SIMフリー時代のMVOと格安SIMキャリアの徹底比較

SIMフリー時代のMVOと格安SIMキャリアの徹底比較

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

SIMフリーとは?

「そこからですか?」と思いの方も文章を読んで思う方もいらっしゃるかも知れませんが、SIMフリースマホとは?から今回は初めさせて頂きたいと思います。

SIMフリーとは2,015年に5月よりSIMロック解除が義務化されました。当時欧米と比べてSIMフリーに関して日本は大分遅れを取っていて、いらいらしていた方も多いのでは?

さてSIMフリーとは携帯キャリアに縛られず、大手3キャリアのdocomo,au,ソフトバンク(以後MNO)も含めいわゆる格安スマホ会社、MVNOへの乗り換えが可能になりました。(MNOとはMobile network operator)の頭文字を取って、直訳致しますと「移動体通信事業者」とうものです。

携帯電話の物理的な移動体回線網を自社で保有し、直接自社ブランドで通信サービスを提供する事業者のことです。

モバイルネットワークオペレータとも呼ばれております。MVNOとはMobile Virtual Network Operatorの頭文字をとってもので、直訳致しますと「仮想移動体通信事業者」というものです。ドコモやau、ソフトバンクなどのMNOから一部回線を借り、人件費などを削って格安の月額料金でスマートフォンのサービスを提供している会社の名称です。

携帯会社のみならず、端末も好きなスマホ端末を使用出来るのも大きな利点として注目されましたが、果たしてSIMフリーが義務化されてから2年以上経過したスマホ業界の現実は?今回は主にMVNOの今、について記述させて頂きます。

SIMフリースマホ最新おすすめランキング【2018夏モデル】

先ずはお馴染みのMNOのHP似て料金プラン、サービス等をご覧下さい。

一般的に言われるdocomoのメリット

docomo公式オンラインショップ

(1)docomo withなど値下げに積極的な事

(2)通信制限がなく速度も安定して速い事。

(3)テザリングオプションが不要な事。

(4)ポイント還元率が高い事。

(5)長期利用者向けの優遇施策が充実している事。

docomoオンラインショップ

知っている人は知っているかも知れませんが、ドコモのオンラインショップはドコモショップや家電量販店で端末を購入するよりも大きなメリットが多々御座います。

☆事務手数料「Xi」(クロッシィ)から「Xi」(クロッシィ)への契約事務手数料が無料!2018年9月1日より全てのオーダーで事務手数料が無料になりました。
ドコモショップ、家電量販店では3000円の事務手数料が発生致しますので、知っている人は知っているかも知れませんが、オンラインショップは大変お得です。

「FOMA」から「Xi」(クロッシィ)の場合は契約事務手数料が2000円です。こちらもドコモショップ、家電量販店で手続きをしますと3000円の契約事務手数料が発生致しますのでお得です。また随時知っている人は知っているかも知れませんが、オンラインショップ限定キャンペーンを行っておりますので、是非ご確認してみてください。商品の送料も2500円以上のお支払で無料です。

一般的に言われるau携帯のメリット

auオンラインショップ

(1)お洒落なスマホからガラケー型のスマホ、使いやすさが追求されたガラケーまで、個性的な機種が揃っている事。

(2)Wi-Fiの設定が物凄く簡単な事。

一般的に言われるau携帯のデメリット

(1)auは通話用の基地局を余り増やさずに、手持ちの電波をLTE用として重点的に配分しております。これは、通話の品質よりもデータ通信の品質(速度)のほうを頻繁に取り上げることを利用した企業戦略で、通話よりもデータ通信の品質を重要視しているからです。

auオンラインショップ

auショップや家電量販店で機種変更しますと頭金が発生致します。auオンラインショップにはこの頭金が発生しない特徴が御座います。auも2500円以上のお支払で送料は無料と成ります。端末の他2500種類以上のスマホのアクセサリーなどが購入出来るのも魅力です。

一般的に言われるソフトバンク携帯のメリット

ソフトバンクオンラインショップ

(1)長期継続特典が2017年12月より、改善された事

具体的には下記の表を参照願います。(※ソフトバンク公式サイトより抜粋)

  • 利用期間に応じて、利用料金※11,000円ごとにTポイント※2をプレゼントがある事。
     3年目~  5年目~  7年目~  11年目~  15年目~
     20ポイント  40ポイント  60ポイント  80ポイント  100ポイント
  • 利用期間に応じた割引率を利用料金※1にかけた金額で通信料金を割引
     3年目~  5年目~  7年目~  11年目~  15年目~
     1%  2%  3%  4%  5%

(2)契約更新時の特典

初回の契約更新期間の1カ月目に3,000円分、2回目以降の契約更新期間の1カ月目に1,000円分のTポイント※2をプレゼンされる事。

※2プレゼントされるポイントはソフトバンクが発行する、「Yahoo! ショッピング」などYahoo! JAPANのサービスで使える有効期限付きの期間固定Tポイントです。利用金額(税込み)に対して1ポイント1円分として使える事が出来ます。

こちらはdocomoのポイント還元率に対抗した企業戦略です。

ソフトバンクオンラインショップのメリット

ソフトバンクオンラインショップ

随時ソフトバンクオンラインショップ限定のキャンペーンを行っています。

送料無料(※オプション品5,000円未満(税別)の場合を除く。)

MNOまとめ

やはりMNOの一番の魅力は実店舗数も多く、トラブル発生の際直ぐにお店に相談しに行く事が出来る安心感がを持てる事、通話品質、通信速度が基本的にMVNOより良い事がMNOの最大の魅力です。

MVNO業界の今

今年に入りSIMフリー市場は国内で急速に拡大し、MVNOとの契約数は前年同期比約25.0%増の1586万件、全体の契約数に占める割合は約9.4%まで上昇しております。今の時点で約10人に一人がMVNOを利用している現実ですので、これからもMVNOの需要は伸びるという事は間違い無いと思います。

MVNOの大きなメリットは大きく分けると2つあります。自分の通話頻度、データ通信に見合ったプランがMNOのサービスより、より細かく選択出来る事です。

2つ目はMNOの様に2年契約の縛りが無いこと。若しくは短いこと。これはユーザーに取って非常に魅力的であると思います。

勿論メリットがあればデメリットも御座います。MVNOは実店舗数がまだまだMNOに比べると圧倒的に少ない事。これはスマホユーザーに取って不安の要素の1つである事は間違いありません。が、MVNOの実店舗も粛々と増え続けておりますので、将来的に見れば余り問題は無いかと思います。

もう1つはMVNOはMNOの設備を借りて通信サービスを提供しているので、通信が不安定に成る事が多々あるということです。しかしこちらはスマホを使う場所、時間帯によりますので気に成らない方は気にならないという現実ですが、立地上電波の受信状況がMNOでも悪い方にはMVNOでは満足頂けないとう現状です。

こちらの問題は設備投資や人件費に相当な費用がかかりますので、問題解決にはまだまだ時間がかかると思われます。

その他MNOのサービスが利用出来なく成ることが生じる事がある事。また月々のコストは安いですが、初期費用が多少かかる事はデメリットと言えます。

シェア別人気MVNOトップ5(2017)

第1位 楽天モバイル

楽天モバイル公式サイト

現在MVNOの企業で一番人気の会社は楽天モバイルMVNOの中でもシェアが約20%と段取つの1位です。格安スマホの端末と格安SIMの組み合わせで料金設定がMVNOの中でも一番安い事が1位に成っている理由の1つであり、その他低価格にも関わらず通信速度などの品質が良い。楽天ポイントも貯まる。「楽天」という企業名に安心感を持てるのも現実です。

MNOの店舗数と比較するとまだまだ少ないですが、楽天モバイルは実店舗もあるので、消費者も安心出来るというのが人気の要因の1つです。実店舗では格安スマホも格安SIMと一緒に販売されていて、楽天モバイルの販売員の方もおり、勿論気軽にすることも可能ですので、ユーザーに取って安心感があるのも人気の要因の1つです。

楽天モバイルが現在取り扱っている主要スマホ端末(※2017年12月現在)

I-Phone SE 16GB (アップル)

honor 9    ( フューウェイジャパン)

aroows M04(富士通)

ZTE BLADE (ZTEジャパン)

AQUOS SH-M04 (シャープ)

HUAWEI P10ライト(フューウェイジャパン)など

その他人気のアンドロイド端末「ギャラクシーシリーズ」や「I-Phoneシリーズ」なども中古端末などを自分で購入し、楽天モバイルのSIMカードのみを購入するで利用する事が出来ます。

第2位 mineo(マイネオ)

mineo公式サイト

docomo,auどちらの回線にも対応しているマルチキャリアです。docomo及びau端末を基本的にそのまま使用する事が出来ます。人気の要因の1つです。関西電力グループのMVNOという事 で「楽天」と同じくブランド力がある事も人気の要因の1つ。業界シェアは約10%超える程度です。
しかしI-phoneユーザーが多い昨今、数あるプランの中でI-phoneのデザリングに対応していないプランも御座いますので、現段階でマイネオ似てI-phoneを使いたい方はプランの内容をしっかりと確認後、ご購入される事をお勧め致します。近い将来この様な問題は無く成る可能性は高いそうです。

マイネオの人気のもう1つの理由にフリータンクというマイネオユーザー間で、データ通信量をフリータンクにIN,逆にデータ通信量が足りなくなった場合はフリータンクからアウトする事でデータ通信量をシェアする事が出来る画期的なサービス。こちらのサービスは非常に魅力的です。詳細はこちらを御覧ください。king.mineo.jp/freetank

mineoが現在取り扱っている主要端末(※2017年12月現在)

AQUOS sence lite SH-M05 (シャープ)

Zenfone4 Selfie Pro (ASUS(エイスース)日本)

DIGNO V (京セラ)

aroows M04 (富士通)

HUAWEI P10ライト(フューウェイジャパン)など

マイネオは先程も記述させて頂いた通り、docomo,auどちらの端末にも基本対応しておりまが、I-phoneのプランなど、プランにより一部などが動作しない端末も御座いますので、マイネオご利用前にHPまたは、マイネオ店舗、マイネオお問い合わせフリーダイヤル(固定電話、携帯電話から)0120-977-384に問い合わせしておく事をお勧め致します。

第3位 UQモバイル

UQモバイル

UQモバイルの人気は何と言ってもau回線に対応しており、格安SIMの中では常時通信速度が安定している事です。業界シェアは約10%まで伸びております。通信速度は殆どの方が重視する点ですので、これがUQモバイルの人気の要因の中でも一番です。単純に「フカキョン」がCMをしているから、という方もおられるかも知れませんが(笑)

さて、UQモバイルの特徴は余ったデータを翌月に繰り越す事が可能な点。高速通信と低速通信を切り替える機能、「ターボ機能」がある点です。SNSなどは低速通信で、動画の観覧には高速速度でと通信速度を切り替える事が出来るのが「ターボ機能」です。とても利用価値が高い機能です。

UQモバイルが現在取り扱っている主要端末(※2017年12月現在)

I-Phone6s(アップル)

I-Phone SE(アップル)

AQUOS sence(シャープ)

aroows M04 プレミアム(富士通)

Zenfone4 (ASUS(エイスース)日本)など

第4位 OCNモバイルONE

OCNモバイルONE公式サイト

MVNOはOCNモバイルONE。OCNモバイルONEはNTTコミュニケーションズが運営しているMVNOです。業界シェアは約10%弱。OCNモバイルONEの最大の魅力は全国約86,000箇所のワイファイスポットを無料で利用出来る事です。ワイファイを多く利用するユーザーはMVNOの中ではOCNモバイルONEで決まりと言っても過言ではありません。

OCNモバイルONEはデータ通信専用のSimカード、通話、通信共に可能なSimカード。スマホ端末とセット販売も行っております。
OCNモバイルONEが現在取り扱っている主要端末(※2017年12月現在)gooのスマホ、g07++(現在のメーカーは恐らく台湾のCovia,g1~g5はZTEの可能性大。OEMかODN生産で生産地は中国かも知れません。この辺はOEMやODNと成ると生産地は解りかねます。)

HUAWEI MATE 10 (フューウェイジャパン)

AQUOS sence lite SH-M05 (シャープ)

Zenfone4 Selfie Pro (ASUS(エイスース)日本)

MotoX4(モトローラ)

MotoG5 plus(モトローラ)など

第5位 IIJ(みおふぉん)

IIJ(みおふぉん)公式サイト

IIJ(みおふぉん)という主に法人向けのITサービスを提供している企業のMVNO。ですので法人顧客が多いのがIIJの特徴です。そして取扱端末が豊富なのが人気の要因の1つです。みおふぉんもdocomo、auから回線を借りているマルチキャリアでdocomo端末、au端末をそのまま使用可能です。

月額830円で10分かけ放題という通話オプションも人気の要因の1つです。因みに人気の楽天モバイル、同じマルチキャリアのマイネオの場合月額830円で5分かけ放題ですので、この違いは大きいと思います。

IIJ(みおふぉん)が現在取り扱っている主要端末(※2017年12月現在)

CATS60 (CAT)

aroows M04 (富士通)

MotoG5 plus(モトローラ)

VAIO Phone(VAIO)など

以上、MVNO人気ランキングでした。こう見ると端末がよりもMNOマイナーな物が多い現状です。その点はMVNOのメリット、デメリット双方の要因に当たります。

MVNO人気端末ランキング

1位 HUAWEI nova lite

約2万円の端末で、3D指紋センサー搭載。大容量バッテリー。通常使用で約2日間続くバッテリー寿命。14オクタコアCPUによる快適なスマホの処理速度の高性能スマホ。これはMVNO端末ランキングで人気第一位に成る事がご理解頂けるかと思います。デメリットとは防水携帯で無いことが上げられます。

スペック

CPUコア数:オクタコア

ROM:16GB

RAM:3GB

バッテリー:3000mAh

HUAWEInovalite
画像引用元:HUAWEI nova lite | 格安SIM/格安スマホのIIJmio

HUAWEI nova liteとSimカードとセット販売しているMVNO

楽天モバイル DMMモバイル OCNモバイルONE IIJ(みおふぉん) BIGLOBEモバイル

主なキャンペーン:
BIGLOBEモバイルなら1年目 月額換算すると 600円(税別)~

IIJ(みおふぉん)キャンペーン

2位 HUAWEI P9 lite

昨年に発売され、SIMフリースマホの大人気端末となったHUAWEI P8liteの後継モデルが、P9 lite。P8liteがコスパモンスターの異名をとったのは、約3万円という価格でありながらワンランク上のスペックを誇ったからですが、P9 liteでも同じくコスパモンスターと呼ばれております。

最新モデルだけにその性能や機能はHUAWEI P8liteを大きく上回っております。処理速度と省電力を両立させたオクタコアCPUで、この価格帯のスマホに搭載されるCPUとしては高パフォーマンスで、こちらも3D指紋センターを搭載しております。液晶画面も大きいのも魅力の1つです。

スペック

CPUコア数:オクタコア

ROM:16GB

RAM:2GB

バッテリー:3000mAh

HUAWEIP9lite
画像引用元:HUAWEI P9 lite | 携帯電話 | HUAWEI Japan

HUAWEI P9liteとSimカードとセット販売しているMVNO

楽天モバイル DMMモバイル OCNモバイルONE Y!mobile mineo(ドコモプランのみ) IIJ(みおふぉん)

BIGLOBEモバイル UQモバイル

主なキャンペーン:

BIGLOBEモバイルなら1年目 月額換算すると 600円(税別)~

2GBでなんと月々980円(税抜)~!【UQモバイル】

Y!mobile

IIJ(みおふぉん)キャンペーン

3位 Zenfone4

スマートフォンでは初めて、レーザーオートフォーカス(約0.03秒超高速フォーカス)技術搭載で動きのある被写体も、暗所での撮影で も、スピーディーに確実に被写体を撮影することが出来るので、インスタグラム利用者などに大変人気の端末です。光学式手振れ補正(OIS)と電子式手振れ補正(EIS)搭載により、写真も動画も撮影の素人でもブレなく撮影が可能です。

また、4K解像度で限りなくクリアな動画が撮影できます。強化されたSonicMaster 3.0に加え、高音質音源「ハイレ ゾ」をサポート。CDの約4倍の高音質を再現し、元の音源 により近い、本物のサウンドを手軽に体感できます。デュアルSIMデュアルスタンバイに対応し、SIMカードを切り替 えることなく、2つの番号から同時に通話やSMSの待ち受けが可能です。

ビジネスとプラ イベートの2つの電話番号をひとつの端末で使用することができます。指紋センサー搭載。これは人気の理由が一目瞭然だと思います。価格は4万円前後です。

スペック

CPUコア数:クアッドコア

ROM:32GB

RAM:3GB

バッテリー:2650mAh

zenfone4
画像引用元:ZenFone 4 (ZE554KL) | スマートフォン | ASUS 日本

Zenfone4とSimカードをセット販売しているMVNO。

楽天モバイル DMMモバイル OCNモバイルONE mineo  IIJ(みおふぉん) Biglobeモバイル UQモバイル

主なキャンペーン:
mineoなら月額1,310円(税抜)~

BIGLOBEモバイルなら1年目 月額換算すると 600円(税別)~

2GBでなんと月々980円(税抜)~!【UQモバイル】

IIJ(みおふぉん)キャンペーン

4位 Zenfone3 laser

こちらもレーザーオートフォーカス(約0.03秒超高速フォーカス)技術搭載、1300万画素の高性能な背面カメラに、F値2.0の大口径レンズを搭載で動きのある被写体も、暗所での撮影で も、スピーディーに確実に被写体を撮影することが出来るのでZenfone4と同じく写真撮影を重要視するユーザーに大人気の端末です。

3軸電子式手ぶれ補正(EIS)により、ブレのない動画を撮影できます。
1920×1080フルハイビジョンの5.5インチ大型ディスプレイは、2.58mmの超薄型ベゼル、77%のスクリーン/ボディ比により、大画面とボディのスリム化されたのも魅力的ですね。価格は3万円弱と成ります。

スペック

CPUコア数:オクタコア

ROM:32GB

RAM:4GB

バッテリー:3000mAh

zenfone3
画像引用元:ZenFone 3 Laser (ZC551KL) | スマートフォン | ASUS 日本

Zenfone3 laserとSimカードをセット販売しているMVNO。

DMMモバイル OCNモバイルONE mineo IIJ(みおふぉん) Biglobeモバイル UQモバイル

主なキャンペーン:
mineoなら月額1,310円(税抜)~

BIGLOBEモバイルなら1年目 月額換算すると 600円(税別)~

2GBでなんと月々980円(税抜)~!【UQモバイル】

IIJ(みおふぉん)キャンペーン

5位 arrowsM03

F値2.0の高性能レンズと高感度イメージセンサー搭載による被写体が素晴らしく綺麗に撮影出来ます。アウトカメラは、焦点距離22mm、画角約90度の超広角レンズを採用。風景や人数の多い写真をよりワイドに撮影できます。防水性能付き。MVNO端末では数少ない国産端末です。

電池3日持ちと呼ばれるほどM03では、電池持ちに影響の大きいディスプレイ電流について、電源回路の工夫などにより従来より大きく低減させております。その他急速充電機能、CPUの高いパフォーマンスも魅力的です。価格は28000円前後です。

スペック

CPUコア数:クアッドコア

ROM:16GB

RAM:2GB

バッテリー:2580mAh

arrowsM03
画像引用元:arrows M03 デザイン – スマートフォン – FMWORLD.NET(個人) : 富士通

aroows M03とSimカードをセット販売しているMVNO

楽天モバイル DMMモバイル OCNモバイルONE mineo IIJ(みおふぉん) Biglobeモバイル UQモバイル

主なキャンペーン:
mineoなら月額1,310円(税抜)~

BIGLOBEモバイルなら1年目 月額換算すると 600円(税別)~

2GBでなんと月々980円(税抜)~!【UQモバイル】

IIJ(みおふぉん)キャンペーン

まとめ

MNOとMVNOの現状は如何でしたか?私自身今回の取材でMVNO業界の進化のスピードに驚かせられました。

その内容は国内のMVNO数、料金プラン、端末の種類とそのスペックなどです。やはりMNOに慣れてしまっていてMVNOについての詳細は余り良く解らない、契約を変えるのが面倒だ、などの意見が比較的年配の方には多い現実です。逆に若いスマホユーザーのMVNOの使用率は高年齢層の方々より高い現実です。

これからはMVNOも今現在より一層料金プラン、端末の開発、広告の出稿、設備投資にも力を入れて行くのでMVNOユーザーは更に増えて行くでしょう。ですので現在MNOは今までより通話料金を安くしたり様々なサービスやキャンペーンに力を入れております。このMNOとMVNOとの企業間競争の今後の展開には注目です。

今回はユーザーシェアランキング5位までのMVNOをご紹介させて頂きましたが、その他TONE、エキサイトモバイル、LIMBO、イオンモバイル、Yモバイル、ラインモバイル、UmoBiLE、nuromobile、J-comモバイル、FREETEL、NifMo、 DTI SIM、b-mobile 、ぷららモバイル、 ワイヤレスゲート、YAMADA SIM 、BICモバイルONE、その他などを含めると、国内に約25もののMVNOが存在するので、我々一般ユーザーには中々解りやすく正確な情報が発信される機会が少ない現状です。

読者の方々もこれだけのMVNOの解説ではまだ料金プラン及び端末に不安があるという方々も多いかと思われますので、繰り返しと成る部分も御座いますが、MVNOの店舗に足を運び、より細かな事を店舗スタッフの方に直接質問する事をお勧めいたします。

また人気MVNOキャリアのHPは記載させて頂きましたので、ご自身でしっかりと電話等で質問したい事を質問してから、ご自身で選択したMVNOのサービスの内容を確実に把握されてからの契約をお勧めさせて頂きます。

さて今のMVNOの状況は日本にインターネットが普及し初めた頃のISP(インターネットサービスプロバイダー)の業者の状況と良く似ていると感じられます。業者の数とプラン。どの業者を選択すれば良いのか良く解らない事が共通点です。

その頃と比べるとISP業者の多くが淘汰されましたので、現実これだけの数のMVNOが長い間存続するのかという点の答えは明らかにNOだと思われます。

ですが、この中の一部のMVNOが今よりも力を伸ばし、MNOのシェアを今現在よりも獲得するのは時間の問題だと思います。我々ユーザーはしっかり料金プランや乗り換え料金などを調べ、自分に合うMVNOがあるならば、それを選択し少しでも通信料金を節約したいものです。

高齢の方や子供など、携帯を殆ど使用しないユーザーの方々には現時点でMVNOへの切り替えを最後にお勧めさせて頂きます。

ライター 小池ゆりお

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ