データ無制限プランのあるおすすめ格安SIM比較|通信速度に要注意!

データ無制限プランのあるおすすめ格安SIM比較|通信速度に要注意!

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ワイモバイルバナー

格安SIMのなかでも、月のデータ通信量が使い放題の「データ無制限プラン」を検討している方もいるのではないでしょうか。

今回はデータ無制限プランのある3社の料金や通信速度、速度制限や違約金について比較していきます。

無制限プランといっても、データ通信のみができる格安SIM、メールも電話もできる格安SIMなどプランは様々あります。

それぞれのプランの違いをじっくり見ていきましょう。

格安SIMのデータ無制限プランまとめ

  • DTI SIM:通話可能プランでは最安
  • U-mobile:通信速度が最速
  • UQ mobile:データ通信のみでは最安(通信速度は低速)

トップ画像引用元:DTI SIM公式
DTI SIM

データ無制限プランのある格安SIMを比較

無制限プランのある格安SIMを比較する画像

画像引用元:U-mobile公式

まずはじめに、データ無制限プランを検討する上で多くのユーザーが気になる部分をまとめて比較していきます。

無制限SIMを選択する上で特に気になる点と言えば

  • 月額の利用料
  • 通信速度
  • 通信制限の有無
  • 最低利用期間の有無
  • 違約金

が挙げられます。

格安SIMによって最低利用期間や違約金は異なりますので、検討する際には十分な情報収集が必要になります。

下記の表の比較は、各格安SIMの簡単な比較となっていますので、以降でさらに詳しく各格安SIMの比較をしていきましょう。

無制限
SIM
月額料金最大
速度
通信
回線
解約
期間
DTI
SIM
データ:2,200円
SMS:2,350円
通話:2,900円
370M
bps
ドコモ1年
U-
mobile
データ:2,480円
通話:2,980円
375M
bps
ドコモ1年
UQ
mobile
データ:1,980円500k
bps
auなし

それぞれの使い方に合わせられるDTI SIM

DTI SIMはデータ専用・SMS付き・電話付きの3つの無制限プランを展開しています。

不要な機能はいらず、料金を抑えたいという方にはおすすめの格安SIMです。

特に通話機能付きの無制限プランの中では最安値の格安SIMです。

ワイモバイルバナー

全国約82,000以上のWi-Fiスポットが使えるU-mobile

U-mobileはこの3つの無制限プランの中では最も速度の速い格安SIMです。

さらに、U-mobileの契約で全国にある約82,000以上のWi-Fiスポットが無料で利用できます。

無制限プランといえど、速度制限になる可能性はあるので、多数bのWi-Fiスポットは非常に魅力的です。

圧倒的な安さのUQ mobile

UQ mobileのデータ無制限プランはなんといってもその安さが魅力的です。

低速であることには注意が必要ですが、月額1,980円で通信し放題は他と比較しても圧倒的なコスパの良さです。

データ無制限の格安SIMを月額料金で比較

月額料金はSIMカードの使用用途によっても変動します。

データ無制限プランには下記のように大きく分けて3つの契約内容に分かれています。

  • データ通信専用
  • データ通信+SMS
  • データ通信+SMS+音声通話

単純にデータ無制限のプランといっても、格安SIMによっては3プランも用意されている会社があります。

契約前にきちんとチェックしておきましょう。

データ通信専用SIM

データ通信用の無制限SIM月額料金
U-mobile2,480円
DTI SIM2,200円
UQ mobile1,980円
データ専用の無制限プランの中で一番月額料金が安くなっているのはUQ mobileで、月々1,980円(税抜き)となります。

DTI SIMとUQ mobileでは共に2,000円前後となり、またU-mobileが2,500円とその後を追う形になっています。

何をおいても安い格安SIMを求めているようなユーザーの場合には、UQ mobileを選択するのも一つの手ではあります。

しかし、どれも同じデータ無制限プランと言ってもその通信速度から速度制限などのサービス内容が異なります。

月の使用料金だけを見て決めてしまうのは早計と言えます。

格安SIMを比較・検討する際にはしっかりと他の格安SIMのサービスと比べる必要があるといえます。

データ通信+SMS

SMS付きの無制限SIM月額料金
U-mobile2,980円
DTI SIM2,350円
「データ通信+SMS」とは、インターネットサービスにショートメッセージサービスが付属したプランとなります。

このプランはインターネットとショートメッセージサービスを利用したいユーザー向けのプランといえます。

一般的には音声通話に対応したプランを選ぶことで自動的に付いてくるサービスです。

しかし、DTI SIMではショートメッセージサービスがデフォルトでついていないので注意が必要です。

データ専用プランに150円から200円を追加することで利用が可能となります。

また、ショートメッセージサービスが必要のないユーザーはあまり気にする必要のないプランともいえます。

データ通信+SMS+音声通話

音声通話付きの無制限SIM月額料金
U-mobile2,980円
DTI SIM2,900円

こちらは前項の「データ通信+SMS」プランに音声通話に対応したプランとなっています。

LINEなどの通話ではなく、通常の電話機能を利用したいと考えるユーザーは必須のプランとなります。

音声通話が付属しているために、嫌が応にも他のプランと比べた場合にはその料金は高くなってしまいます。

プランの料金としては、おおよそ3,000円程度となることが一般的です。

この価格帯でネット・電話の両方が使えるのであれば大手キャリアより非常にリーズナブルに利用できると言えます。

データ無制限の格安SIMを最大通信速度で比較

データ無制限プランを利用する際に、その格安SIMの通信速度を知っておくことは非常に重要です。

データ無制限プランの通信速度は2パターン

  • 大手キャリアと同等の通信速度(速度制限あり)
  • はじめから低速(速度制限なし)

通信速度の速い格安SIMでは、短期間の内にデータ通信を規定以上使用した場合に速度制限をかけるような仕様となっています。

速度制限がかかると通信速度が著しく低下してしまい、とても快適にネットを利用することは出来なくなります。

一方、はじめから通信速度を落としている格安SIMの場合には、速度制限がなく、正真正銘の無制限といえます。

データ無制限プランの場合、速度制限の有無もしっかりと把握することが、快適なスマホライフを送るためのポイントです。

SIMの通信速度

無制限SIM最大通信速度
U-mobile最大375Mbps(下り)
DTI SIM最大370Mbps(下り)
UQ mobile最大500kbps(下り)
通信速度は基本的に「Mbps」「kbps」という単位でその速度が表示されます。

1Mbpsは1,000kbpsと同じで、数値が大きくても「kbps」で表記されているものは速度が速いとは言えないので注意が必要です。

また、通信速度では「上り・下り」といった概念が存在していますが、基本ユーザーが気にするべきは「下り」のスピードです。

「下り」の速度は分かりやすく解説すると、インターネットにアクセスしてダウンロードをする際の速さを意味します。

U-mobileの通信速度

紹介した格安SIMの内一番通信速度が速いのは、U-mobileとなっています。

どちらの通信速度も、最大で375Mbpsです。

この速度は大手キャリアが提供しているサービスと同等で、速度は速いといえます。

DTI SIMの通信速度

次いで通信速度が速いのが、DTI SIMとなります。

DTI SIMでは最大370Mbpsと優秀な速度といえます。

速度制限さえなければさらにネットを快適に楽しむことが可能となります。

UQ mobileの通信速度

UQ mobileに関しては、最大速度が500kbpsとなり他のデータ無制限プランと比較しても速度は遅いと言えます。

動画サービスは快適に閲覧することは難しく、ネット検索やSNSなどを主に利用するユーザー向けの格安SIMといえます。

通信速度の速い格安SIM5社を比較|失敗しないMVNOの選び方

データ無制限の格安SIMを速度制限で比較

通信速度と同じく重要なポイントとなるのが速度制限となります。

無制限SIM通信速度制限
U-mobileあり(規定値を超えると200kbpsに制限)
DTI SIMあり(規定値を超えると200kbpsに制限)
UQ mobileなし

通信速度が速い格安SIMでは速度制限が設定されており、逆にはじめから通信速度の遅い格安SIMでは速度制限の設定はありません。

よって、通信速度が速くなおかつ速度制限のない格安SIMは現状ではないと言えるでしょう。

高速通信プランで速度制限がある理由

なぜ、通信が速いプランでは速度制限が設けられているのでしょうか。

まず、スマホの通信というのは通信回線を通して行われますが、この回線は多くのユーザーで共有して利用しています。

高速通信のプランだと短時間に多くのデータ通信を行えるため、低速通信より回線への負荷が大きくなります

なので、一部のユーザーが大量にデータ通信を行うと、同じ回線を使う他のユーザーの通信に支障をきたしてしまいます。

そのため、高速通信プランでは速度制限が設けられています。

どの程度のデータ通信容量を消費したら速度制限がかかるのか

DTI SIM・U-mobileではデータ通信容量を使用し過ぎた場合、速度制限がかかります。

しかし、どの程度のデータ通信をすると制限がかかるかまでは公表されていません

参考ですが、実際に利用しているユーザーによると3日で3GB以上6GB未満の間で制限がかかったという報告も挙がっています。

格安SIMの速度制限対策!無制限プランやカウントフリーの利用で回避

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ワイモバイルバナーワイモバイルバナー

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ