ソフトバンク 2018夏|DIGNO Jを最安値で新規購入・機種変更する方法

  • 2018年7月7日
  • by 
ソフトバンク 2018夏|DIGNO Jを最安値で新規購入・機種変更する方法

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ソフトバンクから7月6日に発売された「DIGNO J」は、耐衝撃・防水・防塵で画面も割れにくい、安心設計のスマートフォンです。

今回はDIGNO Jが気になっている人向けに、DIGNO Jを最安値で手に入れるための料金プランの選択の仕方、キャンペーンの活用法、お得なオンラインショップの利用について紹介します。

トップ

画像引用元:京セラ

1 DIGNO Jを買うといくら?機種代金と月額料金を徹底解説

画像引用元:ソフトバンク

まずは、DIGNO Jの機種代金と契約後払うことになる月々の料金について確認していきます。

分割払いの回数による機種代金の違いや、プランによる料金の違いを比較してみましょう。

1-1 DIGNO Jの機種代金

画像引用元:ソフトバンク

DIGNO Jの機種代金は、新規購入・機種変更・他社からの乗り換え(MNP)のどの方法でも同一料金です。

ただし、24回払いか半額サポート for Androidを利用した48回払いかによって料金が異なります。

DIGNO Jの機種代金

 24回払い半額サポート for Android(48回払い)
一括払い30,720円30,720円
分割払い1,280円×24ヵ月640円×48ヵ月
月日割-600円×24ヵ月-300円×48ヵ月
実質負担680円×24ヵ月
(16,320円)
340円×24ヵ月※
(8,160円)
※25ヶ月目に機種変更した場合

上記の表で見ても、半額サポート for Androidを使うことで機種代金がかなり安くなることが分かります。

ただし、サポートを受けためにはいくつかの条件があるので、事前に良く確認しておきましょう。

半額サポート for Androidとは?

半額サポート for Androidは無料のオプションで、48回払い契約の場合に2年後(25ヶ月目)ぴったりに機種変更をすると、残りの支払いを免除されるというサービスです。

実質半額で機種変更できることになりますが、サポートを受けるには、

  • 機種変更後も引き続きソフトバンクを利用する
  • 機種変更時に元の機種をソフトバンクに引き渡す

という条件があります。

こんな人には半額サポートがおすすめ
  • ずっとソフトバンクを使い続ける予定
  • 2年毎に新しい機種にしたい
  • 機種変更前の古い機種は必要ない
  • 毎月の支払いをできるだけ安くしたい
【機種変更先取りプログラム VS 半額サポート】お得なのはどっちか比較

1-2 DIGNO Jを購入した時の月額料金

つづいて、DIGNO Jを購入した場合の月々の支払い料金を計算していきます。まずは、基本となるプランの選択からです。

ソフトバンクの基本プランは長く続いていた「ホワイトプラン」が終了し、24時間国内通話し放題の「スマ放題」と、1日5分までの国内通話がし放題の「スマ放題ライト」の2種類になりました。

基本料に加えてデータ通信料が発生しますが、データ定額の違いは基本プランの料金には影響しません。

ですから、ここではまずデータ定額は5GBとしたうえで、2つの基本プランの差を見ていきます。

DIGNO Jを購入した時の月額料金比較

内訳スマ放題スマ放題ライトスマ放題(半額サポート)スマ放題ライト(半額サポート)
基本料2,700円1,700円2,700円1,700円
ウェブ使用料300円300円300円300円
データ定額(5GB)5,000円5,000円5,000円5,000円
機種代金1,280円×24ヵ月1,280円×24ヵ月640円×24ヵ月640円×24ヵ月
月日割-600円×24ヵ月-600円×24ヵ月-300円×24ヵ月-300円×24ヵ月
月額8,680円7,680円8,340円7,340円
2年総額208,320円184,320円200,160円176,160円

スマ放題ライトで5分を超えて通話すると、20円/30秒の通話料がかかります。

スマ放題とスマ放題ライトの月額料金の差が1,000円なので、通話時間が月に25分以上超過するとスマ放題の方がお得に。

つまり、普段から長い電話をよくする人にはスマ放題プランがおすすめと言えるでしょう。

データ定額サービスの種類

プラン月額料金
1GB2,900円/月
2GB3,500円/月
5GB5,000円/月
ギガモンスター(20GB)6,000円/月
ウルトラギガモンスター(50GB)7,000円/月

20GBは5GBに比べてデータ容量は4倍ですが、料金は1,000円しか変わらず、また10倍の差がある50GBは2,000円しか違いがありません。

ソフトバンクのデータ定額は、データ量が大きければ大きいほどお得になっています。ストレスなく動画や音楽を楽しみたい人は、データ量の大きい定額サービスがおすすめです。

※データ定額ミニ(1GB)にすると、新規機種を購入した場合に毎月の利用料から一定金額が割り引かれる「月月割」が適用されないため、機種代金が高くなってしまいます。注意してください。

1-3 おてがるプランがお得!

画像引用元:ソフトバンク

DIGNO Jは2018年6月29日から始まった「おてがるプラン」の対象機種となっています。

おてがるプランは、毎月の利用データ量に応じて料金が変動するという、無駄なく節約できるプランです。

基本プランにデータ定額(おてがるプラン専用)をセットにすることで、データ利用量に合わせて段階的に料金が設定されます。

 はじめてスマホ/機種変更1年目機種変更2年目以降
1GB480円/月1,480円/月
2GB1,480円/月2,480円/月
3GB2,480円/月3,480円/月

おてがるプランは、スマホからの機種変更の場合は1年間、初めてスマホにする人は次に機種変更をするまでずっと1,000円割引となる、お得な料金プランです。

初めてスマホを持つ場合は、後に紹介するおうち割と組み合わせることで、月額1,980円~スマホを利用できます。

ただし、おてがるプランの場合は、月月割が適用されないので注意が必要です。

一方、半額サポート for Androidは利用可能なので、48回払いにして、25ヶ月目に残金支払いなしで機種変更をすることはできます。

DIDNO J、おてがるプラン、半額サポート for Androidを利用した48回払いという条件で、月々料金がいくらになるかを計算してみましょう。

おてがるプランを利用した場合の月々の利用料

 スマ放題スマ放題ライト
基本プラン(+通信料300円)3,000円2,000円
データ定額(おてがるプラン専用)480~2,480円480~2,480円
機種代金640円×24ヶ月640円×24ヶ月
月額利用料総計4,120~6,480円3,120~5,480円

月月割が適用されませんが、それでもかなりお得な値段設定になっているのがわかります。

DIGNO Jを購入する際に、ネットはそんなに利用しない・月によってデータ使用料に変動がある、という人には、おてがるプランがおすすめです。

DIGNO J購入時の料金プランのまとめ
  • 基本プランは通話量に合わせて、スマ放題・スマ放題ライトから選ぼう!
  • データ定額は50GBの大容量プランがおすすめ!
  • 月々のデータ通信量が少なめな人には「おてがるプラン」がお得!

次のページでは、さらにお得にDIGNO Jを購入・利用するためにおすすめしたいキャンペーンについて紹介します。

ソフトバンクの「おてがるプラン」はお得?料金と対象機種の注意点

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
yairo
yairo
関東出身、東京、四国を経て関西へ。小学生時代親のPCでポケモン掲示板に入り浸っていたのがインターネット世界への入り口。携帯落としがちなのでとにかく頑丈なG'zOneを長年愛用していたが、結局今はiPhone SEに。スマホも荷物も小さく身軽にしたい派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ