2019年亥年はスマホで年賀状作成!人気の無料おすすめアプリ

  • 2018年12月2日
  • by.affiprecious

d616f5a4b0cd619a2a5eee83179d4916_m

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

「年末は忙しいけど年賀状は作っておきたい。けど正直億劫・・」「デザインは考えるの好きなんだけど、宛名の入力が苦手で面倒・・」

といったように、年賀状の作成は何かと面倒な作業が多く、なかなか手につかないものです。

そんなときにおすすめしたいのが年賀状アプリ。

パソコンの年賀状ソフトウェアと似ているようでまったく違う年賀状アプリには、スマホの特性を生かした便利な機能が満載です。

しかも今回ご紹介するアプリは、それぞれ異なる強みを持っているため、きっとあなたの希望にピッタリのものが見つかりますよ。

1 年賀状アプリってそもそもどういうものなの?

まずは「年賀状アプリを初めて検討している」という方を対象に、アプリの基本的な機能や料金について解説します。

1-1 年賀状アプリの料金は?

年賀状アプリは、ダウンロードだけなら基本的に無料です。

料金は、年賀状のデザインを作成した後、印刷注文をするときに発生します。

料金の内訳は、基本料金+はがき代+印刷代(+宛名印刷代や送料)です。この中で必ず料金が発生するのは、はがき代と印刷代になります(一部例外あり)。

はがき代はどのアプリも一律62円(税込み)ですが、印刷代はアプリによって違います。

その他の基本料金や宛名印刷代、送料もアプリによってはさまざまですが、無料で受け付けてくれるものも多いです。

「お金がかかるのは嫌だ!」という方へ

「結局のところ、無料では作れないんだ…。そんなアプリじゃ要らないや」と考える方も少なくないかと思います。

でも、ちょっと待ってください。

はがき代はどのような手段で年賀状を作成しても、必ず発生するものですよね。また、自宅のPCで自作した場合でも、インク代などの印刷費はかかってしまうはず。

はがきの送料がかかってしまうのは(アプリによります)、年賀状アプリの欠点ではありますが、その他の費用については決して特別なものではありません。

むしろ、アプリの運営側が印刷を代行してくれるので、印刷という大きな手間を省ける利点があります。

デザイン作成~印刷までの工程を全てアプリにお任せするのであれば、完全無料は難しいと考えた方が良いでしょう。

1-2 デザインだけなら無料で済む?

年賀状アプリは、印刷注文時に費用が発生します。しかし裏を返せば、年賀状裏面のデザインは基本的に無料でできるということですよね。

アプリで年賀状のデザインだけを済ませて、自宅のプリンターで印刷すれば安上りになるはず…。

しかし残念ながら、これはできないようになっているのです。完成した年賀状のデザインは、写真として保存することができません。

ただし、一部のアプリではこれが可能となっています。

今回紹介するアプリの中にも、このようなタイプものが含まれていますので、興味のある方はぜひチェックしてください。

1-3 アプリは編集機能や宛名入力が優秀!

年賀状アプリの強みは、編集機能と宛名入力機能の2つに詰まっていると言ってもいいでしょう。

ハガキの裏面を楽しく編集できる機能がいっぱい

年賀状裏面のデザインは毎年の悩みの種ですが、年賀状アプリ内にはデザインテンプレートに加え、スタンプも豊富に揃っています。

普段から使用しているスマホで操作するため、初めてアプリを使う方でも、直感的に設定することができます。

また、スマホで撮影した写真を、そのまま年賀状に反映することも可能です。

テンプレートの色を変えてみたり、スタンプを押してみたりと、パソコンソフトよりも手軽で簡単に操作できます。

ストレスのたまる宛名書きも思いのまま

非常に億劫な作業である宛名入力も、アプリなら簡単です。

宛名面の写真を撮影するだけで宛名帳を作成してくれるアプリや、そもそも宛名に関する操作が要らないアプリもあります。

年賀状作成の「面倒」をとにかく排除してくれるのが、年賀状アプリの長所です。

高画質を求めるならコレ!人気のおすすめカメラアプリ【Android/iPhone対応】

次の章では、おすすめの年賀状アプリ7選をご紹介します。

2 あなたに合ったものが見つかる!おすすめ年賀状アプリ7選

ここからはおすすめの年賀状アプリを7つご紹介します。

それぞれ独自の機能を備えているため、ご自分にあったアプリを選んでくださいね。

2-1 スマホで年賀状

画像引用元:「スマホで年賀状2019 年賀状作り・年賀ハガキ印刷」をApp Storeで

累計200万ダウンロードを超える、大人気の年賀状アプリです。最も魅力的な点は、年賀状アプリの中でも最高峰の安値と印刷の品質にあります。

「スマホで年賀状」の印刷に使用されるのは、最高品質のフジカラープリント。

せっかくうまくいった年賀状のデザインも、印刷の質が低いと魅力が半減してしまいます。しかし、富士フイルムが提供するフジカラープリントであれば心配無用です。

富士フィルムの独自技術である「キレイ補正」により、年賀状に載せた写真がくっきりとキレイに印刷されます。

宛名入力がとにかくラク!

「スマホで年賀状」は宛名のスキャン機能を搭載しています。

宛名入力は、スマホのカメラで年賀状の宛名面を撮影するだけでOK。あとはアプリが自動的に宛名帳に保存してくれます。

つまり、手作業での宛名入力は一切不要ということです。

カメラで宛名面を撮影するという手間は発生しますが、直接宛名を入力する手間に比べればかなり楽ですよね。

デザインも非常に豊富

年賀状の裏面に使えるデザインは全部で1,000種類以上。シンプルなデザインから和風、洋風など、自分の好みや用途に合わせて選ぶことができます。

写真の枚数による検索機能もついており、自分に必要なデザインを素早く選べる点もポイントです。

まとめて注文でさらにお得なキャンペーンも実施中!

はがき代+印刷代で140円(税込)という価格は、年賀状アプリの中では最安値です。

また、基本料金や宛名印刷も0円ですし、投函代行なら送料も0円になります。

さらに、「スマホで年賀状」では、10枚以上まとめて注文すると印刷代が10%OFFになる、「まとめ割」キャンペーンを実施中です。

30枚以上で印刷代20%OFF、50枚以上では30%OFFに。

その他の料金は以下のとおりです。

項目枚数普通紙写真用紙喪中・寒中
はがき代+印刷代
(1枚あたりの価格)
1~9枚140円170円130円
10~29枚133円160円124円
30~49枚125円149円117円
50枚以上117円138円110円
基本料金0円
宛名印刷0円
送料自宅配送790円
15時までの注文で翌日発送
投函代行無料
12月24日までの注文で元日配達

「スマホで年賀状」の支払い方法は?

支払い方法は次の4種類です。

  • クレジットカード決済
  • コンビニ・郵便局決済
  • Yahoo!ウォレット決済
  • キャリア決済

ただし、コンビニ・郵便局決済は、上限が108,000円までとなります。この額を超える場合は、使用することができません。

また、年賀状をメールアドレスあるいはTwitterで送る場合、選べるのはクレジットカード決済とYahoo!ウォレット決済のみとなります。

2-2 つむぐ年賀2019

画像引用元:‎「年賀状アプリ つむぐ年賀2019」をApp Storeで

自宅で印刷すれば、無料で年賀状を作れます!

「つむぐ年賀2019」の魅力的な点は、デザインと編集機能、そして完成データを写真で保存できることです。

デザインは「写真あり」と「写真なし」に分かれており、種類も豊富。「人気TOP20」「ファミリー」などカテゴライズされているため、希望のデザインを見つけやすいです。

また、一から自分好みのデザインを作成したいという人のために、白紙のテンプレートも用意されています。

豊富なスタンプで簡単にデザイン!

「つむぐ年賀2019」はスタンプ機能も充実しており、大量のスタンプ素材は、ユーザーが自由に大きさや色を変更可能です。

さらに、マイスタンプ機能を使えば、切り抜き加工したお気に入りの写真をオリジナルスタンプとして使用する事ができます。

年賀状データの保存

「つむぐ年賀2019」では、作成した年賀状をスマホのカメラロール機能で保存することが可能です。

アプリで作成した年賀状をスマホに保存し、自宅のプリンターで印刷すれば、料金は発生しません。(プリンターのインク代などは別途発生します)

年賀状作成の経費を安く抑えたい方にとっては非常に嬉しい機能といえます。

ただし、この方法では宛名印刷ができない点には注意が必要です。

まとめて注文することで割引になるキャンペーンも実施中!

「つむぐ年賀2019」では、30枚以上の注文で印刷費用が割引になります。

基本料金や宛名印刷も0円で、基本的に有料であることが多い自宅配送サービスも、通常プランでは0円です。
その他の料金は以下のとおりとなります。

項目枚数写真あり写真なし
はがき代+印刷代
(1枚あたりの価格)
1~29枚165円141円
30~49枚159円135円
50~99枚143円121円
100枚以上136円115円
基本料金0円
宛名印刷0円
送料自宅配送(通常)無料
注文5営業日後に出荷
自宅配送(超特急)1,058円
注文2営業日後に出荷
投函代行未実施

「つむぐ年賀2019」の支払い方法は?

支払い方法は下記の2種類です。

  • クレジットカード決済
  • 代金引換

2-3 はがきデザインキット

画像引用元:‎「はがきデザインキット2019 年賀状をかんたん印刷」をApp Storeで

「はがきデザインキット」は、日本郵便が提供している年賀状作成アプリです。最も魅力的な点は、宛名スキャン機能と最高峰の価格の安さでしょう。

宛名スキャン機能では、過去に受け取ったはがきの宛名面をスマホのカメラで撮影するだけで、アプリが自動的に住所録を作成してくれます。

スマホのカメラをタップするだけで簡単に宛名リストを作れるので、これまで手入力で作業していた方は必見です。

近くのセブンイレブンで印刷が可能!

「はがきデザインキット」は、セブンイレブンのマルチコピー機での印刷にも対応しています。

アプリで年賀状を作成し、「セブンイレブンでの印刷」を選択すれば、近くのセブンイレブンで年賀状を印刷できます。

その場で年賀状の仕上がりを確認できるため、印刷の質を確かめたい方におすすめです。また、この機能を使えば送料が不要となるため、節約にも繋がります。

「はがきデザインキット」はまとめて注文がお得!

はがき代+印刷代で140円という価格は、上で紹介した「スマホで年賀状」と同じく、年賀状アプリの中では最安値です。

また、10枚の注文で印刷代10%OFF、30枚以上で20%OFF、50枚以上で30%OFFの割引が付くため、まとめて注文するほどお得になります。

その他の料金は以下のとおりです。

項目枚数普通紙写真用紙喪中・寒中
はがき代+印刷代
(1枚あたりの価格)
1~9枚140円170円130円
10~29枚133円160円124円
30~49枚125円149円117円
50枚以上117円138円110円
基本料金0円
宛名印刷0円
送料自宅配送790円
15時までの注文で翌日発送
投函代行無料
12月24日までの注文で元日配達

「はがきデザインキット」の支払い方法は?

支払い方法は下記の3種類です。

  • クレジットカード決済
  • コンビニ・郵便局決済
  • キャリア決済

ただし、コンビニ・郵便局決済は、上限108,000円までとなります。この額を超える場合は、使用することができません。

また、年賀状をメールアドレスあるいはTwitterで送る場合、選べるのはクレジットカード決済のみとなります。

2-4 Wantedly 年賀状

画像引用元:‎「Wantedly People」をApp Storeで

アプリ「Wantedly People」が提供するサービスの1つ、「Wantedly 年賀状」。

一番の特徴は、破格とも言える料金です。まずは下の料金表をご覧ください。

項目枚数
はがき代+印刷代
(1枚あたりの価格)
0円
基本料金0円
宛名印刷0円
投函代行0円
12月22日までの注文で元旦配達

このとおり、「Wantedly 年賀状」では
年賀状作成に一切の料金がかかりません。基本料金や宛名印刷はもちろん、はがき代や印刷代も0円です。

ただし、このアプリを利用するためには、年賀状の差出人・受取人共に「Wantedly People」のユーザーである必要があります。

また、「Wantedly 年賀状」は先着5万枚までのサービスという点にも注意が必要です。

テンプレートは18種類と他のアプリより少なめですが、落ち着いたビジネスデザインが多めとなっています。

シンプルな操作ですぐに年賀状を送れる

差出人は受取人の住所などを入力する必要がありません。年賀状のデザインを決めて、送りたい相手を選択するだけです。

あとは受取人が受け取り手続きを完了するだけ。宛名もしっかりと記載された年賀状を送ることができます。

ペットを可愛く撮れる人気のおすすめカメラアプリ【Android/iPhone対応】

次の章でも引き続き、おすすめの年賀状アプリ7選をご紹介します。

2-5 ぽすくま

画像引用元:「LINE」をApp Storeで

ぽすくまはLINEのサービスの1つです。LINEユーザーであれば、相手の住所を知らなくても年賀状を送れます。

作成方法はとても簡単。「ぽすくま」のトーク画面で年賀状に使用したい写真を送信するだけです。

あとは「ぽすくま」が写真にあわせたデザインテンプレートを選んでくれます。ユーザーは、完成した年賀状をトーク画面で確認すればOK。

また、写真を選ぶ前に「かわいい系」「コミカル系」などのタイプを選べば、それに応じたデザインを作成してくれます。

デザインはどれだけ作成しても無料ですし、面白いものが多いので、遊び感覚で楽しく年賀状を作れるのが魅力です。

「ぽすくま」ではまとめ割も実施!

「ぽすくま」では、10枚以上の注文で印刷代が割引されます。基本料金や宛名印刷は無料です。

料金は年賀状アプリの中でも最安値なので、面白いデザインの年賀状を作成して、お友達にたくさん送ってみてはいかがでしょうか。

その他の料金は以下のとおりとなります。

項目枚数普通紙
はがき代+印刷代
(1枚あたりの価格)
1~9枚140円
10~29枚133円
30~49枚125円
50枚以上117円
基本料金0円
宛名印刷0円
送料自宅配送790円
15時までの注文で翌日発送
投函代行0円
12月24日までの注文で元日配達

「ぽすくま」の使い方

1下記QRにアクセスして追加する

2検索して追加
友達一覧画面 > 右上のアイコン > 検索のアイコン > 検索窓に「郵便局」または「@japanpost」

3下記ボタンを押下して追加

「ぽすくま」の支払い方法は?

支払い方法は下記の3種類です。

  • クレジットカード決済
  • コンビニ・郵便局決済
  • キャリア決済

2-6 しまうま年賀状2019

画像引用元:「しまうま年賀状2019 スマホでカンタン 写真年賀状印刷」をApp Storeで

「しまうま年賀状2019」は、基本料金がかかります。

2,138円と決して安くはないのですが、印刷代が非常に安く、注文枚数が多ければ多いほどお得になっていきます。

下表のとおり、早期注文で大幅割引がきく点も嬉しいポイントですね。

項目1項目2印刷仕上げ写真仕上げ
はがき代+印刷代
(1枚あたりの価格)
10月29日までの注文72円92円
11月19日までの注文76円93円
11月26日までの注文76円95円
通常価格94円137円
基本料金初回2,138円
2回目以降540円
宛名印刷0円
送料自宅配送0円
23時59分までの注文で翌日発送
投函代行0円
12月24日までの注文で元日配達

さらに、2回目以降の注文では、基本料金が540円と非常に安くなります。

プライベート用とビジネス用に分けて年賀状を作成する場合など、複数のデザインに分けて注文する場合は非常にお得です。

また、基本的に料金のかかる自宅配送が無料となります。年賀状の仕上がりを事前に確かめたい方にとっては嬉しいサービスですね。

「しまうま年賀状2019」の支払い方法は?

支払い方法は下記の3種類です。

  • クレジットカード決済
  • コンビニ後払い
  • 代金引換

2-7 カメラのキタムラ年賀状印刷

画像引用元:‎「年賀状2019 スピード印刷年賀状 -カメラのキタムラ-」をApp Storeで

写真屋さんである「カメラのキタムラ」が提供している年賀状作成アプリ。

価格は他のアプリよりも割高ですが、印刷の質が非常に優れているため、年賀状の仕上がりにこだわりたい方にはおすすめできるアプリです。

また、カメラのキタムラ店舗で年賀状を受け取れるのも、他のアプリにはない利点です。アプリで年賀状を注文してから最短1時間で、年賀状を受け取ることができます。

早期注文で割引も!

「カメラのキタムラ年賀状印刷」では、12月4日までに注文すれば割引が適用されます。
下表は「シンプル」デザインの料金です。

項目枚数通常価格(シンプル)早割価格(シンプル)
印刷代10枚2,400円2,160円
11~20枚2,750円2,475円
21~30枚3,100円2,790円
31~40枚3,450円3,105円
41~50枚3,750円3,375円
基本料金0円
宛名印刷32円
送料自宅配送0円
注文から約7日後に発送
店舗での受け取り0円
プリンター設置店は最短1時間
プリンター未設置店では約7日
投函代行未実施

「カメラのキタムラ年賀状印刷」の料金は独特で、印刷代が1枚単位ではありません。例えば、「シンプル」デザインで25枚の年賀状を注文した場合は、以下の値段がかかります。

  • 印刷代:3,100円
  • はがき代:62円 × 25枚 = 1,550円
  • 宛名印刷代:32円 × 25 = 800円

合計で5,450円です。

特に印刷代は10枚単位で価格が変わるので、注意が必要となります。

また、「カメラのキタムラ年賀状印刷」では、「シンプル」デザイン以外にも多数のデザインテンプレートが用意されており、それぞれで価格が異なります。

価格はアプリのトップ画面から簡単に確認することができるので、年賀状を作成する前に一読しておくことをおすすめします。

似ているアプリに注意!

今回紹介した「カメラのキタムラ年賀状印刷」ですが、カメラのキタムラが提供するアプリには、

  • 「カメラのキタムラ写真年賀状」
  • 「カメラのキタムラkodak年賀状」

というものもあります。

特に、「カメラのキタムラ写真年賀状」は、今回紹介しているアプリと名前が酷似しており、アプリアイコンもほとんど同じです。

しかし、「カメラのキタムラ写真年賀状」は基本料金がかかるなど、料金体系がまったく違うので、ダウンロードする際には注意してくださいね。

「カメラのキタムラ年賀状印刷」の支払い方法は?

支払い方法は下記の2種類です。

  • クレジットカード決済
  • 店舗での現金、クレジットカード支払い

3 年賀状作成の「面倒」を減らしてくれる便利な年賀状アプリ

今回は年賀状アプリについてご紹介しました。

「スマホのアプリでは、パソコン向けの年賀状ソフトには勝てないのでは?」と思っている人も多いのですが、実際はそんなことはありません。

スマホの画像加工の要領で、簡単にハガキをデザインすることができたり、宛名入力もカメラで撮影するだけだったりと、パソコン用ソフトよりも使い勝手の良いものがいっぱいです。

今回紹介したアプリは、いずれもダウンロードは無料です。気になったものがあれば、ぜひ試してみてくださいね。

最高に使える!人気のおすすめカメラアプリ11選【iPhone/Android対応】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ