格安スマホが壊れたらどうする?修理と保証の仕組みを解説

格安スマホが壊れたらどうする?修理と保証の仕組みを解説

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ワイモバイルバナー

今回の記事では『SIMフリースマホや格安SIMで購入した格安スマホが故障した時の対処法』について解説します。

格安スマホを購入して格安SIM業者と契約を考えている方が、最も心配に感じるのが、利用中のスマホが壊れた時のサポートです。

ドコモ、au、ソフトバンクで購入・利用中のスマホは、店舗に持ち込めば修理出来ますが店舗が無い格安SIM業者も珍しくないので、修理や保証の仕組みは覚えておきましょう。

格安スマホが壊れた時の修理と保証
  • 格安SIM業者で購入&保証オプション加入なら修理交換対応可能
  • 持込んだスマホでの契約は保証オプションの対象にならない格安SIM業者もある
  • iPhoneは保証オプション対象外の業者もあるのでApple Care+加入がおすすめ
  • 購入してから1年以内メーカー保証期間
  • 保証オプション未加入・対象外&メーカー保証期間外なら実費修理
  • 修理費用が高額になるなら機種交換も考えよう

格安スマホで一緒に購入したスマホが壊れた時の修理と保証の流れ

保証

画像引用元:楽天モバイル: スマホ交換保証

先に結論から申し上げておきますと『格安SIM業者で購入した格安スマホ』や『SIMフリースマホ』が故障した時の修理方法は下記4つです。

  • 契約した格安SIMの保証オプションに加入済…保証オプションを利用して修理
  • 1年以内の故障ならメーカー保証期間内…メーカー対応で新品交換や無償修理
  • 保証オプション未加入&メーカー保証期間外…実費による有償修理
  • 街中にある非公認のスマホ修理ショップで修理…実費による有償修理

ドコモ、au、ソフトバンクで購入したスマホとは異なり、amazonや中古ショップで購入したスマホで格安SIM業者と契約を考えている方も少なくありません。

ですが、一見複雑そうに見えますが、

  • 格安SIMの保証オプションに加入しているか
  • 格安スマホを購入してから1年以内か

のこの2点が判断基準なので、実際は複雑ではありません。

各社の保証オプションに加入している場合は格安SIM業者で修理受付

格安SIM業者で用意している有料の保証オプションに加入している人は、スマホが故障時に格安SIM業者側に修理交換を申込みます。

保証オプションに加入しているか否かは、格安SIM業者が設けているマイページや請求書に保証オプションの料金が発生しているか見て確認しましょう。

通販サイトや中古ショップで購入したスマホを持込、新規契約した場合に保証オプション加入できるかは格安SIM業者で異なっています。

  • 契約と同時にスマホを購入した人だけ加入可能
  • 持込新規契約も可能
  • 持込新規契約も可能だが別の保証オプションを用意

と格安SIM業者別に分かれているので確認しておきましょう。

ワイモバイルバナー

保証オプションに加入していない場合はメーカー保証を受ける

保証

画像引用元:楽天モバイル: スマホ交換保証

格安SIM業者の保証オプションに加入していない、どこの通信事業者とも契約していないスマホは購入して1年以内ならメーカー保証を受けることができます。

格安スマホを販売しているメーカーは、購入してから1年以内の自然故障は保証期間として定めている場合が多いです。

そのため、保証書は無くさないようにしましょう。

ただし、メーカー保証期間は新品を購入してから1年以内なので、中古ショップで購入したスマホは既に保証期間外になっている可能性があります。

格安スマホを中古ショップで購入する場合は、保証期間がいつまでなのか調べてから購入するのがおすすめです。

保証オプション未加入・メーカー保証期間外ならメーカー側で有償修理

格安SIM業者の保証オプションに未加入、メーカー保証期間外ならメーカー側で有償の実費修理となりますが、破損の度合いによっては高額になるケースも考えられます。

場合によっては別の格安スマホを購入した方が安上がりになりますので、修理代金を見積もって高額になるなら機種変更を考えた方が良いでしょう。

街中のスマホ修理店で有償修理

街中にはスマホの修理を受け付けている店舗も多いので、スマホ修理店に持ち込み有償修理を行ってもらう手もあります。

ただし、街中のスマホ修理店には以下のメリット、デメリットとリスクがある点を承知の上でご利用下さい。

スマホ修理店のメリットとデメリット
  • 店舗によってはAndroid・iOS問わず受け付けてくれる
  • 破損や故障状況次第で即日修理交換が可能
  • 格安料金で引き受けてくれる店舗もある
  • Apple正規プロバイダではないので今後Apple修理対応対象外になる可能性有
  • 店舗によって修理技術が大きく変動する
  • 修理にかかる料金が統一されていない

Android・iOS問わず専門知識が豊富で修理技術の腕が良い、更に格安料金で修理を引き受けてくれる良心的なスマホ修理店もあります。

ただし、街中のスマホ修理店はメーカー非公認がほとんどなので、それなりのリスクがある点は覚えておきましょう。

格安SIM業者の保証オプションの加入の補足

これから格安SIM業者で格安スマホの同時購入を考えている、あるいは既に格安スマホを利用中の方に保証オプションについて補足です。

持込で契約したスマホの対象可否の他にも、保証オプションの加入タイミングとiPhoneの利用を考えている方は下記2点を押さえておきましょう。

保証オプションは新規契約・機種変更時のみ受け付け可能な業者が多い

保証オプションの加入タイミングは、新規契約を行った時か機種変更で格安スマホを同時購入した時に設定している格安SIM業者がほとんどです。

後から保証オプションに加入できる格安SIM業者もありますが、保証の対象となるのが加入から一定期間経過後に設定して故障直後に駆け込みを防ぐ措置を取っています。

万全を期すならiPhoneはApple Care+加入がおすすめ

格安SIM業者の中にはiPhoneを取り扱っている業者もありますが、万が一の故障や破損の事態を考えるとApple Care+の加入がおすすめです。

Appleから正式なサポートを受けられる以外にも、高額になりがちなiPhoneの修理代金を画面の破損で3,400円、その他の過失による損傷も11,800円になります。

Apple Care+の加入は購入してから30日以内なので、加入を忘れないように気を付けて下さい。

AppleCare+て必要?保証内容と修理費用と無償サポートの範囲を解説

次のページでは、代表的な格安SIM業者4社の格安スマホ故障時の対応について解説します。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ワイモバイルバナーワイモバイルバナー
この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ