ドコモのSIMロック解除|手続きする場合の手順と条件と期間を解説

ドコモのSIMロック解除|手続きする場合の手順と条件と期間を解説

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

スマホの利用の幅が広がるSIMロックについて、ドコモでSIMロック解除をする場合にはどのような手続きが必要なのでしょうか。

本記事ではSIMロック解除手続きに必要なものや費用、手順、条件について詳しく解説します。

またSIMロック解除方法を3つ、ドコモでSIMのみを契約する方法、SIMロックするメリットとデメリットなども合わせて解説しています。

SIMロック解除を検討している人は、ぜひ参考にしてくださいね。

ドコモのSIMロック解除手続きまとめ
  • ドコモショップとインフォメーションセンターは3,000円かかる
  • オンライン手続きであれば無料
  • 2011年4月~2015年4月に発売された機種はドコモショップのみ手続き可能

トップ画像引用元:ドコモ公式サイト

スマホのSIMロックとは

スマホとSIMカード

そもそもSIMロックとSIMロック解除とはどんな内容なのかを説明します。

結論から言うと、SIMロックとは他社回線を使えるようにすることです。

そしてSIMロック解除とはSIMロックされているスマホを他社回線でも利用できるようにする手続きのことを指します。

SIMロックはスマホにかかっている制限のこと

SIMロックとはドコモ・au・ソフトバンクなどのキャリアがスマホを販売する際に、自社の通信回線のみしか使えないようにするロックのことを言います。

例えばドコモで購入したiPhoneはドコモ専用のSIMでしか利用ができません。

しかしそのロックを解除して通信会社関係なく使うことができる方法があり、これを「SIMロック解除」と呼びます。

SIMフリーの機種もある

販売されている機種の中にはSIMフリーと呼ばれる、元からどの通信会社でも使えるスマホがあります。例えば、ドコモなどのキャリアショップではなく、Apple storeではSIMフリー版のiPhoneが販売されています。

これらのSIMフリー版スマホではSIMロックを解除しなくてもどこの通信会社も利用できます。

SIMロックとは
  • SIMとはスマホや携帯が電話回線で通信するために必要なチップ
  • SIMロックはスマホが一部の回線のSIMしか使えない状態
  • 他社回線に乗り換える時にはSIMロック解除をしないとそのスマホは使えない
  • 元々SIMフリーの端末もある

店舗でのドコモのSIMロック解除方法

まずはドコモショップでドコモのSIMロック解除をする方法をチェックしていきましょう。

SIMロック解除は、本来SIMロック解除対象機種(2015年5月以降発売)でしか行えません。

しかしドコモショップ手続きに限り、2011年4月~2015年4月までに発売された機種も解除が可能です。

購入時期ではなく、発売時期なので注意しましょう。

またドコモショップに関しては、ドコモを解約済みのスマホに関してもSIMロック解除ができます。

では必要なものや費用など、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

ドコモショップでのSIMロック解除
  • 必要なもの:スマホ・本人確認書類
  • 費用:3,000円
  • 営業時間と待ち時間に注意

店舗での手続きで必要なもの

ドコモショップで手続きをする際は、以下のものが必要です。

  • SIMロック解除をしたいスマホ本体
  • 本人確認書類(運転免許証等)

店舗手続きは、必ず本人確認書類が必要なので、忘れずに持っていきましょう。

店舗での費用

ドコモショップでSIMロック解除を行った場合、費用は3,000円かかります。

SIMロック解除は無料で手続きできる方法もありますが、ドコモショップの場合はスタッフがわからないところも臨機応変に対応できる分、安心料と思うといいかもしれませんね。

手数料の3,000円は基本その場で現金払いです。念のためお金を用意していきましょう。

店舗で手続きする場合の注意事項

ドコモショプで手続きをする際は、必要なものを全てもって来店しましょう。

ただしドコモショップで手続きする場合、いくつかの点で注意が必要です。

営業時間に注意

ドコモショップはショップによって営業時間が決まっています。

また、定休日を設けているショップもあるので、事前に営業日と時間をチェックしてから来店しましょう。

待ち時間に注意

ドコモショップはどうしても待ち時間が発生します。

SIMロック解除手続きであればそこまで待つ可能性はないですが、それでも状況によっては1時間近く待つことも想定しておきましょう。

ショップによっては来店予約もできるため、あまり待ちたくないという人は、マイショップから来店予約が可能か確認しておきましょう。

電話でのドコモのSIMロック解除方法

ドコモインフォメーションセンターでもSIMロック解除手続きが可能です。

ドコモインフォメーションセンターならドコモショップのようにわざわざ来店する必要がないので、自宅にいながら電話スタッフに相談してSIMロック解除ができます。

ドコモショップに行くのは面倒だけど、相談しながらSIMロック解除をしたいという人におすすめです。

ただしドコモインフォメーションセンターは、ドコモ解約済みのスマホのSIMロック解除は受付できませんので注意が必要です。

電話でのSIMロック解除
  • 必要なもの:スマホ・契約中のドコモのネットワーク暗証番号
  • 費用:3,000円
  • 受付時間は9:00~20:00

電話での手続きで必要なもの

ドコモインフォメーションセンターで手続きをする際は、以下のものが手元に必要です。

  • SIMロック解除をしたいスマホ本体
  • 契約中のドコモのネットワーク暗証番号

ネットワーク暗証番号は、本人確認のために必要です。

電話での費用

ドコモショップ同様、ドコモインフォメーションセンターでSIMロック解除を行った場合も3,000円の費用がかかります。

ドコモインフォメーションセンター詳細

ドコモインフォメーションセンターの連絡先と営業時間は以下の通りです。

  • ドコモの携帯から局番なし…151
  • 一般電話から…0120-800-000
  • 受付時間は9:00~20:00(年中無休)

ドコモインフォメーションセンターは、時間帯によって非常に混んでおり、ガイダンスが流れたまま数分間待機しなければならないことも。

また一般的に休憩時間にあたる12時~13時や、夕方の17時以降は大変混みやすいです。

そのため午前中など、繋がりやすい時間を選んで電話をした方がスムーズに手続きができます。

オンラインでのドコモのSIMロック解除方法

特にスタッフに相談がない場合は、ドコモオンラインショップでのSIMロック解除がおすすめです。

さらに他のSIMロック解除方法では3,000円かかる手数料が、オンライン手続きでは費用が無料です。

また時間に捕らわれることなく、好きなタイミングで行うことができる点も素晴らしいと言えます。

手順を詳しく解説しますので、参考にしてくださいね。

オンラインでのドコモのSIMロック解除
  • 必要なもの:スマホ・dアカウント
  • 費用:無料
  • 製造番号の確認が必要

オンラインでの手続きで必要なものとdアカウント確認手順

オンラインで手続きをする場合、以下のものを事前に用意しておきましょう。

  • SIMロック解除をしたいスマホ本体
  • dアカウント

dアカウントは事前に取得している可能性が高いですが、分からない方は以下の方法で確認してください。

dアカウント確認手順

  1. dアカウントサイトを開く
  2. ID/パスワードの確認をタップ
  3. dアカウントメニューを表示をタップ
  4. IDが表示されるのでチェック
  5. パスワードを忘れた場合は、パスワードの確認をタップ
  6. ネットワーク暗証番号を入力して次へをタップ
  7. ID/パスワードが表示されるのでチェック

オンラインでの手続き手順

オンラインでSIMロック解除をする場合、My docomoというドコモのオンライン手続きサイトを利用します。

詳しい手順をチェックしておきましょう。

オンラインでの手続き手順

  1. My docomoを開く
  2. SIMロック解除をタップ
  3. SIMロック解除をしたいスマホの製造番号を入力する
  4. 手続き内容を確認をタップ
  5. 受付確認メールを、登録メールアドレスに送信するを選択
  6. SIMロック解除コードが発行されるので確認する
  7. SIMロック解除をするスマホにドコモ以外のSIMカードを挿入する
  8. SIMロック解除コードを入力して完了

手続き自体は非常に簡単です

製造番号の確認方法

すべてのスマホには製造番号という個体識別番号がふられており、SIMロック解除をオンラインで行う場合に必要となります。

製造番号の確認方法は2種類あります。

ダイヤル操作で確認

  1. 通話画面(ダイヤル)のキーパッドを表示させる
  2. 電話番号を入力するところに「*#06#」を入力

IMEIと表示された番号が製造番号です。

設定から確認

  1. 設定アプリを開く
  2. 端末情報をタップ

IMEI欄に載っている番号が製造番号です。

ドコモのSIMロック解除の条件

SIMロック解除を行う場合、いくつかの条件を満たしている必要があるため、詳しく解説しましょう。

なお必要な条件は以下の通りです。

SIMロック解除の条件
  • 日数制限
  • 開始時期/対応機種
  • 端末ロックがかかっていない
  • 受付台数制限

日数制限

SIMロック解除をしたいスマホの分割払い設定をしている場合、日数の制限があります。

  • 購入から100日以上経過していること
  • 前回のSIMロック解除受付から100日以上経過していること

ただしスマホ代金を一括払いにしている場合や、途中で分割残金を一括払いした場合は、その支払いがドコモで確認でき次第手続きが可能になります。

2020年2月19日よりクレカ支払いなら100日以上の制限なしに

また2020年の2月19日からは携帯電話料金の支払いをクレジットカードに設定しているユーザーには、この「購入から100日以上経過していること」の制限がなくなりました。

つまり、携帯電話料金をクレジットカード払いにしていれば、スマホを分割払いで購入しても即日SIMロック解除が可能ということです。

ドコモの携帯料金をクレジットカード払い、特にdカード/dカード GOLDで支払うともっとお得な特典がありますので、この機会にぜひチェックしましょう。

SIMロック解除の開始時期/対応機種

SIMロック解除の開始時期は2つの時期に分けられます。

  • 2011年4月~2015年4月に発売された機種
  • 2015年5月以降に発売された機種

なお2011年4月~2015年4月に発売された機種はドコモショップでのみ手続き可能で、費用3,000円が必ずかかります。

またSIMロック解除にはほとんどの機種が対応です。

ただし一部対象外機種もあるので、ドコモの公式サイトで事前にチェックをすることをおすすめします。

端末ロックについて

ドコモのスマホにはSIMロック解除を妨げる端末ロックがあります。

このロック機能がかかっているスマホではSIMロック解除はできません。

SIMロック解除を妨げる端末ロック
  • ネットワーク利用制限
  • おまかせロック
  • ケータイ補償ロック

ネットワーク利用制限

ネットワーク利用制限とは、ドコモショップでスマホを購入した際の分割金が滞っていたり、支払われていなかったりして、ドコモ側から利用制限がかけられている状態のことで、SIMロック解除できません。

ご自身でドコモショップで購入したスマホであればネットワーク制限の状況はすぐにわかりますが、友達から譲り受けたりオークションで購入したりしたスマホの場合、ネットワーク制限がかかっていることがあるので注意が必要です。

ネットワーク利用制限がかかっているかどうかは、ドコモのネットワーク利用制限携帯電話機確認サイトから簡単にチェックができます。

おまかせロック

おまかせロックとは、スマホを紛失したときなどにかけられるロックのことです。

例えばスマホ紛失時にドコモのセンターに連絡をするだけで、スマホを完全ロックできる機能で、ロックに失敗したとしても1年以内に通信可能になると自動ロックがかかるようになっています。

おまかせロックがかかった状態は、スマホに何らかのトラブルあってロックをされている状態なので、SIMロック解除をすることができません。

稀にオークションなどで購入して、届いたらおまかせロックがかかっていて解除もできずどうすることもできないというトラブルがあるので注意しましょう。

自身でおまかせロックをかけている状態であれば、契約者本人に限りドコモで解除が可能です。

ケータイ補償ロック

ケータイ補償とは、スマホにトラブルが発生したときの救済サービスで、トラブルが発生した旧端末とリフレッシュ品と交換できます。

ただし旧機種を返却しない場合、旧機種は自動で端末ロックがかかるようになっています。

この端末ロックがかかっている状態は、ケータイ補償で返却がなされていない違反スマホですのでSIMロック解除はできません。

おまかせロック同様、オークション購入などでありがちなトラブルなので注意しましょう。

受付台数制限

ドコモショップでSIMロック解除をする場合に限り、台数制限があります。

1回の受付で1人2台までと決まっているので、複数台持ち込む場合は注意が必要です。

ちなみに、1日の受付回数に関しては制限がありません

ドコモのSIMの種類

SIM and iPhone

ドコモでSIMロック解除を無事にできたからといって、必ずしもすべてのキャリアのSIMが入るというわけではありません。

SIMにはサイズがあり、機種によってSIMサイズが違うので、そのサイズにあったSIMを用意しないといけません。

ドコモのSIMの種類について知っておきましょう。

ドコモのSIMの種類
  • 種類:FOMAカード・microSIMカード・nanoSIMカード
  • サイズが合わない場合はサイズ変更またはアダプターを使う

ドコモのSIMは主に3種類

ドコモのSIMは3種類あります。

  • FOMAカード
  • microSIMカード
  • nanoSIMカード

上から下に行くにつれて、サイズが小さくなり最新の機種にも対応します。

FOMAカードは一番大きいサイズで、フィーチャーフォンや初期のころのスマホで使われていましたが、今はあまり見かけません。

また、iPhone5以降に発売されたiPhoneや、2014年以降発売のAndroidはnanoSIMになっています。

SIMロック解除をするスマホがどのSIMサイズなのか、また解除後に使いたいSIMは何サイズなのかをあらかじめ知っておかないといけません。

格安SIMの会社の中には、マルチSIMといってSIMサイズを3種類それぞれに変更できる全サイズに対応可能なSIMカードを発行していることもあります。

SIMサイズが合わない場合はどうする?

SIMサイズが違う場合、いくつかの手段があります。

まれに、SIMをハサミやカッターを使い自分でカットする人がいますが、故障の原因になります。

またSIMカードは基本的に解約時に返却が必要なレンタル品扱いですので、切ったりしないでください。

SIMカードのサイズが合わない場合、以下の2つの方法で対応します。

サイズが合わない場合の対処法
  • SIMのキャリアでサイズ変更をしてもらう
  • アダプターを使用する

【方法1】SIMのキャリアでサイズ変更をしてもらう

一番おすすめなのは、SIMを発行している携帯会社に行き、SIMサイズをSIMロック解除したスマホのサイズに変更してもらう方法です。

会社によって金額が違いますが、基本的に再発行代として3,000円かかります。

【方法2】アダプターを使用する

SIMが小さすぎる場合、市販のアダプターを使ってサイズを変更することができますが、ドコモなどキャリアが推奨している方法ではありませんのでトラブルは自己責任です。

パーツの扱いを間違えると、SIMがスマホの中に入り込んで取れなくなるなどのトラブルが発生します。

なおドコモ純正のアダプターは存在しないため、アダプターは市販のものを使わないとけません。

ドコモでSIMのみ契約する方法

ドコモ初期設定

画像引用元:今のスマホそのままで、おトクで快適なドコモの通信が使える! | 製品 | NTTドコモ

ドコモはSIMのみの契約も扱っており、これまで使っていたスマホに新しいドコモのSIMを差し替えれば、ドコモの電波が利用できるようになります。

新しいスマホをわざわざ購入することなく乗り換えができるので、今まで以上にお得にドコモを利用できますよ。

なお、SIMのみの契約は下記で手続きができます。

SIMのみの契約を受付
  • ドコモショップ(店舗)
  • ドコモオンラインショップ(Web)

ショップでの受付は、2020年3月26日にスタートしたばかりです。

待ち時間なし・事務手数料も0円で済むので、スマホの扱いにある程度慣れている方はドコモオンラインショップからの手続きがおすすめです。

SIMのみでできる契約と回線の種類

SIMのみの契約は、下記の契約方法に対応しています。

SIMのみでできる契約
  • 新規契約
  • 他社からの乗り換え(MNP)

SIMのみで利用できる回線は「Xi契約」のみで、4G回線が利用できる携帯電話だけ契約できます。

つまり2020年3月から始まった次世代通信規格「5G」は、SIMのみでは契約できないので注意してください。

ドコモショップでの手続き方法

まずはドコモショップでの手続きについて、詳しく見ていきましょう。

大まかな流れは下記のとおりです。

ドコモショップの手続きの流れ

  1. 使用中のスマホがドコモのSIMに対応しているか確認
  2. MNP予約番号を取得(乗り換えの場合のみ)
  3. 必要なものを持ってドコモショップで手続き
  4. スマホの初期設定

ドコモのSIMが使えるかチェック!

ドコモのSIMは、どんな端末でも使えるようなものではありません。

むしろ使える端末は限られており、以下の端末だけが使えます。

ドコモのSIMが使える端末と使えない端末
  • 使える端末:SIMフリー端末・ドコモの端末
  • 使えない端末:auやソフトバンクの端末

au・ソフトバンクの端末でドコモのSIMカードを利用したい場合はSIMロック解除が必要ですので、SIMカード購入前に解除しておきましょう。

なおSIMフリー端末はそもそもSIMロックがかかっていないため、そのままでドコモのSIMカードが使えます。

MNP予約番号を取得(乗り換えの場合のみ)

乗り換えでドコモのSIMカードのみを契約する場合は、乗り換え元でMNP予約番号を取得します。

なおMNP予約番号は、au・ソフトバンク共に電話・ショップ・オンラインで取得できます。

キャリアの電話は混雑すると思われがちですが、MNP予約番号を取得する場合は専用のダイヤルを利用するため、待ち時間は比較的短いです。

番号を発行したい旨を伝えるだけで手続きが進むので、最も手軽な方法と言えるでしょう。

なお、MNP予約番号の有効期間は発行から15日のため、取得後は早めにドコモでSIMカードの手続きを行ってください。

必要なものを持ってドコモショップで手続き

ドコモショップでの手続きで必要なものと料金プランは下記のとおりです。

手続きをスムーズに進めるため、料金プランはあらかじめ確認しておくことをおすすめします。

手続きに必要なもの

本人確認書類(運転免許証・個人番号カードなど)
クレジットカードまたは預金通帳・お届け印
MNP予約番号(乗り換えの場合のみ)

スマホで選べるドコモの料金プラン

ギガホ:60GBのデータを利用できる大容量プラン
ギガライト:毎月1~7GBまでの間で、使った分だけ料金を支払う従量制プラン

SIMカードのみの事務手数料について

ドコモのSIMカードを新たに発行することになるため、新規事務手数料3,000円がかかります。

なお、ドコモの回線契約がある場合は、カード発行手数料が適用されるため料金は2,000円です。

スマホの初期設定

ドコモでSIMカードのみ契約した場合、初期設定は自分で行う必要があります。

とはいえ設定は難しくなく、特にiPhoneなら通常の初期設定を行えばOKです。

Androidスマホの場合は初期設定のあと、以下解説する「APN設定」を行ってください。

Androidスマホの初期設定手順

  1. ドコモのSIMカードを挿入する
  2. ホーム画面から「設定」を選択
  3. 「ネットワークとインターネット」を選択
  4. 「モバイルネットワーク」を選択
  5. 「アクセスポイント名」を選択
  6. 右上の「+」アイコンを選択
  7. 「名前」には任意のものを、「APN」には「spmode.ne.jp」を入力
  8. 右上の「︙」アイコンを選択し、「保存」を選択
  9. APN画面に先程設定した名前のAPNが表示されるため、チェックを入れる

APN設定にたどり着くのが少々大変ですが、すべき作業はAPNの名前とアドレスを入力して、最後にチェックを入れるだけです。

これで、ネットに接続できるようになります。

ドコモショップでの手続きにおける注意事項

2020年4月29日現在、日本は緊急事態宣言の真っただ中にあります。

ドコモはこの状況を受け、ドコモショップの営業時間を午後4時までに短縮し、受付は原則として来店予約をした方のみ対応となります。

ドコモショップを利用する際は、営業時間の短縮や来店予約を忘れないようにしましょう。

ドコモオンラインショップでの手続き

ドコモ SIMのみ 契約

画像引用元:SIMのみ契約 | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

ドコモショップが規模を縮小して営業している今、自身の身を守るためにも、できるかぎりドコモオンラインショップで手続きするようにしましょう。

ドコモオンラインショップでの手続きの流れは、下記のとおりです。

ドコモオンラインショップでの手続きの流れ

  1. 使用中のスマホがドコモのSIMに対応しているか確認
  2. MNP予約番号を取得(乗り換えの場合のみ)
  3. 必要なものを用意してドコモオンラインショップにアクセス・手続き
  4. スマホの初期設定を行う

UIMカードの種類に注意!

ドコモオンラインショップでの手続きはドコモショップと変わらず、用意するものやスマホの初期設定手順もほぼ同じです。

ただし、ドコモのSIMカードであるUIMカードの選択には注意してください。

ドコモショップでは店員さんが行いますが、ドコモオンラインショップでは自分で選ぶことになります。

UIMカードの種類(サイズ)は下記の3つです。

UIMカードの種類(サイズ)
  • ドコモnano UIMカード:nanoSIMと同じサイズ
  • ドコモmini UIMカード:microSIMと同じサイズ
  • ドコモ UIMカード:標準SIMと同じサイズ

お使いのスマホに適合したUIMカードのサイズは、取扱説明書などに記載されています。

スマホ内に「取扱説明書(eトリセツ)」アプリが入っている方は、そちらを参考にしてください。

アプリが見つからない場合は、ドコモの取扱説明書ダウンロードサイトで検索すれば取扱説明書をみることができます。

事務手数料は0円!

ドコモオンラインショップでは事務手数料は0円です。

ドコモオンラインショップの場合、SIMカードの契約だけでなく、通常の新規契約や乗り換え、機種変更も同様です。

よりお得に手続きするためにも、ドコモオンラインショップの使い方はぜひマスターしたいですね。

緊急事態宣言発令下での注意事項

2020年4月29日現在、日本には緊急事態宣言が出ています。

ドコモではこの状況を受け、ドコモショップでの商品受け取りサービスを停止しているため、ドコモオンラインショップで手続きした商品は、自宅受け取りのみになります。

普段ショップ受け取りを利用している方は注意してください。

SIMロック解除件数の推移

SIMロック解除が始まったのが2015年ですが、これまで件数はどのように推移してきたのか表にまとめました。

年度件数
2015年第4四半期31,608
2016年第4四半期117,455
2017年第4四半期591,593
2018年第4四半期943,505
2019年第2四半期875,925

2016年から徐々に件数が増え、2019年までで1四半期あたり平均で23%も増えています。

特に格安SIMもメジャーになってきた2017年度あたりから急激に利用者数が増えています。

最近はSIMロック解除が身近なものになってきたので、格安SIMがスマホを使う選択肢の一つとして認識されてきたということがわかりますね。

auとソフトバンクのSIMロック解除と比較

ドコモ以外の、auやソフトバンクのSIMロック解除はどのように行うのでしょうか?3キャリアを比較して見ました。

項目ドコモauソフトバンク
手数料3,000円
※オンラインは無料
3,000円
※オンラインは無料
3,000円
※オンラインは無料
中古端末の受付可否
※店舗のみ

※店舗のみ
受付方法店舗
電話
オンライン
店舗
オンライン
店舗
オンライン

比較してみると、ドコモは受付方法が豊富です。

特にドコモだけが対応しているのはSIM解除手続きは次の2つです。

  • 電話での手続き
  • 中古端末のオンライン手続き

auとソフトバンクは中古端末は店舗のみで扱っているため、SIMロック解除をしたい場合3,000円が発生します。

中古端末に関するオンライン手続きができるのもドコモのみです。

ドコモであれば、購入端末、中古端末のどちらもオンラインで手続きできるので、無料でSIMロック解除できます。

SIMロック解除するメリット・デメリット

SIMロック解除のメリットとデメリットを簡単にチェックしておきましょう。

まずは自分にとってメリットがあるかどうか、確認してみてくださいね!

SIMロック解除のメリット

SIMロック解除のメリットは以下の通りで、携帯会社を乗り換えるときにメリットが大きいです。

SIMロック解除のメリット
  • 携帯会社の乗り換えが簡単にできる
  • 海外で利用できるようになる

携帯会社の乗り換えができる

SIMロック解除をすれば、解除したスマホを持って、格安SIMに簡単に乗り換えができるようになります。

これまでは、乗り換える場合は端末を購入しないといけませんでしたが、SIMロック解除があれば端末は自分で用意することができるんです。

海外で利用できるようになる

ドコモのスマホを持って海外に行く場合、通常であればドコモの海外通信サービスを利用することになります。

しかし、SIMロック解除をしたスマホを持っていけば、現地の対応可能なSIMカードを入れて使うことができます。

ドコモの海外サービスより格安になる可能性があるので、海外によく行く人にとって非常に大きなメリットでしょう。

長期で海外に滞在する時など、便利に使えます。

SIMロック解除のデメリット

今度は逆にSIMロック解除のデメリットを見ていきましょう。

SIMロック解除のデメリット
  • 通信方式と周波数によっては使えない
  • 場合によって手数料がかかる

SIMロック解除のデメリット詳細

それぞれの携帯会社で、通信方式が決まっています。

例えばドコモとソフトバンクはW-CDMAという通信方式を、auではCDMA2000という通信方式を使っており、これらには互換性がありません。

一見問題なく利用できても、一部の地域では利用できない可能性があるので注意が必要です。

また周波数に関しても同様で、それぞれのキャリアによって周波数帯が異なります。

使いたいスマホとSIMの周波数帯が同じでないと、通話や通信ができないことがあるので、同様に注意しておきましょう。

それぞれ、キャリアの公式サイトにて通信方式と周波数帯の確認ができます。

また店頭でSIMロック解除をする場合は、手数料が3,000円発生します。これもデメリットのひとつと言えるでしょう。

SIMロック解除をして便利な携帯ライフを送ろう!

ドコモではオンラインで簡単にSIMロック解除できて、オンラインであれば無料でおこなえるので、デメリットはほとんどありません。

ドコモのSIMロック解除手続きまとめ
  • ドコモショップとインフォメーションセンターは3,000円かかる
  • オンライン手続きであれば無料
  • 2011年4月~2015年4月に発売された機種はドコモショップのみ手続き可能

SIMや通信方式の互換性の問題など、多少の気を付ける点はありますが、事前に下調べをしておけばスムーズに手続きできます。

「SIMロック解除をしてみたいけど難しそう…」と思っていた人は、ぜひこれを機にSIMロック解除をして、利用の幅を広げてくださいね!

iPhoneのSIMカードを入れ替える方法|XRを使って動画でも解説

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ