HUAWEI nova lite 3レビュー|コスパ最強スマホのスペックと価格

HUAWEI nova lite 3レビュー|コスパ最強スマホのスペックと価格

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

2019年2月1日からHUAWEIから発売された「HUAWEI nova lite 3」ですが、ユーザーからはコスパ最強スマホとして発売前から噂されていました。

しかも、HUAWEI nova lite 3はMVNO(格安SIM)専売モデルとなります。

また多くのMVNOではHUAWEI nova lite 3と格安SIMのセット販売を展開していますので、SIMの契約がネックとなる事も考えられます。

今回は最強スマホと噂されるHUAWEI nova lite 3の価格からスペックまで、その詳細を紹介していきます。

HUAWEI nova lite 3のポイント

  • 独自のアルゴリズムによる高精度の顔認証
  • 多種多様なモード設定が可能なカメラ機能
  • 1,600万画素のインカメラもAIに対応
  • 価格は29,030円で格安SIMの各プランで差異あり

トップ画像引用元:HUAWEI nova lite 3 | HUAWEI Japan

1 HUAWEI nova lite 3のスペック

HUAWEI nova lite 3

画像引用元:HUAWEI nova lite 3 スペック | HUAWEI Japan

まずは気になる、HUAWEI nova lite 3のスペックをみていきましょう。

モデル名HUAWEI nova lite 3
発売日2019年2月1日
価格29,030円(税込)
OS Android 9ベース
EMUI 9.0.1
SoCKirin 710
メモリ 3GB
ストレージ32GB
ディスプレイ 6.21型/ノッチ付き/19.5:9
解像度 2,340 x 1,080/FHD+
アウトカメラ 1,300万画素+200万画素
AIデュアルカメラ
インカメラ 1,600万画素
AIシングルカメラ
バッテリー容量 3,400mAh
カラーミッドナイトブラック
コーラルレッド
オーロラブルー
サイズ 高さ:155.2mm
横幅:73.4mm
厚さ:7.95mm
重量 160g
Wi-Fi Wi-Fi 802.11 b/g/n
準拠 2.4 Ghz
対応回線ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイル
au(アップデート後に利用可能)
取り扱いMVNOmineo公式ショップ
LINEモバイル公式ショップ
など

2 HUAWEI nova lite 3の機能・仕様

HUAWEI nova lite 3

画像引用元:HUAWEI nova lite 3 | HUAWEI Japan

ここではHUAWEI nova lite 3の気になる機能・仕様を詳しく紹介していきます。

2-1 おサイフケータイ・ワンセグ・防水防塵には非対応

水没するスマホ

ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアでは一般的となっている、

  • おサイフケータイ
  • ワンセグ
  • 防水防塵

ですが、HUAWEI nova lite 3では全て非対応となっています。

現在使用しているスマホで以上のような仕様・機能が必要というユーザーの場合にはHUAWEI nova lite 3に機種変更をする場合には注意が必要です。

ユーザーのライフスタイルまで大きく変えてしまう恐れがありますので、購入前には事前の確認をおすすめします。

2-1 ホーム画面・プリインストールアプリ

スマホの画面

ホーム画面には1番左がGoogleフィールドとなり初期設定ではiPhoneのように全てのアプリがホーム画面に表示されるといった仕様となります。

HUAWEI nova lite 3はMVNO専売モデルとなっていますので、プリインストールアプリも購入するMVNOによっても変わってきます。

2-2 ナビゲーションキーをカスタマイズできる

スマホを触る女性

利用する上で頻繁に使用するナビゲーションキーでは「設定」の「システム」内にある「システムナビゲーション」からカスタマイズが可能となっています。

またナビゲーション操作は、

  • ジェスチャー
  • 3つのキーによるナビゲーション(デフォルト設定)
  • ナビゲーションメニュー

の3つの中から選択が可能です。

さらにデフォルトの3つのキーを利用するナビゲーションキーも戻るボタンの配置位置の変更など、自由にカスタマイズが可能なのも特徴となっています。

このように、HUAWEI nova lite 3のボタン操作のナビゲーションキーは配置が自由に変更可能ですのでユーザーの好みの操作感で利用する事が出来ます。

頻繁に利用する事の多いナビゲーションキーを好みにカスタマイズ出来るというのは、ユーザー側に立った便利な機能となっています。

2-3 Android 9をベースとしているOSが搭載

Android

一般のユーザーが意外とチェックし忘れるのが、搭載OSの仕様です。

HUAWEI nova lite 3では最新のAndroid 9をベースにカスタマイズが施された、EMUI 9.0.1が搭載されています。

日本向けに完全日本語に対応しており、HUAWEIの自信作の便利な機能などが満載のOSとなっています。

ベースとなるOSに最新のAndroid 9を採用する事により、ベースとなっているOS自体にも実装されている様々な機能が利用可能となっているのが特徴です。

長期的な利用を考えるのなら、新型のOSの方がセキュリティ面の心配もなく安心して運用可能となります。

また、2月2日の時点で最新のアップデートが入りましたので、これから購入するユーザーはOSのアップデートを忘れずに行いましょう。

今回のアップデートによりau回線も利用可能となりますので、端末用途の幅が広がる事は間違いありません。

HUAWEI nova lite 2レビュー|評判通りの性能で最高コスパのスマホ

次のページでも、HUAWEI nova lite 3の機能・仕様を詳しく説明していきます。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

ZenFone Max Pro(M1)レビュー|バッテリー容量5000mAh超え!... 2018年12月21日より国内販売が開始されたASUSのZenFone Max Pro (M1)。 ZenFone Maxシリーズは歴代でバッテリー容量が大きく低価格でコスパに優れたスマホを輩出してきました。 今回のZenFon...
OPPO AX7レビュー|3万円弱で6.2インチの大画面SIMフリースマホ... OPPOは世界シェア4位のスマホメーカーとして世界的に知られています。日本市場への参入は遅かったとはいえ、個性的なスマホを投入しているのでとても魅力的です。 この記事では、OPPOがリリースするスマホの中から「AX7」を取り上げて紹介...
OPPO R17 Proレビュー|ディスプレイ指紋センサー内蔵のハイテクスマホ... 中国のスマホメーカー「OPPO」は、2018年に日本市場に参入し、さまざまなスマホを販売してきました。 そこで、今回はOPPOの最新スマホである「OPPO R17 Pro」を紹介します。 OPPO R17 Proのスペックや特徴、デ...
Android One X5レビュー|シリーズ初の最高スペックのフラッグシップモデル... 2018年12月に発売したAndroid One X5は、iPhoneと並ぶ主力ブランド「Android One」スマートフォンのフラッグシップモデルとして、ワイモバイルから発売されました。 高性能なAIカメラと大きく見やすいIPS液...