arrows Be3レビュー|画面割れに強い頑丈な日本製スマホといえばコレ!

arrows Be3レビュー|画面割れに強い頑丈な日本製スマホといえばコレ!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモが2019年夏モデルとして6月7日に販売したarrows Be3は、画面割れに強い頑丈なスマホというキャッチコピーでデビューしました。

  • 果たして本当に頑丈なスマホなのか
  • 価格は33,048円とお手頃価格だがスペックはどうなのか

などと気になる所です。

今回は、arrows Be3の実機レビューをまとめましたので、購入を検討している方は是非参考にしてみて下さい。

arrows Be3実機レビューでわかったこと
  • 見た目は普通のAndroidだが触るとガッチリしている
  • 右手で持つと非常に安定感があるので落下しにくい
  • イヤホンジャックや充電ポートは本体底部
  • ベンチマーク結果は3万円台の価格相応結果

arrows Be3の外観レビュー

アローズビースリー

まずはarrows Be3の外観ですが、本体左側面部にはボタン類は一切搭載されておりません。

その代わり右側側面や背面、天板部それぞれに役割を持たせております。

本体右側面部(電源ボタンとボリュームボタン)

arrows Be3の本体右側側面部には、小さなボタン(電源ボタン)と大きなボタン(ボリュームボタン)がそれぞれ搭載されております。

右手で持つ場合は、電源ボタンとボリュームボタンの間に右手の親指を乗せるように持つと、ホールド感が増すので安定します。

本体天板部(ワンセグアンテナ・カードスロット)

arrows Be3の本体天板部には、ワンセグ用のアンテナと、SDカードとSIMカードを搭載するカードスロットがあります。

ワンセグアンテナはかなり長めに伸びる仕組みで、arrows Be3本体よりやや短いワンセグアンテナが収納されています。

ワンセグアンテナがあるので、イヤホンが無い時でも、ワンセグを受信できる感度は高そうです。

カードスロットはシングルnano SIM

本体天板部のSIMカードスロットは、SIMカードとSDカードを同じ場所に収納するタイプになっております。

セットできるSIMカードはnano SIMカード1枚なので、SIMフリースマホのように、複数枚SIMカードをセットできるタイプではありません。

本体底部(充電ポート・イヤホンジャック)

本体底部には充電ポートとイヤホンジャックがあり、充電ポートはType-Cの充電器に接続できるようになっています。

イヤホンジャックも差し込めばすぐ音声を再生出来ますが、胸ポケット等に入れる場合は、arrows Be3の天板部が下に向く形で胸ポケットに収納されます。

その為、音楽再生中に胸ポケットからarrows Be3を取り出そうとすると、持ち替えの手間が若干あるなと印象を受けました。

なお、音質に関しては問題なく再生出来ており、ハイレゾにも対応しているので高音質の音楽を楽しむことが可能です。

ストラップホルダーもある

arrows Be3の本体底部の左角には、ストラップホルダーもありますので、スマホを落下させる前の段階で対策が可能です。

落下防止のシンプルなストラップを付けても良いですし、オシャレなストラップを付けてドレスアップも図れます。

本体背面部(Exlider・背面カメラ)

アローズビースリー

本体背面部を見てみると、銀縁の円につつまれたボタンがありますが、これがarrows Be3の機能の1つ『Exlider』です。

Exliederボタンは、主に人差し指を当てて、人差し指のアクションで文字を段階的に拡大できるので、ピンチイン・ピンチアウトが苦手な人でも簡単に画面の縮小拡大が可能です。

公式ホームページには記載されていませんが、Exliderボタンは若干凹んでいるので、人差し指を軽く乗せて持つと、凹んだ個所でグリップがきいて安定性が増しています。

カメラはシングルカメラ

arrows Be3の背面カメラは、レンズを1つだけ搭載させた画素数1,220万画素のシングルカメラとなっております。

最近の海外の格安スマホでは、2つのレンズを搭載したデュアルレンズカメラも珍しくありませんが、arrows Be3は価格相応のシングルカメラになりました。

なおシングルカメラではあるものの、AIカメラやポートレート撮影は可能なので、それなりの高画質撮影は可能です。

本体前面部(液晶画面)

アローズビースリー
本体前面部の液晶画面ですが、5.6インチの有機ELディスプレイで、ベゼルレスではなく液晶周囲にベゼルがあるタイプです。

液晶画面は操作がサクサク進むので、指がひっかかるような感触もなく、画質もフルHD+なので高画質な動画視聴も可能です。

arrows Be3のスペックと価格は!?前機種からの進化点と違いは何?

次のページでは、arrows Be3の触感レビューをしてみます。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ