サイレントモード(マナーモード)に関するiPhoneの疑問を一気に解消

  • 2019年7月28日
  • by 
サイレントモード(マナーモード)に関するiPhoneの疑問を一気に解消

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナー

「マナーモードにしても音が鳴るのはなぜ?」「サイレントモードでもアラームは鳴るのかな」このように、iPhoneのサイレントモード(マナーモード)について疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、iPhoneのサイレントモード(マナーモード)について、徹底解説します。

1 サイレントモード(マナーモード)とは

画像引用元:iPhone をマナーモード、着信モード、消音モードにする方法-Apple

サイレントモード(マナーモード)とは、消音モードのことです。

具体的には、「iPhoneのスピーカー」から特定の音が出ない状態のことを言います。

1-2 サイレントモード(マナーモード)に切り替える方法

画像引用元:iPhone をマナーモード、着信モード、消音モードにする方法-Apple

iPhoneをサイレントモード(マナーモード)へ切り替えるには、iPhone本体の左側面にあるスイッチを背面側へ押します。

iPhoneを横から見たときに、スイッチの奥の部分がオレンジになります。

ドコモキャンペーンバナー

1-3 消音になるのは「着信音」と「通知音」

マナーモードにすることでスピーカーから出なくなる音は次の2つです。

  • 着信音
  • 通知音

着信音

着信音は、電話が来たことを知らせるための音です。

マナーモードにしている限り、着信音は鳴りません。

なお、バイブレーションの設定をすることでiPhone本体が振動するので、iPhoneの画面を使用者が見ていなくても、着信を知ることができます。

通知音

通知音は、メッセージの受信やアプリのお知らせの音です。

例えば、メールを受信したり、LINEのメッセージを受信したりしたときに「ピコン♪」と鳴るお知らせの音がそうです。

マナーモードにすると、この通知音は鳴りません。

しかし、バイブレーションの設定をすることで本体が振動し、アプリからの通知をタイムリーに知ることができます。

2 バイブレーションの設定方法

画像引用元:iPhone をマナーモード、着信モード、消音モードにする方法-Apple

バイブレーションを設定するには、iPhoneの「設定」>「サウンドと触覚」と進みます。

バイブレーションを設定するにはiPhoneの、

  1. 「設定」
  2. 「サウンドと触覚」

と進みます。

なお、iPhone6s以前のiPhoneでは、

  1. 「設定」
  2. 「サウンド」

の順に進めてください。

そしてマナーモード中にバイブレーションを作動するには、この「サイレントスイッチ選択時」をオンにします。

2-1 マナーモード中に振動しないようにするには

マナーモード中にバイブレーションを作動しないようにするには、「サイレントスイッチ選択時」をオフにします。

なお、「電話だけ振動させる」・「LINEは振動させない」というように、アプリごとの設定はできません。

2-2 バイブレーションの種類を変更するには

次の8種類のケースに限り、個別にバイブレーションのパターンを指定することができます。

  • 着信音
  • メッセージ
  • 新着留守番電話
  • 新着メール
  • メール送信
  • カレンダーの通知音
  • リマインダーの通知音
  • AirDrop

ご覧のとおり、基本的にiOS標準の電話・メッセージの機能だけとなっています。

「LINEのバイブレーションの設定を変えたい」というように、Apple以外のアプリの振動パターンを個別に設定することはできません。

手順

変更するにはiPhoneの、

  1. 「設定」
  2. 「サウンドと触覚」

と進み、「サウンドとバイブレーションのパターン」で変更したい項目を選択してください。

「バイブレーション」の画面に変わりますので、その画面に表示されるバイブレーションのパターンを選択しましょう。

選択できるバイブレーションのパターンは、次の8種類です。

  • S.O.S
  • アクセント
  • クイック
  • スタッカート
  • ラピッド
  • 警告
  • 交響曲
  • 心臓の鼓動

また、オリジナルのバイブレーションを新規に作成することもできます。

3 サイレントモード(マナーモード)でも鳴る音とは

マナーモードにしていても音が出るケースは、次のとおりです。

  • アラーム音
  • シャッター音
  • 音楽/動画再生

3-1 アラーム音

アラーム音とは、iPhoneの時計アプリの目覚まし音です。

このアラーム音に関しては、どんなモードでも消音にすることはできません。

つまり、マナーモードやおやすみモードにおいても、アラーム音は鳴ります。

また、イヤフォンをつけていても「iPhone本体から」アラーム音が鳴りますのでご注意ください。

3-2 シャッター音

iPhoneのカメラアプリでシャッターを切るときは、マナーモードでも音が出ます。

こちらのシャッター音も、どんなモードにしても消音にすることはできません。

3-3 音楽/動画再生

音楽/動画再生音の音量を調節したり消音にしたりすることは、マナーモードではできません。

音楽/動画再生の音量を調整するときは、マナーモードとは別の「音量」という項目で調整します。

「音量」の調整については、次の章で解説します。

iPhoneで使えるイヤホンおすすめランキング|純正を超えるものは【2020年】

次の章では、マナーモードでは消音できない、音楽/動画再生時の音を消す方法について解説します。

4 音楽/動画再生時の音を消す方法

「マナーモードにしていたのに、動画を再生したら音が大音量で出てしまった・・・」「公共の場で、広告の音が流れて恥ずかしかった」そういった経験はありませんか?

実は、マナーモードだけですと、iPhoneの音をすべて消音にしたことにはなりません。

というのも、動画を見たり音楽を聴いたりするときの音は、マナーモードではコントロールできないからです。

動画再生や音楽のサウンドは、マナーモードとは別の「音量」という項目で消音にします。

4-1 手順

マナーモードでは消音できない、音楽や動画再生時の「音量」を消す方法は2種類あります。

  • 音楽や動画が再生されている状態で、「本体左の音量ボタン」で消音にする
  • コントロールセンターを表示し、消音にする

4-2 音楽再生時に「音量ボタン」で消音にする

音楽や動画が再生されている状態で、iPhoneの音量ボタンの下側の方を押します。

そうすると、スピーカーのマークが画面に表示され、ボリュームのバーが小さくなっていきます。

音量の下側のボタンを押し続けると、やがて「消音」と表示されます。

4-3 コントロールセンターを表示し、消音にする

2つ目の方法は、コントロールセンターから消音にする方法です。

iPhoneの画面を下から上にスワイプし、コントロール画面を出します。

スピーカーのマークが表示されている部分のバーを下に下げ、消音にします。

5 イヤホン有りのときの注意点

「イヤホンをしていれば、iPhoneから音は出ないでしょ・・」そう思っているあなた。

実は、間違いです。

というのも、「アラーム」と「シャッター音」の2つは「iPhone本体とイヤホンの両方」から鳴り響くからです。

つまり、イヤホンをしていてもアラームはiPhone本体から鳴りますし、シャッター音についても同様です。

アラーム音は特にけたたましいので、不用意にアラームを鳴らしてしまうことのないよう、公共の場では配慮する必要があるでしょう。

なお、どうしても公共の場で指定の時間の知らせを受け取りたい場合は、アラームを音無しでバイブだけにすることができます。

その手順については最後のページに記載していますので、参考になさってください。

なお、マナーモードではない通常モードにおいてイヤホンをしているときは、上記の2つに加えて「着信音」もiPhone本体から鳴ります。

公共の場にいるときは、イヤホンだけに頼らずマナーモードにするのを心がけましょう。

6 サイレントスイッチが壊れたときの対処法

マナーモードへ切り替えるための「サイレントスイッチ」が壊れたときの対処法を解説します。

  1. iPhoneの「設定」をタップ
  2. 「一般」をタップ
  3. 「アクセシビリティ」をタップ
  4. 「Assistive Touch」をタップ
  5. Assistive Touchを「オン」にします
  6. 画面に現れる「グレーのボタン」をタップ
  7. 表示されるメニュー中の「デバイス」をタップ

マナーモードをオン・オフするときは、「鐘(ベル)のマーク」をタップします。

ちなみに、同じ画面で動画再生や音楽再生時の音量も調整できます。

「スピーカーのマーク」が音量ボタンの役割を果たします。

7 おやすみモードとの違い

マナーモードはバイブレーションしますが、おやすみモードではバイブレーションしません。

そもそも、おやすみモードは「利用者に通知を知らせないための機能」です。

ですから、端末がおやすみモードに入っていると音が鳴らないのはもちろん、振動もしませんし、画面も光って通知が表示されることもありません。

一方マナーモードは、「音が出ないだけ」。

通知が来たら画面が光りますし、本体も振動します。

iPhone「おやすみモード」を設定・解除|勝手にオンになる原因と対策

次の章では、マナーモードに関するよくある質問をまとめています。

8 マナーモードに関するよくある質問

マナーモードに関する、よくある質問と答えをまとめました。

8-1 LINEだけをバイブなしにできる?

質問:サイレントモード(マナーモード )のときに、LINEのメッセージ通知が多くてiPhoneが振動しっぱなしです。着信のときにバイブがないのは困るので、「着信だけバイブする・LINEはバイブしない」とできませんか?

答え:「着信だけバイブレーションする・LINEはバイブレーションしない」はできません。

というのも、バイブレーションのON・OFFはアプリごとに設定できないからです。

着信のときにバイブを設定するのであれば、必然的にLINEもバイブするよう設定されます。

LINEのバイブをしないのであれば、着信もバイブしません。

8-2 マナーモードでもアラームの音は鳴る?

A:マナーモードでもアラームの音は鳴ります。

なぜなら、iPhoneのアラームは常に鳴りわたるものだからです。

つまり、どんなモードにしても、アラームは消音になりません。

8-3 マナーモードでも音が出るんだけど・・・

マナーモードでも音が鳴るということですが、それは着信音/通信音以外の音ではないでしょうか。

例えば、音楽のサウンドや、動画再生したときに流れた音などです。

実は、マナーモードで消音にできるのは着信音と通信音だけです。

着信音/通信音以外の音は、コントロールセンターの「音量」の項目で調整します。

iPhoneの画面を上にスワイプし、コントロールセンターを表示させ、スピーカーマークのバーを上下に動かして調整しましょう。

消音にするときはバーを一番下まで下げます。

自分の意思で動画を再生することはなくても、Webサイトを見ていると突然動画の広告が再生されることがあります。

こちらの意思とは無関係に音が響いてしまうこともありますので、公共の場にいるときには、「音量」の項目をオフにしておいたほうがよいでしょう。

8-4 マナーモードだと着信できない!

質問:マナーモードにしていると、友だちから着信があっても気づきません。振動しないし、「着信がありました」の通知しか出ません。かけてきた相手も、「コール音さえしなかった」と言っています。

答え:端末が「おやすみモード」中になっていて、その「おやすみモード」の設定が「着信をだれも許可しない」となっているのではないでしょうか。

おそらく、「マナーモード」かどうかは関係ありません。

iPhoneの右上に、三日月のマークが表示されていませんか?もし表示されていたら、それはおやすみモードに入っていることを示しています。

おやすみモードを解除するには、下からスワイプしてコントロールセンターを表示し、三日月のマークをタップします。

iPhoneの右上から三日月のマークが消えると、おやすみモードは解除されています。

また、「おやすみモード」の着信の設定を変更するには、「設定」>「おやすみモード」>「着信を許可」と進みましょう。

この「着信を許可」の項目で「全員」にチェックを入れると、おやすみモード中でも着信されるようになります。

つまり、マナーモード中は本体が振動し、通常モードでは着信音が鳴ります。

8-5 マナーモードでも緊急地震速報は鳴る?

マナーモード中でも緊急地震速報(※)は鳴ります。

ちなみに、おやすみモード中でも鳴ります。

(※)緊急地震速報とは、最大震度5弱以上が推定される地震の際に、震度4以上の強い揺れが予測される地域の携帯端末に対して、気象庁が一斉に発信する通知のことをいいます。

8-6 マナーモードじゃないのに音が出ない!

音量がゼロになっている可能性があります。

出ない音が着信音や通知音であれば「着信音と通知音の音量設定」、それ以外の音であれば「コントロールセンターを出して音量の設定」を行いましょう。

着信音と通知音の音量設定は、「設定」>「サウンドと触覚」と進み、着信音と通知音のスライダーバーを調整しましょう。

着信音・通知音以外の音の音量設定は、iPhoneの画面を下から上へスワイプしてコントロールセンターを出し、スピーカーマークのバーを上へ引っぱりましょう。

9 アラームに関するよくある質問

アラームに関するよくある質問をまとめました。

9-1 アラームの音を大きくするには?

質問:アラームに気づきません。もっと音を大きくしたいのですが・・・

答え:アラームの音を調節するには、「設定」>「サウンドと触覚」と進み、「着信音と通知音」のスライダーバーを左右にスライドさせましょう。

お気づきのとおり、「アラームの音量=着信音の音量=通知音の音量」です。

すなわち、アラームの音を大きくすると、着信音も大きくなります。

9-2 アラームをバイブだけにしたい

アラームを、音無しで振動だけにできます。

手順は、次のとおりです。

  1. 下から画面をスワイプし、コントロールセンターを表示させる
  2. タイマーのマークをタップする
  3. 下のメニューから「アラーム」をタップする
  4. 左上の「編集」ボタンをタップする
  5. バイブだけにしたいアラームをタップする
  6. サウンドをタップする
  7. 一番下までスクロールし、「なし」を選択する
  8. 「戻る」>「保存」をタップする

10 おやすみモードに関するよくある質問

おやすみモードに関する質問をまとめました。

10-1 おやすみモードは絶対に何も鳴らない?

アラームと緊急速報は鳴ります。

また、着信を許可していれば着信も通知されます。

マナーモードであれば本体が振動しますし、通常モードであれば着信音が鳴ります。

10-2 おやすみモードでもLINEの音だけ出したい

おやすみモードでLINEの音だけを出すことはできません。

なぜなら、おやすみモードで唯一通知を許可できるのは「着信」だけだからです。

着信以外のアプリは通知されませんので、音は鳴りません。

ちなみに、着信音を出すかどうかは、あくまでサイレントモード(マナーモード)のスイッチのオン・オフによります。

サイレントモード(マナーモード)がオフで、おやすみモードの着信が許可されていれば、着信時に音が鳴ります。

11 iPhoneのサイレントモードは奥が深い

iPhoneのサイレントモード(マナーモード)について解説しましたが、いかがでしょうか?意外と知らなかったこともあったのではないでしょうか。

iPhoneのマナーモードについて紹介したTipsをぜひ実践してみてください!

【2020年版】最新スマホおすすめランキング|全キャリアまとめ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナードコモキャンペーンバナー
この記事を書いた人
iton
iton
大学1年生で初めて携帯をもつ。白黒液晶の子機タイプから始まり、J-SH02⇒NOKIA6630⇒iPhone3G⇒iPhone6s⇒iPhone7と今に至る。IT系の法人営業を12年努めたあと、ライターに。関心事は5Gと自動運転、ブロックチェーン。夫にはスマホ依存症と言われる。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ