セブンイレブンのnanaco利用ならセブンカードで年間1万円お得になる話

セブンイレブンのnanaco利用ならセブンカードで年間1万円お得になる話

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ソフトバンクバナー

日本人は、年間で平均120回もコンビニを利用するといわれています。

1,000円以下の買い物が大半を占めるコンビニでも、100回以上利用すれば総額はかなりのもの。

そんな場所で利用する電子マネーやクレジットカードは、できるだけお得なものを選びたいですよね。

今回は、セブンイレブンでnanacoとセブンカード・プラスを利用することで、年間で1万円もお得になる方法をご紹介します。

▽【年会費無料】セブンカード・プラスの入会は公式サイトから

トップ画像引用元:セブンカード・プラスご入会キャンペーン|セブンカード

nanaco+セブンカード・プラスの還元率は?

セブンカード・プラス

まずは、電子マネーやクレジットカードの基本である「還元率」についてです。

nanacoとセブンカード・プラスは、200円の支払いごとにnanacoポイントが1ポイントたまります。

還元率に直すと0.5%です。正直高いとは言えませんね。

しかし、この2つを組み合わせることで、数値をさらに高めることができるのです。

では、その方法を見ていきましょう。

3つのサービスを組み合わせて還元率1.5%に!

nanacoは残高をチャージして支払うスタイルの電子マネーですが、チャージにはセブンカード・プラスを利用することができます。

ここでポイントとなるのが、チャージをすることでセブンカード・プラスのポイントも貯まるという点です。

チャージにセブンカード・プラスを利用した場合の還元率
  • セブンカード・プラスでnanacoをチャージする:0.5%
  • nanacoで支払いをする:0.5%
  • 合計で1.0%!

このとおり、2つを組み合わせれば、還元率を1.0%までアップできます。

さらに還元率を上げるなら「セブンマイルプログラム」を活用しよう

セブンマイルプログラムは、買い物時に貯めたマイルで特典を貰えるプログラムです。お店での支払い時に、アプリのバーコードを読み取ってもらえば、それだけでマイルを獲得できます。

このプログラムでは、2019年9月から、200円につき1マイルを獲得できるようになる予定です。また、マイルはnanacoポイントに交換することができます。

交換レートは、1マイルにつき1nanacoポイントです。つまり、セブンマイルプログラムの還元率は0.5%ということに。

先程の「nanaco+セブンカード・プラス」と合わせて考えれば、合計還元率は1.5%になります。

ソフトバンクバナー

セブンカード・プラスはセブンイレブンに非常に強い!

セブンイレブン

還元率を1.5%にする方法は、もう1つあります。

それは、セブンイレブンでセブンカード・プラスを使って支払い、そこにセブンマイルプログラムを追加するという方法です。

セブンカード・プラスの基本還元率は0.5%ですが、セブン&アイグループで支払いをすれば、還元率は2倍の1.0%にアップします。

  • セブンイレブン
  • イトーヨーカドー
  • ヨークマート
  • デニーズ
  • オムニ7
  • セブンネットショッピング
  • 西武そごう
  • アリオ

セブンイレブンもこのグループの1つですから、還元率は常に1.0%です。

これに、セブンマイルプログラムによる0.5%を加えれば、合計還元率は1.5%になりますよね。

おすすめは「nanaco+セブンカード・プラス+セブンマイルプログラム」

還元率を1.5%にする方法は以下2つです。

還元率を1.5%にする方法

  • nanacoで支払い+セブンカード・プラスでチャージ+セブンマイルプログラム提示
  • セブンカード・プラスで支払い+セブンマイルプログラム提示

どちらかと言えば、「セブンカード・プラス+セブンマイルプログラム」の方がスッキリしており、こちらの方が使い勝手が良いように見えますよね。

しかし、本当におすすめなのは「nanaco+セブンカード・プラス+セブンマイルプログラム」の方です。

というより、セブンイレブンでnanacoポイントを貯めるのであれば、nanacoを利用した方が断然お得と言えます。

なぜなら、nanacoでは公共料金や税金を支払うことができるからです。

nanaco利用で公共料金・税金でもポイントゲット!

セブンイレブンのnanaco利用で支払うことができる、公共料金・税金は次のとおり。

nanacoで支払える公共料金・税金など
  • 電気代
  • 水道代
  • ガス代
  • 所得税
  • 住民税
  • 自動車税
  • 固定資産税(都市計画税)
  • 健康保険料
  • 国民年金保険料など

また、これらの料金をnanacoで支払うことで、同時にポイントもゲットできます。

公共料金・税金でポイントをもらう方法

ここで注意したいのが、公共料金や税金をそのままnanacoで支払ってしまうと、ポイントが付かないということです。

ポイントが付くのは、チャージをクレジットカードで行った金額分のみ。

よって、公共料金・税金などの支払い時の還元率は0.5%ということになります。

高還元率ではないものの、これらの料金は決して安くはなく、必ず支払わなければいけません。そのため、年単位で見れば馬鹿にならないポイント数になることでしょう。

セブンイレブンアプリのクーポンがお得!nanacoと連携でポイントも

次のページでは、セブンイレブンを1年利用することで獲得できるポイントをシミュレーションしていきます。

▽【年会費無料】セブンカード・プラスの入会は公式サイトから

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ソフトバンクバナーソフトバンクバナー
この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

ソフトバンクバナー