格安SIMは使い物にならないのか?不満の理由と対処法を解説

  • 2020年12月26日
  • by.licolico3373

SIMトレイの引き出し

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ここ数年でユーザーが急上昇している格安SIMですが、人気の反面ちらほらと不満の声も聞こえます。

どのような不満がでているのか、その理由と対処法を紹介します。

格安SIMを使うかどうか迷っている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

「では格安SIMはやめた方がいいのか?」と感じてしまいますが、実はそうではありません。

対処法さえ知っておけば、格安SIMを便利に使うことができます。

それでは、格安SIMが具体的にどう不便なのかと、不満の声を改善できるおすすめの会社を紹介していきます!

格安SIMは使い物にならないと感じる理由

iPhone12のSIMトレイ
格安SIMを利用する人の大半が満足していますが、そんな中でもやはりデメリットを感じている点があります。

まずは、不満の声の内容をそれぞれ詳しくみていきましょう。

なぜ使い物にならないと感じるのか、その理由を紹介します。

主な理由は3つあります。

それぞれ詳しく解説します。

混雑時は通信速度が落ちる

格安SIMの最大のデメリットと言われているのが、混雑時に通信速度が落ちるということです。

あくまで混雑時なので、常に遅いというわけではありません。

しかしながら、いざという時に通信速度が遅すぎてつながらないと、イライラする人もいることでしょう。

Wi-Fi環境で使うのであれば大きな問題ではないですが、Wi-Fiがないところで使うシーンがあるという人は頭に入れておく必要があります。

【2020年】格安SIM厳選10社の通信速度を比較|計測してわかった速い回線おすすめランキング

ドコモ系やau系の場合は?

格安SIMの中には、大手キャリアの電波を使っているところもあります。ドコモ系やau系と言われています。

その場合、ドコモやauなどと同じ電波を使っているように見えますが、実は違います。

あくまで、大手キャリアの電波の一部を借りているだけなので、混雑してくるとどうしても詰まってしまうんです。

道路で例えるなら、大手キャリアは4車線のところ、格安SIMは1車線しかないような状態です。

混雑するとすぐに渋滞が起きて滞ってしまうので、大手キャリアに比較するとつながりにくくなる頻度が多くなります。

ベースとなる通信速度は格安SIMによって違うので、できるだけ速いところを選ぶとよいでしょう。

混雑時の速度低下はキャリアも同じ

混雑時に速度が遅くなってしまうのは、格安SIMだけではなくキャリアも同様です。

お祭りやライブ会場で通信ができなくなった経験がある人も多いのではないでしょうか。

キャリアも格安SIMも、通信速度は一定ではありません。

ベストエフォート方式という、その時の状況に合わせて速度が変わる通信形式なんです。

そのため、どの会社でも速度を表記する場合は“最大〇Kbps”という書き方をしています。

しかしキャリアは基地局が多くありますし、混雑する場所には移動型基地局を設置して速度が落ちるのを避けることもできます。

格安SIMはそういった対策がないため、キャリアに比べるとどうしても速度が安定しないシーンが起きてしまうんです。

サポートが大手キャリアよりも弱い

大手キャリアの強みは、サポートです。格安SIMの場合、大手キャリアに比べてサポートが弱い傾向にあります。

大手キャリアではどのようなサポートを受けることができるのか、サポート例を見てみましょう。

格安SIMの実店舗数を比較|サポートが充実しているMVNOはどこ?

困った時に店頭に行って実際にみてもらえる

大手キャリアの場合、ドコモショップ・auショップ・ソフトバンクショップといった店頭の窓口があります。

スマホの調子が悪い時だけでなく、料金の相談、新機種情報などあらゆることを対面で対応してもらえるんです。

例えば、スマホが故障して使えない時、大手キャリアであればショップに駆け込めばいいですが、格安SIMはほとんどがコールセンターや機種を送付するなどの対応が必要です。

スマホが故障していたら連絡もとれないので、使えるようになるまでに時間を要する可能性があります。

格安SIMを選ぶ時は、ショップのような実店舗があるか、またコールセンターなど対応窓口が明確になっていてすぐに手続きが可能かチェックしておきましょう。

故障に対する補償が充実

大手キャリアには、様々な補償が用意されています。水濡れなどの復旧困難な場合はもちろん、故障の修理代金に対しても補償があります。

また、窓口で手続きをすれば代替機をすぐに借りれるところもメリットです。

格安SIMでも補償を用意している会社がありますが、そのほとんどが即対応ができないものばかりです。

補償サービスがない格安SIMを選んだ場合は、民間の修理可能なお店に持っていくことになりますが、お店によって料金が異なり、中には高額なところもあるので注意が必要です。

最新スマホの販売が少ない

格安SIMは、実は最新スマホがあまり販売されていません。

大手キャリアであれば、夏モデル、冬モデルなど新商品がシーズンごとにバンバン発売されます。

格安SIMはそのタイミングで同じだけの新商品を発売していないんです。

基本は型落ちであったり、新商品があったとしても種類が少ない特徴があります。

そのため、たくさんの新機種から選びたいという人には物足りなくなってしまいます。

格安SIMによって取り扱いメーカーなどが異なるので、新機種が良い人は調べておきましょう。

では、格安SIMのデメリットを解消できる対処法を紹介していきます!

格安SIM選びの参考にしてくださいね。

【2020年最新】端末をセット購入できる格安SIMおすすめランキング

通信速度が速いおすすめ格安SIM

iPhone12 ProのSIMトレイ
通信速度はどの会社も一定ではなく、混雑状況に応じて変化しますが、最大速度は速いに越したことはありません。

最大速度は会社によって異なりますが、中でも“速い”と評判が良い2つの会社を紹介します。

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE│格安SIM・格安スマホ│NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま

トップ画像引用元:OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEは、ドコモの回線を利用している会社のため、通信速度はドコモのFOMA・Xiと同じです。

同じようにドコモ回線を使っている会社がいくつかありますが、OCN モバイル ONEはドコモ回線通信速度1位を取っています。

ドコモ系の中で一番通信が安定していると表彰されたということですね。

また、OCN モバイル ONEの場合、全国約87,000カ所に専用のWi-Fiスポットを設置しています。

そのため、通信が遅く感じた時はWi-Fiを使うことで回避できますし、データ通信料も発生しないので一石二鳥です。

普段はドコモの安定した電波を使い、混雑してきたら専用のWi-Fiが使えるので、外で利用が多い人におすすめの会社です。

お得なキャンペーン実施中!

y.uモバイル

y.u mobile

画像引用元:y.u mobile | お得なキャンペーン実施中

2020年3月に格安SIMの仲間入りをしたy.uモバイル。

まだ知名度は高くないかもしれませんが、ヤマダ電機とU-NEXTとの合弁会社ということで注目が集まっています。

y.uモバイルはシンプルなプラン形態が特徴ですが、実は通信速度が速いということで話題になっているんです。

通信速度は、OCN モバイル ONE同様にドコモの回線を使っているので最大速度自体は申し分ありません。

実際にy.uモバイルを使用した人の声では、「どこにいてもサクサクとストレスなくインターネットができる」「他の格安SIMに比べて速度が安定している」といわれているほど、通信に関して非常に評判が良いです。

また、U-NEXT関連のサービスが充実しているので、通信速度を気にせずU-NEXTを利用したい人にピッタリの会社です。

これから更に利用者が増えていきそうな、期待の格安SIMです。

【3月31日まで】
当サイト特別23,000円キャッシュバックで実質1年間無料!

店舗が多くサポートが充実している格安SIM

スマホは今や生活必需品のため、故障などで使えなくなってしまった時にサポートがあるかないかが重要になってきます。

サポートが弱いと、壊れた時の対応が遅かったり買いなおすことになったりして、時間もお金もかかってしまいますよね。

そこで、大手キャリアほどではなくても、十分と言えるほどのサポートがある格安SIMの会社を2つ紹介していきます!

サポート重視の人はぜひチェックしてくださいね。

ワイモバイル

iPhone SEとワイモバイル

ワイモバイルの主なサポート
  • 店頭ショップは格安SIMダントツ
  • 遠隔サポート
  • 専門アドバイザーによる対応

店頭ショップが多い

ソフトバンクショップと一緒になっているワイモバイルショップを見たことがある人も多いのではないでしょうか。

ワイモバイルは、ソフトバンクの関連会社のため、ソフトバンクショップでワイモバイルを扱っていることもあります。

そのため、店頭で対応可能なところが多く、困った時にもすぐ利用することができます。

機種の購入・修理受付など、大手キャリアとほぼ同じ内容の手続きが可能です。

格安SIMの中でも店頭ショップ数は群を抜いているので、サポート重視の人にピッタリです。

遠隔サポート

ワイモバイルには、月額300円の遠隔サポートサービスがあります。

もし操作がわからなくなっても、コールセンターの専用スタッフが丁寧に案内してくれます。

それだけでなく、遠隔でスマホを操作してくれるので、まるで店頭に行ったかのような対応を受けることができるんです。

格安SIMでここまで細かいサービスがあるのは、さすがソフトバンクモバイルの系列ですね。

専門アドバイザーによる対応

月額500円のワイドサポートに加入すれば、基本のスマホの操作だけでなくLINEなどのアプリの操作も教えてもらえます。

スマホ以外にも、プリンターやパソコンなど他社製品の相談もすることができるので、家電に弱い人におすすめのサービスです。

データ増量キャンペーン実施中!

UQモバイル

UQモバイルのロゴ

画像引用元:【公式】UQ mobile(モバイル)

ワイモバイルの主なサポート
  • 店舗数が多い
  • UQあんしんサポート
  • 端末補償サービス

店舗数が多い

UQモバイル取扱店は、全国で約3000店舗もあります。ワイモバイルの次に店舗数が多いと言われているほどです。

しかし、お店によっては新規・機種変更のみの受付のところもあるので注意が必要です。

初めて格安SIMを使う場合は、最初の開通手続きに戸惑う人が多いため、店頭で手続きできる点はかなり安心感があります。

UQあんしんサポート

UQあんしんサポートは月額350円のサービスで、使い方やWi-Fiの設定など、細かい操作を電話や遠隔でサポートしてくれます。

ツイッターなどのアプリもサポートしてくれるので、「SNSを使ってみたいけど操作が不安」という人におすすめです。

端末補償サービス

UQモバイルには、月額380円の端末補償サービスがあります。

内容は大手キャリアの補償内容と似ており、手厚いサポートが得られます。

主な内容を見てみましょう。

  • 水濡れ全損の時…1回目5,000円・2回目8,000円で端末交換
  • 預かり修理…条件5,000円
  • 紛失…10,000円補填

万が一の時の補償が充実しているため、安心です。

1万円キャッシュバック実施中!

スマホラインナップが豊富な格安SIM

生活に密着して使うものだからこそ、機種は自分にあったものを選びたいですよね。

その時に選択肢が広いに越したことはありません。

格安SIMは、会社によって取り扱いしている機種の幅が違います。

そこで、格安SIMの中でも、スマホラインナップが豊富な会社を紹介します。

IIJmio

IIJmio

画像引用元:格安SIM/格安スマホ・インターネットサービスのIIJmio

IIJmioの取り扱いメーカーはこちらです。

  • Apple
  • ASUS
  • OPPO
  • SHAP
  • ソニー
  • 富士通
  • motorola
  • HUAWEI
  • Xiaomi

大手キャリアに引けを取らないほどの取り扱い数です。

AppleのiPhoneやソニーのXperiaなど、定番機種の取り扱いがあります。

また、SHARPや富士通などの国産メーカーだけでなくXiaomi・OPPOといった人気の海外メーカーも押さえており、幅が広いです。

いろいろな角度から機種が選べるIIJmioは、機種にこだわりたい人におすすめの会社です。

mineo

mineo

画像引用元:サイトのご利用にあたって|格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】

CMで知名度が高いmineoも、機種のラインナップが豊富なことで知られています。

取り扱いメーカーはこちらです。

  • Apple
  • ASUS
  • OPPO
  • SHAP
  • ソニー
  • 富士通
  • motorola
  • HUAWEI

先ほど紹介したIIJmioとほぼ同じメーカーの取り扱いがあります。

mineoの場合、全部で15機種前後の取り扱いがあるので、選ぶのに迷ってしまうほどです。

また、ハイエンドとミドルレンジそれぞれが販売されているシリーズもあるため、機能重視の人・コスパ重視の人などいろいろな人が選びやすくなっています。

デメリットを理解して格安SIMを選ぼう!

格安SIMの不満の理由と解決方法について解説しました。

格安SIMは、自分に合った会社さえ選べば、格段に安くスマホをもつことができます。

スマホの電話代などは毎月発生するものなので、できれば安く収めたいですよね。

そんな人は、ぜひデメリットを押さえた上で、理想に近い格安SIMを選びましょう。

最後に、デメリットと対処法についておさらいします。

格安SIMの選び方
  • 通信速度はできるだけ速いところを選ぶ
  • 店舗数が多いところは困った時に安心
  • 機種のラインナップが多いところは選ぶ幅が広がる

格安SIMは選び方が大切です。

人気だからと適当に選ぶと、速度に満足できなかったり、故障したときに困ったりと後悔することがあります。

選び方のポイントを見て、ぜひ自分にぴったりの格安SIMでストレスフリーなスマホ生活を送りましょう!

【2021年1月】格安SIMおすすめランキング|速度・料金を比較した厳選10社

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

この記事を書いた人
licolico3373
licolico3373
悩みがなさそうと何故かよく言われる30代ママ。元ドコモ運営代理店勤務。初代Galaxy Sから現在まで10機種以上のGalaxyを使うGalaxy愛好者。一番好きな機種はGalaxy note2!一時期BlackBerryに憧れるも使いこなせず断念。趣味はハンドメイドと音楽。好きな食べ物はお刺し身定食。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ