スマホのウイルス対策|チェックする方法と警告の対処法【iPhone/Android】

  • 2020年10月4日
  • by.Iris777

Avira Antivirus

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

スマホもPCと同様、ウイルス対策をチェックする方法や警告の対処法があるのをご存じでしょうか。

「ウイルス対策は本当に必要なのか」「ウイルスに感染しているかどのようにチェックしたらいいのか」など疑問はあるでしょう。

そこで、今回はiPhone/Androidのウイルス対策について紹介します。

警告が出た場合の対処法などについてもあわせてチェックするので、ぜひ参考にしてみてください。

基本的に、スマホのウイルスは珍しいものですが存在しないわけではないことを覚えておきましょう!

スマホのウイルス対策で意識したいポイント
  • インストールしているセキュリティソフトが警告を発したら本物の可能性あり(要注意)
  • ブラウザなどの警告はフェイクアラートの可能性が高い
  • ウイルス感染の可能性が高い場合はアプリのアンインストールやファクトリーリセットで駆除

トップ画像引用元:Best free Antivirus for Android, Made in Germany

スマホでウイルス感染の警告が出たけど大丈夫?

AVAST

画像引用元:Download Free Antivirus Software | Avast 2020 PC Protection

スマホを利用していると、さまざまなタイミングでウイルス感染の警告が出ることがあります。

しかし、場合によっては偽物の警告だったりただの広告だったりすることがあるので注意が必要です。

ここでは、スマホ利用中にウイルス感染の警告が出た場合の対処法をみていきましょう。

警告がでたものの、どうすればいいのかわからない人はぜひ参考にしてみてください。

本物の警告である可能性が考えられるもの

下記のいずれかに該当する警告の場合は、本物の警告である可能性があります。

本物の可能性がある警告
  • セキュリティソフトでスキャンしたときに出た警告
  • アプリをダウンロードしてインストールするときに表示された警告
  • ダウンロードしたファイルを開こうとしたときに表示された警告

とはいえ、偽物が混ざっている可能性もあるので十分に注意しましょう。

本物かどうか迷ったときは、それぞれ以下のポイントを参考にして判断してください。

セキュリティソフトでスキャンしたときに出た警告

スマホにセキュリティソフトをすでにインストールしており、そのセキュリティソフトでスキャンを実行したときに警告がでることがあります。

この場合は誤検出の可能性はありますが、偽物だったり広告だったりする心配はないでしょう。

何がウイルスやマルウェアとして検出されたのかを確認し、必要に応じて削除などの対応を取ってください。

ただし、インストールしているセキュリティソフトの名称とは違う名称が表示された場合などは注意が必要です。

アプリをダウンロードしてインストールするときに表示された警告

新しいアプリをダウンロードし、インストールしようとしたときにも警告が表示されることがあるので要チェックです。

とくに、公式のストアからではなく、配布元のサイトなどからサイドロードした際に警告が表示されやすい傾向があります。

サイドロードアプリは公式ストアのアプリに比べてウイルスが紛れ込んでいる可能性が高いため、セキュリティソフトが警告を発したら十分に注意してチェックしてください。

配布元が信頼できない場合や、Web上でウイルスであるというレビューが多いアプリは避けたほうがいいでしょう。

ダウンロードしたファイルを開こうとしたときに表示された警告

Web上から何らかのファイルをダウンロードし、それを開くときに警告が表示されることもあります。

この場合も、インストールしているセキュリティソフトが発した警告であれば注意しなければなりません。

ただし、ブラウザが発した警告は偽物や広告の可能性が高いので、よくチェックしないと危険といえるでしょう。

意図せずに変なファイルをダウンロードしていて、そのファイルに対してセキュリティソフトから警告が出ている場合は開かないことをおすすめします。

偽物の警告もしくは広告である可能性が高いもの

逆に下記のいずれかに該当する場合は、偽物や広告の可能性があります。

その場合は、内容に十分に注意しなければなりません。

偽物・広告の可能性があり注意が必要なもの
  • 特定のアプリをインストールすることを促す警告
  • Webサイトにアクセスしたときにブラウザが発する警告
  • セキュリティソフトをインストールしていないのに出る警告

これらに騙されて本当のウイルスに感染しないためにも、見分け方をきちんと覚えましょう。

特定のアプリをインストールすることを促す警告

本当の警告では、特定のアプリを削除するように促すことはあってもインストールするように促すことはありません。

したがって、特定のアプリのインストールを求められたら偽物と判断するのがいいでしょう。

Webサイトにアクセスしたときにブラウザが発する警告

Webサイトにアクセスしたときにブラウザが発する警告は、高確率でフェイクアラートです。

発せられた警告がセキュリティソフトからのものか、それともブラウザからのものかはきちんと確認してください。

セキュリティソフトをインストールしていないのに出る警告

場合によっては、セキュリティソフトをインストールしていないのにもかかわらず警告が出ることがあります。

この場合もフェイクアラートの可能性が非常に高いので、十分に注意してください。

スマホがウイルス感染していないかのチェック方法

AVAST Premium Security

画像引用元:Avast | Download Free Antivirus & VPN | 100% Free & Easy

前述したポイントで、ウイルスの見分け方が分かったかと思います。

もしも本物である可能性が高い警告であると判断した場合は、ウイルス感染していないかどうかをチェックしましょう。

ウイルス感染しているかチェックするときは、以下の方法で行ってください。

ウイルス感染しているかどうかをチェックする方法
  • インストールした覚えのないアプリがないかを確認する
  • データ通信量のログをチェックする
  • 信頼できるセキュリティソフトでフルスキャンする

それぞれの方法について具体的にチェックしていきます。

インストールした覚えのないアプリがないかを確認する

セキュリティソフトが警告を発したら、アプリ一覧をチェックして自分がインストールした覚えのないアプリがインストールされていないかをチェックしてください。

もし、不審なアプリをみつけたら一度アンインストールするのがいいでしょう。

ただし、不審なアプリだと思っていたものがシステムアプリでアンインストールできないこともあるので注意してください。

アンインストールできない場合は一度無効化し、スマホの動作がおかしくならないかを確認しましょう。

動作がおかしくなる場合はシステムアプリの可能性が高いため、再度有効化してください。

データ通信量のログをチェックする

スマホがウイルスに感染している場合、勝手にデータ通信を行って通信量が増えることもあります。

そのため、直近のデータ通信量をチェックして異常な通信が発生していないかを確認してください。

異常な通信量が発生している場合は、アプリごとのデータ通信量を確認します。

大量のデータ通信を行っているアプリを発見したら、そのアプリをアンインストールしてください。

信頼できるセキュリティソフトでフルスキャンする

信頼できるセキュリティソフトでフルスキャンするのもおすすめの方法です。

「セキュリティソフトがウイルスだった」という事態を避けるためにも、有名所のセキュリティソフトを利用するのがいいでしょう。

AVASTやAvira、Kasperskyなど、信頼性の高いセキュリティソフトを利用してフルスキャンしてください。

Androidスマホがウイルス感染していた時の対処法

エクスペリアエックスゼットツー

画像引用元:Xperia XZ2(エクスペリア エックスゼットツー) SOV37

ウイルス感染のチェックを行っていた結果、スマホがウイルスに感染していることが判明することがあります。

そこで、Androidスマホがウイルス感染していたときの対処法をチェックしておきましょう。

主な対処法には以下のようなものがあります。

Androidスマホでウイルスを駆除する方法
  • セキュリティソフトのウイルス駆除機能を使用する
  • ウイルスアプリを手動で削除する
  • ウイルスアプリの権限をすべて削除する
  • スマホをファクトリーリセットする

上記の方法それぞれについて、これから詳しい方法を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

セキュリティソフトのウイルス駆除機能を使用する

信頼できるセキュリティソフトでスマホをフルスキャンし、ウイルスが検出された場合はそのまま駆除機能を使用して駆除しましょう。

セキュリティソフトに任せればウイルスを簡単に駆除してくれます。

操作ミスなどで必要なアプリやファイルを削除することを防げます。

ウイルスアプリを手動でアンインストールする

どのアプリがウイルスアプリなのかが分かった場合は、そのアプリを手動でアンインストールするのも有効な方法です。

通常のアプリと同様の方法でウイルスをアンインストールすれば、それ以上被害をもたらすことはないでしょう。

ウイルスアプリのアクセス権限をすべて削除する

ウイルスアプリがRootにインストールなどの理由で、ウイルスアプリそのものアンインストールできないこともあります。

この場合は、ウイルスアプリに与えられているアクセス権限をすべて削除してください。

Androidアプリはサンドボックスで動作しているため、アクセス権限を与えなければアプリの領域外に影響を及ぼすことはできません。

したがって、アクセス権限を削除すると安全になります。

スマホをファクトリーリセットする

最も確実にウイルスを駆除するためには、スマホをファクトリーリセットするのがおすすめです。

ファクトリーリセットするとスマホの設定やインストールしたアプリ、データなどがすべてリセットされるので、再度初期設定をして利用しましょう。

ウイルス感染が確実な場合は、バックアップからリストアするとウイルスが復活することがあります。

したがって、リストアは利用しないようにしてください。

iPhoneがウイルス感染してたときの対処法

iPhone SE 第2世代

iPhoneはAndroidよりウイルス感染しにくいデバイスですが、絶対に感染しないわけではありません。

特にJailbreakしたデバイスを使用している場合は、通常よりウイルス感染のリスクが高まります

したがって、iPhoneがウイルス感染した場合の対処法を覚えておくことも大切です。

iPhoneがウイルス感染した場合は、以下の方法で対処しましょう。

iPhoneでウイルスを駆除する方法
  • ウイルスアプリをアンインストールする
  • iPhoneをファクトリーリセットする

iPhoneはセキュリティソフトでウイルスを検出・駆除できない(OSの仕様上)ため、上記の方法のいずれかで駆除してください。

ウイルスアプリをアンインストールする

どのアプリがウイルスなのかが判明した場合は、当該アプリをアンインストールしてください。

iOSのアプリもAndroidと同様に、サンドボックスでアプリが動作するシステムです。

アプリをアンインストールすればセキュリティ面で安全になります。

iPhoneをファクトリーリセットする

どのアプリがウイルスなのかわからない場合は、iPhoneをファクトリーリセットしてください。

ファクトリーリセットするとすべての設定がリセットされるので、ウイルスを含めたアプリやファイルも削除されます。

あらかじめiPhoneのセキュリティ設定をしておくのもオススメです。

スマホのウイルス対策4選

galaxy-s20

画像引用元:Galaxy S20 5G and S20+ 5G | ギャラクシーS20シリーズ – Galaxy公式サイト (日本)

スマホのウイルスを駆除することは大切ですが、そもそもウイルスに感染しないことはもっと大切です。

スマホにおける主なウイルス対策には下記のものがあります。

これらをうまく活用して、ウイルスアプリをインストールしないようにしましょう。

スマホのウイルス対策
  1. 信頼できるセキュリティソフトを使用する
  2. 怪しいアプリをインストールしない
  3. アプリに不要な権限を渡さない
  4. Root化/Jailbreakしているデバイスはよりセキュリティを意識する

対策1:信頼できるセキュリティソフトを使用する

セキュリティを向上させるためには、信頼できるセキュリティソフトをインストールするのが有効な方法です。

有名なセキュリテイソフトや検出率が高いセキュリティソフトがあるので、求める機能に応じて適切なものをインストールしてください。

セキュリティソフトで常時監視を行い、定期的にフルスキャンを実行すればリスクを大幅に少なくできるでしょう。

対策2:怪しいアプリをインストールしない

アプリをインストールするときには、「そのアプリは本当に信頼できるのか」をよく考えるようにしましょう。

公式ストアで配信されているアプリにウイルスやマルウェアが混入していることもあります。

公式ストアだからといって安心しすぎないことも大切です。

対策3:アプリに不要な権限を渡さない

アプリをインストールして起動すると、アプリが要求する権限を許可するかどうかを選択するウィンドウが表示されます。

アプリはここで許可した権限にしたがってデバイス内の領域にアクセスできるため、余計な権限を渡さないようにしてください。

メモ帳アプリが電話の受発信権限を求めたり、バッテリーセーバーがコンタクトリストの権限を求めることなどがあります。

明らかに不要な権限を求められた場合は、許可しないことが大切です。

間違えて許可してしまった場合は、アプリ管理からアクセス権限を剥奪してください。

対策4:Root化/Jailbreakしているデバイスはよりセキュリティを意識する

Root化やJailbreakしてデバイスを運用している場合は、セキュリティが低下しているのでより強固な大切が必要です。

AFWall+などのRoot化したデバイス向けのファイアウォールアプリなどもあります。

このようなアプリを利用してセキュリティを向上させましょう。

アプリダウンロードはこちら
グーグルプレイ

スマホは適切なウイルス対策を実施して安全に利用しよう!

OPPO Find X2 Pro

画像引用元:OPPO Find X2 Pro – Specifications | OPPO 日本

今回は、スマホのウイルス対策について詳しく解説しました。

「スマホがウイルスに感染したのではないか?」と思ったときは、以下のポイントを思い起こしましょう。

ウイルス感染が疑われるときの対処法
  • インストールしているセキュリティソフトが警告を発したら本物の可能性あり(要注意)
  • ブラウザなどの警告はフェイクアラートの可能性が高い
  • ウイルス感染の可能性が高い場合はアプリのアンインストールやファクトリーリセットで駆除する

まずは、警告が本物か偽物かを判断する必要があります。

本物のウイルスであることが判明したら駆除しましょう。

フェイクアラートや広告などであることが判明したら放置しても問題ありません。

そもそもスマホがウイルスに感染することを防ぐことも重要なので、以下のポイントを意識してください。

スマホがウイルス感染しないためのポイント
  • 信頼できるセキュリティソフトを使用する
  • 怪しいアプリをインストールしない
  • アプリに不要な権限を渡さない
  • Root化/Jailbreakしているデバイスはよりセキュリティを意識する

これらのポイントを意識しておけば、ウイルス感染するリスクを大幅に減らせるでしょう。

適切なウイルス対策を実施し、快適かつ便利にスマホを活用しましょう!

ドコモのあんしんセキュリティはいらない?必要になる使い方とは

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
Iris777
Iris777
スマートフォン・タブレット・PC・スマートウォッチなどガジェット好きライター。Android利用歴9年でEclair以降のバージョンは一通り利用。 日々進化し続けるガジェット類の最新情報をお届けします!他にもゲーム、アプリ、音楽関連記事も執筆中。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。