ソフトバンクの解約のタイミングはいつがいい?解約月の確認方法

  • 2019年11月30日
  • by 
ソフトバンクの解約のタイミングはいつがいい?解約月の確認方法

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ソフトバンクを解約して他社に乗り換えようと思っても、どのタイミングがいいのか分からないことはありませんか?

解約のタイミングを間違えると解約料やプログラム解除料など高くついてしまう場合があります。

今回はソフトバンクの適切な解約タイミングと、更新月の確認方法をご紹介します。

契約更新月はもちろんですが、他社でキャンペーンを開催している時など、解約に適したタイミングはいくつかあります。

ソフトバンクのベストな解約タイミング
  • 契約更新月
  • ソフトバンクのスマホの端末代金を完済した時
  • 他社でお得な乗り換えキャンペーンが実施されている時

ソフトバンクの解約のタイミングはいつがおすすめ?

Softbank

画像引用元:ソフトバンク

まず、ソフトバンクで解約をするには、いつのタイミングがおすすめなのか解説していきます。

おすすめの解約タイミングは大きく分けて3つあります。

  • 契約更新月
  • ソフトバンクのスマホの端末代金を完済した時
  • 他社でお得な乗り換えキャンペーンが実施される時

3つのタイミングをそれぞれ詳しく紹介していきます。

契約更新月

ソフトバンクには契約更新月と呼ばれる期間があり、基本的に24ヶ月目~26ヶ月目までの3ヶ月間となっています。

この期間であればペナルティもなく解約することができます。

ペナルティに関しては後ほど詳しく解説しますが、高額な契約解除料が発生します。

契約更新月であれば、契約解除料は発生しません。

2019年7月に契約した場合、契約更新月は2021年7月から9月までの3ヶ月間となります。

ソフトバンクのスマホの端末代金を完済した時

ソフトバンクのスマホを購入する時、基本的に分割で支払うことが多いです。

ソフトバンクのスマホの端末代金は24回、36回、48回支払いのいずれかを選ぶことができ、大体24回支払いが選ばれています。

端末代金の支払い中に解約をしたり他社に乗り換えをしても、支払いが終わるまで端末代金の支払いを続けなければいけません。

つまり、端末代金の支払い中に機種変更や乗り換えなどで新しいスマホを購入すると、2重で端末代金を支払うことになります。

そのため、端末代金の支払いを終えてから解約や乗り換えをする方が、負担がかからないでしょう。

他社でお得な乗り換えキャンペーンが実施されている時

契約解除料が発生する・端末代金の支払いが残っている場合でも、このチャンスがあれば解約してもいいという時期があります。

それは他社でお得な乗り換えキャンペーンが実施されている場合です。

解除料分や端末代金の残額分を還元できるほどのキャンペーンであれば、負担がそれほどありません。

ソフトバンクで機種変更を2年以内に行った時のリスクは?かかる費用と回避策

ソフトバンクの契約更新月の確認方法

ソフトバンクの契約更新月の確認方法の画像

画像引用元:My SoftBank

ソフトバンクは2年契約なので、2年間は最低でも使う予定である人がほとんどだと思います。

しかし、契約から2年後ということで、契約更新月がいつだったのか忘れてしまう人も多いのではないでしょうか。

そこで、ソフトバンクの契約更新月を確認する方法にはどのようなものがあるのか、1つ1つ詳しく紹介していきます。

契約更新月を知る方法
  • My Softbank
  • ソフトバンクショップ
  • コールセンター
  • DM・SMS

My Softbankで確認する

契約更新月はMy Softbankの契約内容の照会で確認することができます。

My Softbankは電話番号とパスワードでログインすることができます。

初期設定の段階で設定されており、既に使える状態になっていると思うので、一度試してみてください。

登録する場合も、電話番号宛にSMSを送信し、送られてきたパスワードを認証すればすぐに使えるようになります。

ソフトバンクショップで確認する

ソフトバンクショップでも契約更新月を確認することができます。

ソフトバンクショップのスタッフに、「契約更新月を教えてください」と言えば情報照会をしてもらうことができます。

情報照会には本人確認が必要になります。免許証や健康保険証を持参しましょう。

ソフトバンクのコールセンターで確認する

電話で確認したいという場合はソフトバンクのコールセンターがおすすめです。

音声ガイダンスに従って操作をすればオペレーターと繋がり、契約更新月を教えてもらうことができます。

ただし、時間帯によっては待ち時間がかなり長いので、ソフトバンクショップに行った方が早い場合もあります。

契約更新月が近づくとソフトバンクから通知が来る

最近では、契約更新月の前月あたりにキャリアから自宅宛にDMが届いたり、SMSが送られてくることがあるようです。

そのため、普段からメールや自宅の郵便ポストをチェックしていれば、更新月の直前には知ることができるでしょう。

次の章では解約時に気を付けたいこと、契約更新月に乗り換え/機種変更どっちにすべきかを解説していきます。

ソフトバンクの解約で気をつけるべきこと

次に、ソフトバンクの解約で気をつけるべきことについて解説します。

どのキャリアでも共通している点ではありますが、解約する時期によっては大きく損をしてしまう可能性があります。

また、解約するべきタイミングを逃すと、高額な契約解除料を支払わなければいけないケースなどたくさんあります。

そこで、ソフトバンクを解約する上での注意点をいくつか挙げていくので、しっかりと確認しておきましょう。

ソフトバンク解約時の注意点
  • 契約更新月以外は契約解除料が発生する
  • 自動更新ありプランだと自動的に2年契約が継続される
  • 機種購入サポートのプログラム解除料が発生するプランがある
  • 解約月の利用料金は日割り計算されない

契約更新月以外は高額な契約解除料が発生する

契約更新月以外は、契約解除料と呼ばれるペナルティが発生します。

契約解除料は、大手キャリア共通で9,500円となっています。

解約月の利用料金と合算で翌月請求となり、その支払いで契約が終了ということになります。

契約更新月に解約すれば、契約解除料は発生しません。

自動更新ありプランかどうか確認する

ソフトバンクには、自動更新ありプランと自動更新なしプランがあります。

自動更新ありプランだと、契約更新月を過ぎてしまうと再び2年契約になります。

自動的に更新されてしまうので、更新したくない場合は契約更新月のタイミングで解約をしなければいけません。

契約内容によっては機種購入サポートのプログラム解除料が発生する

契約内容によっては、機種購入サポートと呼ばれるプログラムを利用している可能性があります。

機種購入サポートとは端末代金の割引をしてくれるプログラムであり、対象のプランの加入・対象スマホの購入で適用できます。

しかし、特別に端末代金の割引をするプログラムなので、契約途中で解約すると別途プログラム解除料が発生する恐れがあります。

現時点で確認できている機種購入サポートのプログラム解除料は5,000円です。契約解除料に上乗せされるので注意してください。

解約月の利用料金は日割り計算されない

解約月の利用料金はいつ解約しても日割り計算されません

利用料金が満額発生してしまうので、お得に解約するのであれば、請求締め日(10日,20日,末日のいずれか)付近がおすすめです。

請求締め日はユーザーによって異なります。

ソフトバンクの契約更新月が来たら乗り換えすべき?

ソフトバンクの契約更新月が来たら乗り換えすべきかどうかの画像
契約更新月が来たとしても、このままソフトバンクを使い続けるのか、他社に乗り換えをするのか迷う人が多いと思います。

余程のことがない限り、電話番号を完全に消すことになる『解約』を選択する人は少ないでしょう。

では、ソフトバンクの契約更新月が来たら何をすべきなのでしょうか。

今までは乗り換えがお得だといわれていましたが、最近ではその傾向も薄れてきています。

他社でお得なキャンペーンを開催していないのであれば、乗り換えるメリットはさほどない、と思って良いかもしれません。

ソフトバンクから乗り換えするべきか
  • 他社でお得な乗り換えキャンペーンがやっていれば乗り換え
  • 特に他社へ魅力を感じていない場合はソフトバンク内で機種変更

どのキャリアも乗り換えと機種変更のキャンペーン内容がほとんど同じ

最近はどのキャリアも、乗り換えと機種変更のキャンペーンに差はほとんどありません。

そのため、以前のように他社に乗り換えた方が確実にお得というわけではないようです。

お得なキャンペーンを開催している時であれば乗り換えもおすすめ

お得なキャンペーンを開催している時であれば、乗り換えもおすすめです。

狙い時は大型連休や3月の決算セールの時期です。

メールアドレスのドメインが変わるなど手間がかかるので機種変更の方が無難

乗り換えをするとメールアドレスのドメインが変わるので、各サービスのメアド変更の手続きなど手間がかかります。

あまりキャンペーンに差がないというのであれば、ソフトバンク内で機種変更の方が手間が少ないかもしれません。

ソフトバンクの機種変更で3万円得するために必要なものとおすすめ3ステップ

ソフトバンクの最適な解約タイミングは契約更新月!

最後に、ソフトバンクの最適な解約タイミングについてまとめます。

ソフトバンクのベストな解約タイミング
  • 契約更新月
  • ソフトバンクのスマホの端末代金を完済した時
  • 他社でお得な乗り換えキャンペーンが実施されている時

ソフトバンクの契約更新月は契約月から24ヶ月目~26ヶ月目の3ヶ月間です。

万が一、契約更新月を忘れた場合には、My Softbankやソフトバンクショップ、コールセンターなどで確認をしましょう。

自宅宛に契約更新月のお知らせのDMが届くこともあるので、必ずチェックしてください。

ソフトバンク携帯の解約方法|手順とMNP手数料と違約金のまとめ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ