サイレントモード(マナーモード)に関するiPhoneの疑問を一気に解消

  • 2019年7月28日
  • by 
サイレントモード(マナーモード)に関するiPhoneの疑問を一気に解消

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

「マナーモードにしても音が鳴るのはなぜ?」「サイレントモードでもアラームは鳴るのかな」このように、iPhoneのサイレントモード(マナーモード)について疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、iPhoneのサイレントモード(マナーモード)について、徹底解説します。

1 サイレントモード(マナーモード)とは

画像引用元:iPhone をマナーモード、着信モード、消音モードにする方法-Apple

サイレントモード(マナーモード)とは、消音モードのことです。

具体的には、「iPhoneのスピーカー」から特定の音が出ない状態のことを言います。

1-2 サイレントモード(マナーモード)に切り替える方法

画像引用元:iPhone をマナーモード、着信モード、消音モードにする方法-Apple

iPhoneをサイレントモード(マナーモード)へ切り替えるには、iPhone本体の左側面にあるスイッチを背面側へ押します。

iPhoneを横から見たときに、スイッチの奥の部分がオレンジになります。

1-3 消音になるのは「着信音」と「通知音」

マナーモードにすることでスピーカーから出なくなる音は次の2つです。

  • 着信音
  • 通知音

着信音

着信音は、電話が来たことを知らせるための音です。

マナーモードにしている限り、着信音は鳴りません。

なお、バイブレーションの設定をすることでiPhone本体が振動するので、iPhoneの画面を使用者が見ていなくても、着信を知ることができます。

通知音

通知音は、メッセージの受信やアプリのお知らせの音です。

例えば、メールを受信したり、LINEのメッセージを受信したりしたときに「ピコン♪」と鳴るお知らせの音がそうです。

マナーモードにすると、この通知音は鳴りません。

しかし、バイブレーションの設定をすることで本体が振動し、アプリからの通知をタイムリーに知ることができます。

2 バイブレーションの設定方法

画像引用元:iPhone をマナーモード、着信モード、消音モードにする方法-Apple

バイブレーションを設定するには、iPhoneの「設定」>「サウンドと触覚」と進みます。

バイブレーションを設定するにはiPhoneの、

  1. 「設定」
  2. 「サウンドと触覚」

と進みます。

なお、iPhone6s以前のiPhoneでは、

  1. 「設定」
  2. 「サウンド」

の順に進めてください。

そしてマナーモード中にバイブレーションを作動するには、この「サイレントスイッチ選択時」をオンにします。

2-1 マナーモード中に振動しないようにするには

マナーモード中にバイブレーションを作動しないようにするには、「サイレントスイッチ選択時」をオフにします。

なお、「電話だけ振動させる」・「LINEは振動させない」というように、アプリごとの設定はできません。

2-2 バイブレーションの種類を変更するには

次の8種類のケースに限り、個別にバイブレーションのパターンを指定することができます。

  • 着信音
  • メッセージ
  • 新着留守番電話
  • 新着メール
  • メール送信
  • カレンダーの通知音
  • リマインダーの通知音
  • AirDrop

ご覧のとおり、基本的にiOS標準の電話・メッセージの機能だけとなっています。

「LINEのバイブレーションの設定を変えたい」というように、Apple以外のアプリの振動パターンを個別に設定することはできません。

手順

変更するにはiPhoneの、

  1. 「設定」
  2. 「サウンドと触覚」

と進み、「サウンドとバイブレーションのパターン」で変更したい項目を選択してください。

「バイブレーション」の画面に変わりますので、その画面に表示されるバイブレーションのパターンを選択しましょう。

選択できるバイブレーションのパターンは、次の8種類です。

  • S.O.S
  • アクセント
  • クイック
  • スタッカート
  • ラピッド
  • 警告
  • 交響曲
  • 心臓の鼓動

また、オリジナルのバイブレーションを新規に作成することもできます。

3 サイレントモード(マナーモード)でも鳴る音とは

マナーモードにしていても音が出るケースは、次のとおりです。

  • アラーム音
  • シャッター音
  • 音楽/動画再生

3-1 アラーム音

アラーム音とは、iPhoneの時計アプリの目覚まし音です。

このアラーム音に関しては、どんなモードでも消音にすることはできません。

つまり、マナーモードやおやすみモードにおいても、アラーム音は鳴ります。

また、イヤフォンをつけていても「iPhone本体から」アラーム音が鳴りますのでご注意ください。

3-2 シャッター音

iPhoneのカメラアプリでシャッターを切るときは、マナーモードでも音が出ます。

こちらのシャッター音も、どんなモードにしても消音にすることはできません。

3-3 音楽/動画再生

音楽/動画再生音の音量を調節したり消音にしたりすることは、マナーモードではできません。

音楽/動画再生の音量を調整するときは、マナーモードとは別の「音量」という項目で調整します。

「音量」の調整については、次の章で解説します。

iPhoneで使えるイヤホンおすすめランキング|純正を超えるものは【2019】

次のページでは、マナーモードでは消音できない、音楽/動画再生時の音を消す方法について解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
iton
iton
大学1年生で初めて携帯をもつ。白黒液晶の子機タイプから始まり、J-SH02⇒NOKIA6630⇒iPhone3G⇒iPhone6s⇒iPhone7と今に至る。IT系の法人営業を12年努めたあと、ライターに。関心事は5Gと自動運転、ブロックチェーン。夫にはスマホ依存症と言われる。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ