格安SIMの通話品質は悪い?途切れが少ないおすすめ3社を解説

  • 2021年10月19日
  • by.nuko

iPhone13 Pro

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで月額を半分以下に抑えませんか?

この記事では格安SIMの通話品質についてと、通話の途切れが少ないおすすめ格安SIM3社を解説します。

格安SIMはドコモ、au、ソフトバンクの電話回線と通信施設を間借りしてサービスを提供しています。

しかしネット上の声を見ると、「キャリアの電話はつながるのに格安SIMだと通話がつながりにくい」という声もあります。

実は格安SIMは通話の方式によって通話品質が異なります。

通話が多い方はぴったりの格安SIMを選べるように、この記事で通話品質は良い格安SIMの見分け方を押さえてください!

格安SIMの通話品質のポイント
  • 電話回線を使う通話は大手キャリアと品質は同じ
  • IP電話やSNSの無料通話等の電話に品質差が出る
  • データ通信が安定している格安SIMを選ぼう
人気記事

格安SIMってどこを選べば良いかわからない 速度が遅いなどのデメリットはあるの? スマホ代を安くしたいけど、どうすればいいかわからない 格安SIMに関して、このような意見をよく目にします。 この記事では、202[…]

2021年格安SIMおすすめランキングの画像

格安SIMの通話品質は通話の方式で決まる

mineoが選ばれる理由

画像引用元:mineoが選ばれる理由|格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】

さっそく格安SIMの通話品質が良し悪しを見分けるポイントを見ていきましょう。

実は格安SIMの通話には3種類あります。

格安SIMの通話の種類
  • 090や080、070から始まる電話回線を使った通話:
    キャリアと全く同じ通話品質
  • 格安SIMの通話専用アプリ(プレフィックス)を用いた通話:
    一部かけられない番号があるがキャリアと同等の通話品質
  • LINE通話やIP電話などデータ通信を使った通話:
    データ通信の速度が遅いと通話が途切れる

電話番号を使った通話はキャリアと同じ通話品質

どの格安SIMを利用していても、090・080など電話番号を使った普通の通話はキャリアと同じ通話品質です。

格安SIMはキャリアよりデータ通信が遅くなりがちなので、通話の品質も悪いと思っている方もいますよね。

しかし、電話回線とデータ通信の回線はそれぞれ独立していて、データ通信が混雑していても通話にはまったく影響ありません。

つまり、スマホ標準の通話アプリで電話すれば、格安SIMもキャリアも変わらないということです。

格安SIMの通話専用アプリの通話品質はキャリアと同等

mineo 10分かけ放題

画像引用元:mineoでんわサービス|通話オプション|格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】

多くの格安SIMでは、専用アプリから通話することで安い料金での通話やかけ放題オプションが利用できます。

例を挙げるとmineoの「mineoでんわ」などです。

このような通話はプレフィックス通話という方式で行われます。

プレフィックス通話とは
  • 電話番号の先頭に特定の番号を付けて発信すること
  • 通話は『電話回線』で行う
  • 通常の電話料金より格安
  • フリーダイヤルや110,119へ発信できない

プレフィックス通話は090や080を使った通話の時と同じ電話専用回線ですが、より安い中継局を通すことでキャリアよりお得に通話ができます。

その代わり、フリーダイヤルや緊急通報(110番、119番など)が利用できないといったデメリットもあります。

また、専用アプリを利用するのを忘れると、かけ放題オプションに加入していても通話料かかることに注意が必要です。

しかし、090や080を使った通話と比べても通話品質にほとんど差はなく、品質を相当気にする人でなければ実用上まったく問題ありません。

格安SIMで通話品質を落とさずお得な通話料金で使うなら、専用通話アプリを利用するのがベストですね!

標準通話アプリでプレフィックスに対応した格安SIMが増えている

格安SIMは専用アプリを利用した電話サービスが中心ですが、一部の格安SIMはスマホ標準の電話アプリで発信するだけで、自動的にプレフィックス通話になります。

専用アプリ不要で使える格安SIM
  • OCN モバイル ONE
  • HISモバイル
  • nuroモバイル(ドコモ回線のみ)
  • 日本通信SIM

標準電話アプリでOKなので、うっかり専用通話アプリを使い忘れて高くなるという心配はありません。

また、フリーダイヤルや緊急通報を利用する際はプレフィックスが外れるため、専用通話アプリのように発信できないというデメリットもありません。

標準電話アプリでプレフィックス通話が可能になったのは2021年2月からなので、今後他の格安SIMも対応すれば選択肢が広がりますね!

データ通信を使った通話で通話品質に差が出る

LINEアカウントが引き継外ないときの対処

画像引用元:LINE|いつもあなたのそばに。

LINEの無料通話やIP電話などデータ通信を使った通話は、混雑で通信速度が遅くなるのに比例して通話品質が悪くなります。

これは、データ通信を使った通話は、音声をデータに変換してやりとりしているためです。

一般的に格安SIMはキャリアより通信速度が不安定で、通信が混雑する時間帯はまともに検索できないほど遅くなることもあります。

「格安SIMは通話品質が悪い」と思われがちなのは、このデータ通信を使った通話の品質が不安定なためです。

また、多くの格安SIMは毎月のデータ量を超過すると、通信速度が最大128kbpsに制限されます。

「月初めは問題ないのに月の後半だと通話が安定しない…」という方は、速度規制に入ったために通話品質が下がった可能性があります。

レアケースとしてスマホの劣化・故障もある

実は格安SIMで通話品質が悪くなる原因はキャリア以外のケースもあり、それは『極端に古いスマホを使っている』時です。

回線がどんなに早くても、スマホそのものが出来る通信が遅ければネットを使った通話品質も安定しません。

中古で購入したスマホや極端に古いスマホだと劣化・故障し通話品質が下がった可能性もあります。

「同じ格安SIMで同じキャリア回線、同じ位置なのに通話品質が安定しない…」という方はスマホが原因の可能性もあります。

格安SIMで通話品質を安定させる3つの方法

格安SIMで通話品質を安定させるには、以下の3つの方法があります。

格安SIMでのおすすめな通話手段
  • 電話回線を格安で使える『プレフィックス通話』
  • 090、080を使った通常の電話回線で通話
  • 安定したWi-Fiに繋いでアプリで通話

コストより通話品質が気になるなら090、080を使った通常の電話回線で通話することで解決します。

通常の電話ならキャリアと全く同じ通話品質なので最も安定していますが、通話料もキャリアと同じ22円/30秒で格安SIMのかけ放題オプションも利用できません。

一方で、格安SIMの専用通話アプリは通話品質がキャリアとほぼ同じで、さらに通話料もキャリアよりお得に使えます。

品質だけでなくコスパも考慮するなら、専用通話アプリを使うのが1番いい選択になるでしょう。

また、データ回線の無料通話を活用したいなら、Wi-Fiに接続するかデータ通信が安定している格安SIMを選び、通話品質が悪くなるのを回避しましょう。

通話が途切れにくいおすすめ格安SIM3社

iPhone13 Pro

格安SIMの通話品質は標準通話アプリならキャリアとまったく同じ、格安SIM専用通話アプリでもキャリアとほぼ同じです。

そして、通話が途切れやすいのはデータ回線を用いた通話が原因であることをお伝えしました。

データ回線を使った通話品質を高めるには、データ回線の速度と安定性を重視して格安SIMを選ぶことが大事です。

ドコモ、au、ソフトバンクそれぞれの回線を間借りしている格安SIMの中で、無料通話に定評のある格安SIMを見ていきます。

ドコモ回線の格安SIMならOCN モバイル ONE

OCNでんわ

画像引用元:OCNでんわ(OCN モバイル ONE 電話サービス) | OCN モバイル ONE | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま

ドコモ回線は格安SIMの中でも特に多く利用されている回線で、その中でも通話品質に定評があるのがOCN モバイル ONEです。

大元であるドコモの電話専用回線はつながりやすさに定評がありますし、データ通信も幅広いデータ容量の料金プランがあります。

OCN モバイル ONEの料金プラン

データ量音声SIMデータ+SMSデータ専用
500MB550円--
1GB770円--
3GB990円990円858円
6GB1,320円1,320円1,188円
10GB1,760円1,760円1,628円
公式サイトOCN モバイル ONE公式サイトocn mobile one
OCN モバイル ONEのおすすめポイント
  • 「OCNでんわ」で電話回線の通話料半額
  • 通話オプションが豊富
  • 標準の電話アプリでOCNでんわが利用可能
  • データ通信速度も割と安定している

OCN モバイル ONEでは豊富なかけ放題オプションを提供し、通話が多い方でも安心して利用できる格安SIMです。

専用通話アプリ不要で「OCNでんわ」が利用できるので、通常の22円/30秒の通話料金が半額の11円/30秒で利用できます。

さらに、3種類のかけ放題オプションと便利な通話オプションがあり、通話の使い方に合わせて選びやすいのもポイントです。

OCN モバイル ONEの通話オプション

オプション名月額料金
10分かけ放題935円
トップ3かけ放題935円
完全かけ放題1,430円
留守番電話サービス330円
キャッチホン220円

また、OCN モバイル ONEは格安SIMの中でも割と通信速度が安定しています。

通信が混雑する時間帯でも5Mbps前後出れば、データ通信で通話するアプリでも通話品質が悪いと感じることはないでしょう。

格安SIMで電話番号を使った通話もデータ通信を使った通話も品質を追いかけるなら、OCN モバイル ONEはイチオシの格安SIMですよ!

OCNモバイルONE公式ショップ

au回線の格安SIMならUQモバイル

UQモバイル ロゴ

画像引用元:【公式】UQ mobile・UQ WiMAX|KDDI・UQコミュニケーションズ

au回線の格安SIMでは、UQモバイルが通話品質、ネット速度共に安定性に定評があります。

UQモバイルはauのサブブランドなので、auユーザーなら体感速度も全く変わらず超快適です。

UQモバイルの料金プラン

プラン名くりこしプランS
+5G
くりこしプランM
+5G
くりこしプランL
+5G
月額基本料1,628円2,728円3,828円
データ通信容量3GB15GB25GB
通信方式4G・5G
速度制限時の通信速度最大
300kbps
最大
1Mbps
最大
1Mbps
音声通話22円/30秒
UQ mobileおすすめポイント
  • サブブランドだから通信速度が早い
  • 一部地域は5Gにも対応
  • 通話オプションが3種類
  • Try UQで15日間無料で試せる

UQモバイルには専用通話アプリはなく、標準の電話アプリを利用するため通話品質は最高です。

また、通話オプションが豊富で使い方に合わせて選べます。

UQモバイルの通話オプション

オプション名内容月額料金
通話パック(60分/月)最大60分/月の国内通話が定額550円
かけ放題(10分/回)国内通話10分かけ放題770円
かけ放題(24時間いつでも)国内通話かけ放題1,870円

更にTry UQと呼ばれる15日間無料お試しキャンペーンも実施中です。

「格安SIMを契約したが自宅で通話を試したらつながらなかった…」という事態を避けられます。

通話品質も通信速度もこだわるなら、ぜひUQモバイルを試してください!

1万円キャッシュバック実施中!

ソフトバンク回線の格安SIMならワイモバイル

ワイモバイルのロゴ

画像引用元:【公式】ワイモバイル(Y!mobile)

ワイモバイルは、ソフトバンクのサブブランドです。

ソフトバンクと同じネットワーク回線なのでエリアの広さと高速通信の安定性を売りにしています。

他にもソフトバンクの提供する「ソフトバンクWi-Fiスポット」が無料で利用できます。

ワイモバイルの料金プラン

プラン名シンプルSシンプルMシンプルL
月額料金2,178円3,278円4,158円
データ容量3GB15GB25GB
対応通信4G/5G
国内通話30秒22円
Y!mobileおすすめポイント
  • ソフトバンクと同等の高速通信
  • ソフトバンクWi-Fiスポットが無料で利用できる
  • 2つの通話オプションから選べる

ワイモバイルなら、ネットワーク構築に注力するソフトバンクの恩恵を最大限受けることが出来ます。

通信速度が安定して速いので、LINEなどのデータ通信を利用した通話も高い通話品質で利用できます。

また、ワイモバイルにはプレフィックス通話を使ったアプリの通話はありませんが、2種類の通話オプションで通話が多い方も安心です。

ワイモバイルの通話オプション

オプション名内容月額料金
だれとでも定額国内通話
10分かけ放題
770円
スーパーだれとでも定額国内通話
24時間かけ放題
1,870円
ソフトバンク回線で通話品質にこだわるなら、ワイモバイルでお得に使いましょう!

ワイモバイル公式サイト

キャリアのオンライン専用プランもあり!

povo 2.0

画像引用元:povo2.0始動!! 基本料ゼロから始めるオールトッピングプラン|povo2.0

ここまで格安SIMで通話品質のいいものを紹介しましたが、通話品質を重視するならドコモ・au・ソフトバンクのオンライン専用プランも検討しましょう。

オンライン専用プランの月額料金

項目ahamo
(ドコモ)
povo2.0
(au)
LINEMO
スマホプラン
(ソフトバンク)
月額料金2,970円基本料:0円
20GB:2,700円/30日間
3GB:990円/30日間
1GB:390円/7日間
60GB:6490円/90日間
150GB:12,980円/180日間
(月額ではなく都度課金)
20GB:2,728円
3GB:990円
データ容量20GB0〜
180GB
3GB
20GB
5G
1回5分以内の
無料通話
無料+550円+550円
完全かけ放題+1,100円+1,650円+1,650円
通信制限時の速度最大1Mbps最大128kbps最大1Mbps
申し込み方法専用サイト専用サイト専用サイト

オンライン専用プランはキャリアショップでのサポートが受けられず、申し込みから利用中の各種変更まで全て自分でやる必要があります。

その分キャリア本ブランドより月額料金がお得で、何より通話品質も通信速度もキャリアと同じです。

3キャリア共通で5分かけ放題・完全かけ放題になる通話オプションもあるので、通話が多い方でも安心です。

また、auのpovo 2.0は基本料金0円で、データ量も通話オプションも全てトッピングとして適宜課金するスタイルです。

毎月使うデータ量をしっかり把握している方なら、格安SIMよりお得に使える可能性の高い絶妙な料金設定です。

ソフトバンクのLINEMOは、3GB990円と格安SIM並みの料金プランも始まりました。

通話中心の使い方なら、格安SIMよりキャリアと同じ通話品質のpovoやLINEMOを使った方がいいかもしれませんね!

通話品質を安定させたい時には避けたい格安SIM

TONE e21 グリップ

通話品質の安定性に定評のある格安SIMを紹介しました。

ここでは、逆に通話品質を安定させたい場合に避けた方が良い業者についても触れていきます。

IP電話が基本プランの格安SIMは避けたい

格安SIMの中には、050から始まるデータ回線を使ったIP電話を提供している事業者があります。

IP電話はデータ通信を使う電話なので、格安SIMでは通信速度が遅くなる時間帯に通話品質が下がり、最悪通話が途切れます。

IP電話を主軸としている代表的な格安SIMとして『TONEモバイル』が挙げられます。

安くてサポート充実のTONEモバイルですが、通話品質を重視するなら避けた方がいいでしょう。

通話品質を安定させたい場合
  • IP電話を主軸とした格安SIMは避ける
  • IP電話主軸でも080や090の電話回線を取得することが出来る格安SIMを選ぶ

通話品質を安定させたいならIP電話を主軸とした格安SIMは避けるべきです。

ただし、前述したTONEモバイルは有料オプションで080や090の電話回線を取得できます。

通話品質を落とさず使うなら、基本的にはIP電話が主軸のサービスは避け、契約する場合は通常の電話オプションがあるかしっかりチェックしましょう。

格安SIMの通話品質を安定させたいなら業者選びが重要

OCNでんわ

画像引用元:OCNでんわ(OCN モバイル ONE 電話サービス) | OCN モバイル ONE | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま

格安SIMの通話品質が悪いと呼ばれる現象と対処法、通話品質に定評のある格安SIM、避けた方が良い傾向を紹介してきました。

格安SIMで快適な通話ができることを重視して選ぶ際には下記3点をしっかり押さえておきましょう。

格安SIMを通話で選ぶときのポイント
  • 090・080の普通の電話はキャリアと同じ通話品質で使える
  • 格安SIMの専用通話アプリはキャリアとほぼ同じ通話品質
  • 一部の格安SIMは標準通話アプリでプレフィックス通話OK
  • LINEやIP電話などデータ回線を使った通話は回線速度や安定性を重視する

昨今は電話を使用せず、LINEやTwitter等のSNS上でメッセージのやり取りをする方が増えています。

しかし仕事の現場等ではまだまだ電話で話す機会が多いですよね。

普段からよく電話を利用する方は、ぜひ今回の記事を参考に通話品質を重視した格安SIMを選んでください!

格安SIMのかけ放題10社を徹底比較|通話し放題のおすすめはここ!【2021年最新】

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで月額を半分以下に抑えませんか?

この記事を書いた人
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います!