆動時間
RAM3GB(非公式)
ROM64GB・128GB・256GB
CPUA13 Bionicチップ
OSiOS13
認証指紋認証
カラーブラック・ホワイト・(PRODUCT)RED
詳細iPhone SE(第2世代)実機レビュー

iPhone11

iPhone 11

iPhone11は、iPhone12と搭載されているチップが違うものの、サイズ感やカメラ性能はほぼ同じになっています。

2019年に発売されたモデルのため、iPhone12よりお手頃な価格で購入できるのがポイントです。

最新のiPhoneが欲しいとなるとiPhone11は候補から外れてしまいますが、性能とコスパのどちらも重視したい人は検討してみるのも良いでしょう。

iPhone 11
ディスプレイ6.1インチ
本体サイズ高さ:150.9mm
幅:75.7mm
厚さ:8.3mm
重さ194g
アウトカメラ超広角:1,200万画素
広角:1,200万画素
インカメラ1,200万画素
バッテリー3,110mAh
RAM4GB(非公式)
ROM64GB・128GB・256GB
CPUA13 Bionic
OSiOS
認証
カラーホワイト・ブラック・グリーン・
イエロー・パープル・(PRODUCT)RED
詳細iPhone 11 実機レビュー

iPhone8・iPhone7から新しいiPhoneに買い替えよう

iPhone12

画像引用元:iPhone 12とiPhone 12 mini – Apple(日本)

現行で販売されている、おすすめのiPhone6機種を比較しました。

ここで比較するときのポイントをもう一度おさらいしておきましょう。

新しいiPhoneを購入するときのポイント
  • 価格が予算に合っているか
  • 使い方に合ったカメラ性能
  • 本体やディスプレイの大きさ
  • 5G通信の対応有無

iPhone8やiPhone7と比べると、現行で販売されているiPhoneは進化しています。

そのため、どれを選んでも快適に使えるようになりますが、せっかく買い替えるなら自分に合うピッタリの1台を購入するのがおすすめです。

6機種の中から最適なiPhoneを探すには、価格やサイズ、カメラ性能などで絞り込んでみてください。

きっと機種探しや比較検討もスムーズにできるはずです。

最新機種の中からおすすめのiPhoneを選んで、快適で楽しいスマホライフを送っていきましょう。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
船本ちとせ
船本ちとせ
新潟県出身のスマホ関連情報が得意なWebライター。歴8年の元ドコモショップスタッフ。Galaxy Sが発売されて以来、ずっとGalaxyシリーズを愛用中。わかりにくいスマホにまつわる情報をシンプルに、心を込めてお届けします。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ