ZenFone Max Pro(M1)レビュー|バッテリー容量5000mAh超え!

ZenFone Max Pro(M1)レビュー|バッテリー容量5000mAh超え!

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ソフトバンクバナー

2018年12月21日より国内販売が開始されたASUSのZenFone Max Pro (M1)

ZenFone Maxシリーズは歴代でバッテリー容量が大きく低価格でコスパに優れたスマホを輩出してきました。

今回のZenFone Max Pro (M1)も、同様の流れを汲んでおり、非常にコスパに優れたモデルとなっています。

今回は2018年末に発売されたZenFone Max Pro (M1)のレビューと、今後発売が噂されるZenFone Max Pro (M2)について紹介いたします。

ZenFone Max Pro (M1)はこんなスマホ!

  • 驚異のバッテリー容量5,000mAh
  • ピュアアンドロイドでシンプルな操作性
  • 3万円で買える高コスパ機

トップ画像引用元:ASUS | Zenfone Max Pro(M1)

1 ZenFone Max Pro (M1)のスペック

トップ画像引用元:ASUS | Zenfone Max Pro(M1)

まず、ZenFone Max Pro (M1)について見ていきましょう。

ZenFone Max Pro(M1)
CPUSnapdragon636
RAM/ROM3GB/32GB
メインカメラ1,600万画素(F値2.0)
+800万画素(深度測定用)
インカメラ800万画素(F値2.2)
バッテリー容量5,000mAh
ディスプレイ6.0インチ(フルHD+)
サイズ159 × 76 × 8.4mm
重量180g
価格(税抜)26,880円
販売LINEモバイル公式ショップなど

次にZenFone Max Pro (M1)の特長についてレビューしていきます。

2 ZenFone Max Pro (M1)の特長

スマホを持つ男性

ZenFone Max Pro (M1)の特長は大きく5つ挙げられます。

ZenFone Max Pro (M1)の特長

  • スマホ最大級のバッテリー容量
  • デュアルレンズカメラ搭載
  • 6.0インチの大画面
  • DSDVにmicroSDも対応のトリプルスロット
  • 動作もサクサクのピュアアンドロイド

5つの特長をそれぞれ詳しく紹介していきます。

2-1 スマホ最大級のバッテリー容量

スマホの充電中

ZenFone Max Pro (M1)のバッテリー容量は5,000mAhで、スマホでは類を見ない大容量バッテリーを搭載しています。

ZenFone Maxはシリーズを通して大容量バッテリーと稼働時間の長さを売りにしてきました。

その中でもZenFone Max Pro (M1)は間違いなく最高クラスのバッテリー持ちの長さとなっています。

単にバッテリー容量が大きくなったというだけでなく、バッテリー負担の少ないシステムを採用するなど配慮された設計も特徴です。

連続通話時間は最大約41時間、WEBブラウジングは最大約28時間と驚異の長さを実現しました。

スマホを毎日使っていると、やはり心配になるのはバッテリー持ちの長さです。ZenFone Max Pro (M1)はそういった心配を一気に解消してくれるスマホとなっています。

1日中ずっと使い続けても余裕のある大容量バッテリーは外出先でも安心してスマホを使うことができるようになっています。

ソフトバンクバナー

2-2 デュアルレンズカメラ搭載

自撮り

低価格モデルのラインナップとなるZenFone Maxシリーズでは初めてデュアルレンズカメラを搭載しています。

メインカメラは1,600画素と500万画素(深度測定用)のデュアルレンズカメラを採用しています。

これにより、ポートレートモードでの撮影が可能となっていて、背景をボカして被写体を強調した綺麗な写真を撮影することができます。

ハイエンドモデルのスマホでは、主流となったデュアルレンズカメラですが、この価格帯のスマホでも利用できるのは嬉しいところです。

また、動画撮影は4K画質に対応しているので、臨場感そのままに思い出のシーンを残すことができます。

カメラに関してはZenFone 5 Zなどのハイエンドモデルのスマホに比べると、写真の画質や明るさは劣る印象があります。

カメラにこだわりがあるという人には、正直言って物足りないかもしれません。

しかしながら、低価格でデュアルレンズカメラが使えるというのはZenFone Max Pro (M1)の強みの1つとも言えるでしょう。

2-3 6.0インチの大画面

zenfone max pro M1

画像引用元:ASUS | Zenfone Max Pro(M1)

ZenFone Max Pro (M1)のディスプレイはZenFone Maxシリーズの中では最大の6.0インチとなっています。

ノッチ(画面上部の切り欠き)もなく、すっきりとした印象のディスプレイです。画面が大きくなったことで、ゲームのプレイや動画の視聴も快適になりました。

大画面で大容量バッテリー搭載ということで、気になるのは本体の重量です。

どうしても本体が大きくなったり、バッテリー容量が大きくなるにつれて本体も重くなります。

その点、ZenFone Max Pro (M1)は180gとサイズやバッテリー容量の割に軽量になっています。

同じような大きさのスマホと比較すると、5.5インチのiPhone 8 Plusが202gなのでZenFone Max Pro (M1)は比較的軽量であると言えます。

6.0インチの大画面でありながら軽めの重量となっていることで、片手での操作も快適に行うことができます。

2-4 DSDVにmicroSDも対応のトリプルスロット

SIMカード

ZenFone Max Pro (M1)のSIMカードスロットは、2枚のnanoSIMと1枚のmicroSDを同時に挿入できるトリプルスロット仕様となっています。

通信に関してはDSDVに対応しており、2枚のSIMカードを挿入して同時に4Gでの待ち受けが可能となっています。

仕事用やプライベート用で回線を分けている人など、1台で回線の使い分けをしたい人にはおすすめの機能です。

また、SIMカードを2枚入れた上にmicroSDを入れることもできるので、本体の容量不足に悩むこともありません

大容量のストレージで写真や動画の撮影を楽しむこともできます。

2-5 動作もサクサクのピュアアンドロイド

アンドロイドのキャラクター

ZenFone Max Pro (M1)のUI(ユーザーインターフェイス)はピュアアンドロイドと呼ばれるもので、無駄を一切省いたシンプルなAndroidとなっています。

ピュアアンドロイドとは、キャリアやメーカーによるカスタマイズが一切されていない純正のAndroid OSのことを言います。

通常のAndroidスマホは、ほとんどがAndroidにカスタマイズを施したUIとなっています。

ASUSのスマホでは、「Zen UI」と呼ばれるUIを採用しており使いやすさやデザイン性に配慮された設計となっていました。

ピュアアンドロイドでは、このようなメーカー独自のUIではなく、シンプルで質素なデザインになります。

その分、動作が軽くなったり、バッテリーへの負担が軽くなるといった特徴があります。

ZenFone Max Pro (M1)ではピュアアンドロイドを採用したことによって、サクサク動かせてよりバッテリー持ちの良いスマホとなりました。

ZenFone 5/5Zレビュー|最高級のスペックにAIカメラを搭載【ASUS2018】

次のページでは、ZenFone Max Pro (M1)の気になる点を詳しく紹介します。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ソフトバンクバナーソフトバンクバナー

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

ソフトバンクバナー