格安SIMの通話品質は悪い?途切れが少ないキャリアと比較した時の違い

  • 2019年11月10日
  • by.ssisdk

格安SIMの通話品質は悪い?途切れが少ないキャリアと比較した時の違いについての画像

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

格安SIMを提供しているMVNO業者は、ドコモ、au、ソフトバンクの電話回線と通信施設を間借りしてサービスを提供しています。

格安SIM業者はそれを根拠に「大手キャリアと同じ通信施設と回線なので通話品質は安定している」と売り込みしています。

しかしネット上では大手キャリアの電話はつながるのに、格安SIMだと通話がつながりにくいという声もあります。

格安SIMの通話品質は良いのか悪いのかという真偽を確かめ、途切れが少ないキャリアを比較します。

格安SIMの通話まとめ
  • 電話回線を使う通話は大手キャリアと品質は同じ
  • IP電話やSNSの無料通話等の電話に品質差が出る
  • データ通信が安定している格安SIMを選ぼう

画像引用元:UQモバイル公式

格安SIMの通話品質が悪いという噂の真偽は?

格安SIMの通話品質が悪いという噂の真偽についての画像

画像引用元:mineo公式

格安SIMの通話品質が良いのか、それとも悪いのか評判の真偽をまず確かめてみましょう。

電話回線を使った通話は大手キャリアと同じ通話品質である

格安SIMのスマホで出来る通話には実は3種類あり、それぞれの違いをまとめると以下のようになります。

格安SIMで出来る通話の種類
  • 090や080が先頭に付く大手キャリアの電話専用回線を使った通話
  • 通話専用アプリを用いたかけ放題専用の回線をつかった通話
  • 050から始まるIP電話やLINEの無料通話のデータ回線を使った通話

つまり、大手キャリアと同じ回線で安定しているというのは090や080が付く電話のみです。

通話専用アプリやデータ回線を使った状態の通話は、090や080がついた回線とは違うことをまずここでチェックしましょう。

通話専用アプリを使った通話は品質にそれほど差がない

格安SIMでは専用アプリから通話することができる、有料のかけ放題オプションが用意されています。

例を挙げるとmineoの『mineoでんわサービス』などです。

このような通話はプレフィックス通話という方式で行われます。

プレフィックス通話とは
  • 電話番号の先頭に特定の番号を付けて発信すること
  • 通話は『電話回線』で行う
  • 通常の電話料金より格安
  • フリーダイヤルや110,119へ発信できない

090や080を使った通話の時と同じ電話専用回線ですが、若干仕様が異なるので通話品質が落ちることがあります。

後述のデータ回線を使った通話と比較した場合、通話品質が大幅に落ちるということはありません。

また緊急電話(110や119)はかけることができないので、いざという時にはやや不安かもしれません。

データ回線を使った通話で通話品質に差が出る

問題はIP電話やLINEの無料通話等のデータ回線を使った通話で、電話回線の通話と比べて、通話品質が安定しないと言われます。

データ回線もドコモ、au、ソフトバンクどれかの回線の施設を間借りしているのは電話専用回線と同じです。

しかし、電話専用回線とデータ回線での通話は以下の2点の違いがあります。

データ回線での通話は
  • 大手キャリアから借りている通信帯に格安SIMごとで差がついている
  • 通話専用ではなくデータ通信も行われるので、繋がりにくい場合も

他にも格安SIMには直近数日間にネットを使い過ぎ、あるいは1ヶ月に使えるデータ通信量を使い切ると速度規制が入ります。

「月初めは問題ないのに月の後半だと通話が安定しない…」という方は速度規制に入ったので通話品質が下がった可能性があります。

レアケースとしてスマホの劣化・故障もある

スマホの劣化・故障の画像
実は格安SIMで通話品質が悪くなる原因はキャリア以外のケースもあり、それは『極端に古いスマホを使っている』時です。

スマホもネットを使った通信速度の上限が決まっています。

つまり、回線がどんなに早くてもスマホそのものが出来る通信が遅ければネットを使った通話品質も安定しません。

中古で購入したスマホや極端に古いスマホだと劣化・故障し通話品質が下がった可能性もあります。

「同じ格安SIMで同じキャリア回線、同じ位置なのに通話品質が安定しない…」という方はスマホが原因の可能性もあります。

格安SIMで通話品質を安定させる3つの方法

格安SIMで通話品質を安定させるには、以下の3つの方法があります。

格安SIMでのおすすめな通話手段
  • 電話回線を格安で使える『プレフィックス通話』
  • 090、080を使った通常の電話回線で通話
  • データ通信をオフにし、安定したWi-Fiに繋いでアプリで通話

一番の解決策は090、080を使った通常の電話回線で通話をすることです。

これなら大手キャリアと同じ回線なので通話品質は最も安定していますが、かけ放題の対象ではありません。

データ回線の無料通話を活用したいなら、Wi-Fiに接続するかデータ通信が安定している格安SIMを選びましょう。

通話が途切れにくい格安SIMを選ぼう

通話が途切れにくい格安SIMについての画像

格安SIMの通話品質は電話回線専用の通話なら大手キャリアと同じです。

そして、通話が途切れやすいのはデータ回線を用いた通話が原因であることをお伝えしました。

その為、データ回線を使った通話品質を高めるには、データ回線の速度と安定性を重視して格安SIMを選ぶことが大事です。

ドコモ、au、ソフトバンクそれぞれの回線を間借りしている格安SIMの中で、無料通話に定評のある格安SIMを見ていきます。

ドコモ回線の格安SIMならOCN モバイル ONE

ドコモ回線の格安SIM「OCN モバイル ONE」についての画像

画像引用元:OCN モバイル ONE公式

ドコモ回線は格安SIMの中でも特に多く利用されている回線で、その中でも通話品質に定評があるのがOCN モバイル ONEです。

大元であるドコモの電話専用回線はつながりやすさに定評がありますし、データ通信も幅広いデータ容量の料金プランがあります。

OCN モバイル ONEのおすすめポイント
  • 「OCNでんわ」で電話回線の通話料半額
  • 「OCNでんわ」は、オプションで10分以内の電話がかけ放題に
  • 月額150円のIP電話アプリ「050 plus」で050ナンバーが持てる

OCN モバイル ONEではかけ放題オプションや通話アプリを複数用意しているなど、通話サービスが非常に充実しています。

電話回線でお得に通話したい方はプレフィックス方式の「OCNでんわ」がおすすめです。

通常の20円/秒の通話料金が「OCNでんわ」を使うことで、半額の10円/秒で通話ができます

さらに、月額850円で10分以内の通話が無料になる『10分かけ放題』などの3つのかけ放題オプションを選ぶことができます。

また月額150円でIP通話でお得に通話できる「050 plus」もおすすめです。

IP電話にはなりますが気軽に電話番号を取得でき、OCN モバイル ONE以外のユーザーでも月額300円で利用できます。

→OCNモバイルONE公式ショップはこちらOCNモバイルONE公式ショップ

au回線の格安SIMならUQ mobile

UQモバイルについての画像

画像引用元:UQ mobile公式ホームページ au 4GLTEで快適にツナガル!

ドコモ回線と異なりau回線は格安SIMの中では業者数の数は多くありません。

その中でも、au傘下のUQ mobileが通話品質、ネット速度共に安定性に定評があります。

特にau傘下の利点を生かして、au 4GLTEと同じサービスエリアになっています。

UQ mobileおすすめポイント
  • 格安SIMアワード2015-2018通信速度部門で速度が速い
  • au 4GLTEでエリアが広い
  • Try UQで15日間無料で試せる

無料通話が5分以内と他の格安SIMより短いのが難点ですが、au回線で通話品質が高い格安SIMの筆頭候補にあがります。

更にTry UQと呼ばれる15日間無料お試しキャンペーンも実施中です。

「格安SIMを契約したが自宅で通話を試したらつながらなかった…」という事態を避けられます。

通信速度はau並で、事前につながるか無料でレンタルして調査可能です。

なので、au回線を使って通話品質が安定している格安SIMならUQ mobileがおすすめです。

UQモバイルの評価・口コミ|通信速度・料金・サポートの不満な点と満足な点

ソフトバンク回線の格安SIMならY!mobile

ワイモバイルの画像

画像引用元:Y!mobile(ワイモバイル)公式

Y!mobileは、auとUQ mobileの関係性と同じで、ソフトバンクの傘下にある格安SIMです。

ソフトバンクと同じネットワーク回線なのでエリアの広さと高速通信の安定性を売りにしています。

ソフトバンクのネットワークの他にも、5G有力技術Massive MIMO、256QAMや4×4 MIMOと最新通信技術が使えます。

他にもソフトバンクの提供するWi-Fi『ソフトバンクWi-Fiスポット』が無料で利用できます。

Y!mobileおすすめポイント
  • ソフトバンクWi-Fiスポットが無料で利用できる
  • 1回の通話につき10分以内であれば電話回線での通話が無料

ネットワーク構築に注力するソフトバンクの恩恵を最大限受けることが出来ます。

Y!mobileは、ソフトバンク回線を使ってLINE等のSNSからネット通話をしたい人におすすめの格安SIMと言えるでしょう。

Y!mobileにはプレフィックス通話を使ったアプリの通話はありません。

ですが、通常の電話専用回線を用いた通話も、無料通話は1回の通話につき10分となっています。

UQ mobileと比較すると倍に増えているのも地味ながらも嬉しいポイントです。

ワイモバイルの評判|料金、通信の速度・安定度は?他の格安SIMと比較

通話品質を安定させたい時には避けたい格安SIM

通話品質の安定性に定評のある格安SIMを紹介しました。

ここでは、逆に通話品質を安定させたい場合に避けた方が良い業者についてもご案内したいと思います。

IP電話が基本プランの格安SIMは避けたい

050から始まるデータ回線を使ったIP電話の提供が基本となっている格安SIMは、通話品質を気にする方は避けるのがベターです。

格安SIMの通話が安定しない、途切れるというのは前述しましたがデータ回線を用いた通話をした時の途切れが原因です。

そのデータ回線を主軸として提供している格安SIMだと、必然的に通話品質は下がり通話が途切れやすい…という訳です。

050から始まるIP電話の提供を主軸としている代表的な格安SIMの例だと『TONEモバイル』が第一に挙げられます。

通話品質を安定させたい場合
  • IP電話を主軸とした格安SIMは避ける
  • IP電話主軸でも080や090の電話回線を取得することが出来る格安SIMを選ぶ

通話品質を安定させたいならIP電話を主軸とした格安SIMは避けるべきです。

それか、IP電話主軸の業者でも080や090の電話回線を取得できる格安SIMを選ぶことが重要です。

有料オプション扱いになりますが、格安SIMの中でも、月々数百円程度で080、090の電話番号を取得できるものもあります。

通話品質を安定させたいなら取得がおすすめです。

格安SIMの通話品質を安定させたいなら業者選びが重要

格安SIMの通話品質を安定させたいなら業者選びが重要についての画像

画像引用元:Y!mobile公式

格安SIMの通話品質が悪いと呼ばれる現象と対処法、通話品質に定評のある格安SIM、避けた方が良い傾向を紹介してきました。

格安SIMで快適な通話ができることを重視して選ぶ際には下記2点をしっかり抑えておくといいでしょう。

格安SIMを通話で選ぶときのポイント
  • 大手キャリアの専用電話回線を利用できる
  • IP電話やデータ回線を使った通話なら、回線の速度や安定性を重視する

昨今では電話を使用せずLINEやTwitter等のSNS上でメッセージのやり取りをするのがスマホで連絡する時の主流になっています。

しかし仕事の現場等ではまだまだ電話で話す機会が多いですよね。

これから格安SIMを契約する方は、是非今回の記事を参考に通話品質を重視した格安SIMを選んでいただければ幸いです。

かけ放題プランがあるおすすめ格安SIMはこれ!通話し放題の5社を比較

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ワイモバイルPayPayボーナス
ワイモバイルPayPayボーナス
この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ