SDカードを「認識しない・読み込まない」の原因と対処法を完全解説

スマホやパソコン、ゲームでも便利なSDカードが認識しない・読み込まないととても困りますね。本記事はSDカードのトラブルの原因や対処法を解説しました。SDカードに大切なデータが入っているなら、データ復旧業者に任せても良いでしょう。困ったらすぐ、本記事をお読みください。
  • 2022年8月29日
  • by.nuko

microSDカード

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事ではSDカードを「認識しない・読み込まない」というときの主な原因と対処法を詳しく解説します。

最近はスマホカメラでも非常に高画質な写真・動画が撮影できることで、多くのAndroidユーザーはSDカードに保存しています。

ただ、SDカードはずっと利用できるものではなく、長く使っているとアクセスできない・開かないといったトラブルが起こる可能性が高まります。

ですが認識しない・読み込まない原因によっては、初期化や買い替えをしなくても復旧できるケースもあります。

大切なデータを守るために、SDカードが使えないときの対処はしっかり確認しておきましょう。

SDカードを「認識しない・読み込まない」対処法3ステップ
  1. 認識しない原因を特定
  2. 機器に合った適切な対応
  3. 全く認識しない時はプロに相談
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK
目次

SDカードを認識しない・読み込まない時の主な原因

micro SD

画像引用元: メモリーカード | Western Digital スア

SDカードが認識しない・読み込まない時は、まず原因の特定からはじめましょう。

SDカードのトラブルは、主に次の原因が考えられます。

SDカードのトラブルの原因
  • SDカード規格が合っていない
  • SDカードと端末の接触不良
  • スマホやパソコンの軽微な不調
  • SDカードのファイル形式が異なる
  • SDカードの故障
  • カードリーダーやアダプタなどの故障
  • 書き換え回数の上限、経年劣化

主な原因1:SDカード規格が合っていない

SDカードが認識しない・読み込まない場合、利用する機器とSDカードの規格が合っているかチェックしましょう。

SDカードは保存できる容量別に規格化されています。

2021年4月現在、SDカードのタイプと対応容量は次の通りです。

SDカードの規格について

規格対応容量
SD最大2GB
SDHC2GB〜32GB
SDXC32GB〜2TB
SDUC2TB〜128TB

SDカードの規格は下位互換があるため、SDXCに対応している端末にSDカードやSDHCカードを挿れるのは問題ありません。

逆に上位互換がないため、SDHC対応の端末にSDXCカードを入れても使えません。

「SDカードを他の機器に移したら反応しない」
「新しく買ったSDカードがスマホでマントできない」

こうした場合は、お使いの機器とSDカードの規格が合っていない可能性があるのでよくチェックしましょう。

主な原因2:SDカードと端末の接触不良

SDカードや利用端末を長く使っている場合、SDカードや端末の接触不良を起こして反応しないことがあります。

接触不良の原因は様々です。

接触不良の原因
  • SDカードの読み取り部分の摩耗
  • 端末のSDカード読み取り部分の摩耗
  • SDカードスロット内のホコリや汚れ

軽微な接触不良ならSDカードの挿し直しやSDカードスロットをエアダスターで掃除するだけで解決する可能性があります。

SDカードにアクセスできない・マウントできないという場合には、1度SDカードの抜き差しを試してみるといいでしょう。

主な原因3:正しく差し込みができていない

SDカードを差し込んでいる機器(パソコン)奥までしっかり差し込めていない場合には、SDカードが認識されない場合があります。

正しく認識されるためには、一番奥まで差し込み、機器によっては刺さるとカチッと音がするものもあるため、しっかりと差し込みができているかを確認しておくことが必要になります。

主な原因4:スマホやパソコンの軽微な不調

スマホやパソコンのシステムに不調があると、SDカードが読み取れなくなることがあります。

スマホ・パソコンの不調の例
  • 常駐アプリが多くてメモリを消費しすぎている
  • SDカードを管理しているシステムアプリがフリーズ

軽微な不調ならスマホやパソコンを再起動するだけで復旧できる可能性大です。

SDカードの抜き差しをしても認識しないようなら、お使いの端末を再起動してみるといいでしょう。

主な原因5:SDカードのファイル形式が異なる

パソコンでSDカードの初期化(フォーマット)をしたことがある場合、初期化時に選択したファイル形式が原因でSDカードにアクセスできない可能性があります。

市販のSDカードは汎用的なファイル形式でフォーマットされていますが、パソコンで初期化すると他のファイル形式も選べます。

初期化時に選択できるファイル形式と対応端末をまとめると次の通りです。

ファイル形式と対応端末

ファイル形式AndroidWindowsMac
FAT16非対応対応対応
FAT32対応対応対応
NTFS非対応対応非対応※1
MacOS
拡張ジャーナリング
(HFS+)
非対応非対応※1対応
exFAT一部対応※2対応対応
※1:ソフトウェア導入で対応可能
※2:SDXC対応端末のみ

つまり、NTFSやMacOS拡張ジャーナリングでSDカードの初期化を行うと、Androidスマホではアクセスできなくなるということです。

もし上記のファイル形式による初期化が原因で認識しないなら、以下のファイル形式で初期化し直せば改善します。

SDカードの対応ファイル形式
  • SDカード:FAT16
  • SDHCカード:FAT32
  • SDXCカード:exFAT

主な原因6:SDカードの故障

ここまでの原因に当てはまらない場合は、SDカードが故障している可能性を視野に入れましょう。

故障で全く反応しないSDカードは、中身のデータを諦めて買い換えるか、データ復旧サービスを利用するかの2択になります。

また、長期間利用したSDカードは、外観の破損がなくても内部的に経年劣化している可能性があります。

経年劣化しているSDカードは
  • マウントしているけど中身が表示されない
  • 使える時と使えない時がある
  • 一部開かないデータがある

上記のような症状がみられたら、まだ使えるSDカードでも経年劣化が進み、いつ使えなくなるかわからない状態です。

完全に読み込めなくなる前に、他のSDカードやクラウドサービスにデータのバックアップを取っておきましょう。

主な原因7:カードリーダーやアダプタなどの故障

カードリーダーやアダプタなどの周辺機器が故障していると、SDカードが正常に認識されません。

カードリーダーやアダプタに問題があるときに試すこと 
  • 普段使っているカードリーダーやアダプタ以外に接続してみる
  • カードリーダーやアダプタなどの周辺機器を交換する

SDカードに異変が起きていないのにSDカードを復旧しようとすると、トラブルの原因になる可能性があります。

主な原因8:書き換え回数の上限、経年劣化

SDカードのフラッシュメモリの寿命は、データの読み書きを約数千~1万回行うことによって、データのもととなる電子が抜けてしまいます。

SDカードは消耗品のため、書き換え回数の上限や経年劣化によって認識されなくなる場合があります。

保存しているデータが必要な場合には、データ復旧業者に相談しましょう。

認識しない・読み込まない時のチェックポイント
  • 端末とSDカードの規格は合っているか?
  • SDカードの接点やカードスロットは汚れてないか?
  • 不要なアプリを起動したまま再起動をしないまま使い続けていないか?
  • フォーマットする時にファイル形式を間違えていないか?
  • 周辺機器が故障していないか?
  • 書き換え回数・経年劣化が発生していないか?

主な原因9:データの誤削除や上書き、フォーマット

SDカードが認識されていないわけではなく、SDカードのデータを誤って削除・フォーマット・上書きしてしまうことによって、認識していないと誤認識している場合があります。

この場合にはデータを取り出す作業が必要になりますが、消えてしまったデータは取り出すのが難しいため、復元ソフトを使うかデータ復旧業者に依頼しましょう。

誤削除やフォーマットの場合には直後であればデータの取り出しができる可能性が高いですが、上書きしてしまうと復旧の難易度が高くなりますのでデータ復旧業者に相談することをおすすめします。

データを消してしまった場合にはなるべく作業をせず、早急にデータを取り出すことを一番に考えて対処していきましょう。

主な原因10:ウイルス感染

SDカードの場合は特に、ウイルス感染によってデータが破損してしまう可能性があります。

ウイルスの種類の中でも、ランサムウェアにかかってしまうとデータが抜き取られるだけでなく、身代金を要求してくるような犯罪に発展することも少なくないので注意が必要です。

ウイルス感染が疑われる場合には自分で対処すると状況が悪化する可能性があるので、専門の業者に相談するようにしてください。

▲目次に戻る


上記のような原因が発生した場合に、確実にデータを取り出したい場合にはデータ復旧業者に依頼しましょう。

SDカードに対応可能で、数多くの原因に対応できる技術力の高い本当におすすめできるデータ復旧業者は、デジタルデータリカバリーです。

デジタルデータリカバリー


公式HPデジタルデータリカバリー

✔11年連続データ復旧国内売上No.1のデータ復旧サービス

復旧率最高値95.2%の技術力

✔自社内復旧・最先端設備の自社復旧ラボをすべて公開

✔官公庁・大手法人を含む相談件数29万件以上の実績

✔国際標準規格ISO27001/ISMS認証を取得した万全なセキュリティ体制

✔データ復旧依頼の8割を48時間以内に復旧するスピード対応

✔相談・初期診断・見積無料など豊富なサポート体制

今回おすすめするデジタルデータリカバリーは国内最大手のデータ復元業者の1つです。

他社で復旧できなかった機器の復旧実績が多数あるため技術力は間違いありません。

SDカードのデータ復元をデータ復旧業者に依頼をする場合は、まずこちらのデジタルデータリカバリーに相談すると間違いないでしょう。

復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

SDカードが認識しない・読み込まない場合の注意点

SDカードが認識しない・読み込まないときの注意点として、以下の5つが挙げられます。

注意点を知らないまま復旧作業を行ってしまうと、データが取り出せなくなってしまう可能性があります。

そうならないためにも、やってはいけない対処法を抑えておきましょう。

SDカードが認識しない・読み込まない時の注意点
  •  通電・電源の切り替えを控える
  • 再起動を控える
  • データの読み書き中にSDカードを抜かない
  • SDカードを曲げない
  • 静電気に気を付ける

通電・電源の切り替えを控える

通電や電源の切り替えをすることによって、SDカードにも、保存しているデータにも負荷を与えてしまいます。

負荷を与えてしまうことによって、症状が悪化したり、発生していない障害を引き起こしたりする恐れがあります。

業者でも手を付けられなくなってしまう可能性があり、最悪の場合にはデータが二度と取り出せない状況になってしまう可能性があるので注意が必要です。

再起動を控える

再起動は気軽に行ってしまう対処法ですが、PC側にとってもSDカード自体にとっても大きな負荷がかかる行為です。

何度も繰り返し再起動を行うことによってPCにもSDカード自体にも悪影響を与えてしまいます。

そうならないために、再起動はせめて1度限りにし、繰り返さないようにしましょう。

データの読み書き中にSDカードを抜かない

データの読み書き中にSDカードを抜いてしまうと、データが正常に記録されない可能性があります。

データの保存状態に問題があると、SDカードが正常に認識されなかったり、保存しているデータが読み取れなくなったりします。

処理中にSDカードを抜かないように気を付けましょう。

SDカードを曲げない

曲がったSDカードを元の状態に戻そうと反対側に折り曲げてしまうと、SDカード自体が折れてしまったり損傷してしまう可能性があります。

もし曲がる場所が悪いと、どんな手段でもデータの取り出しが不可能になるかもしれません。

曲がってしまったSDカードはなるべくそのままの状態にし、データ復旧の専門業者に相談しましょう。

静電気に気を付ける

SDカードはフラッシュメモリの一つあり、フラッシュメモリは静電気に弱いという特徴があります。

過度に強い電流が流れることによって、ショートしてしまったり、内部の構造が破損してしまう場合があります。

とくに乾燥した環境では静電気が起きやすくなるので、以下のような対策も心がけましょう。

SDカードの静電気対策
  • SDカードを扱う前に静電気を除去する
  • 静電気を通さない手袋を着用する
  • 作業前に水で手を洗う

SDカードを認識しない・読み込まない時の6つの基本的な対処法

OPPO A73レビュー

続いてSDカードを認識しない・読み込まない時の対処法をチェックしましょう。

SDカードが認識しない時は、基本的に電源再起動やSDカードの挿し直し、カードとスロットの掃除を行います。

認識しない・読み込まない時にやること
  • 電源の再起動
  • SDカードの抜き差し
  • SDカードの掃除
  • SDカードスロットの掃除

しかし、何度も繰り返してしまうと、機器にもSDカード自体にも、保存しているデータにも負荷を与えてしまう恐れがあるので注意が必要です。

SDカードを利用する際に、認識しない・読み込まない時の具体的な対処手順をみていきましょう。

SDカードが認識しないときの対処法
  • 故障や接触不良を確認する
  • スマホでSDカードを利用している方の対処法2つ
  • PCでSDカードを利用している場合の対処法4つ
  • その他の機器でSDカードを利用している場合の対処法
  • データ復旧をする

故障や接触不良を確認する

対処を始める前に、身近で確認できるところの確認をしてみましょう。確認項目は以下の三つです。

SDカードの故障や接触不良を確認する方法
  • 外部に損傷がないかを確認する
  • 正しく差し込みができているか確認する
  • 他の機器に差し込んで認識されるか確認する

外部に損傷がないかを確認する

外部に損傷がある場合には、それが原因で物理的な障害が発生している可能性があります。

物理的な障害が発生している場合には個人作業による復旧は難しいです。

なるべく何もしない状態で、データ復旧業者に復旧を依頼することが必要になります。

正しく差し込みができているか確認する

差し込みが甘くて認識されていないこともあります。
まずは以下の2点を確認してみましょう。

SDカードが正しい差し込みの確認ポイント
  • SDカードを奥まで差し込むとカチッと音が鳴る
  • 認識できているとランプが点灯する

ただし、SDカードの抜き差しはデータに負荷がかかる行為です。

正しく差し込んでも認識しない場合は別の原因が考えられるので、繰り返し抜き差しするのは避けましょう。

1~2回やってみても認識しないときは、なるべくそのままの状態にして、データ復旧の専門業者に相談しましょう。

他の機器に差し込んで認識されるか確認する

他の機器で認識できるのであれば、SDカードではなく機器の問題の可能性が高いです。

何度も抜き差しを繰り返すとSDカードに負荷がかかるので、他の機器で試すのは1回だけにしましょう。

再起動する

SDカードを差し込んでいる機器の電源を再起動することによってSDカードが正しく認識される場合があります。

ここで一転注意が必要で、簡単にできる対処法なので何度か繰り返してしまうかもしれないですが、電源の切り替えはSDカードに大きい負荷を与える行為です。

確認作業の為に再起動は一度きりにし、その上で認識しない場合にはSDカードを取り外して保管し、データ復旧業者にデータの取り出しを依頼する必要があります。

SDカードの規格を確認する

SDカードも日々進化している関係上、規格が変化していきますが、互換性がないSDカードでは正しく認識されない場合があります。

例えばSDXCに対応している端末にSDカードやSDHCカードを挿れるのは問題ありませんが、SDUCカードを入れると利用できません。

下位互換のみで上位互換がないので、SDカードを買ったばかりで認識しない・読み込めない場合には規格が適しているかどうかを確認してみましょう。

SDカードやコネクタ部分の掃除を行う

SDカードにゴミや汚れが付着していたり、SDカードを差し込むコネクタ部分が汚損している場合にはSDカードが正しく認識されないことがあるので掃除を行う必要があります。

注意として清掃する際に息を吹きかけるなど、SDカードに悪影響を与える場合があるので、掃除を行う際には綿棒などを使って丁寧に行ってください。

静電気などの影響もうけることから、なるべく普段からSDカードを利用する環境は清潔に保つことを心掛けるようにしましょう。

SDカードが認識しない・読み込まない時の 機器別の対処法

ここまで基本的な対処法を紹介してきましたが、それらに加えて機器別に対処法を紹介していきます。

SDカードを利用している主な機器の種類は以下のとおりです。

SDカードを利用している主な機器
  • スマホ
  • PC
  • その他の機器(ゲーム機、ドライブレコーダー)

スマホでSDカードを利用している方の対処法

AndroidスマホでSDカードが認識できない時は、電源を切ってSDカードを抜き差ししてみましょう。

また、SDカードを利用するアプリのキャッシュクリアでも改善することがあります。

Android(アンドロイド)の対処法

AndroidでSDカードを認識できないときの対処法
  1. 電源をOFFにする
  2. SDカードを抜く
  3. SDカードの接点を柔らかい布で掃除する
  4. SDカードスロットを掃除する
  5. SDカードを挿れる
  6. 電源をONにする
  7. 設定を開き「ストレージ」をタップ
  8. SDカードが認識されているかチェック

これでSDカードが認識すればOKです。

本体設定でSDカードが認識されていても利用できない場合には、SDカードを使いたいアプリのキャッシュクリアを試してみましょう。

アプリのキャッシュクリア手順

画像引用元:[Android]アプリのキャッシュデータを削除する方法|Y!mobile

  1. 設定を開く
    設定を開く
  2. 「アプリと通知」をタップ
    アプリと通知をタップ
  3. 「アプリ情報」をタップ
    「アプリ情報」をタップ
  4. キャッシュクリアするアプリを選択
    キャッシュクリアするアプリを選択
  5. 「ストレージ」をタップ
    「ストレージ」をタップ
  6. 「キャッシュを削除」をタップ
    「キャッシュを削除」をタップ

PCでSDカードを利用している場合の対処法4つ

パソコンでSDカードが認識しない場合には、スマホ同様に電源の再起動やSDカードの抜き差しが有効です。

また、Windowsではドライバーの再インストールで復旧できる可能性があります。

Windows10

SDカードの認識の確認方法

  1. スタートボタンからシャットダウン
    スタートボタンからシャットダウン
  2. SDカードを抜く
  3. SDカードの接点やSDカードスロットを掃除する
  4. SDカードを挿れる
  5. パソコンの電源をONにする
  6. スタートボタンをクリック
    スタートボタンをクリック
  7. 「Windowsシステムツール」内の「コントロールパネル」をクリック
    「Windowsシステムツール」内の「コントロールパネル」をクリック
  8. 「ハードウェアとサウンド」をクリック
    「ハードウェアとサウンド」をクリック
  9. 「デバイスマネージャー」をクリック
    「デバイスマネージャー」をクリック
  10. SDカードが認識されているかチェック
    SDカードが認識されているかチェック

ここでデバイスマネージャーにSDHC等が表示されていればSDカードの認識はOKです。

ちなみに上の画像ではカードリーダー経由なので、SDカードが「ボリューム」として表示されています。

また、認識されていても使えない場合には、デバイスマネージャーからドライバーの再インストールを試してみましょう。

ドライバーの再インストール手順

  1. デバイスマネージャーを開く
    「デバイスマネージャー」をクリック
  2. SDカードの項目を右クリック
    認識されているSDカードの項目を右クリック
  3. 「デバイスのアンインストール」をクリック
    「デバイスのアンインストール」をクリック
  4. 確認画面で「アンインストール」をクリック
  5. SDカードを挿し直す
  6. 自動的にドライバーがインストールされるのを待つ

これでSDカードのドライバー再インストールは完了です。

これでも認識されない場合にはトラブルシューティングを行い状況を把握し、問題を突き止めましょう。

トラブルシューティングの方法

  1. Windowsボタンから設定を選択する
  2. 設定の中から「更新とセキュリティ」を選択する。
  3. 更新とセキュリティの中から、「トラブルシューティング」を選択する
  4. トラブルシューティングで表示された「追加のトラブルシューティングツール」を選択し、トラブルシューティングを実行する。
  5. トラブルシューティングを行うことによって、SDカードやPCに起きている問題を解明し、正常に戻すことができる可能性があります。
  6. さらに、CHKDSKを実行することによって、ファイルシステムなどのエラーを修復することができます。

CHKDSKを実行する手順

  1. SDカードをPCに接続する
  2. キーボードの「Winsowsボタン」と「R」を同時に押し、「cmd」と入力するcmd
  3. コマンドプロントの画面が表示されたら、画像のように「chkdsk E:/ F」と入力する
    chc
  4. 修復、スキャンが実行され、終了後SDカードが正しく認識するかどうかの確認を行う。

Windows7

Windows7もWindows10同様の手順で、再起動とSDカードの挿し直しを試すのが基本となります。

また、ドライバーの再インストールも有効ですが、ドライバー削除の手順がWindows10とは若干異なります。

ドライバーの再インストール手順

  1. スタートボタンをクリック
  2. コンピューターを右クリック
  3. プロパティをクリック
  4. デバイスマネージャーをクリック
  5. SDカードの項目を右クリック
  6. 「削除」をクリック
  7. アンインストールの確認画面で「OK」をタップ
  8. SDカードを挿し直す
  9. 自動的にドライバーがインストールされるのを待つ

これでWindows7のドライバー再インストールは完了です。

Mac

  1. 画面左上のリンゴマークの「システム終了」からシャットダウン
    画面左上のリンゴマークの「システム終了」からシャットダウン
  2. SDカードを抜く
  3. SDカードの接点やSDカードスロットを掃除する
  4. SDカードを挿れる
  5. パソコンの電源をONにする
  6. Finderのメニューから「移動」→「ユーティリティ」を開く
    Finderのメニューから「移動」→「ユーティリティ」を開く
  7. 「ディスクユーティリティ」を開く
    「ディスクユーティリティ」を開く
  8. SDカードが認識していればOK
    SDカードが認識していればOK

ここでディスクユーティリティにSDカードが表示されていなければ、SDカードが故障している可能性があります。

また、MacBookなどSDカードを直挿しできる端末では、First Aidで修復できる可能性があります。

First Aidで修復する手順

  1. ディスクユーティリティを開く
  2. SDカードを選んでFirst Aidをクリック
  3. 確認画面で「実行」をクリック

First Aidを実行すると修復作業が自動的に進みます。

問題なく修復が完了したら、SDカードが利用できるかチェックしてみましょう。

その他の機器でSDカードを利用している場合の対処法

ゲーム機やレコーダーでSDカードが認識しない場合には、電源OFF/ONとSDカードの抜き差しで対処します。

また、ゲーム機の場合は本体ソフトウェアのバージョンアップで改善することもあるので、直らない場合は本体更新も試してみましょう。

ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)

  1. 電源ボタンを長押し
    Nintendo Switch電源ボタン

    画像引用元:【Switch】本体の電源をOFFにする

  2. 「電源オプション」→「電源OFF」を選ぶ
  3. 背面のカバーを開けてSDカードを取り出す
    SDカードを取り出す
  4. SDカードの接点やSDカードスロットを掃除する
  5. SDカードを挿す
  6. 電源を入れる

これでSDカードが認識すればOKです。

もし改善しないようなら、以下の手順で本体ソフトウェアのアップデートがないかチェックしましょう。

ニンテンドースイッチの本体更新手順

画像引用元:本体更新情報|Nintendo Switch サポート情報|Nintendo

  1. HOMEメニューの「設定」を選ぶ
    HOMEメニューの「設定」を選ぶ
  2. 「本体」→「本体の更新」を選ぶ
    「本体」→「本体の更新」を選ぶ

本体が最新バージョンに更新できたら、SDカードが正常に認識するかチェックしてみましょう。

3DS

  1. 電源ボタンを長押しして電源をOFFにする
  2. プラスドライバー(1番)で背面カバーのネジを緩める
    (構造上ネジは外れません。)
    プラスドライバー(1番)で背面カバーのネジを緩める
  3. 裏蓋のツメから開ける
    裏蓋のツメから開ける
  4. SDカードを取り出す
    SDカードを取り出す
  5. SDカードの接点とSDカードスロットを掃除する
  6. SDカードを挿して電源ON

これでSDカードが認識すればOKです。

また、3DSのソフトウェアが最新でない場合はアップデートで改善する可能性があります。

3DSの本体更新手順

  1. ホーム画面で本体設定を選ぶ
  2. 「その他の設定」を選ぶ
  3. 「本体の更新」を選ぶ

本体が最新バージョンに更新できたら、SDカードが正常に認識するかチェックしてみましょう。

ドライブレコーダー

ドライブレコーダーの場合には、事故や衝撃によってデータが破損してしまったり、物理的な障害が発生している可能性が高いです。

また、容量が上限になると過去のデータに上書きして保存される機器が多く、復旧できないケースもあります。

複雑な場合が多いため、個人作業はなるべく行わず、データ復旧業者に相談しましょう。

データ復旧をする

ここまでの方法でSDカードが認識されない場合には、SDカードに何らかの障害が発生している可能性が高いです。
バックアップをとっていない場合は、以下のような方法によるデータ復旧が必要です。

データ復旧の手段
  • 復元ソフトでデータ復元する
  • データ復旧業者に相談する

復元ソフトでデータを復元する

復元ソフトは無料~有料のものまであり、軽度の論理障害であればデータの取り出しが可能な場合があります。

ウェブ上で簡単に購入・ダウンロードできるものが多いため、まず試したくなる手段でしょう。

しかし、復元ソフトで解消できる問題は限られており、SDカードが認識しない原因によっては状態がさらに悪化してしまう危険があります。

使いこなすのにそれなりの知識が必要で、必要なデータを古い情報で上書きしてしまうこともあります。

万が一データが消えてしまっても問題ないという方は一度試してみると復旧できる可能性があります。

データ復旧業者に相談する

データ復旧の確率が最も高いのはデータ復旧業者に依頼することです。

SDカードからのデータ復旧に対応できる業者は限られているため、事前に対応範囲をしっかり確認しましょう。

▲目次に戻る

おすすめのデータ復旧業者

ここで、編集部おすすめのデータ復旧業者の特徴やサービス内容について解説していきます。

データ復旧の依頼を検討している人はぜひチェックしてみてください。

デジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリートップページ

デジタルデータリカバリーは、国内売上11年連続No.1のデータ復旧業者です。(第三者機関調べ/2007年~2017年)

技術力は国内トップクラスで、データ復旧率の最高値は95.2%(※2018年2月)と高い実績を持っています。さらに、ハードディスク、PC、スマホ、USB、sdカード、ビデオカメラ等の幅広い機器に対応しています。

官公庁・法人からの依頼実績も多数あり信頼できるだけでなく、相談窓口は年中無休の24時間365日受け付けているので、急なデータトラブルが発生しても安心のサポート体制が整っています。

デジタルデータリカバリーのおすすめポイント
  •  11年連続データ復旧シェアNo.1
  • データ復旧実績は95.2%!
  •  初期診断無料で安心して相談できる
  •  365日営業・最短即日でデータ復旧対応可能
  •  国際水準のセキュリティ対策で信頼できる
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

デジタルデータリカバリーのサービス特徴

項目デジタルデータリカバリー(DDR)
営業時間・相談窓口年中無休 24時間受付 夜間の電話相談あり
持込・宅配・出張 への対応持込:◎
宅配:◎
出張:◎
ラボ見学も可能
初期診断
費用:無料
最短5分で診断完了
配送料無料
(キャンセル時の返送料金のみお客様負担)
実績✓復旧率最高値95.2%
✓ご相談件数29万件超
✓ご依頼の約8割を48時間以内に復旧
設備クリーンルーム クラス100
ドナーHDD 7,000台以上
セキュリティ承認ISO27001/ISMS
Pマーク
従業員数164名
(エンジニア40名以上在籍)
拠点5ヶ所
本社:東京
運営会社デジタルデータソリューション株式会社
詳細公式サイトを見る
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

SDカードに発生する障害

SDカードに発生する障害として主に以下の2つが挙げられます。

SDカードに発生する障害
  • 論理障害
  • 物理障害

論理障害

論理障害とは保存されたデータが壊れてしまう障害を指します。

論理障害は誤動作や読み込み中にSDカードを抜いてしまうことによって発生します。

論理障害の主な症状
  • エラーメッセージが表示される
  • データの読み書きができなくなる

論理障害が発生すると、SDカードで作業を続けたり、データのコピーを行うと、データが上書きされてしまう恐れがあります。
また、フォーマットしてしまうと、データが削除され、データにアクセスすることが不可能になるので絶対にフォーマットしないようにしましょう。

物理障害

物理障害とは、SDカード自体が物理的に壊れてしまう障害を指します。

SDカードは小さくて繊細なため、少しの衝撃で物理障害が発生するときがあります。

物理障害の主な症状
  • SDカードが折れる・割れる・水没する
  • 経年劣化・書き換え回数の上限

SDカードは端子部分に少し傷が入ってしまうと認識されない可能性があります。

物理障害は個人での復旧が不可であるため、これらの異常が発生している場合にはすぐにデータ復旧業者に相談する必要があります。

フォーマットするのはOK?(データは消える可能性大)

SDカードを認識するけど中身が表示されない場合には、フォーマット(初期化)することで復旧する可能性があります。

ただし、基本的にフォーマットするとSDカード内のデータが消えてしまうことに注意しましょう。

データが消えていい場合

SDカード内のデータが消えても使えればOKなら、フォーマットしても問題ありません。

ただし、SDカードを利用する端末によって対応するファイル形式が異なるため、実際に使う端末でフォーマットしましょう。

データが消えたらまずい場合

バックアップしていない写真や仕事のデータなど、SDカード内のデータが消えると問題がある場合はフォーマットNGです。

フォーマット以外の対処法でどうにもならない場合には、やはりプロのデータ復旧業者に頼むしかありません。

先ほどお伝えした通り、おすすめは実績No.1の「デジタルデータリカバリー」です。

復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

▲目次に戻る

デジタルデータリカバリーの依頼・相談・見積もりの申込み方法

データ復旧できるか、料金はいくらくらいかかるのかなど、デジタルデータリカバリーは24時間365日、相談を受け付けています。

時間が経ったり、自力解決を試みたりすると、データ復旧率が下がることもあります。

万が一の時は速やかに相談しましょう。

以下、デジタルデータリカバリーへの相談手順を解説しますので、参考にしてください。

手順1:デジタルデータリカバリー公式サイトにアクセスする

デジタルデータリカバリー申込み手順

手順2:メール診断・見積もりはこちらをタップする(電話でも相談可能)

デジタルデータリカバリー申込み手順

手順3:データが入っている機種などの情報を選択・入力する

デジタルデータリカバリー申込み手順

手順4:画面の指示通りに入力して「上記内容で送信する」をタップする

デジタルデータリカバリー申込み手順

SDカードが認識しない・読み込まない時の原因・対処まとめ

今回はスマホやパソコンでSDカードが認識しない・読み込まない時の主な原因と、自分で対象する手順について解説しました。

認識しない・読み込まない時の主な原因
  • SDカードの規格が合っていない
  • SDカードと端末の接触不良
  • スマホやパソコンの不調
  • SDカードのファイル形式が違う
  • SDカードの故障
  • カードリーダーやアダプタなどの故障
  • 書き換え回数の上限、経年劣化

SDカードが故障してしまうと個人で対処するのは難しくなりますが、他の原因なら十分復旧する可能性があります。

主な対処法
  • 端末の電源OFF→電源ON
  • SDカードの抜き差し
  • SDカードの接点(金属部分)を掃除
  • SDカードスロットを掃除
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

これだけでSDカードが再び使えるようになることもあるので、突然認識しなくなった・読み込まなくなった際はぜひ試してみてください。

なお、主な対処法で改善しない場合にはSDカードが故障している可能性が高まります。

SDカードが故障して、保存しているデータを確実に取り出したい場合には、データ復旧業者に相談しましょう。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います!