スマートフォン・ケータイをおとくに乗り換えるための5つのポイント

スマートフォン・ケータイをおとくに乗り換えるための5つのポイント

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ソフトバンクバナー

「スマートフォン・ケータイを乗り換えよう!」そう思う理由やタイミングは人それぞれです。

そして、どうしたらおとくに乗り換えられるのか?その方法も利用状況や、乗り換えする人数などによって変わってきます。

ここではスマートフォン・ケータイをおとくに乗り換えるための5つのポイントに加え、ポイントを生かすコツについてまとめています。

スマートフォン・ケータイをおとくに乗り換える5つのポイント

  • 格安SIMに乗り換える
  • タイミングを見極める
  • 機種代金を検討する
  • さまざまな特典を検討する
  • 固定回線とセット契約を検討する

それでは1つずつ詳しく紹介します。

1 おとくに乗り換え | 格安SIMに乗り換える

「スマホ利用料金が安くなる!」と乗り換えユーザーを増やしているのが格安SIMです。

確かに利用料金自体は安く設定されていますが、トータルで本当におとくになるのかを複合的に検討する必要があります。

メリット、デメリットを理解した上でニーズが合致すれば、おとくになる方法です。

1-1 格安SIMの基本

『大手キャリア』と呼ばれるドコモ、au、ソフトバンクは自社回線を持ち、格安SIM各社はキャリアから借り受けた回線を利用してユーザーにサービスを提供しています。

キャリア=MNO(移動体通信事業者)、格安SIM=MVNO(仮想移動体通信事業者)とも分類されます。

ただし、ソフトバンクのサブブランドという位置付けであるワイモバイル(Y!mobile)は、格安SIMと呼ばれることも多いです。

しかし、実際には自社回線を所有していて、ワイモバイル回線/ソフトバンク回線の2回線を提供しています。

ソフトバンクバナー

1-2 格安SIMのおとくなポイント

格安SIMのお得なポイントを説明します。

1-2-1 格安SIM | 端末そのままでOK

ドコモ、au、ソフトバンク間で乗り換える際はスマホの購入を伴います。

転出元で購入したスマホの割賦代金が残っている場合、乗り換え先と合わせて2台のスマホの料金を支払わなければなりません。

格安SIMなら同じ回線であれば今使っているスマホをそのまま、別回線でもSIMロック解除すれば利用できるので、端末代金をかけずに乗り換えが可能です。

1-2-2 格安SIM | 速度制限をうけにくい

スマホを利用していてぜひとも回避したいのが速度制限解除の際の料金です。

格安SIMの場合、高速モードと低速モードの切り替えをユーザー自身でおこなうことが出来る為、低速で十分な時は低速モードにしておけばパケット節約になります。

また、格安SIMの低速モードはキャリアの128kbpsより速く設定されていることがほとんどで、事業者やプランにより異なりますが最低でも200kbpsとメールやSNS、軽めのサイトであれば使えるレベルの速度です。

1-2-3 格安SIM | 圧倒的に安い

例としてドコモと、ドコモ回線を利用している格安SIMである楽天モバイルを比較してみましょう。

料金/キャリアドコモ楽天モバイル
月額料金
基本プラン/980円
パケット3GB/4,000円
ネット接続/300円

  合計5,280円
3.1GB音声付きSIM

  合計1,600円

通話料金はどちらも30秒/20円です。

楽天モバイルでは月額850円で何度でも10分間通話し放題のオプションもあるのですが、それを加えても2,450円と半額以下となり、月額料金だけで比較すると圧倒的に安いです。

キャリアと格安SIM(MVNO)の料金比較・お得乗り換え|まとめ

1-3 格安SIMのりかえの注意点

いいところばかりの格安SIMですが、注意点もありますので確認していきましょう。

1-3-1 格安SIM | 通信品質

単純に料金だけで見ると、その名の通り圧倒的に安い格安SIMですが、安さには理由があります。

例えば上記で料金の比較をしたドコモと楽天モバイル。

どちらもドコモ回線ですが、混雑する時間帯は自社回線を持つドコモが優先され、回線を借りている楽天モバイルは速さを制限されてしまいます。

ただし、ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルと、auのサブブランドであるUQモバイルには時間帯による速度制限もなく、通信が安定していると定評があります。

料金面でも他社格安SIMより高く設定されており、キャリアと格安SIMの中間に位置すると言えるでしょう。

【格安SIM比較】通信速度が安定して速いのはどこ?遅いのはどこ?

1-3-2 格安SIM | 割引が少ない

格安SIMはもともと安い料金設定の為、ドコモ、au、ソフトバンクと比較して割引は少なくなります

例えばauの場合だとのりかえのキャッシュバック、固定回線とのセット割引スマートバリュー、機種代金に付随する割引の他、学割などのキャンペーンを利用すれば大幅に安くなることもあります。

比較する際は月額料金の安さだけではなく、割引も考慮する必要があります。

次のページでは、「おとくに乗り換えるためのタイミング」について紹介します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ソフトバンクバナーソフトバンクバナー

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

ソフトバンクバナー