ソフトバンクスマホの新機種発売予定

【2024春夏】ソフトバンクスマホの新機種発売予想!最新モデルを比較

  • 更新日:2024年2月14日
  • 本記事には広告が表示されます
  • ※本記事は2024年2月14日に作成された記事です。最新情報は公式ページをご確認ください。

この記事では、ソフトバンクの2024春夏の最新モデル6機種の予想をまとめて紹介します。

2024年春夏には、例年通り最新Androidのハイエンドモデルが多数発売されると予想されます。

Google Pixelの廉価版やXperiaなど最高峰性能が登場するため、最新モデルが欲しい人はぜひチェックしてください。

【2023年秋冬モデル】ソフトバンク最新機種一覧

機種名公式サイト実質価格機種価格特徴
iPhone 15 Pro
iPhone 15 Pro
公式サイト
74,136円〜※1185,760円〜2023年最新iPhone
A17 Proでゲーム性能大幅アップ
iPhone 15
iPhone 15
公式サイト
21,996円〜※2145,440円〜4,800万画素カメラ搭載
Proモデルに近付いて人気アップ
Google Pixel 8 Pro
Google Pixel 8 Pro
公式サイト
94,320円〜※1172,080円〜Tensor G3搭載
処理能力とAI機能アップ
Google Pixel 8
Google Pixel 8
公式サイト
21,996円〜※2114,480円〜Tensor G3搭載
屋外でもより見やすい
OPPO Reno10 Pro 5G
OPPO Reno10 Pro 5G
公式サイト
22,008円※180,640円実質2万円台の低価格モデル
防水・防塵が弱いことに注意
AQUOS wish3
AQUOS wish3
公式サイト
22,008円※131,680円初スマホにぴったりの低価格
子供・シニア向けモードあり
Xiaomi 13T Pro
Xiaomi 13T Pro
公式サイト
21,996円〜※2111,600円実質5万円台で高コスパになると予想
高性能カメラ搭載
motorola razr 40s
motorola razr 40s
公式サイト
31,896円〜※2121,680円折りたたみスマホ
低価格ながら性能高め
※1 新トクするサポート(スタンダード)適用時
※2 新トクするサポート(バリュー)適用時
吹き出しアイコン

ソフトバンクへの乗り換えや機種変更を考えている人は、ぜひ本記事を参考に人気の最新モデルを選んでください。

この記事を書いた人
ドコモ905iシリーズの頃からモバイル販売を中心に仕事してきた経験を活かし、わかりやすさを心がけて書いてます。 最近はAIに興味津々で、執筆の合間にChatGPTなど各種AIで遊んでいます。

【2024春夏モデル】ソフトバンクの新機種発売予定

Xperia 5 V

例年通り、2024年春夏モデルでは人気Androidのハイエンドモデルが登場すると予想されています。

また、Google Pixelも廉価版の最新機種が登場するはずです。

さっそく、2024年春夏モデルで予想されている最新機種をみていきましょう。

吹き出しアイコン

なお、ソフトバンク公式の発表前のため、掲載情報は記事更新時点の噂を元にした予想です。

ソフトバンク2024春夏モデル

機種発売日予約開始日
Pixel 8a2024年5月予想
Xperia 1 VI2024年6月予想
Pixel Fold 22024年7月予想
Xperia 10 VI2024年7月予想
AQUOS R9 pro2024年7月予想
AQUOS R92024年8月予想

【5月予想】Pixel 8a

Google Pixel 7a

画像引用元:au(※画像はPixel 7aです)

Google Pixel 8aは、2024年5月に発売が予想されている廉価版Pixelの最新モデルです。

まだGoogle公式のアナウンスはありませんが、記事更新時点では以下のような噂があります。

Google Pixel 8aの噂
  • 発売日は2024年5月と予想
  • Pixel 8と同じTensor G3搭載
  • 画面サイズは6.1インチ
  • 2.5D曲面ガラスを採用
  • デュアルカメラ搭載
  • デザインはPixel 8を踏襲
  • 米ドル価格は499ドルでPixel 7aの据え置き

各キャリアはPixel 8も2年の実質価格が安いので、Pixel 8a登場でさらにお得に購入できるかもしれません。

コスパよく最新モデルに買い替えたい人は、Google Pixel 8aの登場を待つといいでしょう。

ソース:AndroidPolice
ソース:Dexerto
ソース:GSMArena.com news

▲章のはじめに戻る

【6月予想】Xperia 1 VI

Xperia 1 V

画像引用元:ソフトバンク(※画像はXperia 1 Vです)

Xperia 1 VIは、2024年6月に発売が予想されているハイエンドモデルです。

まだSony公式の発表すらありませんが、海外では様々な噂が飛びかています。

その中でも、記事更新時点で有力視されている情報を簡単にまとめると以下の通りです。

Xperia 1 VIの噂
  • ディスプレイサイズが6.9インチ
  • 超小型穴のフロントカメラ
  • 新しい大型レンズや6倍ズーム機能でカメラ機能向上
  • 全カメラが4,800万画素か?
  • Snapdragon 8 Gen 3搭載でROM 128GB・256GB
  • 5000mAhの大容量バッテリー搭載

Xperia 1シリーズはカメラ性能を売りにしていますが、今回は大きく進化するという期待が寄せられています。

また、ソフトバンクはXperia 1 Vと同じようにゲーミングエディションとして発売するかもしれません。

カメラ性能重視でゲームもプレイするなら、Xperia 1 VIがぴったりなスマホになるでしょう。

ソース:NotebookCheck
ソース:GADGETS90
ソース:Sony Xperia 1 VI leak suggests it could get a major camera and zoom boost | TechRadar

▲章のはじめに戻る

【7月予想】Pixel Fold 2

Google Pixel Fold

画像引用元:ソフトバンク(※画像はPixel Foldです)

Google Pixel Fold2は、2024年7月以降に発売が予想されている折りたたみPixelです。

海外では試作機のベンチマークが見つかっているので、発売時期は未定ながら発売される可能性が高いと予想されています。

噂の中で記事更新時点で確度が高めと思われる内容をまとめると以下の通りです。

Google Pixel Fold2の噂
  • Pixel Foldと同様の外観
  • Tensor G3搭載
  • Pixel Foldより進化したカメラ搭載か
  • 2024年第2四半期にリリース

まだほとんど情報はありませんが、Pixel 8シリーズと同様にTensor G3が搭載されると考えられています。

ただ、発売が遅くなれば次期SoCのTensor G4になるという声もありました。

ソース:Stuff
ソース:Miror Pro – YouTube

▲章のはじめに戻る

【7月予想】Xperia 10 VI

Xperia 10 V

画像引用元:ソフトバンク(※画像はXperia 10 Vです)

Xperia 10 VIは、2024年7月以降に発売が予想されているミドルレンジXperiaです。

まだあまり情報がありませんが、現時点で有力そうな情報は以下の通りです。

Xperia 10 VIの噂
  • 6.1インチディスプレイ
  • Snapdragon搭載も具体的には不明(6 Gen 1かも?)
  • 8GB RAMと128GBのストレージ
  • 4,800万画素で光学ズームのセンサー搭載
  • 5000mAhバッテリー搭載
  • 価格は$499から

噂の情報では、SoCがより新しいSnapdragonが搭載されるとされています。

AQUOS sense8のように、Snapdragon 6 Gen 1搭載に期待できそうです。

また、カメラのセンサーが新しくなるとの噂もあります。

バッテリー持ちは相変わらず最強になると考えられるので、電池持ち重視なら発表待ちしていいでしょう。

ソース:Mobileinto USA
ソース:PhoneAqua

▲章のはじめに戻る

【7月予想】AQUOS R9 pro

AQUOS R8 pro SH-51D

画像引用元:ソフトバンク(※画像はAQUOS R8 proです)

AQUOS R9 Proは、2024年7月以降に発売が予想されているAQUOSシリーズ最上位モデルです。

例年通りリーク情報や噂はそう多くありませんが、現時点では以下のような予想があります。

AQUOS R9 Proの噂
  • 6.61インチディスプレイ搭載
  • メインカメラは1インチセンサーの5,000万画素
  • フロントカメラは1,300万画素
  • RAM 12GBと256GB・512GBストレージ
  • Snapdragon 8 Gen 3搭載
  • 5100mAhの大容量バッテリー搭載

ソースの情報がSnapdragon 8 Gen 2搭載と掲載されていますが、おそらく誤植でSnapdragon Gen 3が搭載されると思われます。

それ以外は大きな変化を感じる情報がありません。

しかし、これまでのAQUOS Rシリーズのカメラへの不満を解消するため、カメラ機能が強化されると考えられます。

ソース:Specifications Plus
ソース:GSMArena

▲章のはじめに戻る

【8月予想】AQUOS R9

AQUOS R8 SH-52D

画像引用元:ソフトバンク(※画像はAQUOS R8です)

AQUOS R9は、2024年8月以降に発売が予想されているAQUOSシリーズのハイエンドモデルです。

AQUOS R9 proより性能抑えめで、少し購入しやすい価格帯になると予想されます。

あまりリーク情報や噂がない機種ですが、記事更新時点では以下のような情報があります。

AQUOS R9の噂
  • 6.39インチディスプレイ搭載
  • Snapdragon 8 Gen 3搭載か?
  • RAM12GBに増量か?
  • ストレージは128GB

情報の中には、Snapdragon 8 Gen 3は価格高騰の影響で搭載されないとの予想もあります。

逆に、AQUOS R8ではRAM8GBでしたが、12GBに戻されるとの情報も。

2024年春夏モデルの中でも情報が錯綜しているので、AQUOS R9はシャープの公式発表を待った方がよさそうです。

ソース:Specs Tech

【2023秋冬モデル】ソフトバンク新機種一覧

iPhone15 Pro Max ディスプレイ

さっそく、ソフトバンクの2023年秋冬モデルの最新機種をみていきましょう。

iPhone 15 Pro/15 Pro Max

iPhone 15 Pro

画像引用元:iPhone 15 ProとiPhone 15 Pro Maxを購入 – Apple(日本)

iPhone 15 Proのスペック

iPhone 15 Proのスペック
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:146.6mm
幅:70.6mm
厚さ:8.25mm
重さ187 g
アウトカメラメイン:4,800画素
超広角:1,200画素
望遠:1,200画素(3倍望遠)
インカメラ1,200万画素
ストレージ128GB
256GB
512GB
1TB
CPUA17 Proチップ
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応
端子USB-Cコネクタ
バッテリービデオ再生:最大23時間
ストリーミング:最大20時間
オーディオ再生:最大75時間
高速充電約30分で最大50%充電
カラーナチュラルチタニウム
ブルーチタニウム
ホワイトチタニウム
ブラックチタニウム
iPhone 15 Proの評価
総合評価S
カメラ性能4.5
処理性能5.0
画面性能5.0
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.0

iPhone 15 Pro Maxのスペック

iPhone 15 Pro Maxのスペック
画面サイズ6.7インチ
本体サイズ高さ:159.9mm
幅:76.7mm
厚さ:8.25mm
重さ221 g
アウトカメラメイン:4,800画素
超広角:1,200画素
望遠:1,200画素(5倍望遠)
インカメラ1,200万画素
ストレージ256GB
512GB
1TB
CPUA17 Proチップ
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応
端子USB-Cコネクタ
バッテリービデオ再生:最大29時間
ストリーミング:最大25時間
オーディオ再生:最大95時間
高速充電約30分で最大50%充電
カラーナチュラルチタニウム
ブルーチタニウム
ホワイトチタニウム
ブラックチタニウム
iPhone 15 Pro Maxの評価
総合評価S
カメラ性能5.0
処理性能5.0
画面性能5.0
バッテリー性能5.0
コストパフォーマンス3.5
メリット
  • A17 Pro搭載の最高性能
  • チタニウム素材になり約20g軽量化
  • 転送最大10Gb/sのUSB Type-C端子に変更
  • アクションボタンで消音以外のアクションもOK
  • Pro Maxのみ望遠に光学5倍ズーム
デメリット
  • Apple価格で1万円の値上げ
  • 歴代iPhone最高価格
  • Pro Maxは256GB〜

iPhone 15 Pro/15 Pro Maxは、2023年9月22日に発売された最新iPhoneの上位モデルです。

A17 Proが搭載され、処理能力はもちろんGPU性能も大幅アップしています。

GPUの処理能力が20%アップ、レイトレーシングが4倍に強化と、重いゲームもサクサク快適に遊べるでしょう。

また、Lightningケーブルは廃止されてUSB Type-Cを搭載しました。

最大10Gb/sの転送速度に対応しているので、RAW撮影した写真やProRes動画をPCに転送するのも快適です。

吹き出しアイコン

iPhoneで原神など重いゲームを遊びたい人にも、仕事で写真・動画を撮影する人にもおすすめのiPhoneです。

iPhone 15 Proの価格

iPhone 15 Proの価格128GB256GB512GB1TB
ドコモ通常192,060円218,790円255,090円291,830円
いつでもカエドキプログラム97,020円110,550円128,370円146,630円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常185,860円211,930円248,560円285,420円
スマホトクするプログラム(※1)77,705円90,930円109,560円128,420円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常185,760円211,680円248,400円285,120円
新トクするサポート(※2)74,136円87,216円108,696円128,376円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常179,800円205,800円240,900円276,800円
楽天モバイル買い替え
超トクプログラム(※3)
77,900円90,900円108,450円126,400円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常159,800円174,800円204,800円234,800円
詳細Apple公式サイトを見る
※1 au Online Shop お得割を利用した場合
※2 オンラインショップ割を利用した場合
※3 最大12,000ポイント還元を利用した実質

iPhone 15 Pro Maxの価格

iPhone 15 Pro Maxの価格256GB512GB1TB
ドコモ通常236,940円273,680円305,910円
いつでもカエドキプログラム119,460円137,720円154,110円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常230,360円267,100円303,850円
スマホトクするプログラム(※1)100,360円119,105円137,850円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常229,680円266,400円293,040円
新トクするサポート(※2)98,856円118,416円133,056円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常224,800円260,800円288,800円
楽天モバイル買い替え
超トクプログラム(※3)
100,400円118,400円132,400円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常189,800円219,800円249,800円
詳細Apple公式サイトを見る
※1 au Online Shop お得割を利用した場合
※2 オンラインショップ割を利用した場合
※3 最大12,000円相当のポイント還元を利用した場合

▲章のはじめに戻る

iPhone 15/15 Plus

iPhone 15

画像引用元:Apple(日本)

iPhone 15のスペック

iPhone 15のスペック
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:147.6 mm
幅:71.6mm
厚さ:7.80mm
重さ171 g
アウトカメラ広角:4,800万画素
超広角:1,200万画素
インカメラ1,200万画素
ストレージ128GB
256GB
512GB
CPUA16 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応
カラーブラック
ブルー
グリーン
イエロー
ピンク
iPhone 15の評価
総合評価A
カメラ性能4.0
処理性能4.5
画面性能4.0
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス4.5

iPhone 15 Plusのスペック

iPhone 15 Plusのスペック
画面サイズ6.7インチ
本体サイズ高さ:160.9mm
幅:77.8 mm
厚さ:7.80mm
重さ201 g
アウトカメラ広角:4,800万画素
超広角:1,200万画素
インカメラ1,200万画素
ストレージ128GB
256GB
512GB
CPUA16 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応
カラーブラック
ブルー
グリーン
イエロー
ピンク
iPhone 15 Plusの評価
総合評価A
カメラ性能4.0
処理性能4.5
画面性能4.0
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.0
メリット
  • 4,800万画素のメインカメラ搭載
  • Dynamic Island搭載
  • USB Type-C搭載
デメリット
  • Apple価格で5,000円の値上げ
  • iPhone 14 Proと同じA16 Bionic搭載
  • USBの転送速度は従来通り遅い

iPhone 15/15 Plusは、2023年9月22日に発売された最新iPhoneです。

iPhone 14 Proと同じA16 Bionic搭載で、多くの人は処理能力に不足を感じることはないでしょう。

さらに、メインカメラが4,800万画素に大幅強化され、Dynamic Islandも搭載されました。

この2つの進化によって、iPhone15はかなりProモデルに近付いた1台となっています。

吹き出しアイコン

望遠での撮影をしない人は、iPhone 15/15 Plusを選んで問題ありません。

iPhone 15の価格

iPhone 15の価格128GB256GB512GB
ドコモ通常149,490円172,040円212,300円
いつでもカエドキプログラム75,570円86,240円106,700円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常145,640円166,780円206,930円
スマホトクするプログラム(※1)54,820円65,630円85,985円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常142,920円166,320円206,640円
新トクするサポート(※2)21,996円44,820円55,620円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常140,800円161,800円199,800円
楽天モバイル買い替え
超トクプログラム(※3)
58,400円68,900円87,900円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常124,800円139,800円169,800円
詳細Apple公式サイトを見る
※1 au Online Shop お得割を利用した場合
※2 13ヶ月目に端末返却した場合
※3 最大12,000円相当のポイント還元を利用した場合

iPhone 15 Plusの価格

iPhone 15 Plusの価格128GB256GB512GB
ドコモ通常168,740円190,080円230,890円
いつでもカエドキプログラム85,580円96,360円116,050円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常163,490円184,850円 225,360円
スマホトクするプログラム(※1)63,790円74,830円95,415円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常163,440円184,320円224,640円
新トクするサポート(※2)62,016円73,536円95,016円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常156,800円178,800円218,900円
楽天モバイル買い替え
超トクプログラム(※3)
66,400円77,400円97,450円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常139,800円154,800円184,800円
詳細Apple公式サイトを見る
※1 au Online Shop お得割を利用した場合
※2 オンラインショップ割を利用した場合
※3 最大12,000円相当のポイント還元を利用した場合

▲章のはじめに戻る

Google Pixel 8 Pro

Google Pixel 8 Pro

画像引用元:Google Pixel 8 Pro | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

Google Pixel 8 Proのスペック
ディスプレイ6.7インチ
本体サイズ高さ:162.6 mm
幅:76.5 mm
厚さ:8.8 mm
重さ213g
アウトカメラ広角:5,000万画素
超広角:4,800万画素
望遠:4,800万画素
インカメラ1,050万画素
バッテリー5,050 mAh(標準)
RAM12GB
ROM128GB/256GB/512GB
CPUGoogle Tensor G3
OSAndroid 14
認証指紋
カラーObsidian
Porcelain
Bay
Google Pixel 8 Proの評価
総合評価S
カメラ性能4.5
処理性能4.5
画面性能5.0
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.0
メリット
  • Google Tensor G3搭載
  • 直射日光下で見やすい1〜120HzのActuaディスプレイ
  • 2030年までのセキュリティアップデート保証あり
  • 超広角カメラが4,800万画素に強化
  • 動画ブースト・ビデオ夜景モードを搭載
デメリット
  • 価格が35,600円値上げ
  • 213gあるので結構重い

Google Pixel 8 Proは、2023年10月12日に発売された最新Pixelの上位モデルです。

搭載されるチップが最新の「Google tensor G3」に強化され、Google Pixel 7 Proより約25%処理能力が上がっています。

また、超広角カメラの強化や直射日光下でも見やすいディスプレイなど、機能面も順当に強化されています。

Proモデル限定の動画ブーストやビデオ夜景モードが搭載されているため、動画撮影が多いならGoogle Pixel 8 Proを選ぶといいでしょう。

吹き出しアイコン

AIに任せて写真・動画をキレイに撮影できます。カメラに詳しくなくてもGoogle Pixel 8 Proならキレイに撮れます。

Google Pixel 8 Proの価格

Google Pixel 8 Proの価格割引適用時※1詳細
Googleストア128GB:159,900円
256GB:169,900円
512GB:189,900円
-公式サイトを見る
ドコモ256GB:198,000円
512GB:218,680円※2
256GB:135,960円
512GB:157,960円
公式サイトを見る
au128GB:169,900円※2
256GB:179,900円
512GB:199,900円※2
128GB:65,400円※2
256GB:70,000円
512GB:802,350円※2
公式サイトを見る
ソフトバンク128GB:172,080円
256GB:183,600円
512GB:206,640円
128GB:47,880円
256GB:50,400円
512GB:59,760円
公式サイトを見る
※512GBはObsidianのみ
※1 ドコモはいつでもカエドキプログラム、auは乗り換えでスマホトクするプログラム、ソフトバンクは新トクするサポート(バリュー)の場合
※2 オンラインショップ限定

▲章のはじめに戻る

Google Pixel 8

Google Pixel8 ヘーゼル

画像引用元:Google Pixel 8 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

Google Pixel 8のスペック
ディスプレイ6.2インチ
本体サイズ高さ:150.5 mm
幅:70.8 mm
厚さ:8.9 mm
重さ187 g
アウトカメラ広角:5,000万画素
超広角:1,200万画素
インカメラ1,050万画素
バッテリー4,575 mAh(標準)
RAM8GB
ROM128GB/256GB
CPUGoogle Tensor G3
OSAndroid 13
認証指紋
カラーHazel
Obsidian
Rose
Google Pixel 8の評価
総合評価A
カメラ性能3.5
処理性能4.5
画面性能5.0
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス4.5
メリット
  • Google Tensor G3搭載
  • 直射日光下でも見やすいActuaディスプレイ
  • 60〜120Hzのリフレッシュレート
  • 2030年までのセキュリティアップデート保証あり
デメリット
  • 価格が約3万円値上げ

Google Pixel 8は、2023年10月12日に発売された最新Pixelです。

Google pixel 8 Proと同様に最新の「Google Tensor G3」を搭載し、Google Pixel 7より約25%パフォーマンスが上がっています。

なお、編集マジックなどAIでの画像編集が大幅に強化されています。

ただ、円安の影響で前モデルより約3万円高くなってしまいました。

吹き出しアイコン

コスパは若干下がりましたが、大画面やカメラ性能をそこまで重視しなければGoogle Pixel 8を選ぶといいでしょう。

Google Pixel 8の価格

Google Pixel 8の価格割引適用時※1詳細
Googleストア128GB:112,900円
256GB:122,900円
-公式サイトを見る
ドコモ128GB:119,900円128GB:25,828円公式サイトを見る
au128GB:93,600円
256GB:127,900円※2
128GB:47円
256GB:35,500円※2
公式サイトを見る
ソフトバンク128GB:111,600円
256GB:126,000円
128GB:24円
256GB:27,000円
公式サイトを見る
※1 ドコモは乗り換えでいつでもカエドキプログラムで23ヶ月目に返却、auは乗り換えでスマホトクするプログラムで25ヶ月目に返却、ソフトバンクは乗り換えで新トクするサポート(スタンダード)で25ヶ月目返却の場合
※2 オンラインショップ限定

▲章のはじめに戻る

OPPO Reno10 Pro 5G

OPPO Reno10 Pro 5G

画像引用元:OPPO Reno10 Pro 5G | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

OPPO Reno10 Pro 5G
ディスプレイサイズ約6.7インチ
FHD+(2,412 × 1,080)
本体サイズ高さ:約163mm
幅:75mm
厚さ:7.9mm
重さ約185g
SoC(≒CPU)Snapdragon 778G 5G
RAM8GB
ストレージ256GB
アウトカメラ広角:約5,000万画素
超広角:約800万画素
望遠:約3,200万画素
インカメラ約3,200万画素
バッテリー4,600mAh
認証指紋・顔
5G対応
防水・防塵IP54
カラーグロッシーパープル
シルバーグレー
OPPO Reno10 Pro 5Gの評価
総合評価A
カメラ性能4.0
処理性能3.0
画面性能5.0
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス4.0
メリット
  • 実質22,008円で買える
  • 安い割に処理能力が高め
  • 高級感のあるデザイン
  • 約30分でフル充電&4年持つバッテリー搭載
デメリット
  • 防水・防塵が弱い
  • モノラルスピーカー
  • micro SD非対応

OPPO Reno10 Pro 5Gは、2023年10月6日発売のミドルレンジモデルです。

シリーズ通してコスパが高いことで人気が高く、今回も実質2万円の割にスペックは高めです。

80Wの充電器が付属しており、約30分でフル充電できるのも嬉しい特徴です。

動画視聴やカメラだけでなく、ゲームもそれなりに遊ぶ人でも満足できる1台となるでしょう。

ただし、防水・防塵がIP54等級と気持ち程度の防滴性能で、micro SDにも非対応なことに注意してください。

吹き出しアイコン

水周りで使わない人や動画撮影・ダウンロードしない人にはコスパのいい優秀な1台といえます。

OPPO Reno10 Pro 5Gの価格

項目価格割引適用時※詳細
ソフトバンク31,824円31,824円公式サイトを見る
IIJmio69,800円37,800円公式サイトを見るIIJmio
mineo77,880円62,480円mineo公式サイトを見る
※ IIJmioは他社から乗り換え時、mineoは乗り換えかつ一括払い時

▲章のはじめに戻る

AQUOS wish3

AQUOS wish3

画像引用元:AQUOS wish3 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

AQUOS wish3
サイズ147 mn ×71 mm ×8.9 mm
ディスプレイ約5.7インチ
重さ161g
アウトカメラ約1,300万画素
インカメラ約500万画素
メモリ4GB
ストレージ64GB
バッテリー容量3,730mAh
OSAndroid 13
SoCMediaTek Dimensity®700
防水/防塵防水(IPX5/IPX7)
防塵(IP6X)
生体認証顔認証・指紋認証
カラーホワイト・ブラック・グリーン
AQUOS wish3の評価
総合評価A
カメラ性能2.5
処理性能3.0
画面性能3.5
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.5
メリット
  • かんたんモード・ジュニアモード搭載
  • 新画質エンジン搭載カメラで人物描写がきれい
  • MIL規格準拠の高い耐久性
デメリット
  • CPUの性能は前モデルより若干落ちる
  • RAM4GBのため処理能力は控えめ

AQUOS wish3は、2023年8月30日発売のエントリーモデルです。

搭載SoCは変更されましたが、依然として普段遣いに必要十分なスペックが搭載されています。

ネット検索から動画視聴まで普段使いに十分な性能がありますが、スマホゲームには向きません。

また、カメラは広角レンズのみとなりますが、新画質エンジン「ProPix 4 lite」でシングルレンズの割にキレイな写真が撮れます。

吹き出しアイコン

子供やシニアの初スマホにぴったりな1台です。

AQUOS wish3の価格

項目価格割引適用時※詳細
SHARP公式34,980円-
公式サイトを見る
ドコモ37,863円28,095円公式サイトを見る
ソフトバンク21,984円18,960円公式サイトを見る
楽天モバイル29,700円9,700円公式サイトを見る
ワイモバイル21,984円7,920円公式サイトを見る
mineo32,472円-mineo公式サイトを見る
※ ドコモはいつでもカエドキプログラム、ソフトバンクは新トクするサポート(スタンダード)、楽天モバイルは初プラン契約のポイント還元適用、ワイモバイルは乗り換えでシンプル 2M/L契約
AQUOS
AQUOS wish3

▲章のはじめに戻る

Xiaomi 13T Pro

Xiaomi 13T Pro

画像引用元:Xiaomi 13T Pro | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

Xiaomi 13T Proのスペック
ディスプレイサイズ6.7インチ
本体サイズ高さ:162 mm
幅:76 mm
厚さ:8.5 mm
重さ約206g
SoC(≒CPU)Dimensity 9200+
RAM12GB
ストレージ256GB
アウトカメラ広角:5,000万画素
超広角:1,200万画素
望遠:5,000万画素
インカメラ2,000万画素
バッテリー5,000mAh
認証指紋・顔
5G対応
防水・防塵IP68
カラーブラック
メドウグリーン
アルパインブルー
Xiaomi 13T Proの評価
総合評価A
カメラ性能4.5
処理性能4.5
画面性能4.5
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス4.0
メリット
  • ゲームも快適な高性能モデル
  • 5,000万画素の高性能カメラ
  • 19分で充電できる120W対応
デメリット
  • micro SD非対応
  • 日本版のカメラはライカではない

Xiaomi 13T Proは、2023年12月8日発売の高コスパモデルです。

auで発売されているXiaomi 13Tより高性能なチップを搭載し、さらに充電も120Wの高速充電に対応しています。

また、5,000万画素の高性能カメラが搭載され、スマホで気軽に写真を撮りたい人にぴったりな高コスパモデルとなるでしょう。

ただし、海外版と異なりライカ製レンズではないことに注意してください。

吹き出しアイコン

ソフトバンクで高性能かつ安いスマホが欲しいなら、Xiaomi 13T Proを選びましょう。

Xiaomi 13T Proの価格

項目価格割引適用時※詳細
ソフトバンク111,600円21,996円公式サイトを見る
※新トクするサポート適用時

通常価格が10万円以上するのに対し、新トクするサポート(バリュー)で実質2万円台まで安くなります。

1年後の返却が必要ですが、安く高性能なスマホが使いたいなら最良の選択になるかもしれません。

▲章のはじめに戻る

motorola razr 40s

motorola razr 40s

画像引用元:motorola razr 40s | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

motorola razr 40sのスペック
ディスプレイサイズ6.9インチ
本体サイズ高さ:171 mm
幅:74 mm
厚さ:7.4 mm
本体サイズ
(折りたたみ時)
高さ:89 mm
幅:74 mm
厚さ:15.8 mm
重さ約189g
SoC(≒CPU)Snapdragon® 7 Gen 1 Mobile Platform
RAM8GB
ストレージ256GB
アウトカメラ広角:6,400万画素
超広角・マクロ:1,300万画素
インカメラ3,200万画素
バッテリー4,200mAh
認証指紋・顔
5G対応
防水・防塵防水非対応
IP5X
カラーセージグリーン
バニラクリーム
サマーライラック
motorola razr 40sの評価
総合評価A
カメラ性能3.5
処理性能4.0
画面性能4.5
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス4.0
メリット
  • 折りたたみ式でユニークなスマホ
  • スペックもやや高めで使いやすい
  • 144Hz駆動のOLEDを搭載している
  • おサイフケータイ対応
デメリット
  • 使うときに開く動作が必要で手間がかかる
  • サブ液晶が小さすぎ
  • RAM・RAM転送速度が遅くなった

motorola razr 40sは、従来のrazr 40 Ultraのスペックを調整して購入しやすい価格帯にしたモデルです。

基本スペックはミドルレンジ上位の性能があり、割とサクサク快適な処理能力があります。

しかし、サブ液晶が約1.5インチに小型化し、見えないところではRAM・ROMの速度が遅くなっていることに注意が必要です。

ソフトバンクで1年返却すれば実質3万円台なので、折りたたみスマホを安くお試し利用したい人に向けた1台といえるでしょう。

吹き出しアイコン

ちなみに、防水は気休め程度なので水回りでの利用には注意してください。

motorola razr 40sの価格

項目価格
一括払い97,200円
分割払い917円× 24回(1〜24回)
3,133円× 36回(25〜48回)
新トクするサポート適用時22,008円(917円×24回)
詳細ソフトバンクオンラインショップ

▲章のはじめに戻る

ソフトバンクの2024年モデルはスペック重視の人にピッタリ!

iPhone15 ProとiPhone14 Pro

今回は、ソフトバンクの2024年春夏モデルの発売予想や販売中の最新モデルをまとめて紹介しました。

春夏モデルは人気シリーズの最新ハイエンドモデルが登場します。

XperiaやAQUOSをスペック重視で選ぶなら、最新モデルの登場を待ちましょう。

また、Pixel 8aも登場が噂されているため、コスパ重視の人も今季のモデルは要注目です。

ソフトバンクで機種変更・乗り換えを考えている人は、ぜひ今回紹介した2024春夏モデルや販売中モデルから購入するスマホを選んでください。