高校生のスマホ利用にルールは必要?時間制限など我が家の約束事

高校生のスマホ利用にルールは必要?時間制限など我が家の約束事

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

スマホは他人とコミニュケーションを取れるツールとして便利なため、若い世代を中心に普及しています。

それに伴い、スマホに関するトラブルも増えて、未成年の子供にスマホを持たせる親御さんたちの心配事も多くなっています。

そこで今回は、

  • 高校生のスマホ利用にルールは必要なのか
  • どのようなルールを設けるべきか
  • ルールを守らない時の罰則は必要か

など、スマホ利用のルールについて紹介します。

今回の記事の流れ

  • 高校生のスマホ利用のルールを設ける理由
  • 設けた方が良いルールは主に6つ
  • 特に気をつけたいのがSNSの使い方
  • ルールを守らない時の罰則を決めておく
  • 子供の年齢、性格によってルールを変える
  • ルールは子供自身を守ることにつながる

スマホを与えた後に、子供と喧嘩にならないためにも、最初からルールを設けておくと安心です。

1 高校生がスマホを利用する時にルールを設けた方が良い理由

まず最初に、どうしてルールを設けた方が良いのかを説明します。

ルールを設けないことで考えられるトラブル

  • プランによっては月額料金が高額になる
  • 高額課金、架空請求被害にあってしまう
  • 使いすぎて依存症になる恐れがある
  • 歩きスマホで加害者・被害者になる恐れがある
  • いじめや誹謗中傷に気付きにくい
  • 個人情報の漏洩や違法アップロード・ダウンロードを起こす
  • 性犯罪に巻き込まれる恐れがある

何の約束事もなくスマホを与えてしまうと、子供によってはいつまでも使い続けてしまいます。

親の目の届かないところでいじめや性犯罪に巻き込まれるなどのトラブルも心配です。

また、最近問題になっている歩きスマホによって、加害者・被害者のどちらにもなる恐れがあります。

次の項目から、決めておきたい主な6つのルールを解説していきます。

2 設けた方が良い6つのルール

スマホ利用のルールは各家庭によって多少異なってきますが、高校生にスマホを与える時に決めておきたい主なルールを見ていきましょう。

2-1 スマホの制限時間や使用する時間帯を決める

スマホの使いすぎを予防するためにも、設けておきたいルールが『制限時間や使用する時間帯』です。

スマホを使い始めると「少しだけ使おうと思っていても、気づいたら何時間も経過していた」という事が多くなります。

時間制限のルールの例

  • 平日1〜2時間
  • 休日3時間

平日は学校や部活、塾などでそれほど時間がありません。睡眠時間も加味すると、それほど使える時間は多くありません

休日は平日よりも自由時間が多いため、制限時間を多めに設けても良いですが、様子を見て臨機応変に対応しましょう。

使用する時間帯のルールの例

  • 朝礼前・放課後
  • 帰宅後、就寝前まで

学校によってスマホの持ち込み禁止や授業中は電源を切る、などの決まりがあるので、登校日は学校のルールに従うことになります。

2-1-1 与えるスマホに使用時間の制限機能を設定しておく

子供に与えるスマホに、最初から使用時間の制限機能を設定しておくこともおすすめです。

制限機能はスマホ本体の操作でできるタイプアプリをダウンロードして行うなど、さまざまな方法があります。

また、特定のアプリだけに時間制限をかけることもできます

夜の10時〜翌朝6時までロックをかけるなど、細かく時間帯を決めることも可能なのでぜひチェックしてみて下さい。

2-2 家でスマホを使用する場所を決める

スマホを自分の部屋に持ち込むと、就寝するギリギリまで使用し、寝落ちするなんてことが多々あります。

また、ネットサーフィンや動画視聴に夢中になり、睡眠時間が削られて寝不足になるということも多いです。

スマホから放たれるブルーライトは、眼精疲労イライラやうつ状態の誘発睡眠の質の低下を引き起こす原因にもなります。

就寝前のスマホは特に、親が制限してあげることが大切です。

使用する場所についてのルールの例

家の中ではリビングでのみ使用
自分の部屋に持ち込まない
就寝前に親が預かる

スマホを親に預けることを渋る子供には、自分でロックをかけてもらうのも良いです。

親が勝手にスマホの中身を見られない状態を作って、子供自身のプライバシーを守ることにつながります。

2-3 データ容量が最初から決まっているプランを契約する

ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアは、データ通信を使った分だけ月額料金が上がるプランの提供を開始しています。

このプランの特徴は、20GBや30GBなど各キャリアが設定している上限まで使い続けられるということです。

つまり、自分でデータ通信量をコントロールしないと、上限まで使い続けてしまい月額料金もかなり高額になってしまいます。

子供に与えるスマホは、このような料金プランではなく、『毎月○GB』というように1ヶ月のデータ容量が決まっているプランを選ぶようにしましょう。

1ヶ月のデータ容量を使い切ってしまうと、インターネット速度が低速になり不便さを感じます。このリスクがあるので、子供も気をつけてスマホを使うようになるでしょう。

2-3-1 スマホの修理代金は自分で支払わせる

最近のスマホは機種代金自体が10万円以上するモデルも発売され、高校生に与えるには高価なアイテムになっています。

スマホに対する補償に加入している場合は、画面割れや水没など万が一の故障の時に、数千円から数万円の自己負担額を支払うことで、修理か交換を行うことが可能です。

しかし、スマホを丁寧に扱うことを自覚させるためにも、修理代金が発生したら自分のお小遣いかバイト代などから支払わせる、というルールを設けても良いでしょう。

次のページでも、具体的に高校生向けのスマホ利用のルールの例を紹介します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

ワイモバイルの学割は親も使用可能?家族利用で最も安くなるプラン... ワイモバイルの学割では、学生本人だけでなく家族も割引を受けることができます。 家族みんなでワイモバイルを新規契約すれば、毎月の携帯料金がとてもオトクに。家族の携帯代を安く抑えたいという人は必見です。 ワイモバイルの学割を学生が使...
高校生が新規で持つのに最適なスマホと学割プラン|補償サービス必須!... 今回は高校生に最適なスマホと学割プランや必要なオプションについて解説します。 最近は小・中学生でもスマホを持っている子もいますが、高校生からスマホデビューというご家庭もまだまだ多いですよね。 いざ子どもにスマホを買おうと思っても...
UQモバイルの学割は親も使用可能?家族利用で最も安くなるプラン... 大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)では毎年恒例となっている12月の学割。 格安SIMであるUQモバイルでも、同じ時期にかけて学割キャンペーンを展開しています。 今回はUQモバイルの学割である「ファミゼロ学割」を、最安プラ...
ワイモバイル学割2019春「ワイモバ学割」|料金形態とオプションは?... 今年もワイモバイルの学割の季節がきました!2019春の学割“ワイモバ学割”について詳しく解説します。 ワイモバ学割の条件や料金の仕組みなど、どれだけオトクになるのかチェックしましょう。 画像引用元:ワイモバイル公式サイト ...