縛りなしWiFiの全て|速度、評判、料金解説とメリット・デメリット

縛りなしWiFiの全て|速度、評判、料金解説とメリット・デメリット

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

月々のスマホの料金を少しでも安くするためにポケットWi-Fiなどを利用するユーザーは増えていますが、会社の数が多くどれにしたら良いか分からなくなってしまうのは深刻な問題です。

そこで今回は契約時に年間縛りもなく料金も安い、さらに無制限という事で今話題を呼んでいる縛りなしWifiについて紹介します。

縛りなしWiFiのメリットとデメリットなどポイント
  • 縛りなしWifiの料金の安さは業界トップクラスの2,800円と3,300円
  • データ容量は1日2GBまでの制限はあるが月間上限なしの実質無制限
  • 縛りがないレンタルWi-Fiがセールスポイントだが、縛っちゃうプランの場合は端末買取
  • 公式におけるプランや特徴の説明が全体的に分かり辛い
  • 支払い方法はクレジットカード払いのみ
  • 料金の安さを重視するユーザーには最もおすすめだが、大容量データ通信をするヘビーユーザーには向いていない

トップ画像引用元:縛りなしWiFi | 月額3,300円で契約期間縛りなし!

縛りなしWifiが広がりを見せ話題を呼んでいる


縛りなしWiFi

縛りなしWifi
スマホの月額料金を抑えたり、データ通信料の節約としてWi-Fiを契約するユーザーも多く、Wi-Fiを取り扱う会社はユーザーのニーズに比例して増加傾向にあります。

そんな中でもユーザーが気になるのはやはり料金とデータ通信料で、そのどちらの点でも優秀で今話題を呼んでいるのが「縛りなしWifi」です。

その最大の特長は名前にもあるように、いわゆる『縛りと呼ばれる年間契約がない』というものです。

同様に縛りのない会社の中でも、縛りなしWifiはトップクラスの料金の安さを誇っています。

まずは、縛りなしWifiの具体的なプランをまとめました。

項目縛りなしプラン縛っちゃうプラン
初期費用事務手数料 1,000円
無料期間なし(1ヶ月目日割り)
契約期間無し3年
送料無料
弁済金39,800円端末買取のため無し
契約解除料無し15,000円
端末WiMAXもしくはSoftBankSoftbank(601HWシリーズ)
月額料金3,300円2,800円

※税抜価格

料金の安さにも目を奪われますが、表を見て最も注目すべきはそのプランの種類です。

基本は縛らないものとしつつ、端末に制限がある=縛った場合はさらに料金が安くなっています。

また、縛るか縛らないかのシンプルなプラン設定ですが、2つの中で端末のレンタルなのか買取なのかという性質も変化するというのも特徴の1つといえます。

縛りなしWifiのセールスポイント
  • 通信制限なし
  • 契約期間の縛りなし
  • 最短翌日発送
  • 端末本体代金なし

データ通信使用量は実質無制限

前述の縛りなしWifiのセールスポイントはユーザー視点から見るとどれも魅力的といえますが、この中で最も注目してしまうのはやはり「通信制限なし」の項目です。

スマホの普及率の上昇に伴い、現在国内では多くのWi-Fi会社がありますが、その多くはプランにデータ通信量の上限が設定され各容量ごとに価格が設定されていることが殆どです。

しかし、縛りなしWifiはそうした上限ごとの料金設定というものが一切なく、2つあるプランのどちらでも月間データ使用量については実質無制限となっています。

ただし、回線自体は使用する端末ごとに分かれているためどうしても回線側の環境に依存するため、1日のデータ使用量上限というものは存在します。

具体的には1日2GBを超えると当日通信速度制限が入るという事が公式ホームページには記載されています。

無制限に使えるポケットWi-Fiを比較|料金プランと速度でおすすめランキング

『縛りが無い』というメリット


縛りなしWiFi

縛りなしWifi

通信事会社の契約には当たり前とも感じる年間契約の縛りですが、近年では縛りという仕組みそのものを無くそうという動きが見られます。

しかし、スマホ業界では進む縛りなしの動きもWi-Fi会社に関してはまだまだ遅く、今もってなおWi-Fi会社の多くは縛りによる年間契約が主流といえます。

そうした中で縛りなしWifiはサービス名の通りに縛りがないことを売りとしていて、そのメリットは契約の手軽さ、契約解除料の有無など多岐に渡ります。

もちろん、契約して使うからには長く使うというユーザーも少なからずいるというのが現状ですが、会社数が増加している状況ならばユーザーとしてはフットワークが軽い方がよりお得といえます。

そのため、縛りが無いという事は一見会社側にはデメリットが強いものと考えられますが、ユーザー側からすれば縛りが無いというだけで手軽な契約に繋がるため、会社側にもメリットが大きいものとなっています。

また、こうした企業姿勢はユーザー側の信頼に繋がる項目のため、縛りが無いというのはユーザーと会社双方にメリットのあるものと考えられます。

『縛った』場合は端末買取


縛りなしWiFi

縛りなしWifi
「端末本体代金なし」という項目から分かるように、縛りなしWifiの基本はレンタルWi-Fiサービスの1つとなっています。

しかし、メリットである縛りなしを捨ててしまう「縛っちゃうプラン」の場合はその限りではありません。

これは契約を縛ることによってさらに基本料金を安くするというものです。

縛っちゃうプランの契約年数は3年となっているため、ユーザーが買い取った方が企業側もリスクが減るという面があります。

もちろん、年間契約なので契約期間中に解約しようとすると契約解除料が掛かりますが、縛りなしWifiの縛っちゃうプランにおける契約解除料は一律15,000円と業界的には普通の部類に入ります。

また、端末買取となると毎月端末料金と同額の割引が発生するため実質無料になります。

無制限に使えるポケットWi-Fiを比較|料金プランと速度でおすすめランキング

次のページでは、縛りなしWiFiのデメリットについて解説します。

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

この記事を書いた人
n-fujii
n-fujii
東京都市部出身。本業の傍らライター業を営んでいたが、徐々にライター業の比率を増やして現在に至る。ネット回線とスマホが無いと生きていくのが困難な人。iPhoneアンチというわけではないが、スマホは専らAndroid派。愛用しているのはAQUOSシリーズ。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ