ソフトバンクの5G対応機種まとめ(iPhone・Android)5G料金プランも解説

  • 2021年10月10日
  • by.affiprecious

ソフトバンク 5G 対応機種

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事では、最新のソフトバンクの5G対応機種情報とソフトバンクの5G対応料金プランについて解説します。

2020年3月27日にソフトバンクの5Gサービスが開始された直後、5G対応機種はハイスペックモデルばかりでした。

しかし、最新の5G対応機種にはミドルスペックモデルも加わり、ライトユーザーの方でも使い方に合ったスマホが選べるようになっています。

さらに新プランの登場により、4Gと同じ料金で5Gが使えるようになりました。5Gサービスは今まで以上に身近なものになりつつあります。

ソフトバンクの5Gサービスに興味がある方は、本記事で自身の使い方にあった機種があるかどうかチェックしてくださいね!

関連記事

2020年3月末に、各キャリアで5Gサービスがスタートしました。 5G対応スマホに買い替えると、4Gよりも高速なデータ通信が可能になります。 しかし、5Gが利用できるエリアはまだ限られており、全国に普及するには時間がかかると言わ[…]

5Gで何ができる? NTTdocomo
ソフトバンク5G対応機種のポイント
  • iPhone 13シリーズ全モデル対応
  • Google Pixelシリーズは2モデル対応
  • Androidスマホは14モデル対応
  • 最新料金プランは同じ月額で4G/5G両対応
超おトクに機種変更!
最大24回分の機種代金が不要!

ソフトバンクの5G対応機種

ソフトバンク

ソフトバンクでは2021年10月現在、合計23機種の5G対応スマホが販売されています。

ソフトバンクの5G対応スマホをまとめると次の通りです。

なお、ここでは5GのSub6対応機種とミリ波対応機種に分けてご紹介します。

まずは、ミリ波対応機種です。

ソフトバンクの5G(ミリ波)対応機種

5G対応モデル機種代金実質価格※
AQUOS zero674,880円37,440円
Xperia 1 III188,640円94,320円
詳細ソフトバンクオンラインショップ

超高速通信が使えるミリ波に対応している機種は、上表の2機種のみです。

iPhone 12・iPhone 13シリーズは本来ミリ波に対応しているのですが、日本版は対応していません。

とはいえ、ミリ波を使えるエリアは都内でもごくわずか。

ミリ波が使えないからといって、日常生活に及ぼす影響はほぼないと言っていいでしょう。

なお、ミリ波に対応している上表の2機種は、もちろんSub6にも対応しています。

ソフトバンクの5G(Sub6)対応機種

5G対応モデル機種代金実質価格※
iPhone 13115,920円~57,960円~
iPhone 13 mini101,520円~50,760円~
iPhone 13 Pro144,000円~72,000円~
iPhone 13 Pro Max157,680円~78,840円~
iPhone 12110,880円〜55,440円〜
iPhone 12 mini96,480円〜48,240円〜
iPhone 12 Pro137,520円〜68,760円〜
iPhoen 12 Pro Max151,920円〜75,960円〜
AQUOS zero674,880円37,440円
Xperia 1 III188,640円94,320円
LEITZ PHONE 1187,920円93,960円
AQUOS R6133,920円66,960円
Google Pixel 4a(5G)57,600円28,800円
Google Pixel 587,840円43,920円
motorola razr 5G198,000円99,000円
Redmi Note 9T21,600円10,800円
AQUOS sense5G43,200円21,600円
Xperia 5 II115,200円57,600円
AQUOS zero5G basic52,560円26,280円
AQUOS R5G129,600円64,800円
ZTE Axon 10 Pro 5G72,720円36,360円
LG V60 ThinQ 5G139,680円69,840円
OPPO Reno3 5G55,440円27,720円
詳細ソフトバンクオンラインショップ

ミリ波対応機種とは違い、Sub6に対応しているのは23機種と豊富です。

ソフトバンクの5Gサービス開始当初の5G対応モデルは、Androidのハイスペックモデルのみでした。

しかし現在は、エントリーモデルやミドルスペックモデルもラインナップに追加されています。

選択肢が増えたことにより、かえって迷ってしまいそうな方は、次のおすすめスマホから使い方にあったものを選びましょう。

おすすめ5G対応スマホ
  • iPhone 13
  • iPhone 12
  • Xperia 1 III
  • Google Pixel 4a(5G)
  • AQUOS sense5G
  • OPPO Reno3 5G
  • Redmi Note 9T

iPhone 13

iPhone 13(ピンク)

画像引用元:iPhone 13またはiPhone 13 miniを購入 – Apple(日本)

iPhone 13は2021年9月に発売された最新iPhoneです。

ラインナップはiPhone 12と同じく4機種。ストレージの容量が倍になるなど、順当進化を遂げています。

各機種のスペックは下表のとおりです。

iPhone 13のスペック

iPhone 13
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.65mm
重さ173 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角)
インカメラ1,200万画素
ROM128GB・256GB・512GB
CPUA15 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラー(PRODUCT RED)・スターライト・
ミッドナイト・ブルー・ピンク
詳細iPhone 13の実機レビュー

iPhone 13 miniのスペック

iPhone 13 mini
画面サイズ5.4インチ
本体サイズ高さ:131.5mm
幅:64.2mm
厚さ:7.65mm
重さ140 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角)
インカメラ1,200万画素
ROM128GB・256GB・512GB
CPUA15 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラー(PRODUCT RED)・スターライト・
ミッドナイト・ブルー・ピンク
詳細iPhone 13 miniのレビュー

iPhone 13 Proのスペック

iPhone 13 Pro
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.65mm
重さ203 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角、望遠)
インカメラ1,200万画素
ROM128GB・256GB・512GB・1TB
CPUA15 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラーグラファイト・ゴールド・
シルバー・シエラブルー
詳細iPhone 13 Proのレビュー

iPhone 13 Pro Maxのスペック

iPhone 13 Pro Max
画面サイズ6.7インチ
本体サイズ高さ:160.8mm
幅:78.1mm
厚さ:7.65mm
重さ238 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角、望遠)
インカメラ1,200万画素
ROM128GB・256GB・512GB・1TB
CPUA15 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラーグラファイト・ゴールド・シルバー・シエラブルー
詳細iPhone13 Pro Maxのレビュー

iPhone 13シリーズ全機種に、新しい動画撮影モード「シネマティックモード」が搭載されています。

また、iPhone 13 ProやiPhone 13 Pro Maxのディスプレイは、最大120Hzのリフレッシュレートに対応。

さらに、Proシリーズにはワンランク上のCPUが使われています。

iPhone 13シリーズの価格

機種名容量機種代金(税込)
iPhone13 mini64GB82,280円
128GB87,780円
256GB99,880円
iPhone1364GB94,380円
128GB99,880円
256GB111,980円
iPhone13 Pro128GB117,480円
256GB129,580円
512GB153,780円
iPhone13 Pro Max128GB129,580円
256GB141,680円
512GB165,880円

iPhone 12

iPhone 12

iPhone 12シリーズは2020年10月〜11月に発売したiPhoneです。

スペック別に4モデル登場し、従来モデルより使い方に合った選び方ができるようになっています。

iPhone 12/12 miniのスペック

iPhone 12
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.4mm
重さ162 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角)
インカメラ1,200万画素
ROM64GB・128GB・256GB
CPUA14 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラーホワイト・ブラック・
(PURODUCT RED)・

グリーン・ブルー・
パープル
詳細iPhone 12評価レビュー

iPhone 12 Pro/12 Pro Maxのスペック

モデルiPhone12 ProiPhone12 Pro Max
ディスプレイ6.1インチ6.7インチ
サイズ高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.4mm
高さ:160.8mm
幅:78.1mm
厚さ:7.4mm
重さ187 g226 g
アウトカメラ12MP
トリプルレンズカメラ
LiDARスキャナ
インカメラ12MP
ROM128GB/256GB/512GB
CPUA14 Bionicチップ
OSiOS 14
認証Face ID
カラーシルバー・グラファイト・ゴールド・パシフィックブルー
5G対応○/Sub 6GHz
詳細12 Proレビュー12 Pro Maxレビュー

スペックを比較すると、当然iPhone 12 Pro/12 Pro Maxの方が性能が高くなっています。

しかし、多くの方はiPhone 12/iPhone 12 miniのスペックで十分満足できるはずです。

iPhone 12シリーズの価格

機種名容量機種代金(税込)割引適用後※
iPhone 12 mini64GB96,480円48,240円
128GB102,960円51,480円
256GB116,640円58,320円
iPhone 1264GB110,880円55,440円
128GB116,640円58,320円
256GB131,040円65,520円
iPhone 12 Pro128GB137,520円68,760円
256GB151,920円75,960円
512GB180,000円90,000円
iPhone 12 Pro Max128GB151,920円75,960円
256GB166,320円83,160円
512GB194,400円97,200円
詳細ソフトバンクオンラインショップ

Xperia 1 III

xperia1lll

画像引用元:Xperia 1 III SO-51B | スマートフォン(5G) | 製品 | NTTドコモ

Xperia 1 IIIは、2021年7月に発売されたXperiaシリーズのフラッグシップモデルです。

Xperia 1 IIIのスペック

Xperia 1 III
サイズ高さ:165mm
幅:71mm
厚さ:8.2mm
重量188g
ディスプレイ6.5インチ
アウトカメラ超広角:約1,220万画素
広角:約1,220万画素
望遠:約1,220万画素
3D iToFセンサー
インカメラ約800万画素
バッテリー4,500mAh
RAM12GB
ROM256GB
CPUSnapdragon 888
認証指紋
カラーロストブラック・フロストパープル
詳細Xperia 1 IIIのレビュー

CPUは「Snapdragon 888」を搭載。メモリやストレージの容量も十分です。

リフレッシュレートは120Hzまで対応。動画やゲームなどの映像作品を存分に楽しめます。

カメラは広角・超広角・望遠レンズとToFセンサーを搭載。光学ズームなら最大4.4倍、デジタルズームは最大12.5倍まで拡大可能です。

すべての面において、最高峰の性能を持つスマホであると言えるでしょう。

Xperia 1 IIIの価格

キャリア機種代金割引適用時※詳細
ドコモ154,440円102,960円ドコモ公式サイト
au178,000円98,440円公式サイト
ソフトバンク188,640円94,320円公式サイト

※ ドコモはスマホおかえしプログラム、auはスマホトクするプログラム、ソフトバンクは新トクするサポートフル適用の場合

Google Pixel 4a(5G)

Google Pixel 4a(5G)

画像引用元:Google Pixel 4a (5G) | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

Google Pixel 4a(5G)は、2020年10月発売のミドルスペックモデルです。

Google謹製が故に純粋なAndroidを搭載し、高コスパかつ快適な1台となっています。

Google Pixel 4a(5G)のスペック

Google Pixel 4a (5G)
ディスプレイサイズ6.24インチ
本体サイズ高さ:153.9 mm
幅:74 mm
厚さ:8.2 mm
重さ168g
アウトカメラメイン:1,220万画
超広角:1,600万画素
インカメラ800万画素
バッテリー3,885mAh
RAM6GB
ROM128GB
SoC(≒CPU)Snapdragon 765G
OSAndroid 11
認証指紋
カラーJust Black

スペックはSnapdragon 765Gとメモリ6GBで、ミドルスペックモデルとしては上位の処理能力です。

防水・防塵に非対応なことには注意が必要ですが、コスパ重視で5Gスマホを選ぶならGoogle Pixel 4a(5G)はイチオシですよ!

Google Pixel 4a(5G)の価格

キャリア機種代金割引適用時購入
ソフトバンク57,600円28,800円ソフトバンク公式ショップ

AQUOS sense5G

AQUOS sense5G

画像引用元:AQUOS 2020 秋冬 最新モデル|AQUOS:シャープ

AQUOS sense5Gは、2021年2月10日に発売したミドルスペックモデルです。

AQUOS sense5Gのスペック

AQUOS sense 5G
画面サイズ約5.8インチ
本体サイズ高さ:148mm
幅:71mm
厚さ:8.9mm
重さ178g
アウトカメラ標準:約1,200万画素
広角:約1,200万画素
望遠: 約800万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー4,570mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUQualcomm® Snapdragon™ 690 5G
認証顔・指紋
防水IPX5・IPX8
カラーライトカッパー・
オリーブシルバー・ブラック
詳細AQUOS sense5Gの実機レビュー

Google Pixel 4a(5G)と比べると処理能力は少し劣ります。

しかし、強力な防水性能と濡れても操作できることから、水回りやお風呂で使う方におすすめです。

また、省エネIGZOディスプレイと大容量バッテリーで電池持ちが良いのも大きな魅力です。

AQUOS sense5Gの価格

キャリア機種代金割引適用時※購入
ソフトバンク52,560円26,280円ソフトバンク公式ショップ

※乗り換え時は17,600円

OPPO Reno3 5G

OPPO Reno3 5G

画像引用元:OPPO Reno3 5G – 未来を先取りしたスマホ。| OPPO 日本

OPPO Reno3 5Gは、2020年7月31日発売のミドルスペックモデルです。

OPPO Reno3 5Gのスペック

OPPO Reno3 5G
ディスプレイサイズ約6.55インチ
本体サイズ高さ:約159mm
幅:72mm
厚さ:7.7mm
重さ約171g
アウトカメラ広角:約4,800万画素
超広角:約1,300万画素
望遠:約800万画素
モノクロ:約200万画素
インカメラ約3,200万画素
バッテリー4,025mAh
RAM8GB
ROM128GB
SoC(≒CPU)Snapdragon 765G
OSAndroid 10
認証指紋・顔
カラーミスティ ホワイト

OPPO Reno3 5GはSnapdragon 765Gとメモリ8GBでミドルスペックの中でも上位の性能です。

さらに高性能なクアッドカメラを搭載し、スマホで写真をたっぷり撮りたい方におすすめですよ!

OPPO Reno3 5Gの価格

キャリア機種代金割引適用時※購入
ソフトバンク55,440円27,720円ソフトバンクショップ

※トクするサポート+適用時

Redmi Note 9T

Redmi Note 9T

画像引用元:Redmi Note 9T | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

Redmi Note 9Tは2021年2月26日発売のエントリーモデルです。

Redmi Note 9Tのスペック

機種名Redmi Note 9T
(ソフトバンクモデル)
画面サイズ6.53インチ
本体サイズ高さ:162mm
幅:77mm
厚さ:9.1mm
重さ約200g
アウトカメラ約4,800万画素
約200万画素
約200万画素
(トリプルレンズ)
インカメラ約1,300万画素
バッテリー容量5,000mAh
RAM4GB
ROM64GB
OSMIUI 12
(Android 10ベース)
CPUMediaTek Dimensity 800U
2.4GHz+2.0GHz
認証指紋 / 顔
防水防滴
外部メモリ容量最大512GB
カラーナイトフォールブラック
デイブレイクパープル
5G対応
FeliCa/おサイフケータイ対応
価格21,600円
詳細ソフトバンク(公式サイト)

スペックはMediatek Dimensity 800Uとメモリ4GBと、決してスペックは高くありません。

ベンチマークアプリで計測すると、iPhone 8と同じくらいのスコアになります。

そのため、最新ゲーム等の重いアプリには不向きですが、Web検索やSNSなど普段使いで困ることはないでしょう。

価格もトクするサポート+で実質10,800円と激安モデルなので、とにかく5Gスマホを安く使いたい方におすすめです。

Redmi Note 9Tの価格

販売場所機種代金割引適用時 ※購入
ソフトバンク21,600円10,800円ソフトバンク公式ショップを見る

ソフトバンクの5G対応料金プラン

ソフトバンクの5G対応料金プランは以下の通りです。

5G対応料金プラン

プランデータ量月額料金
LINEMO20GB2,728円
3GB990円
メリハリ無制限無制限7,238円
ミニフィットプラン+0〜3GB3,278円
〜5,478円
スマホデビュープラン3GB12ヶ月間990円
以降2,178円

ソフトバンクは2021年3月17から新料金プランを開始し、どのプランも追加料金なく5Gサービスが利用できるようになりました。

各プランの特徴を押さえて、使い方にあった料金プランを選びましょう。

LINEMO

LINEMOのロゴ

画像引用元:【公式】LINEMO – ラインモ

LINEMOの基本情報ミニプランスマホプラン
月額料金990円2,728円
通信容量3GB
LINEギガフリー
20GB
LINEギガフリー
速度制限時300Kbps1Mbps
音声通話22円/30秒
通話オプション
通話準定額:月額550円
通話定額:月額1,650円
ネットワーク4G/5G
手続き方法オンラインのみ
新規契約事務手数料無料
詳細LINEMO(公式サイト)LINEMO

LINEMOには2種類のプランがあります。

スマホプランでは、20GBを月額2,728円で利用可能です。多くの層におすすめのプランですね。

一方、ミニプランは、3GBを月額990円で使えるプランです。ライトユーザーには非常に魅力的なプランではないでしょうか。

どちらもキャリアのメインプランに比べて、大幅に安い月額料金で利用できます。

また、LINEアプリのトークや通話がデータカウントフリーに!

毎日たっぷりLINEを利用している方なら、他キャリアのオンライン専用プランを契約するよりもお得ですよ。

LINEMOの注意点

LINEMOを契約する際は、以下のポイントに注意しましょう。

LINEMOの注意点
  • ショップでの契約・サポートはNG
  • キャリアメールが使えなくなる
  • ソフトバンク販売の端末もSIMロック解除が必要
  • LINEMOでは端末販売なし

LINEMOは非常にお得なプランですが、セルフサポートになってしまうことと、契約前に端末の用意&SIMロック解除が必要である点には注意が必要です。

なお、2021年10月以降に発売された端末は、SIMロック解除が必要ありません。

最新iPhoneであるiPhone 13も同様で、はじめからSIMロックがかかっていないため、SIMロック解除は不要です。

\ ミニプランなら3GB990円 /

メリハリ無制限

メリハリ無制限プラン

画像引用元:新料金プラン・メリハリ無制限 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

項目料金・内容
月額料金7,238円
おうち割 光セット-1,100円
新みんな家族割
(3人以上の場合)
-1,210円
割引後の月額料金4,928円
3GB以下の月額料金3,278円

メリハリ無制限は、プラン名通りデータ容量無制限のプランです。

月額料金は7,238円ですが、おうち割 光セットと新みんな家族割(3回線以上)で4,928円で利用できます。

外出中にスマホで動画や音楽、ゲームをたっぷり楽しむなら、メリハリ無制限がぴったりな料金プランですね!

なお、テザリングやデータシェアは毎月30GBまでの制限があり、超過すると月末まで128kbpsに速度制限されます。

パソコンやタブレットを外出先に持ち出す方は、テザリングのデータ容量には注意しましょう。

月間3GB以下なら1,650円割引

メリハリ無制限では、月間のデータ消費量が3GBだった月は、自動的に1,650円割引されます。

おうち割 光セットや新みんな家族割適用後は3,278円で利用できます。

普段はあまり利用せず、時々たっぷり使うという方もメリハリ無制限を選んで損はしないでしょう。

ミニフィットプラン+

ミニフィットプラン+

画像引用元:ミニフィットプラン+ | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

項目0〜1GB1〜2GB2〜3GB
月額料金3,278円4,378円5,478円
おうち割 光セット-1,100円
割引後の
月額料金
2,178円3,278円4,378円

ミニフィットプラン+は、最大3GBまでの段階制定額プランです。

毎月1GB未満+おうち割 光セットを適用するならお得なプランとなります。

しかし、1〜2GBならメリハリ無制限と同額、2〜3GBならメリハリ無制限の方がお得になります。

そのため、ミニフィットプラン+は毎月確実に1GBに押さえられる超ライトユーザー向けのプランということになるでしょう。

スマホデビュープラン

スマホデビュープラン

画像引用元:スマホデビュープラン | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

項目月額料金
月額料金
(1年目)
990円
月額料金
(2年目〜)
2,178円
データ量3GB
1GBプラス550円

スマホデビュープランは、スマホ新規契約 or ガラケーからの機種変更・MNPで利用できるプランです。

データ容量3GBぽっきりで、月額550円でもう1GB追加可能です。

月額料金は1年目990円、2年目以降2,178円と非常に安く抑えられます。

もし1GBで足りなければ後からプラン変更可能なので、とりあえず初スマホは安く始めたいという方向けのプランといえるでしょう。

5G対応プランまとめ
  • LINEMO:20GB2,728円、3GB990円でLINEトーク・通話使い放題
  • メリハリ無制限:月額4,928円〜でデータ容量無制限
  • ミニフィットプラン+:毎月1GB未満に抑えられるならお得
  • スマホデビュープラン:3GBでいいならガラケー並みの安さ

ソフトバンクの5G提供エリアは?

ソフトバンクの5Gサービスが開始当初は東京のごく一部しか利用できませんでしたが、徐々に対応エリアが広がっています。

2021年10月現在、東京・大阪・名古屋と一部の都市部ではエリアが急拡大しています。

例えば東京中心のエリアマップを見ると次の通りです。

softbank5g

画像引用元:サービスエリアマップ | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

濃いピンクが、8月末時点で5Gに対応したエリアです。薄いピンクは、5Gエリアではあるものの、通信速度は4G LTEとほぼ変わりません。

よって、上の画像でいえば、6~7割のエリアで5Gが使えるということになりますね。

当初は普及に時間がかかると言われていた5Gですが、このように急拡大したのは「4G LTE周波数の5G転用」ができるようになったからです。

上の画像の薄いピンクのエリアが、「4G LTE周波数の5G転用」で5Gエリアになった地域に該当します。

ただし、速度は4G LTEと同等です。アンテナピクトが5Gになったからといって、速度に大きな違いはありません。

自宅周辺のアンテナピクトが5Gになっても、必ずしも通信速度が速くなるわけではないため、注意してください。

ソフトバンクの5Gが広まると何が変わる?

ソフトバンクの5Gで変わること

画像引用元:5Gでアップデートする「道路」。スマートハイウェイが日本のインフラ老朽化を解決 – ビジネスWebマガジン「Future Stride」|ソフトバンク

すでに始まっているものの、対応エリアが少なく普及までまだ時間のかかりそうな5G。

本当の意味で5Gが広まったとしたら、今の4G時代と比べて何が変わるのでしょうか。

ソフトバンクの描く展望と合わせて、ここからは5Gそのものについての解説をしていきます。

5Gで通信速度が圧倒的に速くなる
  • 圧倒的な高速・大容量通信
  • 低遅延で、よりリアルタイムな通信
  • 多接続が可能
  • ソフトバンクはスマホ以外の利用も目指している

圧倒的な高速・大容量通信

ソフトバンクの5G

画像引用元:SoftBank 5G | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

5G通信の1番の目玉となるのは、通信速度の向上です。

5Gでは通信速度が下り最大10Gbpsとなっており、4Gの下り最大1Gbpsと比べて10倍の速度で通信できるようなります。

そのため、容量の大きなデータのダウンロードも瞬時に完了するようになるでしょう。

例えば、4G回線では10秒かかるようなデータでも、5Gならたったの1秒でダウンロードができるようになります。

低遅延でリアルタイムの通信

ソフトバンクの5G

画像引用元:SoftBank 5G | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

インターネット通信では、入力から反応までのラグ、つまり「遅延」というものがつきものです。

ですが、5Gでは4Gに比べて、この遅延が10分の1にまで軽減されるようになります。

実際、4G通信でも通信状態が良ければ、遅延はさほど気になるレベルではありませんでしたが、5Gではさらなる低遅延を実現しています。

オンラインゲームなども、より快適にリアルタイムでのプレイが可能になるでしょう。

多接続が可能

ソフトバンクの5G

画像引用元:SoftBank 5G | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

5Gでは、1平方キロメートルあたり100万のデバイスが同時接続できるようになります。

4Gの同時接続可能台数が10万台ですから、10倍のデバイスで同時接続が可能です。

同時接続台数が増えることで、混雑する場所、例えば繁華街やイベント会場でも十分な速度で通信できるようになります。

5Gサービスの普及で生活が変わる?

ここまで見てきたように、5Gサービスが普及することによって、スマホの通信環境は劇的に変化します。

単に従来のWEBサービスやアプリが快適に使えるようになるだけではなく、これまでなかったような新しいサービスも生み出されていくでしょう。

ただ、5Gが変化をもたらすのは、スマホの通信だけではありません。

5Gの特徴である、高速大容量通信・低遅延・多接続という特徴は、様々な分野で活用されようとしています。

中でも代表的なもので言えば、自動運転技術にも5Gの技術が活用されています。

5Gの高速かつ低遅延な通信により、自動車をリアルタイムで制御することが可能となりました。

車の隊列走行や完全自動運転が実現する日は、もう目の前まで来ているのかもしれません。

他にも医療分野での活用や店舗の商品管理などでの活用も期待されています。

5Gの登場により、モノがインターネットに繋がる「IoT」の分野は、爆発的に発展していくことでしょう。

ソフトバンクも、「VR・AR。ドローン。自動運転。遠隔医療。IoT。世界を変える新技術の数々をもっと身近に、当たり前に」と幅広い5G利用に意欲を燃やしています。

スマホだけではなく、暮らしを豊かにしてくれる5Gを使った技術は、今後も目が離せません。

ソフトバンクの5G対応機種はラインナップが豊富!

今回はソフトバンクの5G対応機種をまとめて紹介しました。

ソフトバンク5G対応機種の大切なポイントは以下の4つです。

ソフトバンク5G対応機種のポイント
  • iPhone 13シリーズ全モデル対応
  • Google Pixelシリーズは2モデル対応
  • Androidスマホは14モデル対応
  • 最新料金プランは同じ月額で4G/5G両対応

また、ソフトバンクは全てのプランが5G対応しているので、使い方に合わせて選べます。

5G対応プラン
  • LINEMO
    →20GBが2,728円、3GBならたった990円
    →LINEトーク・通話使い放題
    →ショップのサポートなし
  • メリハリ無制限
    →月額4,928円〜
    →データ容量無制限
  • ミニフィットプラン+
    →毎月1GB未満に抑えられるならお得
  • スマホデビュープラン
    →3GBでいいならガラケー並みの安さ
超おトクに機種変更!
最大24回分の機種代金が不要!

4G LTEの周波数を5Gへ転用できるようになったため、ソフトバンク5G対応エリアは急速に広がっています。

ソフトバンクの5Gスマホを使ってみたい方は、ぜひ使い方にあった1台を見つけてくださいね!

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ライター歴3年の青森県出身。趣味で始めたFXが軌道に乗ったのを機に退職し、いろんなことにチャレンジ中。 最近では趣味のガンプラも仕事の1つに加えてやりたい放題の人生を満喫している。トレーダー兼モデラー兼ライターという日本に3人くらいしかいない肩書の人間。 iPhoneよりiPadが好き。