ソフトバンクの認定中古品「SoftBank Certified」保証や価格は?詳細解説

  • 2022年2月3日
  • by.affiprecious

ソフトバンク

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2022年1月にスタートした新サービス「SoftBank Certified」。

本記事では「SoftBank Certified」で取り扱っている機種や価格などを詳細に解説していきます。

割引や保証など、気になる点もすべて網羅しているため、気になっていた方はぜひご覧ください。

トップ画像引用元:ソフトバンク

ソフトバンクの中古オンラインショップ「SoftBank Certified」とは

ソフトバンクのサービス

画像引用元:ソフトバンク

「SoftBank Certified」は、ソフトバンクが運営する中古オンラインショップです。

2022年1月現在で取り扱っているのは4機種のiPhoneのみですが、今後はもっと増えることでしょう。

SoftBank Certifiedではソフトバンクが認定した端末だけを販売しています。そのため、いわゆる「赤ロム」などのリスクとは無縁です。

スマホはすべて初期化済み。クリーニングも実施済みです。

安心して中古iPhoneを購入できます。

購入から8日間以内なら返品も可能!

新品の端末に比べて、中古端末は何かとトラブルが多い傾向にあります。

しかし、SoftBank Certifiedなら、端末が自宅に届いた日から8日間以内であれば、別の商品と交換可能です。

SoftBank Certifiedの商品ラインナップ

iPhone8のサイズ感

現時点でのラインナップは下表の4機種のみです。

製品名本体価格本体価格
(乗り換え時)
iPhone 8
(64GB)
21,840円480円
iPhone XR
(128GB)
31,200円9,600円
iPhone X
(64GB)
31,200円9,600円
iPhone XS
(256GB)
41,280円19,680円

容量は選べません。購入の際は気を付けたいですね。

とはいえ、どの機種もかなり安い価格で購入できます。

特にiPhone XSの256GBを4万円台で買えるのは非常にお得です。

他社からの乗り換えなら割引が使える

SoftBank Certifiedでは、ソフトバンクのweb割が利用できます。

web割は、スマホの本体価格が最大21,600円オフになるサービスです。適用条件は、他社からソフトバンクへ乗り換えること。

上表のとおり、最も安いiPhone 8なら、web割の適用で480円になります。

最も高いiPhone XSでも19,680円です。web割の割引効果の高さがよくわかりますね。

なお、ソフトバンクには「新トクするサポート」という割引もありますが、これは上表の機種には適用できません。注意してください。

SoftBank Certifiedの注意点

AppleCare

画像引用元:Apple サポート 公式サイト

お得に中古iPhoneを購入できるSoftBank Certifiedですが、注意点もいくつかあります。

利用時に後悔しないよう事前に目を通しておきましょう。

SoftBank Certifiedの注意点
  • ソフトバンクの回線契約が必要
  • 新トクするサポートは利用不可
  • 割引プログラムの特典利用はできない
  • 本体に傷などがあるかも
  • メーカー保証はない
  • ソフトバンクの保証には加入できない

ソフトバンクの回線契約が必要

これが最大の注意点です。

SoftBank Certifiedを利用するためには、ソフトバンクの回線契約がなければいけません。

最近はキャリアでも端末のみの購入が可能になったこともあり、うっかり勘違いしかねないポイントです。気を付けてくださいね。

新トクするサポートは利用不可

SoftBank Certifiedでは、web割は適用可能ですが、新トクするサポートは利用できません。

製品名本体価格本体価格
(乗り換え時)
iPhone 8
(64GB)
21,840円480円
iPhone XR
(128GB)
31,200円9,600円
iPhone X
(64GB)
31,200円9,600円
iPhone XS
(256GB)
41,280円19,680円

すべての割引を駆使したとしても、上表の右欄の価格が最安値となります。

割引プログラムの特典利用はできない

ソフトバンクでは、新トクするサポート以外にも、過去に様々な割引プログラムを提供していました。

過去の割引プログラム
  • トクするサポート
  • トクするサポート+
  • 半額サポートなど

これらのプログラムでは、購入から約2年後に端末をソフトバンクへ返却することで、スマホの本体価格が実質半額になります。

また、返却の際は機種変更が必須です。

この機種変更時にSoftBank Certifiedを利用したい方は少なくないかと思いますが、残念ながらこれはできません。

新トクするサポートも含め、割引プログラム関連の特典は一切使用不可です。

買い替え前の旧スマホの分割払いがまだ残っている場合は、引き続き支払わなければいけません。利用の際は注意してください。

本体に傷などがあるかも

SoftBank Certifiedで取り扱っているのは中古端末です。

比較的良品ではあるものの、一度は誰かが使っていたものですから、本体に傷などがある可能性も。

とはいえ、これはSoftBank Certifiedに限った話ではありません。中古端末を買う以上、普通のことです。

傷が付いているからこそ、本体価格が安くなったとも言えます。

SoftBank Certifiedを利用するのであれば、スマホの本体に外傷があることを前提に購入した方が良いでしょう。

メーカー保証はない

新品のiPhoneには、Appleの1年保証が付いています。

一方、SoftBank Certifiedの端末は中古ですから、メーカー保証は付いていません。

自然故障による交換や修理サービスは受けることができないので、注意してください。

ソフトバンクの保証には加入できない

iPhoneの修理費用は高いことでよく知られています。

iPhoneの修理費用

機種画面の破損のみその他の損傷
iPhone XS
iPhone X
36,680円70,980円
iPhone XR23,980円51,480円
iPhone 818,040円40,040円

画面割れはよくあるトラブルのひとつですが、その修理費用は気軽に払える額ではありません。

しかし、各キャリアやAppleで提供している保証サービスを使えば、下表の価格まで安くすることができます。

AppleCare+加入時の修理料金

機種画面損傷のみその他の損傷
全機種3,700円12,900円

画面割れの修理がわずか3,700円に。これなら気軽に修理を依頼できますよね。

しかし、SoftBank CertifiedではApple Care+を含むキャリアの保証サービスは利用できません。

ソフトバンクの「あんしん保証パック with AppleCare Services」も、やはり利用不可です。

万一のトラブルに備えて、画面保護フィルムやケースもあわせて買っておきましょう。

SoftBank Certifiedでお得にiPhoneをゲット!

本記事では、SoftBank Certifiedについて解説しました。

SoftBank Certifiedまとめ
  • ソフトバンクが運営する中古iPhoneの販売サービス
  • 現状、取り扱い機種は4機種のみ
  • web割が適用可能。iPhone 8なら480円に
  • 利用するためには、ソフトバンクの回線契約が必須
  • 新トクするサポートのほか、他の割引プログラムの特典は利用不可
  • メーカー保証やApple Care+等も利用できない

いまだに根強い人気を誇るiPhone 8を480円で購入できるSoftBank Certified。その他のiPhoneも非常に安く購入できます。

ただし、本サービスを利用するためには、ソフトバンクの回線契約が必要です。

また、割引プログラムや保証にも制限が設けられています。これらの注意点をしっかり把握した上で、お得にiPhoneを購入してくださいね。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ライター歴3年の青森県出身。趣味で始めたFXが軌道に乗ったのを機に退職し、いろんなことにチャレンジ中。 最近では趣味のガンプラも仕事の1つに加えてやりたい放題の人生を満喫している。トレーダー兼モデラー兼ライターという日本に3人くらいしかいない肩書の人間。 iPhoneよりiPadが好き。