SIMフリースマホが壊れたらどうする?修理と保証の仕組みを解説

  • 2018年7月6日
  • by 
SIMフリースマホが壊れたらどうする?修理と保証の仕組みを解説

「SIMフリースマホって壊れたらどうするの!?」

SIMフリースマホを使っている方も、これから購入しようと考えている方も、故障時の対処は知らない人が多いようです。

そこで今回はSIMフリースマホが壊れた時の修理の流れや、保証について解説します。

この記事を読めば、万が一SIMフリースマホが故障しても慌てずに対処できますよ!

今回の流れ

  • SIMフリースマホのメーカー保証はどこまで保証している?
  • SIMフリースマホを修理に出す手順【初期不良と端末交換補償】
  • SIMフリースマホを修理に出す手順【端末交換補償に未加入の場合】

1 SIMフリースマホのメーカー保証はどこまで保証してくれる?

SIMフリースマホに限らず、キャリアスマホやiPhoneもメーカー保証が必ず付いています。

まずは主要なSIMフリースマホのメーカー保証内容をチェックしましょう。

主要メーカーの保証概要

 ASUSHUAWEIApple
保証期間1年間1年間
(購入14日以内は新品交換)
1年間
保証内容通常使用による不具合・自然故障のみ

保証内容を見ると、メーカー保証は購入から1年間のみ有効ということがわかります。さらに、保証される故障内容も限定的ですね。

メーカー保証の適用範囲

  • 通常使用による不具合
  • 自然故障

この2つはわかりにくいので、もう少し詳しく見ていきましょう。

1-1 通常使用による不具合・自然故障について

メーカー保証で書かれている「通常の使用」や「自然故障」とは、主に次のことを指します。

「通常の使用」「自然故障」とは?

  • 取扱説明書に書いてある範囲内の利用
  • 落下や遺物の挿入・浸水がない
  • 外的要因のダメージがない
  • 高温多湿など、劣悪な利用環境ではない
  • 分解・改造は行なっていない

正確な規定は保証書に書かれていますが、どのスマホも上記を守って利用して入れば、故障しても保証対象になります。

つまり、次のような故障はメーカー保証が効きません。

メーカー保証の効かない故障

  • 落として画面が割れた
  • お尻のポケットに入れたまま座って壊れた
  • 洗濯機で洗ってしまった
  • 自分で部品交換を行なって壊れた

スマホによくある故障は軒並みメーカー保証の対象外だということですね。

保証期間中であっても、保証の効かない故障は修理代金が請求されます。機種と故障状況によっては、新しいスマホを購入した方が安くなることも。

こうした保証の効かない故障を経験したことがある方は、次に解説する「有料の端末交換補償」を活用した方がいいでしょう。

1-2 有料の端末交換補償について


画像引用元:端末交換オプション – DMM mobile

メーカー保証の対象はかなり限定的であることはお伝えした通りです。

しかし、一部のメーカーやSIMフリースマホを取り扱う格安SIM事業者では、有料でメーカー保証外の故障にも対応してくれる「端末交換補償」を提供しています。

端末交換補償を提供しているメーカー

 AppleHUAWEI※
費用iPhone X:22,800円
iPhone 8:14,800円
4,700円〜12,200円
保証期間購入から2年間2年〜3年
交換時の自己負担画面のみ:3,400円
その他の破損:11,800円
0円〜12,000円
加入期限購入から30日以内購入から1週間以内
※機種により費用も自己負担も異なります。詳しくはこちらを確認してください。

メーカーが行う端末交換補償は、購入時またはメーカーの定める期間内に加入手続きが必要です。

有料保証を提供している主要格安SIM事業者

 月額料金保証期間
交換回数
交換時の
自己負担
mineo370円35ヶ月間
2回まで
1回目:5,000円
2回目:8,000円
IIJ mio※1380円
500円
年間2回まで1回目:5,000円
2回目:8,000円
DMM mobile※2350円1回のみ3,000円
5,000円
7,000円
楽天モバイル※2500円年間2回まで3,000円
5,000円
7,000円
BIGLOBEモバイル※1380円
570円
740円
2年〜3年間1回目:5,000円
2回目:10,000円
3回目:15,000円
※1 機種により月額が異なる
※2 機種により交換時の自己負担が異なる

一方、格安SIM事業者の提供する端末交換補償は月額制です。

事業者によってサービス内容は微妙に異なりますが、総じて通信サービスとセットで購入したSIMフリースマホが補償対象です。

そのため、メーカーが交換補償を行なっていないSIMフリースマホでも、契約期間中は格安で故障端末を交換してくれます。

ここまでのまとめ

  • メーカー保証は多くの故障は対象外になる
  • HUAWEIやAppleはメーカーが端末交換補償を行なっている
  • その他のSIMフリースマホは格安SIM事業者なら端末交換補償がある

SIMフリースマホ本体のみを購入する場合は、一部のメーカーを除きメーカー保証のみになってしまいます。

  • メーカー保証の対象外になる故障の可能性がある方
  • 念のため交換補償をつけておきたい方

こうした方は、交換補償に対応したメーカーや格安SIM事業者から端末を購入するようにしましょう。

SIMフリースマホ最新おすすめランキング【2018夏モデル】

次のページでは、状況別にSIMフリースマホを修理に出す手順を解説します。

頭金9,500円は必要!?
オンラインショップなら0

  • 頭金なし
  • 営業トークなし
  • 待ち時間なし
  • 不要オプションなし
ドコモ公式ショップで在庫を見るau公式ショップで在庫を見るソフトバンク公式ショップで在庫を見るおとくケータイ.netケータイ乗り換え.comSMARTPHONE STORE

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

UQモバイルの「端末補償サービス」は必要?故障から修理までの手順... 大手キャリアでは、端末が故障しても修理に出すことができます。 しかし、格安SIMを利用していた場合、「きちんと修理してくれるのかな」と不安に思う方も多いのではないでしょうか。 そこでこの記事では、格安SIM業者UQモバイルを利用...
【ZenFone 5 VS Galaxy S9+】6インチ台でRAM6GBの高性能スマホを比較... 高コスパで人気が高いZenFoneシリーズの2018年最新モデルZenFone 5が人気を集めています。 年々デザインが改良され、もう安いSIMフリーモデルとは思えない見た目になりましたね。しかし、ドコモやauではGalaxy S9+...
【iPhone 8 VS HTC U12+】4インチ台機種と6インチのSIMフリースマホを比較... 2018年夏の注目機種として、HTC U12+がリリースされました!最新CPUと高性能カメラで人気の高いSIMフリーモデルですね。 しかし、国内シェア1位のiPhoneとどちらにするか悩む方も多いようです。 そこで今回はiPho...
【Xperia XZ1 compact VS AQUOS R compact】小さいスマホの頂上決戦... スマホを購入する際に「利用しやすいコンパクトなスマホがいい」と考えている人も多いかもしれません。 しかし、2018年時点ではディスプレイサイズが5.5インチ〜6.2インチのものが多く、人によっては使いにくいと感じています。 そこ...