ソフトバンク「シンプルスマホ5」が登場!発売日/価格/スペックを解説

  • 2020年9月2日
  • by.araki

シンプルスマホ5

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事では、ソフトバンクから発売される「シンプルスマホ5」について紹介します。

シンプルスマホとは、SHARPが開発しているシニア向けスマホのシリーズです。

前作のシンプルスマホ4から2年振りの新作となります。

シンプルスマホ5まとめ
  • シニア向けの最新スマホ
  • 大きくて見やすい文字やボタンが特徴
  • サポート窓口にも簡単に連絡できる
  • 防水・防塵・耐衝撃で頑丈
  • ただしスペックは低い

トップ画像引用元:シンプルスマホ5 ソフトバンクの特長|AQUOS:シャープ

シンプルスマホ5の発売日/価格

シンプルスマホ5

画像引用元: シンプルスマホ5のデザイン|AQUOS:シャープ

シンプルスマホ5は、ソフトバンクから2020年9月4日発売です。

価格は以下の通りです。

シンプルスマホ5
本体価格49,680円
割引適用時※24,840円
購入ソフトバンク(公式)を見る

※トクするサポート+適用時

本体価格は49,680円となっています。

ですがトクするサポート+の対象機種となっているので、機種代金を半額近くの24,840円にすることも可能です。

シンプルスマホ5のスペック

シンプルスマホ5

画像引用元:シンプルスマホ5のデザイン|AQUOS:シャープ

シンプルスマホ5は、基本的にはスペックの低いスマホです。

シンプルスマホシリーズはシニア向けスマホとして人気があり、その名の通りシンプルでわかりやすい設計となっています。

シンプルスマホ5
ディスプレイサイズ約5.5インチ
本体サイズ高さ:約154mm
幅:70mm
厚さ:9.3mm
重さ約168g
アウトカメラ広角:約1300万画素
深度:約500万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー4,000mAh
RAM3GB
ROM32GB
SoC(≒CPU)SDM450(クアッドコア)1.8GHz+1.8GHz
OSAndroid 10
認証
カラーシャンパンゴールド・ネイビーブルー・ワインレッド

携帯電話として使えれば良い人向け

シンプルスマホ5のCPUはSnapdragon 450です。

これは2017年に登場した「低スペック・低価格」のCPUで、同じSHARPから2018年に発売されたAQUOS sense2にも使われていました。

CPUとは
  • 端末の「脳」にあたる部分のこと
  • CPUのスペックが低いと日常使いでも動作がカクカクして重い
  • アプリが急に落ちるなどの不具合にも見舞われやすくなる

Snapdragon 450を使っているシンプルスマホ5は、まさに「カクカクする低スペックなスマホ」です。

そのため、あくまで携帯電話として使えれば十分という方におすすめです。

動画やビデオ通話ならコスパの良い高性能スマホもオススメ

YouTubeで高画質の動画を見たり、LINEやZoomでビデオ通話をしたりしたい方もいますよね。

ただしそういった場合は、別のスマホを選んだほうがいい可能性もあります。

例えば、同じSHARP製でソフトバンクから発売中の「AQUOS sense3 plus」などは、高すぎない価格で中くらいのスペックとなっています。

防水・防塵・耐衝撃

シンプルスマホ5は、IP68という最高保護等級の防水・防塵性能を有しています。

また、MIL規格に準拠した耐衝撃性能もあります。

MIL規格とは、米軍が調達する物資の耐久性を定める規格です。

頑丈さという面において、シンプルスマホ5はとても頼もしいスマホと言えます。

おサイフケータイには非対応

シンプルスマホ5は、残念ながらおサイフケータイには非対応です。

スマホで電子マネーを使いたいという方は、別のシニア向けスマホを見てみるのもいいでしょう。

おサイフケータイを使う予定だった方は要注意です。

シンプルスマホ4からの進化点

ソフトバンクのシンプルスマホ4

画像引用元:シンプルスマホ4 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

シンプルスマホ5は、シンプルスマホシリーズの新作機種として発売されます。

それでは2018年に発売された旧モデルのシンプルスマホ4から、一体どこが進化したのでしょうか。

主な進化点は以下の通りです。

シンプルスマホ4からの進化点
  • CPU
    Snapdragon 430から450になった
  • バッテリー容量
    2,800mAhから4,000mAhになった
  • 画面サイズ
    5.0インチから5.5インチになった
  • 機能
    「押すだけサポート」機能が追加された

シンプルスマホ5は「カクカクする低スペックなスマホ」であると言いましたが、シンプルスマホ4はもっと低スペックなものでした。

バッテリー容量がアップ!

まずバッテリー容量が、2,800mAhから4,000mAhと大幅にアップしています。

4,000mAhというのは、高スペックなスマホにも負けない大容量です。

SHARP公式によると、

  • 1日あたり約1時間の操作
  • 通話やメッセージ送受信が中心の操作

なら、1週間経ってもバッテリー切れにならないと言われています。

画面サイズとともに本体サイズや重量もアップ

シンプルスマホ5では、画面サイズも5.0インチから5.5インチと大きくなり、より見やすくなりました。

ただ、本体サイズ自体も大きくなっていますし、重量は20gほど重たくなっています。

この大型化は好みが分かれるところかもしれません。

気になる方は、一度ソフトバンクショップなどで実機を触って確認してみてくださいね。

「押すだけサポート」で使いやすさもアップ

そして、新機能として「押すだけサポート」が搭載されました。

この機能こそが、シンプルスマホ5の最大の目玉です。

押すだけサポートは、簡単に言うと

  • スマホを初期設定に戻すことができる
  • サポート窓口への連絡が簡単にできる

機能になります。

詳細は次章で解説します。

シンプルスマホ5がシニア向けスマホとしてオススメの理由

シンプルスマホ5

画像引用元:シンプルスマホ5の見やすい|AQUOS:シャープ

ここまで、シンプルスマホ5は率直に言って低スペックなスマホであることを説明してきました。

それではなぜ、「シンプルスマホ5はシニア向けスマホとしてオススメ」と言えるのでしょうか。

シニアが使うからこその注意点と一緒に説明します。

シニア向けスマホとしてオススメの理由
  • 大きくて見やすいボタンと文字
  • 物理ボタンがある
  • 「押すだけサポート」で初期設定に戻せる
  • サポート窓口にすぐ連絡できる

大きくて見やすいボタンと文字

シンプルスマホ5

画像引用元:シンプルスマホ5のデザイン|AQUOS:シャープ

シンプルスマホ5は他のAndroidスマホに比べ、ボタンと文字が最初から大きく表示されるよう改造されています。

これは、老眼が多いであろうシニア層でも画面が見やすいようにという配慮です。

またどこに何の機能があるかが一目瞭然なので、操作も非常に簡単です。

物理ボタンがある

シンプルスマホ5

画像引用元:シンプルスマホ5の電話&メール|AQUOS:シャープ

最近のスマホは物理ボタンを排除して見た目をスマートにするのが主流ですよね。

ですがシンプルスマホ5は、操作をシンプルにするためにあえて物理ボタンを残しています

どれを押せばどんな機能を呼び出せるのかが一目瞭然です

シンプルスマホ5のボタン3つ
  • 電話ボタン
  • ホームボタン
  • メールボタン

不在着信や新着メールがあったときには、ボタンが点滅して教えてくれます。

また、本体側面には「音声検索」ボタンも搭載

これにより、声だけでアラームをセットしたり、インターネット検索したりが可能です。

「押すだけサポート」で初期設定に戻せる

シンプルスマホ5

画像引用元:シンプルスマホ5の安心|AQUOS:シャープ

スマホ操作で困った時に便利な「押すだけサポート」機能も加わりました。

押すだけサポートでは、スマホを初期設定に簡単に戻すことなどができます。

誤っておかしな設定をしてしまって「着信音が鳴らなくなった」などのアクシデントがあった際に有用です。

サポート窓口にすぐ連絡できる

シンプルスマホ5

画像引用元:シンプルスマホ5の安心|AQUOS:シャープ

「押すだけサポート」機能からサポート窓口に連絡することも可能です。

専門スタッフに操作に関することを直接相談できます。

このサービスこそがシンプルスマホ5の最大の魅力かもしれません。

ちなみにソフトバンクを解約してしまうと、電話サポートを受けられなくなるので注意です。

シニアが使うからこその注意点

一方、シニアが使うからこそ注意したいこともあります。

それは繰り返しになりますが、シンプルスマホ5のスペックが非常に低いことです。

「初心者には高スペックはいらない」という発想はわかります。

確かに、

  • 高スペックなスマホには難しい機能がいっぱい付いている
  • 低スペックなものには、簡単な機能しかない

というイメージはありますよね。

しかしスマホにおいては、このイメージはあまり正しくありません。

根本は他と同じAndroidスマホですから、機能面での違いはほとんどないのです。

高性能スマホとの違いは「どれだけ動作がサクサクか」

大きな違いはずばり、動作の快適さに現れます。

高スペックなスマホはサクサク快適に動き、低スペックなスマホはカクカク重たかったりアプリが急に落ちたりしがちです。

こういったスペックの低さが原因のトラブルを回避したい場合は、シンプルスマホ5にこだわらない選び方もおすすめします。

「低スペックなほうが逆にいい」ことはないと、意識しておきましょう。

ただシンプルスマホ5は、その分操作がシンプルで使いやすいのも大きな特徴です。

シンプルスマホ5はトクするサポート+でお得に購入しよう

ソフトバンク トクするサポート

画像引用元:トクするサポート+ _ スマートフォン・携帯電話 _ ソフトバンク

最後に、シンプルスマホ5をなるべくお得に買う方法をご紹介します。

それは、シンプルスマホ5に適用できる割引キャンペーン「トクするサポート+」を利用することです。

ここではトクするサポート+について説明します。

トクするサポート+とは

トクするサポート+とは、ソフトバンクの分割払い対象のサービスです。

購入した機種を返却して新しい機種に買い替えることで、分割48回払いのうち最大24回分が免除されます!

トクするサポート+について
  • 条件1:対象機種を48回払いで購入する
  • 条件2:その機種を返却し、指定機種に買い替えする
  • 13ヶ月目から返却ができる
  • 最大24回分の支払い免除を受けるには、25回目を支払う前に返却&買い替えする必要がある
  • 25回目以降も支払った分は返ってこない

つまり、シンプルスマホ5を購入から2年以内に返却&新機種に買い替えすれば、支払う代金は半額になるのです。

もちろん新機種の代金を新たに支払うことにはなります。

節約というより、2年という短いサイクルでスマホをガンガン買い替えたい方におすすめです。

また、トクするサポート+に加入しながらやっぱり返却しないということもできますし、プログラム手数料などもかかりません。

トクするサポート+に加入できるのは購入時のみなので、48回払いが問題ないならとりあえず加入しておきましょう。

サポート窓口のサービスが魅力!

以上、ソフトバンクから2020年9月4日発売のシンプルスマホ5についてでした。

前作のシンプルスマホ4は2018年7月20日に発売されたので、実に2年振りの新作です。

シンプルスマホ5には新たに「押すだけサポート」機能が加わり、より簡単に初期設定に戻せたり、サポート窓口に連絡したりできるようになりました。

シンプルスマホ5まとめ
  • シニア向けの最新スマホ
  • 大きくて見やすい文字や物理ボタンが特徴
  • サポート窓口にも簡単に連絡できる
  • 防水・防塵・耐衝撃で頑丈
  • ただしスペックは非常に低い

特にサポート窓口に容易に連絡できるのは、シンプルスマホ5を買う最大のメリットになり得ます。

ただシンプルスマホ5は、スペックの低さが欠点です。

サポート窓口に頼る必要があまりない方であれば、他のスマホも選択肢に入れて考えたほうがいいかもしれません。

購入する際はトクするサポート+を利用して安く手に入れちゃいましょう!

【2020年】高齢者におすすめのシニア向けスマホ4選|キャリア別に紹介

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ