ソフトバンクのトクするサポートと旧プランとの違い|機種代金最大半額の現実性は?

ソフトバンクのトクするサポートと旧プランとの違い|機種代金最大半額の現実性は?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2019年9月13日にソフトバンクが新たに開始した「トクするサポート」(旧:「半額サポート+」)。

iPhone 11シリーズをはじめとしたハイスペックスマホを狙っている方には、非常に気になるプログラムですよね。

今回は、この半額サポート+のメリット・デメリットと、旧プログラムとの違いを解説していきます。

TOP画像引用元:トクするサポート | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

「半額サポート+」の名称を「トクするサポート」に変更

ソフトバンク

画像引用元:スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

2019年9月13日にスタートした「半額サポート+」は、「トクするサポート」という名前に10月10日から変わりました。

なお、変わったのは名称のみで、プログラムの内容に変更はありません。

なぜ名前が変わったのか

そもそも本プログラムは、「適用することで、端末の機種代金を実質半額にすることができる」と言っていたものです。

しかし、本プログラムは有料ですから、月額料金(390円×24ヶ月分)が発生します。

そして、この月額料金分を毎月の支払額にプラスすると、半額ではなくなってしまうのです。

とはいえ、「半額サポート+」という名前を見たら、多くの消費者は「毎月の支払額が半額になるんだ」と思ってしまいますよね。

これでは誤解を招くと、消費者庁からソフトバンクに対して注意喚起が行われました。

ソフトバンクはこれを受けて、プログラムの名称を変更したのです。

トクするサポートのサポート内容

トクするサポートの内容は、旧プログラムの半額サポートから大きく変化しています。

まずは、特に変わった部分について見ていきましょう。

トクするサポートの特筆すべき内容

トクするサポートには、目玉とも言うべき以下の特徴があります。

トクするサポートの特筆すべき点
  • ソフトバンクユーザー以外でも利用可能!

旧プログラムの半額サポートでは、加入条件としてソフトバンクの特定の料金プランを契約しなければなりませんでした。

ソフトバンクの携帯電話を購入するのですから、当たり前といえばそのとおりですよね。

しかし、トクするサポートには契約プランを指定する条件がありません。

そのため、最新のiPhone 11をソフトバンクのトクするサポートで購入し、回線契約はLINEモバイルなどの格安SIMを利用する、といった運用も可能となるのです。

本記事の後半では、回線を格安SIMにすることで、料金がどのくらい変わるのかについてもシミュレートしています。

ぜひ併せてご覧ください。

トクするサポートの提供開始日

本プログラムの提供開始日は以下のとおりです。

トクするサポートの提供開始日
  • ソフトバンクユーザー:2019年9月13日(金)
  • 上記以外の方:2019年9月26日(木)

トクするサポートはすでに提供をスタートしています。

トクするサポートの割引内容

トクするサポートの割引内容
  • 対象機種を48回払いで購入すると同時に本プログラムへ加入することで、25ヶ月目以降に機種変更した場合、翌請求月以降の支払いが不要となる。

つまり、トクするサポートを適用して25ヶ月目に対象機種へ機種変更すれば、その後の支払いがなくなるということです。

48回払いのうち24回分の支払いが免除となるため、端末の機種代金が実質半額になります。

このあたりは、旧プログラムの「半額サポート」と同じですね。

トクするサポートの条件

本プログラムには、加入するための「加入条件」と、割引を利用するための「特典条件」があります。

トクするサポートの加入条件
  • 対象機種を48回払いで購入すること
  • 対象機種の購入時に申し込むこと

加入条件は非常に簡単です。

トクするサポートで割引を受けるための条件
  • ソフトバンクまたはソフトバンク取扱店から、一括払いまたは複数回払いで対象機種を購入すること。
  • 購入時点で、旧機種の電話番号(ソフトバンクユーザー)または機種契約番号(ソフトバンクユーザー以外)をソフトバンクに申告し、本特典の利用を申し込むこと。
  • 新しい機種の購入日が属する月の翌月末までに、ソフトバンクに旧機種を回収してもらい、査定完了すること。
  • 回収する旧機種が当社の査定基準を満たし、IMEIが確認できること。
  • 新機種購入の時点で本プログラムを解約・解除・終了していないこと。
  • プログラム利用料など、ソフトバンクへの債務の支払いを怠っていないこと。
  • 24ヶ月分のプログラム利用料の全額を払うこと。

特典条件がたくさん設けられていますが、特に注意すべき点は次の2つです。

  • 25ヶ月目の機種変更時にトクするサポートの対象機種を購入すること
  • 機種変更時にこれまで利用していた端末を回収してもらうこと

端末回収時に査定条件を満たさないもの(水濡れや画面割れなど)については、20,000円の支払いが必要となるので注意してください。

なお、査定NGとなるおおよその目安は以下のとおりです。

ソフトバンクの査定基準
  • 端末の電源が入らない
  • 端末が初期化されておらず、各種ロックが解除されていない
  • ガラス・筐体が破損している
  • 液晶表示が異常・タッチパネルが動作不良を起こす
  • 筐体が変形している
  • 改造などの影響で、メーカー保証の対象外となっている

トクするサポートのオプション

本プログラムには、「1年買い替えオプション」というオプションが用意されています。

トクするサポートを利用すると、2年間は同じ端末を利用することになりますが、1年買い替えオプションを適用すれば、1年以上2年未満の間に機種変更できるのです。

つまり、1~2年の短いスパンで機種変更したい方用のオプションということですね。

もちろん48回払いの後半にある24回分の支払いは免除されるため、端末料金は実質半額となります。

なお、本オプションを利用するためには、特典条件の1~6を満たした上で、以下の条件を満たさなければなりません。

1年買い替えオプションの追加条件
  • 本プログラムの加入日が属する請求月を1ヶ月目とし、13ヶ月目から24ヶ月目までの間に、24ヶ月分のプログラム利用料のうち未払分を一括で支払うこと。

つまり、本来は24ヶ月目まで毎月支払うはずだった機種代金を、機種変更したいタイミングで一括で支払うことになる、ということですね。

とはいえ、毎年最新のiPhoneに買い替えたいという方には最適のオプションであると言えるでしょう。

次のページでも引き続き、トクするサポートのサポート内容について説明します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ