スマホの電源が入らない時の対処方法|ボタンが反応しない時の代替案

スマホの電源が入らない時の対処方法|ボタンが反応しない時の代替案

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

いきなり「スマホの電源が入らなくなってしまった」「電源ボタンが反応しない」となると困ってしまいますよね。

今回はそんなときのための対処法についてまとめました。

急に電源が入らなくなったとしても、実は故障ではなく、すぐに解決することもあるのです!

修理に出す前に、一度本記事でご紹介している対処方法を試してみてくださいね。

電源が入らない場合の対処法まとめ
  • 30分〜1時間充電をしてみる
  • 強制終了・リセットをしてみる
  • 他の充電ケーブルを試してみる
  • SIMカードやmicro SDを挿し直す
  • 電池パックを入れ直してみる
  • 強制初期化を試してみる

スマホの電源が入らない・ボタンが反応しない原因

iPhone

まずはスマホの電源が入らなくなってしまったときの主な原因をチェックしましょう。

一概には言えませんが、大抵は以下のことが原因です。

電源が入らない主な原因
  • 充電切れ・電池の劣化
  • スリープ中にフリーズ
  • 電池パックやSIMカード等の接触不良
  • OS・システムの破損

充電切れ・電池の劣化

スマホは長く使っていると、どうしても電池の劣化が進んでしまいます。

電池が劣化してしまうと、画面の表示上は十分電池残量があるのに、突然電池が切れてしまうことがあるのです。

また、充電器を接続してもすぐに充電されない「完全放電」扱いになることも。

特に2年以上利用している機種の場合は、この電池の劣化が原因で電源が入らなくなっている可能性が高いです。

ただし、電池の劣化ではなく、充電機能に問題が生じている可能性もあります。

もしかすると、充電器の故障や充電ケーブルの断線が原因かもしれません。

疑わしい場合は、他の充電器を使って充電してみてください。

対処法
  • 30分〜1時間充電してみる
  • 他の充電器を試してみる

スリープ中にフリーズ

AndroidもiPhoneも、スマホを動かすために内部で様々な処理を行っています。

それはスリープ状態でも変わりません。スマホをスリープ状態にしていても、LINEやメール、通知が受信できるのはこのためです。

しかし、このような処理が行われている最中に何かしらのエラーが発生したり、メモリー不足が起こったりすると、スリープ中にスマホがフリーズしてしまうことがあります。

しかし、画面が真っ暗なまま止まってしまうことになるので、ユーザー側は「電源がつかない」と思ってしまいがちです。

「スマホの電源がつかなくなった」とショップにスマホを持ち込む方はたくさんいますが、実はその半数は、この「スリープ中にフリーズ」が原因であると言われています。

ですから、突然電源がつかなくなった場合は、一度フリーズを疑ってみてください。

対処法
  • 強制終了・リセットをしてみる

電池パックやSIMカード等の接触不良

使っているスマホの電池パックやSIMカード、SDカード等が接触不良を起こしている場合、トラブル防止のため電源が落ち、再起動しなくなる場合があります。

スマホを落としてしまったり、埃や湿気の多い場所で使ったりする場合は、この原因を疑ってみてください。

対処法
  • SIMカードやmicro SDを挿し直す
  • 電池パックを入れ直してみる

OS・システムの破損

何かしらの理由でスマホのOS(AndroidやiOS)が破損し、電源が入らなくなっているのかもしれません。

とはいえ、システム破損が起きても、電源が完全に入らなくなるのは稀です。多くの場合は、起動画面から進まない状態になります。

Androidならメーカーのロゴ、iPhoneならアップルロゴがループする状態です。

これまでの対処方法で状況で改善しなかったり、上記のような状態になったりする場合は、システム破損の可能性を考えて対処した方が良いかもしれません。

対処法
  • 強制初期化を試してみる

スマホの電源が入らない・ボタンが反応しない時の対処法

スマホの電源が入らない・ボタンが反応しないときの対処を、より具体的に解説していきます。

すぐにできるものもあるので、修理に出す前に一度試してみてくださいね。

電源が入らない場合の対処法まとめ
  • 30分〜1時間充電をしてみる
  • 強制終了・リセットをしてみる
  • 他の充電ケーブルを試してみる
  • SIMカードやmicro SDを挿し直す
  • 電池パックを入れ直してみる
  • 強制初期化を試してみる

スマホを30分から1時間充電する

スマホの電源が入らないときにまず試してほしいのが、「30分~1時間ほど、充電器を繋いだままにする」という対処法です。

電源トラブルの原因が以下のことにある場合は、30分も充電器に繋いでおけば十中八九直るでしょう。

  • スリープ中に、バックグラウンドで動いていたアプリが電池を消費してしまった可能性
  • 電池の劣化が原因で、実際の電池残量が画面表示よりも少なく、電池切れしていただけの可能性

ただ、以下の状態の場合は、30分経っても復帰しないかもしれません。

  • 電池が完全放電した状態
  • スマホが完全放電状態と認識した状態

このようなときは、充電器を接続しても充電中表示が出ない可能性があります。

充電器を挿して反応がなくても、しばらく様子を見るようにしましょう。

スマホを強制終了・リセットする

スリープ中のフリーズが原因で、電源がつかないように見えている可能性もあります。

一度スマホを強制終了・リセットしてみてください。

強制終了やリセットの方法は使っているスマホによって若干異なります。

なお、最新のiPhone 11シリーズの強制終了方法は以下のとおりです。

  1. 本体右のサイドボタン+本体左にある音量ボタンを同時に押し続ける(音量キーは2つありますが、どちらでもOKです)
    iPhoneの再起動方法
  2. 画面が切り替わるので、上部に表示される「スライドで電源オフ」をスライドさせる

他の充電ケーブルを試してみる

充電ケーブルの断線を見た目で判断するのは難しいものです。また、断線しかかっていることが原因で電圧が足りず、バッテリーに負担がかかっている可能性もあります。

充電や強制終了でも電源が復旧しなかった場合は、他の充電ケーブルで充電できるかどうか試してみましょう。

特にサードパーティ製の充電器を使っている方は、純正ケーブルを用意してテストしてみてください。

SIMカードやmicro SDを挿し直す

SIMカードやmicro SDの接触不良・異常が原因だった場合は、それぞれを挿し直すことで電源が復活するかもしれません。

カードを取り出したら、物理的な異常がないかしっかりとチェックしてくださいね。

特に、スマホ本体と接触するIC部分(金属部品)には要注意です。

この部分が錆びたり侵食したりしていると、他の故障の原因になりかねません。

特に腐食している場合は、スマホの基盤も破損している恐れがあります。

SIMカードやmicro SDを挿し直す時に、忘れずチェックしてくださいね。

電池パックを入れ直してみる

特に故障がなくても、接触不良等で電流に異常があるとセーフティが働き、電流が流れない状況になることがあります。

そんなときは電池パックを一度取り出し、入れ直してみてください。

ただし、電池パックが取り出せるモデルは限られています。

バッテリー内蔵タイプの場合は、修理に出すしかありません。

もし使っているモデルが電池パックの取り外しに対応しているなら、電池の入れ直しを試してみてくださいね。

なお、電池パックが膨らんでいた場合は、電池の劣化がかなり進行しています。

故障の原因になるため、できるだけ早めに新しい電池パックと交換しましょう。

強制初期化を試してみる

「ここまでの対処で一応電源が点くようになったけれど、メーカーロゴやアップルマークから先に進まない」という方は、スマホの基幹システムであるAndroidやiOSが破損している恐れがあります。

そのままの状態では何もできないので、一度全てを初期化してから、OSから入れ直しましょう。

強制初期化の手順は、利用しているモデルによって異なります。メーカーによっては手順を公開していない場合も。

そのため、ここでは基本的な流れを説明します。詳しい手順は取り扱い説明書を確認するか、メーカーに問い合わせてください。

Androidスマホの強制初期化

Androidスマホの強制初期化は下記の通りです。

  1. 電源をOFFにする
  2. リカバリーモードで起動する

リカバリーモードで起動する手順はモデルによって異なります。

とはいえ、大抵は以下の3パターンでリカバリーモードに入ります。

主なリカバリーモード起動手順
  1. 電源+音量-ボタン or 電源+音量+ボタンを同時に長押し
  2. 電源+音量+/-ボタン3つを同時に長押し
  3. 電源+音量+ or 音量-ボタン+ホームボタンを同時に長押し

リカバリーモードにならなった場合は、メーカーやキャリアに問い合わせてください。

3「Wipe data/factory reset」を選ぶ

リカバリーモード中はタッチパネル操作ができません。

項目の選択は音量+/-ボタンで行い、電源ボタンで決定しましょう。

4「Yes」を選ぶ

Yesを選択するとスマホ内の全データが削除されて工場出荷時の状態となり、Androidがクリーンインストールされます。

途中で電池切れになってしまうと完全に起動不可になる恐れがあるので、Yesを押す前に充電器に接続してくださいね。

5「reboot system now」を選ぶ

これでスマホがまっさらな状態で再起動します。

初期設定を済ませて正常に使えるかチェックしましょう。

iPhoneの強制初期化

iPhoneの強制初期化には、パソコンと最新のiTunesが必要です。

  1. iPhoneとPCを接続してiTunesを起動
  2. iPhoneをリカバリーモードにする

iPhoneのリカバリーモードは、モデルによってボタンが異なります。

iPhoneのリカバリーモード起動手順
  1. iPhone 6s以前:電源を切ってホームボタンを押したままにする
  2. iPhone 7/7 Plus:電源を切って音量-ボタンを押したままにする
  3. iPhone 8以降・iPhone X以降:音量+→音量-を押してサイドボタンを押したままにする

iPhoneに対応したボタンを押したままiTunesに接続してください。しばらく待っていると、リカバリーモードになり、iPhoneの画面にiTunesロゴが表示されます。

3 iTunesで「復元」をクリック

さらにしばらく待つと、iPhone内のデータが全て削除され、復元が実行されます。

電源が入らないスマホからデータは取り出せる?

状況にもよりますが、電源が入らないスマホからデータを取り出すことは可能です。

1つずつ詳しく見ていきましょう。

バッテリーに原因がある場合

長時間放置していたスマホの電源が入らなくなってしまった場合、その原因の多くはバッテリーにあります。

スマホ本体は無事なので、バッテリーさえ交換すればこれまで通り使えるようになるでしょう。

あえてデータを取り出す必要もありません。

壊れた端末からデータを取り出すソフトがある

「PhoneRescue」というiPhoneとAndroidのデータを復元してくれるソフトも存在します。

なお、Android版のソフト名は「PhoneRescue」です。

PhoneRescueでは、メッセージや連絡先及び通話履歴などの個人データ、写真、音楽、LINEなどのアプリファイルなど、ほとんどのデータが復元できます。

また、欲しいデータだけ復元することも可能です。使用する際に、スマホを初期化する必要もありません。

バッテリーを交換しても電源が入らない場合は使ってみてくださいね。

iPhoneの充電ができない時に試したい10つのこと|意外とあっさり解決?

スマホの電源が入らない時はまず原因を探ろう

スマホの電源が入らない時は、慌てずに原因を一つひとつ探っていきましょう。

電源が入らない主な原因まとめ
  • 充電切れ・電池の劣化
  • スリープ中にフリーズ
  • 電池パックやSIMカード等の接触不良
  • OS・システムの破損

原因を切り分けるのは大変ですが、今回解説した対処方法を順番に試していけば、大抵の場合は使える状態に戻るはずです。

電源が入らない場合の対処法まとめ
  • 30分〜1時間充電をしてみる
  • 強制終了・リセットをしてみる
  • 他の充電ケーブルを試してみる
  • SIMカードやmicro SDを挿し直す
  • 電池パックを入れ直してみる
  • 強制初期化を試してみる

急に電源がつかなくなるとびっくりしてしまいますが、修理に出す前にぜひ今回解説した対処法を試してみてくださいね!

スマホのバッテリー交換の費用と寿命を延ばして長持ちさせる方法

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
sakaseteotome499
sakaseteotome499
埼玉出身。大学時代は就活に失敗してそのままフリーターに。一時は就職するも鬱になりかけ仕事を辞め、現在はフリーライター。 メインPCはSurface、愛用しているスマホはaquos。趣味はアイドルのライブに行くこと。好きな日本酒の銘柄は鏡山です。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ