携帯代が払えない時の対処法|滞納リスクとキャリア別利用停止日

携帯代が払えない時の対処法|滞納リスクとキャリア別利用停止日

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

携帯代は毎月支払うものとして、毎月の決まった出費の中に含まれていると思います。

しかし、中には経済的に厳しく、携帯代が払えない、滞納してしまったという人もいるでしょう。

携帯代が払えないと、下記のようなリスクが高くなる恐れがあります。

携帯代が払えない時に考えられるリスク

  • 携帯電話が利用停止になる
  • 強制解約になってそのキャリアで契約できなくなる
  • 信用情報機関に情報が載ってローンやクレジットカード契約ができなくなる
  • 電話をかけた時のアナウンスですぐに滞納していると他の人にバレる
  • キャリアによって利用停止日は違うが約2週間~約1ヶ月

そもそも携帯代は滞納しないことが当たり前なので、滞納しないというのが1番です。

しかし、それでも急な出費などでどうしても払えない、余裕がないという時もあるでしょう。

今回は、その時にどのような対処法があるの調べてみました。

また、各キャリアごとに支払日から2週間から1ヶ月程度で回線が利用停止になるともいいます。

生活必需品であるスマホが使えなくなるとかなり不便ですよね。

携帯代を滞納しないことが何よりですが、

  • 万が一滞納してしまった場合にどうするべきか
  • 利用停止になるまでどのくらいの期間なのか
  • どのような対応がなされるのか

について詳しく紹介します。

1 携帯代が払えない時はどうすれば良いのか

まず、携帯代が払えない時の対処法を紹介します。

正直、キャリア側に融通をきかせてもらったり、支払いをするまで待ってもらうことは不可能です。

携帯代が払えない時の1番やるべきことは、利用停止になる前に何とかお金を用意して支払うということです。

実際、携帯代は滞納したからと言ってすぐに利用停止になるわけではありません。

滞納してからも一定の猶予が与えられます。携帯代が払えない時は、その一定の猶予の間に如何にお金を用意できるかにかかっています。

1-1 支払い日の変更や日にちをずらしてもらうことはできない

パソコンをみてがっくり

前述しましたが、支払い日を変更したり、日にちをずらしてもらうなどキャリア側に融通をきかせてもらうことはできません

以前はauで支払い猶予期間を与えてくれるというサービスもありましたが、2018年に終了してしまいました。

つまり、携帯代を払えなかった時点で、一定の期間内に支払いができなければ利用停止になりますし、それよりも滞納してしまえば強制解約となるリスクが高くなります。

慈悲もなにもないと思ってしまいたくなりますが、そもそも決まった日に料金を支払うということを約束して契約をしています。

約束を守らなければそれ相応の対応があるということは覚悟するべきでしょう。

1-2 滞納したからといってすぐに止まるわけではない

スマホで電話する男性

滞納しでもすぐに利用停止になるわけではありません。

これは後ほど詳しく解説しますが、キャリアによって利用停止になるまでに一定の期間が設けられています

そのため、携帯代を滞納してしまった時は「利用停止までに何とかお金を用意して支払う」のが1番良い方法でしょう。

利用停止になったとしても、すぐに支払えば大体数時間程度で使えるようになります。

しかし、利用停止になってしまうとネットはもちろん電話も使えなくなってしまうので不便であるのは間違いありません。

日雇いのアルバイトをしてみたり、何とか携帯代を捻出して毎日の生活を節約するなどして、なるべく利用停止までに滞納分を解消することをおすすめします。

回線が利用停止になるまでに大体2週間から1ヶ月ほど

キャリアによって時期は異なりますが、大体本来の支払い日から2週間から約1ヶ月ほど支払いが遅れると利用停止になります。

つまり、勝負は支払日から2週間~約1ヶ月の間ということになります。

その間に何とかお金を用意して支払うようにしましょう。

1-3 クレジットカードを使用して一時的に支払う

クレジットカード

かなりリスキーな方法ではありますが、滞納した分を一時的にクレジットカードで支払うという方法もあります。

滞納した支払い分に関しては、コンビニ払いやショップ支払い、そしてスマホ上からクレジットカード情報を入力して支払うことができます

クレジットカードであれば、支払いのタイミングも1ヶ月ズレますし、すぐに請求されることはありません。

ただ、携帯代ですら払うのが厳しい状況下で、無闇にクレジットカードを使うのは大変危険です。

クレジットカードで決済をしても、翌月請求分を払える段取りはついているのか、しっかりと確認するようにしましょう。

クレジットカードは後払いで非常に便利ですが、使い方によってクレジットカードの滞納のリスクも高くなってしまいます。

そもそも携帯代が払えない状態でクレジットカードを使うという時点で結構、リスキーなので、あくまで「最終手段」として残しておきましょう。

携帯代を払えない時の対処法

  • 利用停止になるまでに何とかお金を用意する
  • クレジットカードを使って一時的に支払う
  • 支払い日をずらすなどの融通は一切きかない
  • 放置していると利用停止・強制解約のリスクが高くなる
dカードの「iD払い」と「クレジットカード払い」の違いと仕組み

次のページでは、携帯代を滞納したときのリスクについて解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

3キャリアの携帯機種変更(MNP含む)でかかる事務手数料|無料はどこ?... 携帯を契約する時に付き物なのが、契約時に発生する事務手数料です。 一般的に契約する時の契約事務手数料は3,000円程度といわれていますが、乗り換え(MNP)契約や機種変更となると、これらの金額が異なる場合があります。 3キャリア...
高校生が新規で持つのに最適なスマホと学割プラン|補償サービス必須!... 今回は高校生に最適なスマホと学割プランや必要なオプションについて解説します。 最近は小・中学生でもスマホを持っている子もいますが、高校生からスマホデビューというご家庭もまだまだ多いですよね。 いざ子どもにスマホを買おうと思っても...
+メッセージ(プラスメッセージ)が話題!使い方とメリット紹介... 電話番号でメッセージのやり取りができるSMSには、140文字(全角なら70文字)の字数制限があるものの、短文でのやり取りなど簡単な連絡をするのにはとても便利なサービスですよね。 ところで、このSMSが進化して、「+メッセージ」というサ...
ソフトバンクの下取りプログラムの対象機種・条件・価格をまとめてみた... 今回はソフトバンクの下取りプログラムについて詳しくまとめました。ソフトバンクのスマホを長く使っていると、機種変更したくなりますよね。 ですが最近のスマホはかなり高性能になった分お値段もそれなりに高額でためらう人が多いのも事実です。 ...