楽天マガジンの評判|料金・品揃え・他の読み放題サービスとの比較

楽天マガジンは業界最安級の電子書籍の読み放題サービスとして人気です。とはいえ読み放題サービスはとても多いため、どのサービスが良いのか迷うこともしばしば。今回は人気の読み放題サービスと楽天マガジンを徹底比較しました。楽天マガジンが気になる方、必見の記事です!

  • 2020年1月15日
  • by.ssisdk

楽天マガジン

楽天モバイルは今なら1年間無料で利用可能。年会費無料の楽天カードはポイント最大16倍でザクザクポイントが貯まります。

楽天は楽天市場のネット通販や楽天モバイルの格安SIM販売の他に、楽天マガジンと呼ばれる電子書籍の読み放題サービスを提供しております。

月額380円で250誌以上の雑誌が読み放題ですが、電子書籍の読み放題は他社も提供しておりお得かどうか気になる所です。

そこで今回は楽天マガジンの評判と、他の電子書籍読み放題サービスと料金や品揃えなど、楽天マガジンと他サービスとの比較をまとめました。

楽天マガジンと他社を比較
  • 料金は対抗馬が多いが料金は最安級
  • 読める電子書籍は雑誌のみ
  • 初回無料特典があればお試しに利用がおすすめ

トップ画像引用元:評判のアプリでオフラインでも雑誌読み放題:楽天マガジン

楽天マガジンのサービス内容

楽天マガジン

画像引用元:評判のアプリでオフラインでも雑誌読み放題:楽天マガジン

他社の電子書籍読み放題と比較する前に、まずは楽天マガジンがどういったサービスを提供しているか把握する為にサービス内容を紹介します。

料金や対応機器、読める書籍等の内容は以下のようになります。

項目内容
料金月額プラン:380円
年額プラン:3,600円
対応機器スマホ・タブレット・パソコン
主な書籍ジャンル雑誌
初回加入無料特典あり
詳細楽天マガジン公式サイトへ楽天マガジン

実際に楽天マガジンを利用した方の感想や評判についてもまとめてみました。

楽天マガジンの良い評判・悪い評判まとめ

インターネット上で楽天マガジンを利用した方のレビューや口コミで、良い評判と悪い評判をまとめると以下のようになります。

良い評判

  • 料金が電子書籍読み放題の中では格安なのでお財布に優しい
  • 雑誌しか読まないので漫画や小説が無いのは検索しやすい
  • 雑誌のジャンルごとにメジャーな雑誌を取り扱っている
  • 一括ダウンロードじゃないので速度が遅くても読みやすい
  • あらかじめダウンロードしておけば電波の届かない所で見られるのは便利

良い評判を統括すると、やはり月々380円と、携帯電話の有料オプション並みの格安料金で見られるのが良い印象を与えています。

楽天マガジンは雑誌のみ取り扱っています。

漫画や小説をはじめとする書籍は対象外ですが、雑誌しか読まない人にとっては逆に良い効果となっています。

一方で楽天マガジンの悪い評判や、ここが不満と感じている方は以下のような感想が見受けられました。

悪い評判

  • 漫画や小説も取り扱ってほしい
  • 紙の雑誌と違い、俳優等の人物が隠されている事がある
  • バックナンバーに配信期限(約1年以内)が設定されており、時間が経てば見られなくなる
  • クレジットカードでないと利用登録が出来ない

楽天マガジンの悪い評判や、改善してほしい点として挙げられる大体の意見は上記のようになりますが、やはり雑誌のみというのは賛否両論です。

また楽天マガジンに限った話ではありませんが、肖像権の関係で俳優やアイドルの写真が隠されている雑誌も多くあるのも事実です。

そして何より痛いのがクレジットカードの登録が必須なので、せっかく利用したいと思った人もクレジットカードを持っていないので利用登録できない…という事です。

雑誌だけを読みたい、格安で電子書籍読み放題を利用したい、クレジットカードを持っている人に楽天マガジンが合っています。

パソコン利用時の独特の操作も引っかかるポイント

楽天マガジンはパソコンでも見られる事を売りにしていますが、パソコンで見る際に使用するビューアーの操作は若干独特です。

例えば次のページに移りたい場合、スマホのフリック操作のようにマウスで左から右にドラッグするか、ブラウザの最も左にあるボタンを押すと次項に進みます。

実際に登録不要の試し読みで操作してみると実感できるのですが、スマホの操作をパソコンで行うので人によっては違和感があります。

もちろんパソコンで電子書籍を読まない人には関係ありませんが、パソコンで購読予定なら申し込み前に一度試し読みで操作を体験するのがおすすめです。

無料・読み放題のおすすめ漫画アプリランキング

次の章では、他社の電子書籍読み放題サービスと比較してみます。

他社の電子書籍読み放題サービスと比較してみよう

楽天マガジンについて簡単に紹介しましたが、ここからは他社の電子書籍読み放題サービスと楽天マガジンを比較します。

今回取り上げるのは、電子書籍読み放題サービスの中でも有名な業者をピックアップしました。

  • amazon Kindle Unlimited
  • auブックパス(マガジンコース)
  • dマガジン
  • ブック放題
  • タブホ
  • FOD

それでは他社の電子書籍読み放題サービスの概要と、楽天マガジンの比較点をご案内したいと思います。

amazon Kindle Unlimited

AmazonKindle

画像引用元:amazon kindle unlimited読み放題ページ

ネット通販最大手のamazonは自社の電子書籍用端末『Kindle』をリリースしていますが、当然電子書籍用のサービスも提供しております。

楽天マガジンと同じ読み放題サービスはKindle Unlimitedという名称で、サービス内容は以下のようになります。

項目内容
料金980円/月
対応機器スマホ・タブレット・パソコン・Kindle
主な書籍ジャンル小説・ビジネス書・実用書・漫画・雑誌・洋書
初回加入無料特典あり

楽天マガジンとKindle Unlimitedの最大の違いは値段が3倍近く高くなっているのに対し、圧倒的な品揃えを打ち出している点です。

雑誌は言うに及ばず、小説・ビジネス書・漫画・洋書など幅広い書籍が読み放題の対象なので毎月980円払ってでもいいから本なら何でも読むという人におすすめとなります。

auブックパス(マガジンコース)

aubookパス

画像引用元:auブックパス初来訪ページ

続いて紹介するのは携帯電話事業者でおなじみのauが提供しているauブックパス(マガジンコース)ですが楽天マガジンの最大のライバルと言っても過言ではありません。

項目内容
料金380円/月
対応機器スマホ・タブレット・パソコン
主な書籍ジャンル雑誌
初回加入時無料特典あり

楽天マガジンと似ている部分もありますが、比較するとauブックパス(マガジンコース)の方が優れている3点のポイントがあります。

  • 毎月の料金が同額なのに対し、品揃えの雑誌数はauブックパスの方が50誌多い
  • auユーザーならauかんたん決済で料金が支払えるのでクレジットカード不要
  • 180円追加で雑誌以外にも漫画・小説・実用書・写真集が読み放題の総合コースがある

特に痛いのは料金が同じ380円と同じなのに、auブックパスの方は取扱い雑誌数が50誌増えて差をつけられている点です。

読みたい雑誌がauブックパスと楽天マガジン両方にあって、月額課金制で契約するならauブックパスの方がお得です。

一方で楽天マガジンを年額プランで契約する場合の毎月の実質負担額は300円なので楽天マガジンの方がお得になります。

契約する時に月額制ならauブックパスがお得、年額プランの長期利用なら楽天マガジンの方がお得と覚えておいて下さい。

dマガジン

dマガジン

画像引用元:dマガジンホームページ

auブックパスと同じように携帯電話事業者ドコモが提供しているのがdマガジンと呼ばれる電子書籍読み放題サービスです。

項目内容
料金400円/月
対応機器スマホ・タブレット・パソコン
主な書籍ジャンル雑誌
初回加入時無料特典あり

dマガジンは楽天マガジンと同じ雑誌のみと同じですが、楽天マガジンと比べて20円高くなった代わりに取扱い雑誌数が50誌増えたサービスと見る事が出来ます。

それ以外にもdマガジンにはメリットが2つありドコモユーザーならクレジットカード不要で携帯電話料金と一緒に支払う事が可能というメリットが1点。

WEB入会限定キャンペーン+つかってトクするキャンペーンで400円分のdポイントが入手できるので初月無料と合わせて2ヶ月間料金がほぼ0円というのが2点目です。

料金が20円上昇している事と、ドコモユーザーか否かで楽天マガジンと評価が分かれる…といった所でしょう。

dマガジンの評判|料金・品揃え・他の読み放題サービスとの比較

ブック放題

au、ドコモと続いて最後はソフトバンクと関連が深い事業者が提供しているのがブック放題と呼ばれる電子書籍サービスです。

項目内容
料金500円/月
対応機器スマホ・タブレット・パソコン
主な書籍ジャンル雑誌200冊
漫画20,000冊
るるぶ100冊
初回加入時無料特典あり

ブック放題と楽天マガジンを比較した時の大きな違いは料金が120円高くなった代わりに、漫画2万冊と旅行雑誌るるぶ100冊が追加された豊富な品揃えが挙げられます。

同じく漫画を提供しているサービスamazon Kindle Unlimitedやauブックパス(総合コース)より安いのが売りの1つです。

「電子書籍で漫画読み放題を利用したい!でも料金は安めがいい」という方には楽天マガジンよりブック放題の方がおすすめです。

他にもブック放題はYahoo!ウォレットに登録した銀行口座で支払いが出来るので、クレジットカードを持っていない人も利用できます。

雑誌だけを格安で読みたいなら楽天マガジン、漫画も読みたいがクレジットカードを持っていないならブック放題…比較すると評価はこのような結果になります。

ブック放題の評判|料金・品揃え・他の読み放題サービスとの比較

次の章でも引き続き、他社の電子書籍読み放題サービスと比較してみます。

タブホ

タブホ

画像引用元:タブホ公式ホームページ

楽天マガジン、dマガジンと雑誌専門の電子書籍読み放題を紹介しましたが、雑誌専門で忘れていけないのが最後に紹介するタブホです。

項目内容
料金500円/月
対応機器スマホ・タブレット・パソコン
主な書籍ジャンル雑誌900誌以上
初回加入時無料特典あり
※24時間のみ

楽天マガジンと比較した特に最も目を引くのは、取扱い雑誌数900冊以上と楽天マガジンの250誌、dマガジンの200誌と4倍以上で大幅に増えた品揃えです。

料金も楽天マガジンと比較して120円高くなった500円なので、多種の雑誌を読む人や楽天マガジンに取り扱っていない雑誌が見たい人にタブホはおすすめです。

クレジットカード以外にもGoogle Play、App Sotreにamazonやキャリア決済と幅広い決済方法に対応しているのもタブホのメリットです。

ただタブホは楽天マガジンと比較した際に以下の特徴があります。

  • 紙の雑誌発売日に前号が配信なので、見られるのは最新号のひとつ前の号
  • 初回無料特典が24時間のみ

特に重要な事は最新版の雑誌が見られるのではなくひとつ前の号という点で、とにかく雑誌から早く情報を入手したい人には楽天マガジンの方が優れています。

他の電子書籍読み放題が初回無料特典が1ヶ月なのに、タブホは24時間と非常に短いので、使い勝手を試しにくいと言えます。

取扱い雑誌数は多いのでバックナンバーも含めて多くの雑誌をゆっくり見たいならタブホ、情報の早さを重視するなら楽天マガジンと比較できます。

FOD

フジテレビが提供している電子書籍読み放題サービスがFOD(フジテレビオンデマンド)で電子書籍メインではなくテレビ番組と一緒に電子書籍が見られるという位置づけです。

項目内容
料金888円/月(FODプレミアム)
対応機器スマホ・タブレット・パソコン
主な書籍ジャンル雑誌・漫画
初回加入時無料特典あり

楽天マガジンとの比較点は料金が2倍以上高くなった代わりに、電子書籍の他に様々なジャンルのテレビ番組が見られるようになった事が1点。

FODの電子書籍読み放題は雑誌以外に漫画も取り扱っている事の2点、この2つが楽天マガジンとの違いになっています。

楽天マガジンとFODは毎月の価格も提供しているサービスの品揃え内容も大きく違うのですが比較しておすすめできる人は価格と見たいサービスで分かれます。

雑誌だけ読みたい人、格安料金が良い人は楽天マガジンで雑誌以外にも漫画を見たい!テレビ番組も見たいならFODとなるでしょう。

実際に料金を支払う前に気を付けたいこと

楽天マガジン

画像引用元:評判のアプリでオフラインでも雑誌読み放題:楽天マガジン

楽天マガジンと他の電子書籍読み放題サービスと比較してきましたが、実際に利用する前に確認しておく事を紹介します。

  • 読みたい書籍が取り扱っているか?
  • スマホやパソコンで読む際に操作に違和感が無いか?

まず何より大事なのが、読みたい本を取り扱っているか否かの品揃えの部分です。

楽天マガジンの場合は雑誌のみ取り扱っています。

当然漫画は取り扱っていませんし、楽天マガジンで取り扱っていない雑誌が他では取り扱っている事もありますので契約前に対象書籍の確認は必須です。

また忘れがちなのがスマホやパソコンでの操作感で、幸いなことに多くの電子書籍提供業者は初回時に一定期間無料で利用できるお試し期間を設けています。

今回比較した業者はタブホを除いて初回時1ヶ月間の無料期間を設けているので、操作に違和感がないかチェックして問題なければ1ヶ月後に契約続行しましょう。

今回は楽天マガジンを主題にしましたが、雑誌含め電子書籍読み放題はどこの業者も横並びのサービスに見えて、品揃えや提供内容はかなり違います。

楽天マガジンと他社を比較
  • 料金は対抗馬が多いが料金は最安級
  • 読める電子書籍は雑誌のみ
  • 初回無料特典があればお試しに利用がおすすめ

無料期間は業者ごとなので、初回無料期間だけ利用して電子書籍を楽しみながら利用感覚が合う業者を探すジプシー感覚で渡り歩いてみるのもおすすめです。

雑誌読み放題サービスおすすめ4選|料金・ラインナップなど徹底比較

楽天モバイルは今なら1年間無料で利用可能。年会費無料の楽天カードはポイント最大16倍でザクザクポイントが貯まります。

この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ