ZenFone Max(M2)レビュー|AIカメラ搭載スマホのスペックと価格

ZenFone Max(M2)レビュー|AIカメラ搭載スマホのスペックと価格

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ASUSは2019年3月15日より、春モデルのSIMフリースマホとして『ZenFone Max(M2)』をフルビューモデルでリリースしました。

ZenFoneシリーズは既に一部の格安MVNO業者で取り扱われているスマホですが、今回は大容量バッテリーを搭載という内容で販売されます。

しかし、過去に大容量バッテリーを謳うスマホは数多く存在しましたが、価格が高かったりスペックや重量が犠牲になっていたりするスマホが多かったのも事実です。

今回のZenFone Max(M2)は、果たしてバッテリー容量に満足できそうなスペックなのかレビューします。

ZenFone Max(M2)のポイント

  • バッテリー容量はハイエンドスマホ並の大容量
  • AIカメラとデュアルレンズを搭載している
  • 26,500円とお手頃価格なので入手しやすい

トップ画像引用元:ZenFone Max(M2) | ASUS

1 ZenFone Max(M2)のスペック

ZenFone Max(M2)

画像引用元:ZenFone Max(M2) | ASUS

ZenFone Max(M2)のスペックは既にASUS公式ホームページ上で公開されており、具体的なカタログスペックは以下のようになります。

スペック内容
CPUQualcomm Snapdragon632
(オクタコアCPU)
OSAndroid 8.1
内蔵RAM/ROM4GB/32GB
サイズ
(幅×長さ×厚さ)
76.2×158.4×7.7mm
重量160g
バッテリー容量4,000mAh
液晶画面サイズ6.3型ワイドIPS液晶
メインカメラ画素数1,300万画素/200万画素
前面カメラ画素数800万画素
カラーミッドナイトブラック/スペースブルー/メテオシルバー
発売日2019年3月15日
価格26,500円

それではこのカタログスペックを元に評価できる点、評価できない点をまとめてみたいと思います。

1-1 バッテリー容量は看板に偽りなし

ZenFone Max(M2)

画像引用元:ZenFone Max(M2) | ASUS

ZenFone Max(M2)はバッテリー容量の多さがセールスポイントで、実際に見てみると4,000mAhと大容量バッテリーを搭載しております。

これ程のバッテリー容量を搭載しているスマホはハイエンドスマホがほとんどで、一例を挙げると『HUAWEI Mate 20 Pro』が4,200mAhのバッテリー容量です。

しかし、ZenFone Max(M2)の価格は25,600円に対し、HUAWEI Mate 20 Proは10万円オーバーのプレミアムスマホです。

高価格帯のスマホに匹敵するバッテリー容量を確保しているだけあって、さすがセールスポイントとして売り出すだけはあります。

あくまでカタログスペックですが、

  • 連続通話時間が35時間
  • 連続通話時間が35時間
  • Webブラウジング時間に22時間

という数値を出すほどのタフなバッテリーのようです。

1-2 低価格帯スマホなのにスペックは高い

ZenFone Max(M2)

画像引用元:ZenFone Max(M2) | ASUS

バッテリーの大容量に目が行きがちですが、ZenFone Max(M2)は25,600円と低価格にも限らずスペックの高さにも注目です。

比較的近いスペックがシャープ製のSIMフリースマホ『AQUOS sense Plus』ですがZenfone Max(M2)と比較すると以下のメリットがあります。

  • 処理を行う内蔵RAMがZenFone MAX(M2)の方が1GB多い
  • バッテリー容量はZenFone MAX(M2)の方が900mAh多い
  • ZenFone MAX(M2)の方はフルビューなので画面サイズも大きい
  • AQUOS sense Plusの価格は34,421円~43,556円辺りなので、10,000円以上安い

と、他の低価格帯スマホと比較してもスペックは高い方なので値段は安い方が良いがスペックの良いスマホが欲しい!という方におすすめの1台です。

1-3 デュアルレンズにAIカメラを搭載しているのもGOOD

ASUS ZenfoneMax(M2) AI

画像引用元:ZenFone Max(M2) | ASUS

5万円~8万円前後のミドルクラスのAndroidでは、カメラのレンズを複数搭載するスマホがリリースされつつあるのがトレンドです。

しかし、低価格帯スマホではコストの関係で見送り…という常識をZenFone Max(M2)を打ち破りデュアルレンズカメラを搭載しております。

更にシーン毎に自動で撮影モードを切り替えるAIカメラまで搭載しているので、カメラの点でも低価格帯スマホとは思えないスペックにGOODです。

AIシーン分析を搭載していて13種類のシーンに分析してくれます。

ピープル、フード、サンセットやドッグ、キャット、それにフラワーやスノー、テキストもAIが判断してくれます。

オンにしておくだけで自動で判断してくれるので、とても楽にシーンに合わせた写真を撮影することができます。

1-4 防水・防塵規格に対応していないのは残念

水にあたる男性

ZenFone Max(M2)は低価格帯スマホの割にはバッテリー容量と高いスペックを持っているというのが特長です。

しかし、防水・防塵規格には非対応で、防水・防塵規格を満たしていればキャンプやツーリング等のアウトドア派に向いていたはず…というのが惜しい点です。

ただASUSをはじめとする海外スマホメーカーは、日本の防水・防塵規格を満たさないスマホがほとんどなのでZenFone Max(M2)だけが非対応という訳ではありません。

1-5 カメラ画素数は価格相応の画素数

スマホを持つ女性

デュアルレンズとAIカメラ搭載という点でも、ZenFone Max(M2)のメリットではありますが、カメラの画素数は価格相応の画素数に収まっています。

飛びぬけて画素数が優れている訳ではないので、その分デュアルレンズとAIカメラの補正によりフォローする…という姿勢のようです。

1-6 総評:26,500円とは思えないほどコスパの良いスマホ

グッドサインをする女性

ZenFone Max(M2)を総評してまとめると以下の評価になります。

  • バッテリー容量はハイエンドクラスに匹敵する
  • 26,500円の低価格なのにスペックはミドルクラスに匹敵

スペックも悪くなく、バッテリー容量の多さは多くの人に好まれるポイントなので汎用性が高く取っ付きやすいスマホに仕上がっています。

初めて海外製スマホに手を出す人や、格安MVNO業者で契約する人でもおすすめできるスマホとしても活用できるスマホです。

ZenFone Live L1レビュー|トリプルスロット搭載のコスパ抜群スマホ

次のページでは上位版のZenFone Max Proとの比較をしてみます。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ