SeleniumでInternet Explorer11を動かす方法

  • 2016年5月31日
  • by 
SeleniumでInternet Explorer11を動かす方法

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

こんにちは。M.Sです。
初めて技術系のネタを書きます(笑)

SeleniumでIE11を動かそうと悪戦苦闘すること約1か月。

やっと動きました!!

今回は備忘録としてSeleniumでIE11を動かす方法についてご紹介します。
使用言語はJavaです。

Seleniumの環境構築については過去に触れているので、こちらも参考にしてみてください。
https://bitwave.showcase-tv.com/selenium%E3%81%A8google-spreadsheets-1/

DriverのダウンロードとJavaのWebDriverスクリプト

まず、各ブラウザでSeleniumを動かすためには、それぞれのブラウザに対応したドライバが必要です。(Firefoxは不要)

下記URLから、InternetExplorerのDriverをダウンロードします。

32ビット版と64ビット版があるので、マシンに合う方を使用します。
64ビット版ではキー入力の実行が非常に遅くなるという問題があるため、32ビット版を利用することが推奨されているようです。
ダウンロードしたら任意のフォルダに格納してください。
http://www.seleniumhq.org/download/

image15

次にスクリプトを書きます。

IEDriverのパスには、IEdriverをダウンロードして保存したディレクトリをフルパスで記載してください。

IEの設定

1.保護モードの設定

IEの保護モードを有効にします。
インターネットオプション → セキュリティからインターネット、ローカルイントラネット、信頼済みサイト、制限付きサイトの4つに対して「保護モードを有効にする」のチェックを入れ、OKを押します。

image14

2.拡張保護モードの設定

インターネットオプション → 詳細設定から
「拡張保護モードを有効にする」のチェックを外して、OKを押し設定を保存します。

image11

3.レジストリの設定

「検索」からregedit.exeを検索するとレジストリエディターが開きます。
※キャプチャはWindows10の画面です。

image10

image12

下記のキーを探しましょう。

<32ビット版の場合>
\EY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\MAIN\FeatureControl\FEATURE_BFCACHE

<64ビット版の場合>
\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Internet Explorer\MAIN\FeatureControl\FEATURE_BFCACHE

なければFEATURE_BFCACHEを下記の手順で作成します。

FeatureControlの上で、右クリックから
新規 → キーを選択
FEATURE_BFCACHEという名前でキーを作成します。

image08

作成したキーFEATURE_BFCACHEの上で、右クリックから
新規 → DWORD(32ビット)値(D)
iexplore.exeというDWORD値を作成し、値を0にします。
※作成したあとの画面のため、すでにiexplore.exeが存在していますが、ご了承ください。

image16

作成後、下記のようになります。

image12

これでやっとやっとIE11でSeleniumを動かすことができました~

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

仮想環境で『Ansible』を使ってサーバ構築... 最近、サーバ構築を実施する必要がありました。 まずは仮想環境を作り、サーバ構築を……と思ったのですが、私はインフラ周りの経験が浅く、色々困ったことが頻出してしまいました。 今回の記事では、私と同じような “サーバ構築ビギナー” ...
内線電話用の番号検索|Slack APPで作ってみた... ショーケース・ティービーではメール誤送信防止という観点から、社内連絡ではチャットツールを使用しています。 現在使用しているツールは「HipChat」。 <bitWave関連記事『情報漏えいしないための決定打!”Hip Chat”』>...
Amazon EC2|Red Hat Linux 7.3で“Muninインストール“や“パッケージ導... ナマステ~! 私はナラヤンです! 今回が初投稿になるのですが、実はこれまで何度か本bitWave上でも登場していました。 <bitWave関連記事『おもてなしの企業の社員が、ネパール人をおもてなししてみた!』> <bitWave関...
継続的インテグレーションツール『Jenkins』を触ってみた... こんにちは。M.Sです。 現在、『Jenkins』からSeleniumを実行するお題に取り組んでいます。 『Jenkins』ってなに? 身近な継続的インテグレーションとは 『Jenkins』はjavaで実装されたオープンソー...