2000年から劇的に変化した携帯電話。今までの変化とこれからの在り方

  • 2018年12月25日
  • by 
2000年から劇的に変化した携帯電話。今までの変化とこれからの在り方

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

現在はドコモのガラケーと格安SIMのスマホを2台持ち

  • 女性
  • 43歳、看護師
  • 利用しているキャリア:ドコモ、イオンモバイル
  • 初めて携帯を持った年月:2000年25歳の時
  • 携帯を持ったきっかけ:まわりで携帯をもっていないのが自分だけになったのをきっかけに購入
  • 初めてのキャリア:ドコモ
  • 初めての機種:NEC
  • よく使った機能:電話 キャリアメール、メール、写メ
  • 最初の機種変更まで何年使ったか:4年
  • 月々の携帯料金はいくらだったか:2000円くらい
  • メル友の人数:10人
  • どこで買ったか:キャリアの正規店

初めて持った時はガラケーでした。

今思えば最低限度の機能しかついてなかったものですが、初めて持った当時はすばらしい機械を手に入れた気分でした

電話がかかってくるのがとても楽しみでしたし、用もないのにメールを送ったりしていたことを覚えています。

最初にドコモに決めたのは、地元が田舎でドコモが主流であったからです。

初めて機種変更したときにはスマホになっていましたが、初めてスマホを持った時の衝撃は大きなものでした

おそらくみなさんそうだと思いますが、小さな画面上でなめらかに映像が動くことが信じられないほどの驚きでしたし、いまだにすごい技術だなと思います。

あと画面にあるキーをタッチすることで文字が入力されること、タッチしてどんどん画面が変わっていくことに驚きました。

2本の指を使って画面が大きくなったり小さくなったりすることなど、スマホが出たてのときには周りの友人たちとも大騒ぎしていたことをよく覚えています。

2回目の機種変更はその2年後くらいです。その後はおよそ2年ごとくらいで機種変更をしてきました。

格安SIMが出始めたころ、興味はもったもののなかなか踏み出せずにいました。

しかし知り合いが格安に乗り換えたのを聞いて私も挑戦してみたいと思い、OCNモバイルに電話をして情報を得てネットで注文してドコモから乗り換えました

この乗り換え作業が、機械にそれほど詳しくない私にとってはかなり難しいものでしたが、サポートセンターの方がとても親切に教えてくださったのでなんとか自力で乗り換えることができました。

その後、気になり始めたのが、格安SIMの通話状態の悪さと通話料金の高さです。いろいろ調べて、2台持ちという選択をしました。

再びドコモのガラケーに番号乗り換えをして、データ通信のみを格安SIMで使うようになり、現在に至ります。

格安SIMでもOCNとイオンモバイルを使ってみましたが、使用感に大きな差はなく、最終的には料金の安いイオンモバイルを利用しています。

初めての携帯、スマホを使ったころに比べると画像もきれいになり、写真においてはむしろカメラよりもきれいだし使い勝手が良く、パソコンに落とすのも簡単でいいと思います。

テレビもあまり見ず、ニュースもスマホで見て、買い物も、ホテルの予約も、気が付けばなにをするにもスマホになっていました。

もうスマホなしでは生活ができないようになってしまいました。

ガラケーからスマホへ写真や画像データ移行の方法【iPhone/Android】

どんどん便利で使いやすくなる携帯の変化が楽しみ

画像引用元:携帯電話の歩み/デジタル・mova N502it HYPER

  • 女性
  • 38歳、主婦
  • 利用しているキャリア:au
  • 初めて携帯を持った年月:2000年20歳の時
  • 携帯を持ったきっかけ:社会人になったのでピッチから携帯に変更
  • 初めてのキャリア:ドコモ
  • 初めての機種:N502it
  • よく使った機能:電話、メール
  • 最初の機種変更まで何年使ったか:4年
  • 月々の携帯料金はいくらだったか:10000円くらい
  • メル友の人数:10人
  • どこで買ったか:親や家族からもらった

ガラケーでした。初めて携帯にしたときはようやく自分も持てた喜びでいっぱいでした。

当時うちの母がNTTに勤務していたので、ドコモ以外考えていませんでした。そして身内も友人もみんなドコモだったのでドコモが一番安心でした。

あと、出身地が田舎で電波がなく、ドコモ以外は圏外だったので他のキャリアは無理だったと思います。

ピッチの時はふたがなかったので、2つ折りの携帯がすごく魅力的で、携帯にした時何度もパカパカと開けたり閉じたりを繰り返したのを覚えています。

メールをする時、文字を打つのに速くうてなくてとても苦労しました。

電話帳の設定や着信音の設定なども、携帯をいじるだけで楽しかったので暇があれば細かく設定したり、携帯の機能を堪能してました

ドコモの携帯は10年くらい使いました。

故障した時にSDカードの紛失トラブルがあり、ドコモの店員さんの対応がひどくドコモへの信用が出来なくなり、auに変更しました。

今は時代も変わり指で操作ができるスマホやiPhoneになり、機能もたくさん増えました。

スマホが出始めた頃、自分は流行に乗らずガラケーでボタンをポチポチ押して使う方が絶対いいと思ってました。

どちらかといえばアナログ人間だったと思います。スマホを持って初めて持った時は、なかなか使いこなせなくてガラケーがいいと思ってました。

今は当たり前のように携帯を持つ時代で手元にないと焦ったり不安になる存在です。

当時のガラケーよりも画面は広くて大きいし、液晶もきれいで便利なアプリもあって携帯1つで色々出来ます。

でも当時はガラケーでも携帯で電話やメールができるってだけで便利だなと思っていたので、比較するというよりも、どんどん進化して使いやすく便利になってきたのが嬉しいです。

金額面では、色々なプランが出てきて家族間の無料通話とかはありがたいです。

でも、携帯の本体価格が段々と高額になってきて分割は組めるけれども、簡単には買えなくなってきていると思いました。

※ユーザーの生の声をそのまま掲載しています。

ガラケーからスマホに乗り換える時のお得なキャンペーンと手続き方法

編集部まとめ

今回は2000年から現在に至るまでの携帯やキャリアの変化や歴史についてまとめてみました。

2001年にFOMA端末が発売されたこともあり、携帯は2000年から劇的に変化していきましたよね。

当時はいかにデザインで他に差をつけるか考えていた気がしますが、スマホはデザインがどれも似ているので少し寂しい気もします。

しかし、どんどん変化していくこれからのスマホが楽しみです!

音声通話・ガラケーにこだわる人の携帯の乗り換えトップ3

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ