スマホの画面が割れた!反応しない端末を修理に出してみた。ドコモ・au編

  • 2018年2月27日
  • by 
スマホの画面が割れた!反応しない端末を修理に出してみた。ドコモ・au編

3.画面割れしたスマホを修理に出す【ドコモ編】

ここからはドコモのスマホが画面割れしたときに修理に出す時の流れを解説します。
Androidの場合はドコモショップやオンライン修理受付サービスなど、ドコモを通して修理を依頼することになります。

一方iPhoneの場合、ドコモでは修理ができないので、Apple StoreやAppleの修理代理店などに持っていく必要があるので注意してください。
ケータイ補償サービスとdカードGOLDの補償機能を使う場合は近くのドコモショップでOKです。

3-1.ドコモの補償の有無による修理費

ドコモでは、スマホ本体の補償が複数あります。

  • ケータイ補償サービス
  • dカードGOLD
  • Apple Care+(iPhone限定)

この補償オプションの加入状況によって画面割れの対応が異なるので注意してください。
無補償での修理費はかなり高額になるので、これから機種購入を考えている方は、補償オプションには加入しておいた方がいいでしょう。

ケータイ補償サービスに未加入の場合、修理金額の目安はドコモショップで教えてもらえます。
機種により金額が大きく異なりますが、多くの機種は2万円前後です。

ケータイ補償に加入中の方はメーカー修理に出すなら5,000円、端末を交換するなら7,500円で交換してくれます。
7,500円でスマホ本体を交換してくれるのはかなり安く感じますよね。

でも実は、ケータイ補償で交換される端末はリフレッシュ品です。
初期不良や故障でメーカーが再整備した中古品なので新品ではないことに注意してください。

Apple Care+は画面割れのみなら3,400円とかなり安く直してくれます。
ただし、基本的にはApple StoreやApple認定の正規修理代理店に持ち込んで交換してもらいます。

なお、近くにApple Storや修理代理店が無い場合は「iPhoneエクスプレス交換」という郵送で交換する方法もあります。
ただし、画面割れでも11,800円かかってしまうことに注意してください。

3-2. 家族でドコモならdカードGOLDがおすすめ

ここまでドコモの補償ごとに画面割れの修理費を解説しました。
先ほどの補償サービスの比較表ではわかりにくいことですが、実は家族でドコモを使っているならdカードGOLDの補償が最強です。

dカードGOLDの補償は1枚のカードで最大4台まで補償対象にできます。
正確にはdカードGOLDの本会員1枚、家族カード3枚まで発行し、カードと電話番号を紐付けることで補償対象になります。

家族カードは1枚目は永年無料、2枚目以降は年会費1,000円です。
5人目はdカードGOLDの本会員を一人増やすことになり年会費が10,000円上がりますが、それでもdカードGOLDの方がお得であることに変わりありませんね。

dカードGOLDの補償を利用するときも、他の補償サービスより大きなメリットがあります。

  • 自己負担0円
  • その場で交換端末がもらえる
  • ドコモショップの在庫と交換
  • 交換時期次第で新機種になる

一番大きなメリットは、交換時の自己負担がかからないことです。

しかし、dカードGOLDの補償には端末代金の上限10万円までという制約があり、iPhone XやiPhone 8 Plus では自己負担が出てしまうということには注意が必要です。
でも、他の補償とのランニングコスト差が大きいので修理時に多少負担がでてもマイナスになることはありません。

さらに、交換端末は「同一機種と交換。同一機種がない場合、ショップの店長判断で同等の機種と交換。」になります。
Androidは年3回前後、iPhoneは年1回新機種が発売され、旧機種は在庫切れになるショップが多くなりますよね。

同じ機種の在庫がないショップでdカードGOLDの補償を利用すると、無料で新機種に替えることができるのです。
もちろん画面を割ってしまったら、行くショップを選ぶ時間的な余裕はないでしょうが、もし新機種と交換されればリフレッシュ品より気持ちよく使えますよね。

ただし、dカードGOLDには次のデメリットがあります。

  • 補償利用は年1回まで
  • 最後の機種購入日から3年間有効

dカードGOLDの補償は1回利用すると満1年経過しないと2回目の利用はできません。

つまり、年に何回も壊す可能性があるとdカードGOLDの補償よりケータイ補償の方がいいということです。

「今まで故障させたことがない」
「年1回までの補償で十分」
「念のため補償に入っている」

こうした使い方でケータイ補償に入っていて、家族で2人以上ドコモを利用している方はdカードGOLDに切り替えた方が大幅にコスト削減ができます。

あなたにおすすめ

Galaxy S9 / S9+のAR絵文字って使い道ある?人以外も認識するか試してみた... スマートフォンを使用してのコミュニケーションにおいて多くの人が当たり前のように利用している「スタンプ」は、文字を入力するのが面倒な時や、ちょっとした冗談を交えたりなど、コミュニケーションツールとして定着しています。 いくつものスタンプ...
MNPでキャッシュバックを最大限に!オンライショップの選び方とコツ... スマホの機種変更の時、常に確認しておきたいのがMNPした時の特典です。 特に現金キャッシュバックと端末一括0円は財布に優しく、2年縛り中解除の違約金も最小限ですみます。 特に端末料金が高額化する現状ではキャッシュバックと料金割引...
「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Premium」を徹底比較|どちらが買いか?... 大人気のAndroidスマホXperiaシリーズの最新モデルが各キャリアから発表されましたね! 今回もスタンダードなXperia XZ2と、映像美を追求したXperia XZ2 Premiumが発売されます。 Xperia XZ...
dカードGOLDがあればケータイ補償サービスは不要?2つの違いと注意点... ドコモの利用者にとって非常に便利な「dカードGOLD」の付帯サービス「dカードケータイ補償」。 これがあれば、月額料金が発生する「ケータイ補償」サービスはいらないという声もあるようですが、実際のところはどうなのでしょうか? ドコ...