ソフトバンク 2018夏|シンプルスマホ4に最安値で機種変更する方法

ソフトバンク 2018夏|シンプルスマホ4に最安値で機種変更する方法

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ソフトバンクバナー

2 シンプルスマホ4の本体価格

シニア層のスマホデビューにもオススメな「シンプルスマホ4」ですが、本体価格はいくらになるのでしょうか。

2018年8月現在、本体価格は59,520円となっています。

これは機種変更時の価格で一括か分割かでの支払いとなります。

これに対して、プランやキャンペーによる値引きが入り、本体価格を抑えることができるようになります。

2-1 シンプルスマホ4 | 実質負担金額

ソフトバンクでは機種変更など、本体の購入を伴う手続きをするときには機種ごとに決まった金額の月月割という値引きが入る仕組みになっています。

分割期間と同じ期間だけ月額料金から値引きされるようになっています。

機種の購入と同時に値引きが始めることから、機種代金から月月割の金額を差し引いた金額が機種の実質負担金額となっています。

「シンプルスマホ4」の月月割の金額は43,200円(1,800円×24回)となります。

また、本体を24回の分割で購入する際には2,480円×24回となるので、実質負担金額は以下になります。

月々の実質負担金額は2,480円(本体価格)−1,800円(月月割)=680円となり、680円×24ヶ月=16,320円が実質負担金額の合計となります。

このように、月月割を考慮すると本体代金はかなり安くなります。

では、これ以上に本体代金を抑える方法はないのでしょうか。

実は購入方法によってはこれ以上に金額を安くすることができるようになります。

では、「シンプルスマホ4」に最安値で機種変更する方法について見ていきましょう。

3 「シンプルスマホ4」に最安値で機種変更する方法

携帯電話会社では、機種変更をするためのお得なキャンペーンが各種展開されています。

最安値で機種変更をするためには、このキャンペーンをフルに活用していきます。

しかし、キャンペーンは種類も多かったり、機種やプランが限定されていたりと一見するとかなり複雑に感じるかもしれません。

そこで「シンプルスマホ4」に機種変更するときに活用できるキャンペーンについてまとめます。

下取りプログラム
半額サポート for Android
おてがるプラン

この3点だけ押さえておけば問題ないでしょう。それではひとつずつ確認していきましょう。

ソフトバンクバナー

3-1 ソフトバンクの下取りプログラム

画像引用元:下取りプログラム(機種変更)|モバイル|ソフトバンク

下取りプログラムでは、現在利用している機種をソフトバンクに買い取ってもらうことで、相当額の値引きを受けられるというものです。

もちろん、金額は買い取ってもらう機種によって異なってきます。

「シンプルスマホ4」への機種変更を検討している人の中で、一番多いのはガラケーを利用している人になるでしょう。

ガラケーであれば、4,800円(−200円×24回)の下取りとなります。

ただし、下取りプログラムで注意が必要なのは、本体金額から直接値引きを受けられるわけではないという点です。

ソフトバンクの下取りプログラムでは、値引きは下取り金額を24ヶ月に分けて、利用料金から値引きされます。

つまり、月月割の値引き金額に上乗せで値引きされるようなイメージになります。

では、ここまでの金額をまとめると以下のようになります。

680円(実質負担金額)−200円(ガラケー下取り時)=480円
480円×24ヶ月=11,520円(下取り値引き適用時の実質負担金額)

ソフトバンクの下取りプログラムの対象機種・条件・価格をまとめてみた

3-2 ソフトバンクの半額サポート for Android

画像引用元:半額サポート for Android|モバイル|ソフトバンク

半額サポートはソフトバンクが新しく提供している、本体の購入方式となっており、本体代金の実質負担金額を大きく下げることができるようになっています。

本体を分割購入する際に、分割回数を48回に設定します。

このままだと、4年間の分割となるのですが、次回機種変更時に本体を下取りに出すことで最大24回分の残っている分割支払い金額の免除が受けられるというものです。

つまり、本体の購入からちょうど2年で機種変更をすると、本体代金の支払い額を最大で半分にすることができるのです。

しかも、月月割は金額そのままで48回に分けて受けられるので、先ほどの実質負担金額を半額にしたものが最安値となります。

その際の本体代金の計算式は以下のようになります。

本体代金 1,240円×48ヶ月(59,520円)
月月割 −900円×48ヶ月(−43,200円)
実質負担金額は340円×48ヶ月(16,320円)

ただし、25ヶ月目に機種変更する場合は340円×24ヶ月(8,160円)となります。実質負担金額が8,160円にまで下がりました。

さらにここに下取りの金額を合わせれば、

340円(半額サポート時の実質負担金額)−200円(下取り値引)=140円となり、140円×24ヶ月=3,360円となります。

これで、大幅に本体代金を抑えることができます。

【機種変更先取りプログラム VS 半額サポート】お得なのはどっちか比較

次のページでも引き続き、シンプルスマホ4の本体価格について紹介します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ソフトバンクバナーソフトバンクバナー

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

ソフトバンクバナー