スマホが熱い時の対処法まとめ|事前の対策と簡単にできる冷却方法

スマホが熱い時の対処法まとめ|事前の対策と簡単にできる冷却方法

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

スマホが急激に熱くなった、熱くなった後にフリーズするなどの不具合が発生したという現象を経験したことがある人は多いのではないでしょうか。

スマホが急激に熱くなり、持つのも少し辛いくらいになってしまうと「故障かな?」と疑いますよね。

しかし、温度が下がるといつも通りに使えるので、『スマホが熱くなる=冷やせば良い』と考えている人もいるでしょう。

では、スマホが熱い時にどのような対処法を活用するのが正しいのでしょうか。

スマホが熱い時にどうすれば良いのか
  • スマホの使用を中断して温度が下がるのを待つ
  • スマホの電源を落とす
  • 充電をしていたのなら充電をやめる
  • 保冷材や水で冷やすのは絶対にNG

スマホが熱い=冷ませば良いという考えは基本的には間違っていません。

スマホの熱が自然に下がるまで、使用を中断したり電源を落とすことが1番適しているといわれています。

その一方で、冷やせば良いからと保冷材や水で急激に冷やすのは故障を招く恐れがあるのでとても危険です。

今回は、以下について解説をします。

  • スマホが熱い時にどのように対処すれば良いのか
  • なぜスマホが急激に熱くなることがあるのか

1 スマホが熱い時の対処法・冷却方法

スマホが危険!

まず、スマホが熱い時の対処法・冷却方法について解説をします。

スマホが熱い時、つい氷や保冷材、水などで冷やそうとしたくなるかもしれませんが、それだけは絶対にしないようにしましょう。

スマホは、熱が篭ったら内部搭載されているファンで放熱するパソコンと異なり、ただスマホのボディから放熱されることを待つしかありません。

それは、防塵防水などスマホの内部が完全に密閉された設計であることが理由です。パソコンのようにファンは搭載されていません。

そのため、スマホが熱い時は必ず熱が自然に下がるまで待つことが最良だといえます。

1-1 スマホの電源を落とす

スマホに不安な女性

急ぎで行っている作業や連絡がない場合は、スマホの電源を思いきって落としてみてください。

スマホを休ませるという上では1番適している方法です。

スマホの電源を落とせば、スマホも一切稼動することがないので、スマホの熱が下がるのも早いといえるでしょう。

なるべく直射日光や暖房器具の近くは避けた場所で、スマホの電源を落とししばらく放置してみてください。

1-2 スマホの充電をやめる

スマホの充電

充電中にスマホが熱くなったという場合は、スマホの充電自体を一旦やめることをおすすめします

充電中にスマホが熱くなる時に考えられる理由は2つですが、どちらの場合においてもとりあえずスマホの充電を中断すべきでしょう。

スマホの充電をやめて、尚且つ負荷の高いアプリを使うなどの負担のかかることはしないようにしてください。

その状態で、自然にスマホの熱が下がるのを待ちましょう。

1-3 使用を中断して温度が下がるまで休ませる

読書とスマホとコーヒー

使っている最中にスマホが熱くなってしまうこともあります。その場合は一旦スマホの使用を中断しましょう。

LINEの連絡やSNSの確認程度であれば問題ありませんが、負荷の高いゲームアプリや動画アプリなどの使用は控えてください

この場合も、温度が自然に下がるまで放置しておきましょう。

1-4 間違っても保冷材や水で冷やそうとしない

保冷剤

スマホはパソコンと違い、ファンで風を起こして熱を冷ます機能はありません。

スマホが熱くなった場合、温度が下がるようにスマホがセーフティ機能を作動させ、あまりスマホを無理に使わないように動きがカクカクしたりフリーズするような現象が発生します。

これはあくまでスマホの温度を下げるためにスマホがやっていることなので、決して故障ではありません。

しかし、熱くなっている状態で急激に冷まさせようと氷や保冷材を使用すると、急激に冷えることにより密閉されたスマホ内が結露する可能性があります

スマホの内部基盤がある場所こそ水分は決してあってはなりません。

結露して水分が発生するとそのまま腐食に繋がり故障の原因にもあります。

そのため、スマホが熱い時は必ず自然に温度が下がるのを待つようにしましょう。

iPhoneの「高温注意」は故障?原因から分析した対処/予防法まとめ
スマホが熱い時の対処法・冷却方法
  • スマホの電源を落として熱が下がるまで待つ
  • 充電を中断して熱が下がるまで待つ
  • スマホの使用を中断する
  • 保冷材や水で急速に冷やそうとすると内部で結露するなど基盤の腐食に繋がる

次の章では、スマホが熱くなってしまう原因について解説します。

2 スマホが熱くなってしまう原因

悩む男女

次に、スマホが熱くなってしまう原因について解説します。

スマホが熱くなってしまう原因ですが、スマホの故障などではなく気温や室温、自分のスマホの使い方が原因である可能性が非常に高いです。

そこで、どのようなことをすればスマホが熱くなるのか1つ1つ詳しく説明していくので、是非参考にしてください。

2-1 気温の上昇によりスマホが熱くなりやすくなる

温度上昇中

単純に気温が上がる傾向にある7月から9月あたりの夏シーズンに、スマホが熱くなるという問い合わせが多くなるといわれています。

つまり、外気温が熱くなるからこそ、スマホも放熱しにくくなり内部に熱が篭りやすくなるということになります。

同様の理由で、冬場に暖房器具の近くにスマホを置いたりしても、同様の現象が起きるかもしれません。

年間通して直射日光は避け、夏は比較的涼しい場所に、冬は暖房器具から離れた場所にスマホを置く習慣を身に付けると良いでしょう。

2-2 充電の仕方が悪い

充電中のスマホ

充電中に負荷の高いゲームアプリや動画アプリ、音楽のダウンロードなどをしていませんか。

充電中も我慢できず、そのようなヘビーな使い方をしてしまう人は多いでしょう。

しかし、充電中にヘビーな使い方をすることでスマホに負担をかけ、さらに熱が篭りやすくなってしまいます

自分の充電の仕方が悪いことが原因でスマホが熱くなることも考えられるので、充電中は極力スマホを使わないようにしましょう。

電圧の高すぎる充電器を使っていないかチェックすべき

充電器の電圧はそれぞれ種類によって異なります。

例えばタブレット用の充電器は電圧が高めですが、スマホの充電器はそこまで電圧が高くありません。

これは、スマホに内蔵されているバッテリーの容量などによって決められています。

つまり、タブレット用の高電圧の充電器を使用することによってスマホが熱くなってしまう場合もあります

この場合、熱くなるだけなら良いのですがショートする可能性など故障の恐れもあるので、しっかりと適した充電器を使うようにしてください。

2-3 スマホの長時間の使用

電話を楽しむ女性

単純にスマホを休むことなく長時間使っているだけでも熱くなる可能性はあります

長時間、負荷の高いアプリを使い続けていたら尚更です。

スマホが熱くなってきたな、と感じたときにはすぐにスマホを休ませるようにしましょう。

AppleCare+て必要?保証内容と修理費用と無償サポートの範囲を解説
スマホが熱くなってしまう原因
  • 気温の上昇により熱がこもりやすくなってしまう
  • 直射日光に当てられたり、暖房器具の近くに置かれるなども原因になる
  • 充電中に負荷の高いアプリを操作するなど充電中の使い方が悪い
  • 負荷の高いアプリを長時間使用している

次の章では、スマホが熱くならないように事前にできる対策について解説します。

3 スマホが熱くならないように事前にできる対策

納得する女性

次に、スマホが熱くならないようにできる事前対策について解説します。

スマホが熱くなってからも対処することは可能ですが、スマホに熱が篭るというのは明らかにスマホに負担をかけている証拠なので、できれば避けたいですよね。

そこで、スマホを熱くしないようにどのようにすべきなのか詳しく見ていきましょう。

3-1 充電中は負荷の高いアプリを使わない

バッテリー

充電中に負荷の高いアプリを使わなければ、充電中にスマホが熱くなることを防ぐことは可能です。

充電している間は、なるべく充電が完了するまでスマホを放置しておくようにしましょう。

尚、使っている充電器の電圧が適しているのかどうか確認するのもおすすめです。

3-2 直射日光など気温・室温の高い場所に置くのを避ける

窓辺に置いているiPhone

年間を通して、直射日光など気温や室温が上がる可能性のある場所にスマホを放置しておくのは避けましょう

なるべく涼しく、スマホが熱くならない環境に置いておくことが大切です。

冬場も、暖房器具のそばに置くなどは避けるようにしましょう。

3-3 バッテリー等が経年劣化していないか一度修理に出してみる

スマホを修理に出してみる

スマホが熱くなりやすい場合、バッテリーが劣化している可能性も0ではありません

すでにそのスマホを2年程度使っているのであれば、一度バッテリーに異常がないかどうか修理に出してみるのもおすすめです。

修理に出して見積もりが出るまでは無料なので、問題なければそのまま返却となります。

かなり頻繁にスマホが熱くなるという場合は、バッテリーに何か異常があるのか疑ってみましょう。

スマホのバッテリー交換の費用と寿命を延ばして長持ちさせる方法

4 スマホが熱い=故障じゃない!熱くなったらすぐにスマホを使うのをストップ

慌ててスマホを操作する女性

最後に、スマホが熱くならないように事前にできる対策についてまとめます。

スマホが熱くならないように事前にできる対策
  • 充電中は極力スマホを使わない
  • 直射日光などスマホを置く場所にも気をつける
  • バッテリー等経年劣化していないかどうか一度調べてみる
  • 負荷の高いアプリを複数、長時間使用するなどの無理は避ける

スマホの熱が上がる原因は故障ではなく、室内や気温、充電時の使い方などが原因だということがわかりました。

もちろん、スマホで長時間負荷の高いアプリを使用しているなど、普段の使い方によってもスマホが熱くなってしまう可能性もあります。

スマホを熱くさせないようにするには、無理な使用を避け、直射日光や高温の場所を避けてスマホを保管することをおすすめします。

また、長く同じスマホを使っているのであれば、一度バッテリーに異常がないか修理に出してみるのもおすすめです。

バッテリーの劣化もスマホが熱くなる原因として考えられます。

普通に使っていれば起きることのなかった結露や水濡れ、腐食を招く恐れがあるので、決して熱くなったスマホを保冷材などで急速に冷やすことだけはしないようにしましょう。

キャリア別スマホ故障・修理について→ドコモauソフトバンク

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ