ソフトバンクの新料金プランは2年縛りなし・解除料なしの980円!

  • 2019年9月23日
  • by.affiprecious

softbank1

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2019年9月6日、ソフトバンクから衝撃の新料金プランが発表されました。

なんとその新料金プランには、いわゆる「2年縛り」の要素が一切ありません。

とはいえ、ユーザーにとって「2年契約」はかなり大きな割引サービスでもありました。

その2年契約を排除した場合、月額料金がどうなってしまうのか気になるところですよね。

今回は、ソフトバンクの新料金プランについて徹底的に解説します。

↓この記事をまとめた動画はこちら↓

トップ画像引用元:スマホデビュープラン | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

ソフトバンクの新料金プランにはなぜ縛りがないのか?

ソフトバンクショップ

本プラン最大の特徴は、指定された契約期間がなく、契約解除料も必要ないという点です。

新料金プランが生まれた背景

これまでのミニモンスターやウルトラギガモンスター+には、「2年契約」というものがありました。

これは、契約期間を2年と定める代わりに、プラン料金を大幅に割引するというサービスです。

しかし同時に、更新月以外に解約すると9,500円の契約解除料がかかる厄介な存在でもありました。

このような性質から、2年契約はしばしば「2年縛り」と揶揄されることも……。

もっとも「2年縛り」のプランを提供していたのは、ソフトバンクだけではありません。

ドコモ・auにも同様のプランは存在していました。

そのため、一度キャリアと契約してしまうと、なかなか解約できないという状況が長年続いていたのです。

2年縛りは省令で禁止に

しかし、そんな状況を受けて、通信行政を統括している総務省が、ついに動き出しました。

10月1日から施行する省令で2年契約を禁止したのです。

今回ソフトバンクが発表した新料金プランは、この省令の内容を反映しています。

ソフトバンクの新料金プランの内容

本料金プランの開始日時は以下のとおりです。

ソフトバンク新料金プランの開始日
  • 2019年9月13日(金)

なお、これまでの料金プランは2019年9月12日をもって新規受付を終了しています。

ただし、すでに従来の料金プランを契約している人は、そのまま継続することができます。

4つの新料金プランの特徴

ソフトバンクの新料金プランは、次の4つです。

ソフトバンクの新料金プラン
  • ウルトラギガモンスター+、ウルトラギガモンスター+ forデータ
  • ミニモンスター、ミニモンスター forデータ
  • スマホデビュープラン
  • ケータイ1GBプラン

ミニモンスターとウルトラギガモンスター+はそれぞれ2種類ありますが、対象が「スマホ」か「タブレット」であるかの違いだけなので、ここでは同じプランとして扱います。

ウルトラギガモンスター+

ウルトラギガモンスター+の詳細は以下のとおり。

項目月額料金
プラン料金7,480円
月に使える
データ量
50GB
(対象動画サービスやSNSではデータの消費なし)
1年おトク割
(12ヶ月間割引)
-1,000円
おうち割光セット-1,000円
みんな家族割+0円
(1人の場合)
-500円
(2人の場合)
-1,500円
(3人の場合)
-2,000円
(4人の場合)
合計(1年目)5,480円4,980円3,980円3,480円
合計(2年目)6,480円5,980円4,980円4,480円

上の表には以下の割引を適用しています。

ウルトラギガモンスター+に適用できる割引
  • 1年おトク割:12ヶ月間、毎月1,000円割引
  • おうち割光セット:ソフトバンク光とソフトバンクの携帯電話をセットで契約することで、毎月1,000円割引
  • みんな家族割+:対象のプランを契約している家族の人数に応じて、毎月の料金から最大2,000円割引

1年おトク割以外は適用条件があるため、全ユーザーが利用できるわけではありません。

しかし、割引をフルに適用できれば、月額3,480円で50GBもの大容量を利用できる、非常にお得なプランです。

音声サービス

ウルトラギガモンスター+には、プラン料金に音声サービスも含まれています。

これにより、同一家族割引グループ内の国内通話が24時間無料となるほか、それ以外の国内通話は20円/30秒の従量課金に。

さらに、以下のオプションを選べば、無料通話サービスを拡充することも可能です。

オプション名月額料金サービス内容
準定額オプション500円1回5分以内の
国内通話が無料
定額オプション1,500円国内通話が
24時間無料になる

ミニモンスター

ウルトラギガモンスター+と同じく、割引サービスや通話オプションを利用することができます。

ただし、みんな家族割+だけは適用できないので注意しましょう。

項目~1GB~2GB~5GB~50GB
プラン料金3,980円5,980円7,480円8,480円
1年おトク割
(12ヶ月間割引)
-1,000円
おうち割光セット-1,000円
合計(1年目)1,980円3,980円5,480円6,480円
合計(2年目)2,980円4,980円6,480円7,480円

スマホデビュープラン

スマホデビュープランは、ケータイからスマホに乗り換える方専用のプランです。

項目月額料金
プラン料金2,480円
準定額オプション500円
1年おトク割-1,000円
1GB専用割引-1,000円
合計(1年目)980円
合計(2年目)1,980円

対象者は限られるものの、月額980円で利用できます。

ただし、使えるデータ量は1GBしかないので注意が必要です。

まずはこのプランでスマホを利用してみて、データ量が足りないようであれば、ミニモンスターやウルトラギガモンスター+に変更するのが良いでしょう。

なお、本プランにおうち割光セットやみんな家族割+といった割引サービスは、適用することができません。

ケータイ1GBプラン

ケータイからケータイへ機種変更または乗り換えをする方が対象となります。

項目月額料金
プラン料金2,480円
準定額オプション500円
1年おトク割-1,000円
1GB専用割引-1,000円
合計(1年目)980円
合計(2年目)1,980円

月額980円でケータイが使えて、使用可能なデータ量は1GBというなかなかお得なプランです。

ソフトバンクの携帯料金を安くする方法|新プランで年額8万円もお得に?

次の章では、新プランと旧プランの料金を比較してみます。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ソフトバンクの新料金プランはどのくらい高くなるのか?

新料金プランで最も気になるのは、「従来に比べてどのくらい料金が高くなってしまうのか?」ですよね。

ここからは、新しく生まれ変わったウルトラギガモンスター+とミニモンスターを、従来のプランと比較してみましょう。

ウルトラギガモンスター+の新旧比較

では、適用できる割引をフル活用した場合の料金を比べてみましょう。

項目新料金プラン従来プラン
プラン料金7,480円7,480円
月に使える
データ量
50GB50GB
1年おトク割
(12ヶ月間割引)
-1,000円-1,000円
おうち割光セット-1,000円-1,000円
みんな家族割+-2,000円
(4人の場合)
-2,000円
(4人の場合)
合計(1年目)3,480円3,480円
合計(2年目)4,480円4,480円

※従来プランは2年契約(自動更新・契約解除料あり)の場合

新旧で料金が変わりませんでした。

つまり、新料金プランは2年契約のデメリットだけが消えたということです。

ミニモンスターの比較

次はミニモンスターの比較です。

こちらも適用できる割引はフル活用しています。

月に使える
データ量
新料金プラン従来プラン
~1GB1,980円1,980円
~2GB3,980円3,980円
~5GB5,480円5,480円
~50GB6,480円6,480円

※従来プランは2年契約(自動更新・契約解除料あり)の場合

こちらも新旧で料金が変わりません。

つまり、旧プランから新プランに乗り換えることで、月額料金は据え置きで好きなときに解約できるようになるということです。

ソフトバンクの新料金プランの注意点

新料金プランに乗り換える前に注意すべき点を解説します。

ソフトバンクユーザーは早めに移行すべき?

従来プランと料金が変わらない新料金プラン。

しかも、契約解除料もなくなるわけですから、現ソフトバンクユーザーはすぐにでも新料金プランに移行した方が良いように見えます。

しかし、月月割を利用している方は以下の点に注意してください。

月月割は新料金プランの適用外!

月月割は、24ヶ月間にわたり通信料金を割引するサービスです。

割引額が非常に大きくてお得なサービスなのですが、残念ながら新料金プランには適用することができません。

そのため、新料金プランへ移行すると解約扱いになってしまいます。

本来受けれたはずの割引が受けられなくなってしまうのはとてももったいないですから、月月割の割引期間が終わってない場合は、新料金プランへの移行は見送った方がいいでしょう。

新規受付を終了するプランを把握しておこう

新料金プランが始まるとともに、従来のプランは2019年9月12日をもって新規受付を終了しました。

カテゴリ終了するプラン名
スマホ/ケータイ通話基本プラン、通話定額基本料、通話定額ライト基本料、
通話定額基本料(ケータイ)、通話定額ライト基本料(ケータイ)
スマホ/ケータイ
(データ定額)
データ定額(3Gスマホ)、データ定額(3Gケータイ)、
データ定額ミニ 1GB、データ定額ミニ 2GB、
データ定額 5GB、データ定額 20GB、データ定額 50GB、
データ定額S(4Gケータイ)、データ定額S(3Gケータイ)、
データ定額 50GBプラス、データ定額 ミニモンスター、
データ定額 スマホデビュー
タブレット(iPad専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE、
(iPad専用)ベーシックデータ定額プラン、
タブレット基本料、
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G、
法人タブレット基本料/法人タブレットプラン
モバイル
Wi-Fiルーター
Wi-Fiルータープラン(高速)、Wi-Fiルータープラン、
4G/LTEデータし放題フラットN、4Gデータし放題フラット+N、
4G/LTEデータフラットプラン for BB、
4G/LTEデータライトプラン for BB、
4Gデータフラットプラン+ for BB、
4Gデータライトプラン+ for BB、
法人データ通信プランフラット(4G)、
法人データ通信プランフラット(4G/LTE)、
法人データプラン、
データバリューパック(スーパー、ミドル、レギュラー)
その他みまもりケータイ専用プラン、みまもりケータイ2専用プラン、
みまもりケータイ3専用プラン、
通話定額ライト基本料(みまもりケータイ/キッズフォン)、
あんしんファミリーケータイ専用プラン、
スマートデバイスプラン、スマートデバイスシェア

このとおり、これまでユーザーのニーズに応えて細分化されていたプランが軒並み終了しています。

新料金プランの主軸となるのは、1ページ目で紹介した4プランのみです。

従来のプランが消えるのは少し寂しい気もしますが、シンプルで分かりやすいプラン構成になったと言えるでしょう。

使いやすくなったソフトバンクの新料金プラン!

今回は、2019年9月13日に開始したソフトバンクの新料金プランについて解説しました。

ソフトバンク新料金プランまとめ
  • 新料金プランには2年契約の縛りがなく、契約解除料も発生しない。
  • 提供開始は2019年9月13日から。
  • 新料金プランは、ウルトラギガモンスター+、ミニモンスター、スマホデビュープラン、ケータイ1GBプランの4つ。
  • ウルトラギガモンスター+とミニモンスターは、従来プランと料金が同じ。つまり、2年縛りのデメリットだけが排除された形となる。
  • 新料金プランには適用できない割引もある。プラン移行時に注意が必要。
  • 旧プランは2019年9月12日で終了したが、現在契約している人はそのまま継続できる。

契約期間の縛りが消えたことで、ソフトバンクへの出入りが自由になりました。

9月20日に発売されたiPhone 11への機種変更を考えている方は、これを機にソフトバンクへのMNPを検討してみてくださいね。

ソフトバンクで機種変更を2年以内に行った時のリスクは?かかる費用と回避策

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ