SDカードが壊れた・折れた場合の原因と注意点、データの復旧方法を解説

SDカードが折れてしまった、認識しなくなったなどのトラブルが発生していませんか?SDカードは小さくて使いやすい反面、折れたり認識しなくなるなど壊れやすい記録媒体でもあります。この記事では簡単な復旧作業から、おすすめのデータ復旧業者まで紹介しています。
  • 2022年8月31日
  • by.bitdds

SDカード

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

SDカードが「水没した」「落とした」「認識されない」など、何らかの原因で折れたり壊れてしまい、保存していた大事なデータが読み取れない、エラーが表示されるなどの症状が発生していませんか?

折れたSDカードを元に戻そうとしたり、無理やり使用するとかえって症状が悪化し、最終的にデータを完全に失う場合があります。

今回はSDカードの故障例や、データを確実に取り出したい方に向けておすすめの専門業者を紹介しています。

SDカードが故障した場合のまとめ
  • 故障のパターンが「物理障害」と「論理障害」に分けられる
  • 物理的に故障しているSDカードは個人でデータを復旧することは不可能
  • SDカードが破損している場合は何度も抜き差しするのを控える
  • フォーマットはデータが消えてしまうため、慌てて実行しない
  • データを復旧できる確率最も高いのはデータ復旧業者
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

SDカードに発生しやすい障害例

SDカード

SDカードの破損は主に2つに分けることができます。

SDカードが破損する原因
  •  SDカード自体が破損している「物理障害」
  • システムやデータが破損している「論理障害」

物理障害が原因のケース

物理障害とは、物理的にSDカードが破損している状態を指します。

SDカードは形状的にも折れたり曲がったりと、壊れやすく物理的な破損が起きる可能性が高いです。

物理的に破損したSDカードのデータの取り出しは、個人では難しく専門の技術が必要になるため、壊れた場合は無理に使用・復旧しないようにしましょう。

筐体破損(折れ曲がったり加圧が加わった)

SDカードを無理やり抜き差しを行ったり、着脱時に向きを間違えたりすることで、コネクタ部分に傷がつくことがあります。

また、強い衝撃が加わったり抜き差しをする際に、本体が折れることもあります。

SDカードは緻密な設計で作られており、表面上に傷が少しでも入ってしまうと読み書きができなくなるため、使用方法には注意しましょう。

水没

SDカードの水没は携帯電話、カメラの水没と同様で注意が必要です。

水没すると、電子回路のショートや水没した面の乾燥による変形が発生し、データの読み書きができなくなります。

過電圧

SDカードはPC(パソコン)に常時接続していることが多いため、PCに過度の電圧がかかってしまうとSDカードにも負担がかかります。

過度な電圧や静電気がPCに発生すると、SDカードにも影響が及び、接続部分を中心に破損してしまいます。

論理障害が原因のケース

論理障害とは、保存されているデータ自体が破損している障害のことです。

SDカード自体に目立った傷や破損は無いのですが、データが認識できないなどの症状が発生します。

論理障害が起こる原因
  • SDカードを抜いたり強制終了をした
  • データを誤削除してしまった

論理障害の場合、データが完全に消えているように見えても、データを復元できる可能性があります。

SDカードが破損した際の注意点

SDカードが破損している場合、以下の点に注意しましょう。

SDカードが破損した際の注意点
  • 抜き差しを繰り返さない
  • 通電をしない
  • 折れたSDカードを元の形に戻そうとしない

抜き差しを繰り返さない

SDカードが認識しないからといって、何度も抜き差しを行うことは控えましょう。

抜き差しを繰り返すことで状態が悪化し、データが破損したり消えてしまうことがあります。

SDカードが認識されない場合は、何らかの問題が発生している可能性が高いため、大事なデータが入っている場合は早めにデータ復旧業者に依頼するようにしましょう。

通電をしない

SDカードが認識しなくなった場合は、すぐに取り外すようにしましょう。

問題が発生したときの一番の最善策は、電気を通さないことです。

通電をするだけで状態は悪化し最悪の場合、データを完全に失ってしまいます。

すぐに通電を控えることで、データを復旧できる確率を上げることができます。

折れたSDカードを元の形に戻そうとしない

折れてしまった、変形してしまったSDカードを無理に元の形に戻そうとして曲げることはやめましょう。

元に戻そうとすることでメモリチップなど、データが入っている部分に重大な損傷が加わる可能性があります。

SDカードは衝撃に弱いため、必要以上に触ったり通電することを避け、データ復旧業者に相談しましょう。

復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

SDカードが破損した場合の対処法

SDカードが認識しない、エラーが表示される場合は以下の対処法を実行することで、解決できる場合があります。

ですが、物理的に破損しているSDカードは個人で修復することはできず、むやみに復旧作業を行うと悪化するため、データ復旧業者を検討しましょう。

SDカードが破損した場合の対処法
  • フォーマットを行う
  • 復元ソフトを使用する
  • データ復旧業者に依頼する

フォーマットを行う

読み書きできない、認識されない場合はフォーマット作業を行うことで、SDカードが使えるようになることがあります。

フォーマットする方法
  •  Windows・PCに標準で搭載されている機能を使用しフォーマットを行う
  •  スマートフォン・デジカメなどSDカードを差し込んでいる機器自体でフォーマットを行う
  •  フォーマットアプリを使用する

ですが、フォーマットを行うとデータは消えてしまうため、フォーマットする際はデータよりもSDカード本体の動作を優先させたい場合に行いましょう。

データが必要な場合は「SDカードをフォーマットしますか?」と表示された際は、慌てて実行しないようにしましょう。

復元ソフトを使用する

専用の復元ソフトを使用する手段があります。

しかし、復元ソフトを使用できるSDカードの故障は「軽度の論理障害」のみです。

重度の論理障害や、折れているSDカードに復元ソフトを使用してしまうと、状態の悪化やデータの上書きが進んでしまいます。

復元そのため、データが最優先の方にとってソフトの使用はリスクが高く、おすすめできません。

ソフトの使用は障害の悪化だけでなく、データが二度と取り出せなくなる可能性があります。

慎重に考えてから実行するようにしましょう。

データ復旧業者に依頼する

データを復旧できる確率が最も高いのは、データ復旧業者に依頼することです。

データ復元ソフトでは取り出せなかったデータや、物理障害などの複雑な問題が発生している場合でも、データ復旧業者ではデータ復元が可能な場合があります。

障害の原因が分からない、もしくは物理的な障害が発生している場合は、まずデータ復旧業者に相談しましょう。

業者によっては無料で相談・見積までしてくれる業者もあります。

まずは相談をして、依頼するかを考えてみることをおすすめします。

おすすめのデータ復旧業者

ここで、編集部おすすめのデータ復旧業者の特徴やサービス内容について解説していきます。

データ復旧の依頼を検討している人はぜひチェックしてみてください。

デジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリートップページ

デジタルデータリカバリーは、国内売上11年連続No.1のデータ復旧業者です。(第三者機関調べ/2007年~2017年)

技術力は国内トップクラスで、データ復旧率の最高値は95.2%(※2018年2月)と高い実績を持っています。さらに、ハードディスク、PC、スマホ、USB、sdカード、ビデオカメラ等の幅広い機器に対応しています。

官公庁・法人からの依頼実績も多数あり信頼できるだけでなく、相談窓口は年中無休の24時間365日受け付けているので、急なデータトラブルが発生しても安心のサポート体制が整っています。

デジタルデータリカバリーのおすすめポイント
  •  11年連続データ復旧シェアNo.1
  • データ復旧実績は95.2%!
  •  初期診断無料で安心して相談できる
  •  365日営業・最短即日でデータ復旧対応可能
  •  国際水準のセキュリティ対策で信頼できる
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

デジタルデータリカバリーのサービス特徴

項目デジタルデータリカバリー(DDR)
営業時間・相談窓口年中無休 24時間受付 夜間の電話相談あり
持込・宅配・出張 への対応持込:◎
宅配:◎
出張:◎
ラボ見学も可能
初期診断
費用:無料
最短5分で診断完了
配送料無料
(キャンセル時の返送料金のみお客様負担)
実績✓復旧率最高値95.2%
✓ご相談件数29万件超
✓ご依頼の約8割を48時間以内に復旧
設備クリーンルーム クラス100
ドナーHDD 7,000台以上
セキュリティ認証ISO27001/ISMS
Pマーク
従業員数164名
(エンジニア40名以上在籍)
拠点5ヶ所
本社:東京
運営会社デジタルデータソリューション株式会社
詳細公式サイトを見る
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

SDカードが破損した場合のまとめ

SDカードの破損事例から破損した場合の注意点、対処法を見てきました。

SDカードが破損した、もしくは認識されず故障の疑いがある場合は、すぐに通電をやめることでデータを復旧できる可能性が高くなります。

フォーマットや復元ソフトを使用することで解決できる場合は論理障害のみで、リスクも高いためおすすめはできません。

折れているなど物理的に壊れているSDカードは基本的に買い替えか、データ復旧業者に依頼するしか方法はありません。

自身でむやみに復旧作業を行いデータが取り出せなくなる前に、データ復旧業者に依頼することをおすすめします。

SDカードが故障した場合のまとめ
  • 故障のパターンが「物理障害」と「論理障害」に分けられる
  • 物理的に故障しているSDカードは個人でデータを復旧することは不可能
  • SDカードが破損している場合は何度も抜き差しするのを控える
  • フォーマットはデータが消えてしまうため、慌てて実行しない
  • データを復旧できる確率最も高いのはデータ復旧業者
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。