1GB以下のプランがある格安SIMを比較|最安プランでできることの目安

  • 2021年6月16日
  • by.affiprecious

iPhone11-グリップ

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで月額を半分以下に抑えませんか?

月々の通信料が大手キャリアよりもずっと安くなると人気の格安SIM。

中には1GB以下の低容量プランを提供しているMVNOもあります。

スマホではメールやSNSが中心で、あまりデータ量を消費しないという方もいるでしょう。

そういう方の場合、非常にリーズナブルな価格でスマホを利用できるようになるメリットがあります。

しかし、1GB以下のプランでどの程度のデータ通信ができるのかが分からない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、1GB以下のプランがあるおすすめ格安SIMの比較と、最安プランではどんなことができるのかについて詳しく解説します。

人気記事

格安SIMを知り尽くしたbitWave編集部が、格安SIM各社を比較しておすすめランキングを作成しました。 通信速度・料金・人気度などを総合的に評価して、本当におすすめできる格安SIM9社を発表します。 よくある格安SIMの悩み[…]

2021年格安SIMおすすめランキングの画像

トップ画像引用元:【公式】格安SIM・スマホのBIGLOBEモバイル

1GB以下の料金プランを選ぶ理由

iPhoneSEをワイモバイルのSIMで運用
1GB以下の料金プランを選ぶ理由には、どのようなものがあるのでしょうか。

1つ1つチェックしていきましょう。

大手キャリアよりも月額料金が安い

ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアと比べて、格安SIMの1GB以下の料金プランは低価格です。

そのため、大手キャリアから格安SIMに乗りかえれば、同じ通信量が利用できるのにスマホの通信費を大幅に安くできます。

例えば、ドコモの料金プランとBIGLOBEモバイルの料金プランを比較してみましょう。

項目ドコモ
(ギガライト)
BIGLOBEモバイル
データ量1GB1GB
月額料金3,278円1,078円

ドコモでは1GB以下の通信料は月額3,278円ですが、BIG LOBEモバイルなら同じ1GBが1,078円で利用できます。

月に2,200円も安く利用できるため、年間なら20,856円もお得ですよ。

大容量プランは大手キャリアの方が安い

続いて、格安SIMで大容量プランを契約した場合と、大手キャリアの大容量プランを比較してみます。

通信量が大きい料金プランは、大手キャリアと同等か、割引サービスの違いによって結果的に割高になってしまうケースもあります。

ドコモの料金プランとBIG LOBEモバイルの料金プランで比べてみました。

項目ドコモ
(ギガホ プレミア)
BIGLOBEモバイル
データ量60GB30GB
月額料金7,205円8,195円

ドコモのギガホ プレミアは、データ容量が60GBまで利用できて月額7,205円です。

割引サービスが適用されると2,387円が割引になるため、月々4,818円で利用できます。

一方、BIG LOBEモバイルのプランにも、30GBまで利用できるプランはありますが、月額料金は8,195円。

ドコモよりも高いですし、割引サービスでも770円しか割引ができないため、ドコモと比べて2,607円も高いです。

格安SIMは安いと言われていますが、安いのは1GB未満の低容量プランだけで、大容量プランは大手キャリアの方がお得になっています。

したがって、格安SIMを利用するなら、1GB以下のプランを選ぶのがおすすめということになります。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで月額を半分以下に抑えませんか?

1GB以下のプランがある格安SIMを比較

Xperia 10 ll指紋認証
多くの格安SIM会社で1GB以下の低容量プランがあり、非常にリーズナブルな価格で利用できます。

どこの格安SIMの料金プランがお得なのか、1GB以下のプランがあるおすすめの格安SIM5社の料金プランや特徴などを比較していきましょう。

比較する格安SIM5社の詳細は以下の通りです。

格安SIMデータ量月額料金
(データSIM)
月額料金
(音声SIM)
BIGLOBEモバイル1GB-1,078円
mineo1GB880円1,298円
OCN モバイル ONE1GB-770円
イオンモバイル500MB-1,023円
楽天モバイル
(番外編)
1GB-無料

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルのロゴ

画像引用元:ビッグローブ株式会社

BIGLOBEモバイルではデータ通信のみの契約はできませんが、音声通話とセットなら1GB月額1,078円から利用できます。

余った通信量は翌月に繰り越しが可能です。

繰り越せる容量の最大値は、利用しているプランのデータ通信量の上限までです。

そのため1GBプランなら毎月1GBまで繰り越しできます。

ほとんど使わなかった場合、翌月はおよそ2GBまで利用できます。

月によって使うときと使わないときに開きがある方にも使いやすいプランになっていますよ。

家族でBIGLOBEモバイルを利用するなら、2回線目以降の月額料金は220円割引になるのもポイント。

離れて暮らす家族も対象になります。

また光回線をBIGLOBEで契約している方には、光SIMセット割が適用されます。

月額最大550円の割引が適用されてお得です。

mineo

mineo

画像引用元:サイトのご利用にあたって|格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】

mineoの料金プランは、1GBから利用できます。

以前はドコモ・au・ソフトバンクの回線によって月額料金に違いがありましたが、2021年2月からは同一料金に変更されました。

mineoの1GBプランの月額料金は1,298円です。

料金プランは、毎月25日までなら無料で翌月分から変更ができます。

翌月たくさん使う予定があるときも、自分にピッタリなプランで利用できますよ。

また、余った通信量を家族や友だちに分ける「パケットギフト」や、分け合いができる「パケットシェア」もあります。

全く知らないmineoユーザー同士で分けある「フリータンク」や「チップ」というサービスもあります。

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE

画像引用元:新料金|OCN モバイル ONE | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま

OCN モバイル ONEは、1GBコースから利用できます。

OCN モバイル ONEの1GBコース月額料金は770円と非常に安め。

OCN光サービスを利用している方は月額料金から220円が割引になるため、1GBコースが月額550円と大変お得になります。

OCN モバイル ONEの特徴は、音楽アプリの通信消費が0になるMUSICカウントフリーです。

申し込みすれば、追加料金なし・設定不要で対象サービスの通信量のカウントがゼロになります。

MUSICカウントフリーの対象サービス
  • amazon music
  • ANiUTa
  • AWA
  • dヒッツ
  • Google Play Music
  • LINE MUSIC
  • Rec Music
  • Spotify
  • ひかりTVミュージック

MUSICカウントフリーを利用すれば、データ量を気にせずいつでもどこでも音楽が楽しめます。

業界最安値レベルの新プラン開始!

イオンモバイル

イオンモバイル

画像引用元:業界最安級 イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】

イオンモバイルは、500MBプラン(データ通信+音声通話))が、月額1,023円で利用できます。

データ通信は高速通信のオンとオフが可能。

ウェブページの閲覧やアプリを使用するときのみ高速通信が行えば、通信量を節約できますよ。

また、通話料についても、イオンモバイルの無料アプリ「イオンでんわ」を利用すれば、通話料が半額になるのでお得です。

イオンモバイルは、200店舗以上の全国のイオンで申し込み・プラン変更・故障修理受付の対応をしてもらえます。

スマホのことがよくわからない人も対面でサポートしてもらえて安心です。

(番外編)楽天モバイル

楽天モバイル 3ヶ月無料キャンペーン

画像引用元:Rakuten UN-LIMIT VI(料金プラン) | 楽天モバイル

かつては格安SIMの1つでしたが、今やキャリアの仲間入りを果たした楽天モバイル。

格安SIMではないため、本記事のコンセプトとは少し違うのですが、1GB以下であれば非常にお得ですので番外編としてご紹介します。

楽天モバイルの料金プランはRakuten UN-LIMIT Ⅵのみです。月額料金は以下のとおりになります。

Rakuten UN-LIMIT Ⅵの料金
  • ~1GB:0円
  • 1~3GB:1,078円
  • 3~20GB:2,178円
  • 20GB~無制限:3,278円

上記のとおり、1GB未満であれば月額料金は0円になります。

Rakuten UN-LIMIT Ⅵは使った分だけ料金が増えていく従量課金制プランです。使いすぎには注意が必要ですが、それにしても無料というのは非常に魅力的ですよね。

格安SIMは通信速度が遅くなる傾向がありますが、キャリアである楽天モバイルならその心配も不要。

さらに、通話料の心配も要りません。専用アプリの「Rakuten Link」を使うだけで、国内通話が24時間無料になります。

1GBでできることの目安

LG style3グリップ
以上のように、多くの格安SIMで1GB以下のプランを提供しています。

しかし「1GBのデータ通信量で何ができるのかが分からない」という人も多いのではないでしょうか。

ここからは、1GBの通信量でできることは何か、どのくらい使えるかの目安を解説します。

1GBでどのくらいまで使えるのか目安を知っておいた方が、料金プランを選ぶときにも役立ちます。

自分がどのコンテンツでデータ量を消費しているのか、確認してみてくださいね。

GBはデータ量の単位

そもそも、GB(ギガバイト)とは何を指しているのでしょうか?

GBとはデータの容量を指す単位であり、B(バイト)やMB(メガバイト)なども同じくデータ量の単位です。

スマホで表示されている文字や画像などはすべてデータであり、その大きさを表しているのがB(バイト)と言われる単位です。

データ量の単位
  • 1B=半角文字1文字
  • 1KB=1,024B
  • 1MB=1,024KB(約100万バイト)
  • 1GB=1,024MB(約10億バイト)

半角のアルファベット1文字で1B(バイト)の大きさであり、それを10億倍したのが1GBです。

1GBの目安

それでは、実際に1GBでどんなことができるのか見ていきましょう。

1GBでできることの目安は以下の通りです。

1GBの通信量の目安
  • メールの送受信
    約66,000通(1通300文字程度)
  • ニュースサイトなどのウェブページの閲覧
    約6,600ページ
  • LINEの通話時間
    約40時間(音声通話)/約3時間(ビデオ通話)
  • Twitter
    約1,000回(画像含むつぶやき)
  • 音楽再生
    約20時間
  • YouTube再生
    約2時間(480p)

メールの送受信やウェブページの閲覧など、テキストがメインの場合は、そこまで多くの通信量は消費されません。

  • スマホは連絡手段用
  • SNSばかり使用する
  • 動画や音楽はWi-Fi接続時しか視聴しない

という方は、1GBもあれば1ヶ月間余裕で過ごせますよ。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで月額を半分以下に抑えませんか?

1GB以下のプランでも意外とできることは多い!

1GB以下のプランがある格安SIMの比較や、1GBでどんなことができるのか解説してきました。

どの格安SIMのプランも月額料金が安く、大手キャリアよりも通信費が安く抑えられます。

また、データ通信量がゼロになるオプションを利用できるものや、余った通信量をみんなでシェアできるものなど、それぞれの格安SIMに特徴がありました。

自分の使い方に合った格安SIMを利用すれば、さらにお得に利用できますよ。

通信量が1GBしかないとほとんど使えないと思ってしまう方は多いかもしれません。

しかしメールやSNS、ウェブページの閲覧などなら1ヶ月たっぷり使っても1GBには到達しません。

ただ、動画視聴やゲームプレイなど、通信量が多くかかってしまうコンテンツを利用したい時もあるでしょう。

そんな時は、Wi-Fi接続時に利用するようにすれば、意外と1GB程度で間に合う可能性があります。

格安SIMに乗り換えを検討している方は、一度どんなことに通信量が消費されているのか確認してみてくださいね。

【2021年最新】格安SIMおすすめランキング|人気9社の速度・料金を徹底比較!

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで月額を半分以下に抑えませんか?

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。
ArrayArray