3GB/月の高速データ通信プランのあるおすすめ格安SIM比較【2019】

3GB/月の高速データ通信プランのあるおすすめ格安SIM比較【2019】

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

3GBプランは格安SIMの最も標準的なプランです。

ある調査ではどの格安SIMの販売代理店でも、3GBのプランが一番契約数が多いと報告されているのも頷けます。

自分がどのくらいの通信量が必要か分からないスマホ初心者の方には、とりあえず3GBプランを選択するのも一つの手です。

今回は、月に3GBの高速データ通信プランが利用可能なおすすめの格安SIMを紹介し、さらにそれぞれを比較していきます。

3GBの高速データ通信プランのある格安SIMを比較

それぞれの格安SIMのデータプランを見てみても3GBが基本的なプランとなっています。

しかしいざ決めるとなると、どの格安SIMを選べば良いのかハッキリ言って分からなくなってしまうユーザも少なくありません。

これから、おすすめの格安SIMを紹介していきますので、それぞれの特徴を比較し検討する事をおすすめします。

LINEモバイル

LINEモバイル

画像引用元:LINEモバイル公式

LINEモバイルでは、データ容量が3GBの「コミュニケーションプラン」「MUSIC+プラン」が特におすすめの料金プランとなっています。

内容コミュニケーション
フリープラン+
音声通話プラン
コミュニケー
ションプラン
(データSIM)
月額料金 1,690円1,110円
通信速度 不明
通信容量上限 3GB
通信回線 ドコモ

またLINEモバイルの場合にはカウントフリーと呼ばれるサービスが提供されています。

コミュニケーションプランの場合では、下記アプリを利用した場合のデータ通信料の全てがノーカウントとなります。

LINEモバイルのカウントフリーアプリ
  • LINE
  • ツイッター
  • フェイスブック
  • インスタグラム

また、MUSIC+プランの場合には、以上のSNSに加えて、LINE MUSICのデータ通信料もカウントされません。

LINEを日頃から利用しているユーザーであれば、簡単に年齢認証も行う事が可能となっています。

さらに、データ使用量を大きく節約する事が可能です。

LINEモバイルは通信速度も格安SIMの中では速い方と言われていますので、使い勝手で選ぶユーザーにもおすすめ出来る格安SIMです。

UQモバイル

UQモバイルについての画像

画像引用元:UQモバイル公式

格安SIMの中でも最も通信速度に関して優秀とされているのがau回線を利用するUQモバイルといわれています。

項目3GB+音声通話プラン
月額料金 1,980円
通信速度 最大150Mbps
通信容量上限 3GB
通信回線 au

通信速度に関しても流石au回線という感じで、非の打ち所もなく時間帯による通信速度の低下も少なく安定しています

毎月のデータ使用量が3GB以下のユーザーにはまず、UQモバイルを選択肢の上位に置いて検討する事をおすすめします。

唯一デメリットを挙げるとすれば、データプランの種類が少ないという事があります。

しかし裏を返せばシンプルで分かりやすいプラン構成ともいえます。

現在auを利用しているユーザーの場合には現在使っている端末を再利用して使う事も可能となるので、一度検討する事をおすすめします。

UQモバイルへ機種変更|気になる料金プランとお得な乗り換え(MNP)方法

DTI SIM

DTI SIM

画像引用元:DTI公式

数あるMVNOのうち、比較的料金も安く提供しているのがこのDTI SIMアクセストレードとなります。

項目3GB+音声通話プラン 3GBプラン
(データSIM)
月額料金 1,490円 840円
通信速度 最大225Mbps
通信容量上限 3GB
通信回線 docomo

以前と比べると通信速度が著しく低下するような事もなくなり使いやすくなったといえる格安SIMです。

また、データ容量を持ち越せるサービスも備わるなど、その利便性も高くなって来ています。

また「おとくコール10」も注目のオプションとなっています。

これは、1回あたり10分以下であれば、通話し放題となる今人気のタイプのオプションです。

オプション料金は毎月840円で、しかも10分を越えた分の通話料も30秒10円と通常料金の半分の料金で利用出来ます。

mineo

mineoの画像

画像引用元:mineo(マイネオ)公式

mineomineoでは、データ通信だけを行うユーザー向けの「シングルプラン」と、通話可能な「デュアルプラン」が用意されています。

項目デュアルタイプ
(音声通話SIM)
シングルタイプ
(データ専用SIM)
月額料金 1,510円 900円
通信速度 最大225Mbps
通信容量上限 3GB
通信回線 docomo、au

ドコモプランに関しては、他の格安SIMと比べても特に優れた点は見当たりません。

しかしながらauプランの場合では、シングル・デュアルいずれの場合にもUQモバイルよりも料金が安く設定されています

また、デュアルプランの特徴として、ドコモプランよりも安くなっている点にも注目です。

mineoのお得な使い方
  • auの音声通話プランを選ぶ
  • 家族みんなで入る

mineoではauプランで音声通話を利用する場合には、非常にお得に利用が出来る事が最大のメリットともなっています。

mineoでは押さえておきたい事がもう一つあります。

一人で複数の回線を利用する場合・家族で利用する場合には料金の値引きされるという点です。

その内容は一つの回線に対して50円の値引きが受けられるといった内容となっていて、最大5回線まで適用されます。

しかも、ドコモプラン・auプランのどちらのプランであっても適用可能です。

このサービスにより値引きを受ける事で、現在安いと言われているどの格安SIMよりも安い料金で利用する事も可能となります。

毎月の料金をとても安く利用でき、さらにデータ容量を翌月に持ち越すことも出来ます。

mineoは、他の格安SIMと比べてもサービス面でも引けを取りません。

U-mobile

U-mobile

画像引用元:U-mobile公式

U-mobileは株式会社U-NEXTが運営している格安SIMとなります。

項目通話プラス
(音声通話SIM)
ダブルフィックス
(データ専用SIM/段階性)
月額料金 1580円 680~900円
通信速度 最大225Mbps
通信容量
上限
3GB
(ダブルフィックスの場合は1GB~3GB)
通信回線 docomo

通話プラスプランとネット使い放題プランの他、音楽を思う存分聴ける「スマホでUSEN」が利用可能な「USEN MUSIC SIM」も人気です。

さらに、1GB〜3GBの間でデータ使用量により料金が二段階で変動する「ダブルフィックス」という仕組みも大きな特徴です。

また、平成28年7月から開始された、IIJの回線を利用する「U-mobilePREMIUM」で通信品質の向上も実現しています。

LTEを思う存分利用する事が可能ですので、データ通信を頻繁に行うユーザーに向いている格安SIMといえます。

NifMo

NifMo

画像引用元:NifMo(ニフモ) by NIFTY | ドコモのSIMで格安スマホ

NifMoはISPの大手@ニフティで知られるニフティ株式会社が運営する格安SIMとなっています。

項目3GB+音声通話プラン 3GBプラン
(データ専用SIM)
月額料金 1,600円 900円
通信速度 最大262.5Mbps
通信容量
上限
3GB
通信回線 docomo

初月の利用料金が無料になるサービスが提供されているのも特徴です。

中でも一番の特徴的なのは、ショッピングアプリをダウンロードする事で毎月の料金を値引きする「NifMoバリュープログラム」です。

また、家族同士でデータ通信容量を分け合う事も可能となっています。

それに伴い、料金を合算して請求可能な「NifMoファミリープログラム」も新設されました。

【2020年4月】格安SIMおすすめ人気ランキング|料金プランと通信速度で比較

トーンモバイル

トーンモバイル

画像引用元:トーンモバイル公式

トーンモバイルは音声電話プランの設定は無く、データ専用SIMのみの設定のみとなっています。(IP電話は利用可能)

項目3GBプラン(データ専用SIM)
月額料金 1000円
通信速度 最大600Kbps
通信容量上限 3GB
通信回線 docomo

トーンモバイルでは格安スマホを購入した場合に貰うことが出来るガイドブックが丁寧過ぎると評判を呼んでいます。

また、トーンモバイルはスマホの機能が充実しているのも特徴です。

  • 現在の居場所が分かる
  • インストール可能なアプリを制限する
  • スマホの利用時間を制限する
  • 特定のサイトのアクセス制限をする
  • 歩行中のスマホの使用を不能にする

これら全てをトーンモバイルでは手軽に利用することが可能となっています。

子供達専用のスマホとして持たせる分には十分ですが、通信速度に少々難があります。

また、他の格安スマホと比べてもスペック的にも物足りなさが目立つため、ヘビーで使うユーザー向きではないかもしれません。

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEについての画像

画像引用元:OCNモバイルONE公式

格安SIMの会社の中でとりわけ大きなシェアを誇っているのがOCNモバイルONEアクセストレードとなります。

項目3GB+音声通話プラン 3GBプラン
(データ専用SIM)
月額料金 1,480円 880円
通信速度 最大262.5Mbps
通信容量
上限
3GB
通信回線 docomo

NTTコミュニケーションズが取り扱う格安SIMということで、通信に関するその信頼性も非常に高く評価されています。

データ容量3GBの料金プランを他の格安SIMと比べてみても、決して見劣りしている事もありません。

また、高速回線・低速回線の切り替えから、料金の支払いに口座振替が選択可能など、ユーザーに優しいサービスの多い格安SIMです。

OCN モバイル ONEの新コース発売記念キャンペーンを徹底攻略|月額が980円!

DMMモバイル【新規受付終了】

DMMモバイル

画像引用元:DMMモバイル

DMMモバイル現在新規受付を終了していますが、既に利用している方もいると思うのでご紹介します。

 3GB+音声通話プラン 3GBプラン
(データSIM)
月額料金 1500円 850円
通信速度 最大150Mbps
通信容量
上限
3GB
通信回線 docomo

データ専用SIMは毎月850円から、音声通話SIMでは毎月1,550円という破格の料金で利用が可能です。

DMMモバイルは、紹介する格安SIMの中でもトップクラスの安さを誇っているのが最大の強みでもあります。

安いからと言って、機能面で他社に劣るといったような事は全くありません。

高速回線・低速回線の切り替えや、バースト転送機能・高速回線のデータ容量の持ち越しなどのサービスも用意されています。

格安SIMの3GBプランについて

ここで格安SIMの3GBプランについて詳しく解説していきます。

こちらの解説で自分が3GBのプランを利用するにあたり、最適かどうかの判断材料にする事をおすすめします。

3GBプランはどの程度通信が可能か

毎月、3GBでどの程度の通信が行えるのかというのもまず気になる所です。

下記にそれぞれの作業内容と、その作業でどのくらい利用が可能なのかを表にまとめました。

内容回数・時間
Yahoo!Japanのページを表示約13,014回
300文字程度のテキスト情報だけの
メールを送受信
約614,400回
5分程度のYouTubeの閲覧285回
スカイプの音声通話約92時間

※表の使用例は全てスマホでの利用を前提としています。

こちらの表を見ると、3GBであってもメールやウェブの閲覧くらいなら十分1ヶ月過ごせそうですね。

3GBプランに最適なユーザー

冒頭でも紹介した通り、格安SIMのデータプランで一番ユーザーが多いのが3GBのプランとなっています。

これには、スマートフォンを利用している80%を超えるユーザーの月のデータ使用容量が2GB以内であるという事も関係しています。

その他の理由としては、データ容量が3GBを超えるプランの月額料金が1,000円を超えてくるといった事も一因でしょう。

そのため、動画などを含め毎月のデータ通信量が極端に多くないライトユーザーには最適であるといえます。

またどのプランにしようか迷っているような場合、ひとまず3GBを選択するといったような利用も可能です。

3CBプランがおすすめな人
  • 動画の視聴やSNSをスマホでやらない
  • 格安SIMがどんなものか試しに契約してみたい人

格安SIMの中でも3GBは人気のプラン

データ容量3GB/月の格安SIMのプランは、ユーザーにもとても評判も良く、容量別で見た場合でも最もプランの種類も多くなっています。

ユーザーにとっては比較するのも大変な作業となりますが、しっかりと選ぶ事が出来れば、後悔することなく快適に過ごせるでしょう。

今回紹介した格安SIM
  • LINEモバイル
  • UQモバイル
  • DTI SIM
  • mineo
  • U-mobile
  • NifMo
  • TONEモバイル
  • OCNモバイルONE
  • DMMモバイル

全体的な料金としてはデータ専用プランが、1,000円前後、音声通話対応のプランであれば、1,400円~1,800円程度といった具合です。

格安SIMを初めて契約するユーザーの、様子見にもおすすめのプランといえます。

データ容量に不安がある方は、無料Wi-Fiスポットのオプションが付いている格安SIMを選択するというのもおすすめです。

格安SIMのメリット・デメリット|契約前に知るべき注意点をわかりやすく解説

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ