格安SIMの速度切り替え機能の使い方|低速モードでデータ通信料を節約

格安SIMの速度切り替え機能の使い方|低速モードでデータ通信料を節約

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ワイモバイルバナー

格安SIMには、通信速度を高速モードから低速モードに自分で切り替えることができる速度切り替え機能があります。

その機能で、毎月のデータ通信量としてカウントされる高速通信と、カウントされない低速通信を使い分けることが可能です。

そのため、データ通信量の節約をすることができるようになります。

格安SIMの速度切り替え機能の使い方

  • 専用のアプリ・サイトで高速通信と低速通信を切り替える
  • 低速通信に切り替えた直後は高速通信が続く場合もある
  • 低速通信でも3日間の帯域制限がある場合もあるので注意

速度切り替え機能は、格安SIMによって切り替えの仕方やルールが異なります。

今回はそんな格安SIM特有のサービスである速度切り替え機能について詳しく解説していきます。

格安SIMの速度切り替え機能とは?

格安SIMの速度切り替え機能についての画像

画像引用元:BIGLOBEモバイル公式

まず、格安SIMの速度切り替え機能について詳しく解説していきます。

速度切り替え機能とは、格安SIM特有のサービスであり、高速通信から低速通信へ切り替えることができる機能です。

普通なら、高速通信から低速通信に変わるのは、毎月のデータ通信量の上限を超えてしまってから自動的にというものです。

しかし、この機能はあくまでユーザーが自発的に通信速度を切り替えることができます。

低速通信モードの時は料金プランのデータ通信量にカウントされない

高速通信は、自分が契約したプランのデータ通信量にカウントされます。

そのため、高速通信を使い切ってしまうと自動的に低速通信に切り替わり、締め日を迎えるまで低速通信しか使えなくなります。

これは大手キャリアと同じシステムです。

しかし、格安SIMの低速通信は月々のプランのデータ通信量にカウントされないため、使い放題ということになります。

そのため、低速通信で問題のない部分で活用することで高速通信を無駄に使うことがなくなります。

格安SIMの速度切り替え機能について

  • 高速通信と低速通信を切り替えることができる機能
  • 格安SIMのみ速度切り替え機能のサービスがある
  • 大手キャリアでは取り扱っていない
  • 低速通信の時は料金プランのデータ通信量にカウントされない

必要以上に高速通信を使わないことで、データ通信量が超えて自動的に低速通信になってしまうリスクを軽減することができます。

低速通信を上手に活用することで、データ通信量の節約をすることが可能となります。

ワイモバイルバナー

高速通信と低速通信の違い

高速通信と低速通信を切り替えることができる速度切り替え機能は、アプリやウェブ上で簡単に設定ができます。

切り替えた瞬間に、通信速度は低速または高速に変わり、自分で再び切り替えるまでは元に戻ることはありません。

高速通信と低速通信の速度目安
  • 高速通信:動画が読み込み後スムーズに再生される
  • 低速通信:LINEで新しいメッセージを確認するのにも少し時間がかかる

高速通信は理論的に50Mbps程度の通信速度が出ているので、低速通信は500kbpsから200kbps程度の通信速度になります。

低速通信のみのプランを扱う格安SIMも

なかには、通常の料金プランで低速通信のみのプランを使えるものもあります。

常に200kbps程度の低速通信を、データ通信量上限なく使うことができるプランのことです。

低速通信の格安SIMがおすすめな人
  • スマホでゲームや動画視聴をしない
  • 電話のみ
  • ほとんど家でしか使わず、Wi-Fiで通信している

動画や音楽を観たり聴いたりすることがない、スマホゲームをしないようなライトユーザーの人におすすめです。

格安SIMの速度切り替え機能の使い方

次に、格安SIMの速度切り替え機能の使い方について解説をしていきます。

格安SIMの速度切り替えは、サービスを取り扱っている格安SIMによって使い方が異なります。

大体の格安SIMでは、下記の方法で通信速度の切り替えを行うことが可能です。

格安SIMでの通信速度切り替えの方法

  • 専用のアプリを起動して速度を切替える
  • サイトを経由して通信速度を切替える

格安SIMによっては、切り替えが面倒な会社もありますが、基本的に大きく分けて上記の2つとなります。

それでは、格安SIMの速度切り替えの使い方について詳しく紹介していきます。

専用のアプリで通信速度を切り替える

格安SIMのユーザー専用のアプリから直接通信速度を切り替えることができるようです。

中には、速度切り替え専用のアプリを取り扱う格安SIMもあります。

アプリで速度切り替えができる格安SIM例
  • mineo
  • 楽天モバイル
  • IIJmio(みおふぉん)

その場合はアプリを起動して切り替えマークをタップするだけで低速と高速の切り替えができます。

しかし、中には使う度にログインが必要といった使い方が面倒なアプリもあるようです。

サイト経由で通信速度を切り替える

アプリの用意がない格安SIMは、それぞれの格安SIM利用者専用のサイトにアクセスして通信速度を切り替えることができます。

サイト上で速度切り替えする格安SIM例
  • UQ mobile
  • LinksMate

この場合もその都度ログインが必要なサイトもあれば、速度をすぐに切り替えることができるサイトもあります。

サイトの場合だと、低速通信から高速通信に切り替える際にサイトにアクセスしなければいけません。

アクセスの通信も低速になるため、低速通信の状態だと切り替えに時間がかかる場合もあります。

格安SIMの速度切り替え機能のメリット・特徴

格安SIMの速度切り替え機能のメリットの画像

次に、格安SIMの速度切り替え機能のポイントについて解説をします。

格安SIMの速度切り替え機能のメリット・特徴は下記の通りです。

格安SIMの速度切り替え機能の特徴・メリット

  • 必要以上に高速通信を使わずに済む
  • 高速バースト機能で、低速通信も快適に利用できる場合も

速度切り替え機能は、データ通信量の節約や、通信速度が不安定な時に必要以上にデータ通信量を消費しないための機能です。

そのため、速度切り替え機能の最大のメリットは、データ通信量の節約をすることではないでしょうか。

通常のプランで高速通信を使い切ってしまうと、締め日まで低速通信での使用を余儀なくされてしまいます。

また、もし通信速度を元に戻そうと思うなら、追加で課金をしてデータ通信量を購入しなければいけません。

大体500MBで500円程度かかるので、何度も追加課金をしていたら月々の料金がどんどん高額になってしまいます。

必要以上に高速通信を使わずに済む

低速通信の場合、毎月のデータ通信量の上限にカウントされることはありません。

つまり、速度は速くないが実質使い放題ということになります。

締め日直前には速度制限になっていた方も、低速通信を上手に活用することで、締め日まで快適に通信できるかもしれませんね。

高速バースト機能でしばらくは高速通信が使えることも

格安SIMの中には、高速バースト機能と呼ばれる機能が使えるサービスもあります。

高速バースト機能とは

  • 通信開始から一定期間だけ高速通信を行う
  • 一部の格安SIM会社のみに搭載されている
  • サイト・動画の読み込み時だけ高速なので、低速通信設定でもストレスが少ない

高速バースト機能とは、低速通信に切り替わった際に数秒間だけ高速通信を一気に飛ばすことができる機能です。

これにより、一定期間は低速通信に切り替わったとしても高速通信が使えるようになります。

そのため、低速通信に切り替えた時もしばらくは高速通信が使えるようになるため、思ったほど遅さを感じないかもしれません。

通常の低速通信は決して快適なものではありません。

高速バースト機能有効活用して、快適に使えるようになればより一層データ通信量を節約することが可能です。

【2019年】格安SIMおすすめ人気ランキング|料金プランと通信速度で比較

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ワイモバイルバナーワイモバイルバナー

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ