ソフトバンクの携帯料金を安くする方法|新プランで年額8万円もお得に?

ソフトバンクの最安プランが何かをまず紹介します。それが自分の使い方とマッチしないならば、携帯の月額料金を安くする割引を利用しましょう。また、今の料金プランが合っているかのお手伝いもします。一緒に見直して最適なプランを見つけて携帯代を節約しましょう!

  • 2020年3月11日
  • by.affiprecious

ソフトバンク

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ソフトバンクの携帯料金は、ドコモやauに比べて少々特殊だと感じてる方も多いのではないでしょうか。

ソフトバンクでは、1GB~7GB未満の携帯料金はちょっと高いものの、50GBの定額制大容量プランの携帯料金が非常に安くなっています。

割引サービスの適用状況によっては、大容量プランの方が小容量プランより安くなることもあるほどです。

そして、2020年3月12日開始の新プランでは、その傾向がより強まります。

今回は、そんなソフトバンクの携帯料金を安くする方法を、徹底的に解説していきます。

ソフトバンクの携帯料金を安くする方法
  • 新プランではデータ消費量が1GB以上ある場合はメリハリプランの方がお得
  • データ消費量を2GB未満にしない限りデータ量を削減しても料金は安くならない
  • データ削減には光回線やどんなときもWiFiなどのポケットWiFiを併用するのがおすすめ
  • 現代人はそもそもあまり通話をしないので通話料の削減は難しい
  • 学生のコミュニケーションはLINEが中心で通話の「準定額オプション」は不要である可能性が高い

画像引用元:スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

ソフトバンク携帯料金の最安プランはコレ

ソフトバンクのロゴ

画像引用元:ソフトバンク

ソフトバンクの最安プランと、割引サービスの組み合わせは2通りあります。

最安プランと割引の組み合わせ

1つ目の最安の組み合わせは以下のとおりです。

ソフトバンクの最安プランその1
  • ミニフィットプラン(1GB未満)
  • 通話オプションなし
  • おうち割光セット
  • 半年おトク割

これは、最安プランであるミニフィットプランと割引を組み合わせたものとなります。

おうち割光セットだけはご家庭にソフトバンクの固定回線が必要なものの、それを除けば比較的簡単に達成できる組み合わせです。

この組み合わせで月額料金が1,980円となり、サービス内容は下記内容です。

最安プランのサービス内容
  • 月に使えるデータ量は1GB未満
  • 無料通話分はなく、20円/30秒の通話料が発生する
  • 家族割引を適用した場合は、家族間通話が24時間無料

大容量プランと割引の組み合わせ

もう1つの最安の組み合わせは、なんと最も高額な大容量プランと割引を組み合わせたものです。

ソフトバンクの最安プランその2
  • メリハリプラン
  • 通話オプションなし
  • おうち割光セット
  • みんな家族割+(4人以上)
  • 月間使用データ量2GB以下
  • 半年おトク割

これは、2020年3月から始まるソフトバンク新プランならではの組み合わせ。

メリハリプランは、月間データ量が50GBの大容量プランですが、月に使用したデータ量が2GB以下の場合は自動で月額1,500円の割引が適用されます。

上記の他の割引も組み合わせれば、月額料金は最安の1,980円に。

サービス内容も、先程の組み合わせより優れています。

最安プランのサービス内容
  • 月に使えるデータ量は2GBまで
  • 無料通話分はなく、20円/30秒の通話料が発生する
  • 家族割引を適用した場合は、家族間通話が24時間無料

こちらの方が使用できるデータ量が多いため、家族でソフトバンクを利用している場合は、こちらの組み合わせの方がおすすめです。

「2GB以下」の割引は動画SNS放題に注意!

メリハリプランには、「動画SNS放題」というサービスが付いています。

これは、「YouTube」や「LINE」など、動画もしくはSNSアプリのデータ消費量がゼロになるというサービスです。

これにより、メリハリプランのユーザーは、対象となるアプリがほぼ使い放題になります。

ただし、月額1,500円の割引の適用条件である「月間データ消費量2GB以下」のデータ量には、対象アプリのデータ消費量も含まれるので注意が必要です。

つまり動画SNS放題でフリーになる通信量+2GBではないということです。

YouTubeなどで2GBを消費してしまったら2GB以下の割引の対象外になるので、要注意です。

携帯料金の最安を狙うためには?

携帯料金を安くするということは、上で解説した最安プランにできるだけ近づけることを意味します。

そのためには月に使うデータ量の節約が必要になるわけですが、必ず無理のない範囲で節約するようにしてください。

たとえ料金が安くなったとしても、著しく不便になってしまっては元も子もありません。

無理な節約はストレスに繋がります。仕事や遊びに支障をきたしてしまうこともあるでしょう。

そのような状況に陥らないためにも、一気に最安を目指すのではなく、少しずつ減らしていくことをおすすめします。

月額の携帯料金をお得にできるソフトバンクの割引

ソフトバンク 家族割

画像引用元:みんな家族割+ | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

ソフトバンクで月額料金を安くできる割引サービスは次の2つです。

ソフトバンクの月額料金を安くできる割引
  • みんな家族割+
    最大で月額2,000円お得に
  • おうち割光セット
    ソフトバンク光のセットでスマホが月額1,000円割引

契約人数で安くなる「みんな家族割+」

みんな家族割+は、家族の対象プラン契約数に応じて、携帯の月額料金を割引するサービスです。

みんな家族割+の割引額
  • 契約人数1人:0円
  • 契約人数2人:500円
  • 契約人数3人:1,500円
  • 契約人数4人:2,000円

みんな家族割+の対象プランは下の表のとおりです。

みんな家族割+の対象プラン

項目プラン名
割引対象プランウルトラギガモンスター+
カウント対象プランミニモンスター、
データ定額スマホデビュー、
ウルトラギガモンスター+

対象プランが「カウント対象」と「割引対象」に分かれている点に注意してください。

【カウント対象プラン】
これらのプランを契約していれば、「契約人数」として加算することができます。ただし、割引は適用されません。

つまり、本割引サービスは実質「メリハリプラン」専用ということです。

みんな家族割+の利用条件

みんな家族割+の利用条件
  • 「メリハリプラン」に加入していること
  • 家族割引に加入していること
  • 同一の「家族割引」グループ内で、「ミニフィットプラン」「メリハリプラン」「データ定額スマホデビュー」に加入している回線数が2回線以上あること

みんな家族割+は、カウント対象プランに加入している人が2人以上いて初めて成立するサービスです。

そのため、利用条件の段階で、

  • 家族内で割引対象となる「メリハリプラン」に加入している方が1人以上いること
  • さらにカウント対象となるプランに加入している人が1人以上いること

が求められます。

みんな家族割+の「家族」の定義

対象となる「家族」の条件は以下のとおりです。

みんな家族割+の「家族」の定義
  • 血縁・婚姻関係にあること(親等数の制限なし)
  • 同住所であること

2つのうちどちらかの条件を満たせば、「家族」であると見なされます。

非常に緩い定義ですよね。

遠方に住む家族も対象になりますし、同住所に住んでいるのであれば、血縁・婚姻関係でなくとも「家族」と見なされます。

つまり、同居している恋人や、シェアハウスの仲間も「家族」になるということです。

次の章では、割引サービス「おうち割光セット」について解説していきます。

ネットとセットで安くなる「おうち割光セット」

タブレットとスマホとPC

おうち割光セットは、ソフトバンクが提供する「ソフトバンク光」などのネット回線と、ソフトバンクのスマホをセットで契約することで、携帯電話の月額料金を割引するサービスです。

割引額は以下のとおりとなります。

おうち割光セットの割引額
  • スマホ:1,000円
  • ケータイ:500円

例えば、家族4人がソフトバンクのスマホを利用している場合、合計で月額4,000円もの割引になるということです。

対象となる家族の範囲は、みんな家族割+と同じ

同居人なども割引の対象となります。

すでに光回線を契約している場合は?

おうち割光セットは非常にお得な割引サービスですが、対象となるネット回線はかなり限られています。

よって、すでに他社のネット回線を契約している場合は、おうち割光セットが利用できません。

もちろん、現在使用しているネット回線からソフトバンク光などに乗り換えれば、おうち割光セットの適用対象となります。

ただし、他社回線の解約時に「契約解除料」が発生する点には注意が必要です。

契約解除料は1万円を超えることが多く、さらに工事費の残債がある場合は、それも解約時に一括で払わなくてはなりません。

また、場合によっては回線の工事も必要となるため、その工事費も発生します。

これらすべての費用を合計すると、5万円を超えることも稀ではないでしょう。

ソフトバンクが解約費用を補償!

このように、「光回線の乗り換え」は決して容易なことではありません。

そのため、ソフトバンクではこれらの費用を大幅に負担してくれる補償サービスを提供しています。

光回線乗り換え費用の補償内容
  • 契約解除料・工事費の残債・撤去工事費を最大10万円までキャッシュバック
  • ソフトバンク光を始める際の工事費を最大24,000円分キャッシュバック

一言で言えば、他社ネット回線の解約費用と、ソフトバンク光の開始費用を強力にバックアップするサービスです。

キャッシュバックの限度額が設定されてはいますが、よほど高額な請求が来ないかぎり、上限に達することはありません。

ネット回線切り替え時の負担が大幅に軽減されるので、使わないと損ですよ!

ソフトバンクで使える割引サービスのまとめ

ソフトバンクの月額料金を安くするためには、以下2つのサービス利用がキモとなります。

  • おうち割光セット
  • みんな家族割+

ただし、みんな家族割+の割引対象がメリハリプランのみである点には、注意したいところですね。

すべてのプランに割引を適用できるのは、おうち割光セットだけです。

では、これらを活用して携帯料金を減らす方法を見ていきましょう。

ソフトバンクの月額料金を安くできる割引
  • みんな家族割+
    最大で月額2,000円お得に
  • おうち割光セット
    ソフトバンク光のセットでスマホが月額1,000円割引

WiFi利用でソフトバンクのデータ通信プランを見直せる

どんなときもwifi

これまで光回線によってデータ量を削減する方法について解説してきましたが、実はもう1つ、ネット回線に接続する手段があります。

それが「WiFiサービス」です。

2019年は新しい「ポケットWiFi」サービスが次々と立ち上がり、非常に話題となりました。

手軽に利用できるポケットWiFiは、光回線よりも通信速度は劣るものの、さまざまなメリットがあります。

おすすめのWiFi
  • どんなときもWiFi
  • SoftBank Air

いまおすすめのポケットWiFi「どんなときもWiFi」

どんなときもWiFi

「どんなときもWiFi」は、上述した2019年WiFiブームの先駆け的な存在です。

どんなときもWiFiの特徴
  • データ容量完全無制限
  • ドコモ・au・ソフトバンクすべての電波に対応

とにかく話題になったのが、データ容量「完全」無制限という点です。

当時のポケットWiFiは、「無制限」を謳うサービスこそ多かったものの、結局は速度を制限されるものでした。

一方、どんなときもWiFiは「完全」無制限で、速度を制限されることもありません

スマホでデータ通信を行えばデータ量が消費されていきますが、どんなときもWiFiを経由して通信することで、データ消費量をゼロにできます。

どこでも使えてデータ消費ゼロ!

どんなときもWiFiは、光回線に比べて通信速度は劣るものの、下記のようなメリットがあります。

どんなときもWiFiのメリット
  • トリプルキャリア対応で、どこで利用してもスマホのデータ消費量をゼロにできる
  • 申し込み~利用までの期間がたった数日!

どんなときもWiFiはドコモ・au・ソフトバンクすべての電波を利用できます。

そのため、電波の受信エリアが非常に広く、スマホとほとんど変わりません。

光回線でデータ消費ゼロにできる範囲は自宅内に限られますが、どんなときもWiFiを使えば、屋内・屋外を問わず、どこでもデータ消費を抑えられます。

また、どんなときもWiFiは、利用開始までの手続きがスピーディーです。

光回線の場合、こうはいきません。平均でも2~3週間、長ければ1ヶ月以上待つ必要があります。

どんなときもWiFiの料金

どんなときもWiFiの料金プランは下表の1種類のみです。

どんなときもWiFiの料金

プラン名支払い
方法
月額料金
(1~24
ヶ月目)
月額料金
(25ヶ月目
以降)
ベーシック
データ放題プラン
クレジット
カード払い
3,480円3,980円
口座振替
払い
3,980円4,410円
詳細どんなときもWiFi公式サイト

料金の違いは支払い方法によるもの。クレジットカード払いの方が安くなるためおすすめですよ。

SoftBank Airなら携帯料金も割引に!

SoftBank Air

画像引用元:【公式】SoftBank 光(光回線のソフトバンク光)

ソフトバンクでは「SoftBank Air」というWiFiサービスを提供しています。

SoftBank Airはホーム型WiFiサービスです。機器を持ち歩くことはできません。

「じゃあ、どんなときもWiFiの方が良いじゃん!」と思った方は、ちょっと待ってください。

SoftBank Airには次の3つのメリットがあります。

SoftBank Airのメリット
  • スマホとセットで契約すればおうち割光セットを適用できる
  • 端末同時接続数が非常に多い
  • 申し込みからネット開始までの期間がわずか数日

本サービスは、上述したソフトバンクの割引サービス「おうち割光セット」にも対応。スマホとセットで契約することで、スマホの月額料金を最大1,000円割引してくれます。

さらに、端末の同時接続数は64台とかなり多め。ちなみに、どんなときもWiFiは5台です。

こうして見ると、どんなときもWiFiは1人利用や外で持ち歩く用、SoftBank Airは家族用と捉えることもできますね。

また、SoftBank AirはどんなときもWiFiと同様、申し込みから数日で利用開始できるというメリットもあります。

さらに、通信速度は最大962Mbpsと光回線並!データはもちろん使い放題です。

通常なら月額4,880円のところ、今なら12ヶ月間は4,300円と料金も安くなっています。

WiFi活用方法まとめ
  • WiFiを活用すればスマホのデータ通信量を抑えることができる
  • 持ち運びできるWiFiはどんなときもWiFiがおすすめ
  • SoftBank Airは持ち運びできないものの、おうち割光セットを適用できるのが最大の強み

ソフトバンクの携帯料金を安くするためのポイント

ソフトバンクショップ実店舗

月額料金を安くするためには、結局のところ以下の2点が重要となります。

携帯料金を安くする方法
  • 自分のスマホ使用量を確認する
  • 自分にぴったりのプランを選択する

「それが難しいんだよ!」と思われた方も多いでしょう。

まさにそのとおりです。

しかし、これまでに紹介してきた割引サービスを利用すれば、改善できる可能性は大幅にアップします。

では、ソフトバンクの携帯料金を安くするためにすべきことを、順番に見ていきましょう。

自分が使用している量を把握する

まずは、自分が月にどのくらいのデータ量を消費しているかしっかり確認してみましょう。

これは、データ消費量だけでなく、通話時間も同様です。

スマホの使用状況については、基本的に以下4つのタイプに分類できます。

通話のみのユーザー

データ通信はほぼ行わず、スマホを電話として利用しているユーザーです。

料金プランを見直す際は、データプランより通話オプションを重視した方が良いでしょう。

ライトユーザー:月間データ消費量が5GB未満

最も多いのがこのタイプのユーザーです。

ドコモ

画像引用元:スマートフォンのデータ通信量と月額料金に関する調査 – 調査結果 – NTTコム リサーチ

上の画像は、NTTコムオンライン・マーケティング・ソリューション株式会社が、平成26年に行ったスマートフォンのデータ使用量の調査結果。

見てわかる通り、データ消費量3GB未満のユーザーが全体の約91%を占めています。

ライトユーザーの方はデータプランをちょっと見直すだけで、もしかしたら大幅に節約できるかもしれません。

ミディアムユーザー:月間データ消費量が5~10GB

この層になると、従量課金制プランであるミニフィットプランでは容量が足りないはずです。

そのため、必然的にメリハリプランを契約することになるでしょう。

ここから料金を減らすのであれば、大容量定額制プランから従量課金制プランへの変更をおすすめしたいところですが、残念ながらソフトバンクでは、これは有効な手になりません。

理由は後ほど詳しく解説します。

ヘビーユーザー:月間データ消費量が10GB以上

「ヘビーユーザー」とひとまとめにしていますが、ユーザーによって月間データ消費量には大きな差があると思います。

10GB程度の方もいれば、50GB付近の方もいるでしょう。

ただ共通しているのは、データ消費量を減らして月額料金を削減するのは非常に難しいという点です。

無理にデータ消費量を減らすよりも、割引の有効活用を狙っていくべきでしょう。

現状からデータプランの見直しを行う

2020年3月12日より、ソフトバンクのプランが下記のように一新されます。

ソフトバンク新プラン
  • ミニモンスター → ミニフィットプラン
  • ウルトラギガモンスター+ → メリハリプラン

これと同時に、ミニモンスターとウルトラギガモンスター+の新規受付は終了。

すでに契約している方はそのまま継続できますが、プラン変更の際は新プランの2つから選ぶことになります。

ミニフィットプラン

ミニモンスターとミニフィットプランの内容はほぼ同じです。

ミニフィットプランとミニモンスターの比較

月間データ量ミニフィット
プラン
ミニモンスター
1GB未満1,980円1,980円
2GB未満3,980円3,980円
5GB未満5,480円5,480円
5GB以上-6,480円

※半年おトク割または1年おトク割、おうち割光セットを適用した場合

ミニモンスターには5GB以上のプランもありましたが、ミニフィットプランでは廃止されました。

5GBを超えた場合には、通信速度が128kbpsに制限されます。

しかし、ミニモンスターで5GB以上使った場合は、メリハリプランより高額になります。

よって、廃止によるデメリットはほぼ無いと言っていいでしょう。

メリハリプラン

ウルトラギガモンスター+とメリハリプランの料金の差です。

メリハリプランとウルトラギガモンスター+の比較

項目メリハリプランウルトラギガ
モンスター+
プラン料金7,480円7,480円
月間データ量50GB50GB
メリハリプラン:
半年おトク割(6ヶ月間)
ウルトラギガモンスター+:
1年おトク割
-1,000円-1,000円
おうち割光セット-1,000円-1,000円
みんな家族割+(4人)-2,000円-2,000円
月間データ量が2GB以下-1,500円0円
合計1,980円3,480円

両プランで適用できる割引も併記しました。

メリハリプランで月間データ消費量が2GB以下の場合は、月額1,500円の割引が自動で適用されます。

これに加えて、他の割引も併用することで、月額が1,980円に。

この金額は、ミニフィットプランで最も安い1GB未満を契約した場合と同等です。

記事の冒頭で解説した最安の組み合わせの1つになります。

それでいて、使えるデータ量は2GB未満。

上表の割引を適用できる場合は、ライトユーザーであってもメリハリプランを利用した方がお得になるということですね。

新旧プランの比較
  • ミニモンスター→ミニフィットプランは5GB以上プランがなくなっただけ
  • ウルトラギガモンスター+→メリハリプランは2GB以下の割引が増えた

ソフトバンク料金の具体的な見直し手順|データ編

自分の使用量やソフトバンクのプランについて理解を深めたところで、ここから具体的にソフトバンク料金の見直しをしていきます。

ライト・ミドル・ヘビーユーザーごとに分けているので、自分がどこに属しているかをきちんと前章で把握した状態で読み進めてください。

データプランの見直し
  • ライトユーザー
    月額利用が1GB未満ならミニフィットプラン
  • ミディアムユーザーとヘビーユーザー
    メリハリプラン一択
  • 光回線&WiFi利用で目指せライトユーザー

ライトユーザーのプラン見直し

まずはライトユーザーのプランを見直していきましょう。

上述したプランを見ると、ソフトバンクには以下の特徴があることがわかります。

ソフトバンクの料金の特徴
  • 従量制データプランの料金が高い
  • 定額制大容量データプランの料金が安い

では、ミニフィットプランとメリハリプランの料金を比較してみましょう。

ミニフィットプランとメリハリプランの比較

プラン名月に使えるデータ量月額料金
ミニフィットプラン1GB未満1,980円
1~2GB未満3,980円
2~5GB未満5,480円
メリハリプラン50GB5,480円

上表の料金には、半年おトク割とおうち割光セットを適用しています。

ここで注目したいのは、ミニフィットプランの5GB未満と、メリハリプランの月額料金が同じであることです。

同じ金額を払っているのに、5GBと50GBという差があるのは、ちょっと不公平ですよね。

しかも、メリハリプランなら、さらに「みんな家族割+」も適用することができます。

メリハリプランにさらに割引を適用すると…

プラン名月に使えるデータ量月額料金
ミニフィットプラン1GB未満1,980円
1~2GB未満3,980円
2~5GB未満5,480円
メリハリプラン50GB3,480円

メリハリプランに「みんな家族割+(4人で契約)」を適用して再計算したところ、なんとミニフィットプラン<2GB未満>よりも月額料金が安くなる結果に。

ちなみに、みんな家族割+の人数によって、メリハリプランの料金は下の表のように変化します。

プラン名月に使える
データ量
月額料金
(契約数3人)
月額料金
(契約数2人)
ミニフィット
プラン
1GB未満1,980円1,980円
1~2GB未満3,980円3,980円
2~5GB未満5,480円5,480円
メリハリプラン50GB3,980円4,980円

契約人数3人でミニフィットプラン<2GB未満>と同額です。

仮に契約人数が2人だけだったとしても、ミニフィットプラン<5GB未満>よりも安いですよね。

さらに、メリハリプランでは「月間データ消費量が2GB未満」の場合、月額1,500円の割引が適用されます。

プラン名月に使える
データ量
月額料金
(契約数
4人)
月額料金
(契約数
3人)
月額料金
(契約数
2人)
ミニ
フィット
プラン
1GB未満1,980円1,980円1,980円
1~2GB未満3,980円3,980円3,980円
2~5GB未満5,480円5,480円5,480円
メリハリ
プラン
50GB3,480円3,980円4,980円
2GB以下1,980円2,480円3,480円

家族4人の場合だと、ミニフィットプランの最安値と同じ料金になります。

2~3人の場合でも、ミニフィットプランの2GB未満より安くなりますね。

以上のことを踏まえると、ライトユーザーのプラン選択は、「契約している家族の人数」と「使用しているデータ量」がカギとなることが分かります。

そこで、契約している家族の人数別にベストなプランを検証してみました。

ライトユーザーの契約人数別おすすめプラン
  • 4人で契約時:メリハリプランがベスト
  • 1~3人で契約:1GB未満ならミニフィットプラン、1GB以上ならメリハリプラン

契約している家族が4人の場合

この場合は、何も考える必要はありません。メリハリプランがベストな選択となります。

2GB未満は最安ですし、それ以上のデータ量でも常にメリハリプランの方が安いです。

契約している家族が1~3人の場合

1GB未満であればミニフィットプラン、それ以上であればメリハリプランの方がお得です。

とはいえ、月間データ使用量が1GB未満だったとしても、月額500円で2GBまで使えるのは魅力的ですよね。

多少無理をして1GB未満に抑え込んでいるのであれば、ちょっと余裕のあるメリハリプランにすることをおすすめします。

ライトユーザーのプラン選択まとめ

これまでの結果をまとめると、ライトユーザーのプラン選択では次の事が言えます。

ミニフィットプランがお得とは限らない

データ使用料の節約を考えるとき、定額制の大容量プランはまず最初に候補から外してしまいがちですが、ソフトバンクではNGです。

上で見てきたように、家族の契約人数とデータの使用状況によっては、メリハリプランよりもミニフィットプランの方が割高になるケースもあるので注意してください。

新プランでは2GB未満以外のデータ削減は意味がない

これは、2020年3月開始の新プランならではの理論です。

まずはもう一度、月間データ消費量が2GB以下の割引も含めた料金表を見てください。

月間データ消費量が2GB以下の割引も含めた料金

プラン名月に使えるデータ量月額料金
ミニフィットプラン1GB未満1,980円
1~2GB未満3,980円
2~5GB未満5,480円
メリハリプラン2GB未満3,980円
50GB5,480円

※半年おトク割とおうち割光セットを適用

1~2GB未満のミニフィットプランとメリハリプランは料金が同じです。

つまり、「1GB未満はミニフィットプラン、それ以外はメリハリプランで良い」ということになります。

また、2~50GBの範囲は料金が同じです。

よって、料金を安くするためには、データ消費を2GB未満に抑えるしかありません。

それ以外のデータ削減は意味がないのです。

ちょっとの差額なら現状に合っている方を選ぼう

ミニフィットプランの方が安かったとしても、多少の差であれば、メリハリプランを選択した方が良いでしょう。

メリハリプランでストレスフリーなスマホライフを送った方が、色々な面でお得なはずです。

ミディアムユーザーとヘビーユーザーのプラン見直し

月間データ消費量が5GB以上のミディアムユーザーとヘビーユーザーにはメリハリプランが最安となります。

上述したとおり、月間データ消費量を2GB未満に抑えない限り、料金を安くすることはできません。

普段から5GB以上使用しているユーザーが2GB未満に抑えこむのは非常に難しいことでしょう。

おうち割光セットでデータ量削減を狙う!

月に使用するデータ量を減らすのはなかなか難しいですよね。

しかし、自宅に光回線があり、おうち割光セットを適用している場合は例外です。

ソフトバンク

画像引用元:スマートフォンのデータ通信量と月額料金に関する調査 – 調査結果 – NTTコム リサーチ

上の資料は、NTTコムオンライン・マーケティング・ソリューション株式会社が平成26年に行った、スマートフォンの利用場所の調査結果です。

これによると、ユーザーが最もスマホを利用する場所は「自宅」であり、その割合は全体の61.9%を占めています。

ということは、自宅の光回線(WiFi)を使ってインターネットを利用すれば、スマホのデータ使用量を大幅に削減できるということです。

環境によっては、データ量をゼロにすることも不可能ではありません。

おうち割光セットで2GB未満も狙える

上述したとおり、ソフトバンクではデータ使用量を2GB未満に抑えることで月額料金を安くできます。

プラン名月に使えるデータ量月額料金
ミニフィットプラン1GB未満1,980円
メリハリプラン1~2GB未満3,980円
2GB以上5,480円

※ 半年おトク割とおうち割光セットを適用

1~2GB未満だったものを1GB未満まで減らすことができれば、それだけで-2,000円の節約となります。

データプランの見直しとデータ削減のまとめ
  • 1GB未満ならミニフィットプラン
  • 1GB以上ならメリハリプラン
  • 家族4人で使う場合は通信量に関わらずメリハリプラン
  • 光回線・WiFi活用でスマホのデータ通信を1GB以下に抑えられるならミニフィットプラン

ソフトバンク料金の具体的な見直し手順|通話オプション編

ソフトバンクの携帯料金の中で、データプランの見直しをここまでで見てきました。

次に通話オプションの見直しについて解説していきます。

通話オプションの見直し
  • 通話オプションは新プランになって月額300円アップ
  • 可能であれば通話は全てLINE等で代替

自分にあった通話オプションを選択

まずは、新プランとともに新しくなった通話オプションを見ていきましょう。

オプション名月額料金オプション
内容
含まれる
サービス
準定額オプション+800円1回5分以内の
国内通話無料
留守番電話
プラス
割込通話
グループ通話
一定額ストップ
サービス
定額オプション+1,800円国内通話が
24時間無料

旧オプションと違う点は、上表の右欄にある4つのサービスが追加されたことです。

それぞれ数百円かかるサービスなので、必要な方にとってはかなりお得と言えます。

その反面で、従来のオプションより月額が300円値上がりしました。

旧オプションを利用していて、追加されたサービスに魅力を感じない場合は、新オプションに変更する必要はありません。

通話料の削減は難しい

実は、通話料の削減はデータ使用量の削減よりも難しい傾向にあります。

ソフトバンク

画像引用元:総務省|通信量からみた我が国の音声通信利用状況

上の表は、総務省が発表している「通信量からみた我が国の音声通信利用状況」という資料に記載されているものです。

これによると、「ひと月の平均通話時間はおよそ2分10秒~2分20秒」となっています。

つまり、現代人はほとんど通話をしないということです。

よって、通信料を節約するために、通話時間を短くするなどの策は望めません。

ただし、1つだけ通話料金を安くできるケースがあります。

LINEでの通話料は0円!

大人気SNSアプリ「LINE」なら、通話料0円で通話することが可能です。

通話できるのは「LINE」をインストールしている「友だち」同士のみですが、条件はそれだけ。

通話相手が特定の相手に集中していたり、お互いにLINEを利用している場合は、LINEの通話で代替することで、通話オプション料金を丸ごと削減できます。

学生のお子様を持つ親御さんへ

現代の学生は、基本的に通話もLINEで行っています。

「通話がまったくできないのはやはり不便だろう…」という親心から、子供のスマホに「準定額オプション」を付けるケースも少なくありません。

しかし、実際はほとんど使われていない可能性があるので、一度確認してみてください。

現代の学生は、データプランの容量削減には強く反発する傾向にありますが、通話オプションの解除にはあっさり同意してくれると思います。

もちろん個人差はありますが、まずはオプションの確認だけでも行ってみてくださいね。

有料オプションを改めて確認してみよう!

「有料オプション?とっくに解除したよそんなの・・・」と思っていても、意外と1つ2つ残っているものです。

有料オプション単体の月額料金は数百円程度ですが、これが3つ集まれば1,000円前後の出費に。

ちょっと確認するだけで月額1,000円の削減につながるかもしれませんよ。

有料オプションの確認手順
  1. My SoftBankにログイン
  2. 「まとめて支払い」タブを選択
  3. 「ご登録中サービス」を選択

これで登録している有料オプションを一覧で表示できます。

一覧から登録解除に進むこともできますよ。

実際にいくら安くなるかシミュレーション

メリハリプランの登場によって、ライトユーザーでもメリハリプランの利用が最適解になる可能性があります。

そこで、ここからはプランの見直しによって料金がどのくらい変わるかを実際にシミュレーションしてみましょう。

本計算で用いる家族の構成とスマホ使用状況は下表のとおり。

なお、自宅にネット回線があるため、下表はおうち割光セットとみんな家族割+を適用した場合の料金です。

契約から1年以上経っているケースを想定しているため、「1年おトク割」の適用はなしとします。

家族スマホ使用状況プラン月額料金
データ使用量:
1~2GB未満
通話状況:
仕事で利用が多い
5分以上の通話も多い
ミニモンスター
定額オプション
6,480円
データ使用量:
1~2GB未満
通話状況:
5分以上の通話が多い
相手はほぼ同じ
ミニモンスター
定額オプション
6,480円
データ使用量:
30GB以上
通話状況:
通話は家族のみ
必要な場合はLINE
ウルトラギガ
モンスター+
準定額オプション
4,980円
データ使用量:
20GB以上
通話状況:
通話は家族のみ
必要な場合はLINE
ウルトラギガ
モンスター+
準定額オプション
4,980円

上記の状況でプランの見直しを下記のとおり行います。

プランの見直し内容
  • 父:データプランはメリハリプランの方が安くなるため変更
  • 母:データプランをメリハリプランへ変更
    通話は相手が同じであるためLINEを活用し、通話オプションは「なし」に
  • 兄:データプランをメリハリプランへ変更
    準定額オプションが付いているものの、基本的にLINE活用で意味がないため通話オプションを「なし」に変更
  • 妹:変更点は兄と同じ

プラン変更後の料金はこちらです。

家族変更前の料金変更後の料金差額
6,480円4,480円-2,000円
6,480円2,980円-3,500円
4,980円4,480円-500円
4,980円4,480円-500円
月額料金22,920円16,420円-6,500円
年額料金275,040円197,040円-78,000円

※おうち割光セットとみんな家族割+を適用した場合

プラン変更だけで月額6,500円、年額で78,000円もの差が生まれました。

ポイントとなるのが、データ消費量が2GB未満の父と母のプラン変更です。

変更前の料金は4,980円ですが、メリハリプランにすることで2GB以下の割引がきいて、2,980円になりました。

また、通話オプションも変更することで、合計2,500円の節約に。

通話の相手が固定されている場合は、LINEを活用することで、オプションを「なし」にできる可能性があります。

そして何より、本シミュレーションでは「データ消費量の削減」は行っていません。

今までと同じ使い方で、プランを変更しただけで成果が出ています。

メリハリプランは「ライトユーザー=従量課金制プラン」の常識を打ち破るプランです。

皆さんもぜひプランの見直しをしてみてくださいね。

実際のシミュレーション結果
  • 4人家族で年間78,000円お得に
  • 効果的だったのはメリハリプランへの変更と通話オプションの解約

定額制大容量プランの月額料金が安いソフトバンク

今回はソフトバンクの携帯料金を安くする方法を解説しました。

ソフトバンクの携帯料金を安くする方法
  • 新プランではデータ消費量が1GB以上ある場合はメリハリプランの方がお得
  • データ消費量を2GB未満にしない限りデータ量を削減しても料金は安くならない
  • データ削減には光回線やどんなときもWiFiなどのポケットWiFiを併用するのがおすすめ
  • 現代人はそもそもあまり通話をしないので通話料の削減は難しい
  • 学生のコミュニケーションはLINEが中心で通話の「準定額オプション」は不要である可能性が高い

ソフトバンクの場合、「ライトユーザー=従量課金制プランが最適」とは限りません。

今までそう思い込んでしまっていた方は、これを機に料金プランを見直してみてください。

特に、みんな家族割+が適用できる場合は、必ずメリハリプランも候補に入れて、プランを検討してくださいね。

ソフトバンクの機種変更が7万円以上お得になる3つのコツ【2020年10月】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ