iPhone 12 miniレビュー

【比較】ソフトバンクの料金プラン|あなたのおすすめがわかる!

  • 更新日:2024年2月13日
  • 本記事には広告が表示されます

本記事では、2024年時点のソフトバンクおすすめ料金プランを紹介します。

損をしない、おすすめのプランを分かりやすく解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

おすすめのソフトバンク料金プラン

ソフトバンクはあらゆるユーザーを想定し、さまざまな料金プランを用意しています。

また「ワイモバイル」や「LINEMO」など、ソフトバンク系列の料金プランをすべて込みにすると非常に多くの選択肢があります。

メリハリ無制限+」や「ペイトクプラン」などの新料金プランも登場し選ぶのは大変ですが、自分に最適なプランを選択することでお得なスマホライフを送れます。

ソフトバンクのおすすめ料金プランはこれ!

結論から言うと、ソフトバンクのおすすめ料金プランは下記の3種類です。

※最新情報はソフトバンク公式サイトでご確認ください。

ソフトバンクのおすすめ料金プランはこれ!

ソフトバンクグループのロゴ

画像引用元:ソフトバンクグループの歩み | ソフトバンクグループ株式会社

結論から言いますと、ソフトバンクのおすすめ料金プランは下記の3種類です。

おすすめのソフトバンク料金プラン

基本的には「ペイトクプラン「メリハリ無制限+」「LINEMO」から選べば問題ありません。

PayPayをよく使うならペイトクプランがお得になります。

PayPayはそこまで利用せず大容量通信をするならメリハリ無制限+、月の通信量が20GB以下の場合はLINEMOのいずれかのプランにしましょう。

細かく分けるのであれば、ソフトバンクはさまざまな料金プランがあります。

しかし、まずはこの3つのプランを把握しておけば、損しない料金プラン選びができるでしょう。

PayPay利用がお得になるペイトクプラン

ペイトク

画像引用元:ソフトバンク

項目ペイトク30ペイトク50ペイトク無制限
データ容量30GB50GB無制限※
月額料金7,425円8,525円9,625円
新みんな家族割
(3回線以上)
-1,210円
おうち割 光セット-1,100円
PayPayカード割-187円
割引後料金4,928円6,028円7,128円
ペイトク特典
(2024年2月14日〜)
+1%還元
(最大3ヶ月+2%還元)
+3%還元
(最大3ヶ月+6%還元)
+5%還元
(最大3ヶ月+10%還元)
ペイトク特典上限1,000円相当/月2,500円相当/月4,000円相当/月
ポイント月額充当後3,928円3,528円3,128円
詳細ソフトバンク公式サイトを見る

※データシェアは上限50GB/月

ペイトクプラン」は、ソフトバンクユーザーの多くが利用するスマホ決済アプリ「PayPay」でのPayPayポイント還元が増額される料金プランです。

通常料金はメリハリ無制限+やLINEMOより高額ですが、還元されるPayPayポイントを考慮した収支の総額でお得になります。

項目ペイトク30ペイトク50ペイトク無制限
通常ポイント還元率+1%還元+3%還元+5%還元
キャンペーン特典+3%還元+9%還元+15%還元
毎月の上限額1,000円2,500円4,000円
上限還元までの金額
(キャンペーン期間中)
100,000円
(約33,300円)
約84,000円
(約28,000円)
80,000円
(約26,700円)

上限までPayPayポイントを還元してもらうためには、8万円〜10万円のPayPay利用が必要です。

しかし、最短2024年2月20日までは「ペイしてトクトクキャンペーン」が開催され、還元されるPayPayポイントが3倍になっています。

キャンペーン期間中は3万円以下でPayPayポイント上限まで還元されるので、多くの場合はペイトクプランが1番お得な料金プランと考えていいでしょう。

吹き出しアイコン

上限まで還元されたPayPayポイントをソフトバンク料金へ充当すれば、最安値で運用できます。

※注意点を表示する
・ペイトク無制限
※ 基本料 9,625 円/月 適用時
※ 時間帯により速度制御の場合有
※ テザリングと合計 200GB/月超の場合、通常利用に影響のない範囲で速度制御します。
※ データシェアは 50GB 迄
・最短2024年2月20日まで(付与期間)のPayPay(残高)又はPayPay(クレジット)のお買い物による決済が対象。
・付与上限4,000 円相当/月(出金・譲渡不可)
・ペイしてトクトクキャンペーンの最短申込期限は 2024年1月20日(土)。詳細はこちらのページをご確認ください。
・2024年2月14日(水)から、初めてペイトク適用で最大3ヵ月間付与率が+10%となるペイしてトクトクキャンペーン2が開始。ペイしてトクトクキャンペーンをお申込みの際には、こちらのページもご確認ください。

データ無制限が魅力的なメリハリ無制限+

メリハリ無制限+

画像引用元:メリハリ無制限+ | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

メリハリ無制限+」のプラン内容は下表のとおりです。

項目メリハリ無制限+
データ容量無制限〜2GB
月額料金7,425円
新みんな家族割
(3回線以上)
-1,210円
おうち割 光セット-1,100円
PayPayカード割-187円
小容量の割引0円-1,650円
割引後料金4,928円3,278円

「メリハリ無制限+」というプラン名のとおり、使えるデータ量は「無制限」の料金プランです。

月に100GB利用するようなヘビーユーザーでも、毎月のデータ量をそこまで気にすることなく使えます。

月額料金は7,425円と高めで200GB超過で確定で速度制限されるのがデメリットに感じるかもしれませんが、速度制限中も最大4.5Mbpsとまともに通信できる速度が担保されています。

従来のメリハリ無制限は「謎に制限されて全然使えない」という声も聞くので、大容量通信をするヘビーユーザーの人ほどメリハリ無制限+の方が安心できるプランと考えていいでしょう。

なお、テザリングやデータシェアでの利用も上限50GB/月に増量し、超過後の制限速度も300kbpsとギリギリ使える速度に高速化しています。

吹き出しアイコン

従来のメリハリ無制限で速度制限に困っていた人は、メリハリ無制限+へのプラン変更で改善される可能性が高いと考えられます。

メリハリ無制限+で利用できる割引

メリハリ無制限+の月額料金は、データ量無制限プランということもあり他プランよりも高めです。

しかし、「新みんな家族割」「おうち割 光セット」「PayPayカード割」の3つの割引が用意されています。

メリハリ無制限+の割引

※新みんな家族割は3回線以上の場合

条件付きの割引であるため、誰でも適用できるわけではありません。

しかし、すべて適用できれば、月額料金が4,928円まで割引されます。

特に「新みんな家族割」は遠くに暮らす親戚でも問題なく、血縁関係のない同居中の恋人や、シェアハウスの仲間でも適用されます。

吹き出しアイコン

メリハリ無制限+を契約する際は、家族・親戚のプランも確認して上手に割引を活用しましょう。

コスパに優れた格安プランLINEMO

ラインモ

画像引用元:オンライン専用ブランド“LINEMO”

LINEMOは、ソフトバンクが運営するオンライン専用ブランドの格安プランです。

「月に使うデータ量は20GBもあれば十分」「月に3GBも使わない」という方には、LINEMOが断然おすすめです。

LINEMOには、月3GBまでの「ミニプラン」と、20GBまでの「スマホプラン」の2種類が用意されています。

LINEMOの基本情報スマホプランミニプラン
月額料金2,728円990円
通信容量月間20GB
+LINE通信量ノーカウント
月間3GB
+LINE通信量ノーカウント
速度制限時最大1Mbps最大300Kbps
音声通話22円/30秒
5分/回以内の国内通話が無料:550円
国内通話無料:1,650円
ネットワークソフトバンクの5G・4G
海外国際ローミングを無料オプションとして提供
手続き方法オンライン
新規契約事務手数料無料
機種変更手数料
MNP転出手数料
提供開始日2021年3月17日2021年7月15日
詳細LINEMO(公式サイト)LINEMO

スマホプランは月20GBで2,728円

LINEMOのスマホプランは月に20GB使えて月額料金は2,728円です。

これだけで圧倒的にコスパが良いことは明白ですが、さらにLINEのトークや通話にギガを消費しません。

そして速度制限時の速度は最大1Mbpsです。

一般的な速度制限時の速度は128~300kbpsなので、スマホプランは速度の面でも非常に優れていることが分かりますね。

ミニプランは月間3GBで990円

LINEMOのミニプランは月に3GB使えて月額料金は990円です。

月のデータ容量が3GB以内に収まっている方はミニプランを利用しましょう。

ソフトバンクには似たプランとして「ミニフィットプラン+」がありますが、こちらはデータ使用量1GB未満の場合、月額3,278円です。

さらに「ミニフィットプラン+」でデータを3GB使った場合。月額5,478円になってしまいます。

LINEMOのミニプランと比べると、料金面では雲泥の差と言えるでしょう。

※1GB まで 3,278 円/月、2GB まで4,378 円/月、3GB まで 5,478 円/月

キャンペーン利用で通話オプションが7カ月目まで無料!

LINEMOでは、プランに関わらず任意で通話オプションが利用できます。

オプション名オプション内容月額料金
オプションなし国内通話30秒につき22円0円
準定額オプション5分以内の国内通話無料550円
定額オプション国内24時間通話無料1,650円

現在は新規・乗り換え(MNP)キャンペーンを実施しており、契約月を1カ月目として7カ月目までは、全ての通話オプションの月額料金が550円割引されます。

つまり、準定額オプションであれば7カ月は無料になるということです。

通話が多いユーザーには大変嬉しいキャンペーンといえるでしょう。

手続き・サポートはすべてオンライン!

ヘビーユーザー以外には非常に優れた内容のLINEMOですが、万人におすすめできるわけではありません。

なぜなら、手続きやサポートのすべてがオンラインで行われるためです。

LINEMOの契約手続きだけであれば、ネットをあまり使わない方でも何とかできるかもしれません。

しかし、契約後のサポートもすべてオンラインなので、ネットに不慣れな方には難しい可能性があります。

吹き出しアイコン

とはいえ、現在本記事を見ているように、インターネットで自力で調べ物ができる方なら、問題ないでしょう。

どうしても不安な方は、次に紹介するワイモバイルを検討してみましょう。

\ ミニプランなら3GB990円 /

LINEMOが難しい方にはワイモバイルがおすすめ!

ワイモバイルのロゴ

画像引用元:【公式】ワイモバイル(Y!mobile)

前述のとおり、普段からネットを利用していないユーザーにLINEMOは難しいかもしれません。

そこでおすすめしたいのが、ワイモバイルです。

ワイモバイルはLINEMOと同様にソフトバンクが運営している格安プランですが、実店舗でのサポートが充実しているメリットがあります。

ワイモバイルの料金は以下の通りです。

ワイモバイルの料金

プラン名シンプル2 Sシンプル2 Mシンプル2 L
データ量4GB20GB30GB
月額料金2,365円4,015円5,115円
通話料22円/30秒
おうち割 光セット(A)-1,100円-1,650円※
PayPayカード割-187円
割引後料金1,078円2,178円3,278円
1GB未満の割引後料金-1,078円1,078円
公式サイトワイモバイルオンラインストア

※ 家族割引サービス利用の場合は2〜9回線目のみ1,100円割引

通常料金はLINEMOと比べると高めですが、ソフトバンクの「ミニフィットプラン+」よりは十分お得です。

さらに、家のネット回線をソフトバンクAirにしてセット割を適用すれば、LINEMOと比べても遜色のない月額料金となります。

なお、ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換える際の手数料はすべて無料です。

気軽に乗り換えられるのも嬉しいポイントの1つと言えるでしょう。

吹き出しアイコン

「オンライン手続きは不安だけど、できるだけ安い月額料金にしたい」という方には、ワイモバイルがピッタリの選択肢でしょう。

もっと正確に自分に合ったソフトバンクの料金プランを知ろう

スマホデビュープラン+

画像引用元:スマホデビュープラン+

これまで紹介した内容をまとめると以下の通りです。

これまで紹介した料金プランまとめ
  • PayPayを利用しているなら「ペイトクプラン」
  • 大容量の通信をするなら「メリハリ無制限+」
  • 月の通信量が20GB以下なら「LINEMO」
  • ネットに不慣れなら「ワイモバイル」

基本的には上記の4つから、PayPay利用状況や使用しているデータ容量に合わせて料金プランを選べば問題ありません。

しかし、もっと正確に考えるのであれば、他のプランも選択肢に入れて考えなければいけません。

ここからは「もっと正確に自分に合ったソフトバンクの料金プラン」が知りたい方に向けて、料金プランを細かく分けて紹介します。

自分に合った料金プランを正確に理解するには、以下のポイントを踏まえる必要があります。

自分に合った料金プランを知るためのポイント
  • 家族で乗り換え&ホームルーター利用ができるか
  • スマホを使うのが初めてか
  • 毎月20GB以上のデータ量を使いたいか

もし上記のいずれかに該当すれば、先に挙げたおすすめプランとは別の料金プランの方が良い可能性があります。

詳しく見ていきましょう。

家族で乗り換え&ホームルーター利用ができる場合

家族で乗り換えができて、なおかつネット回線にソフトバンク Airが利用できるなら、ワイモバイルのシンプル2が最適な料金プランです。

ワイモバイルの料金

プラン名シンプル2 Sシンプル2 Mシンプル2 L
データ量4GB20GB30GB
月額料金2,365円4,015円5,115円
通話料22円/30秒
おうち割 光セット(A)-1,100円-1,650円※
PayPayカード割-187円
割引後料金1,078円2,178円3,278円
1GB未満の割引後料金-1,078円1,078円
公式サイトワイモバイルオンラインストア

※ 家族割引サービス利用の場合は2〜9回線目のみ1,100円割引

毎月4GBなら月額1,078円となり、仮に3人家族でワイモバイルに乗り換えるなら月額3,234円で使えます。

LINEMOのミニプランとほぼ同等の月額料金で、店舗でのサポートもあるため安心して利用できるでしょう。

吹き出しアイコン

ワイモバイルではLINEギガフリーはありませんが、家族まとめて利用するならワイモバイルへの乗り換えが有力な候補となるでしょう。

スマホを使うのが初めての場合

スマホを使うのが初めての場合は、ソフトバンクの「スマホデビュープラン+」が1つの候補になります。

スマホデビュープラン+の料金

データ量4GB20GB
月額料金
(契約翌月から1年間)
1,078円2,728円
月額料金
(14ヶ月目〜)
2,266円3,961円

データ容量は4GB・20GBの2種類あり、最初の1年間は割引がありLINEMO並みの安さで使えます。

ソフトバンクショップでのサポートが受けられ、ネットセットの割引がなくても安く運用できます。

初めてのスマホでサポートも受けたいなら、スマホデビュープラン+が一番安く利用できるでしょう。

なお、初めは4GBで契約して後から20GBに変更もOKです。

吹き出しアイコン

自宅のネットをソフトバンクAirにできる場合、2年目以降はワイモバイルの方がコスパがいいので注意しましょう。

毎月20GB以上のデータ量を使いたい場合

毎月20GB以上のデータ量が必要だが無制限までは必要ない。

そんな方にはペイトク50がおすすめです。

ペイトクプランの料金

項目ペイトク30ペイトク50ペイトク無制限
データ容量30GB50GB無制限※
月額料金7,425円8,525円9,625円
新みんな家族割
(3回線以上)
-1,210円
おうち割 光セット-1,100円
PayPayカード割-187円
割引後料金4,928円6,028円7,128円
ペイトク特典
(2024年2月14日〜)
+1%還元
(最大3ヶ月+2%還元)
+3%還元
(最大3ヶ月+6%還元)
+5%還元
(最大3ヶ月+10%還元)
ペイトク特典上限1,000円相当/月2,500円相当/月4,000円相当/月
ポイント月額充当後3,928円3,528円3,128円
詳細ソフトバンク公式サイトを見る

※データシェアは上限50GB/月

ペイトクプランを最安値にするには、ソフトバンクの各種割引やPayPay利用が必要です。

しかし、上手に最安値に持ち込めば50GBが3,528円とかなり安く使えます。

20GBのLINEMOが2,728円なので、+800円で30GB多く使えるのは大きな魅力となるでしょう。

もちろん月20GB以下に抑えられるのであれば、LINEMOのスマホプランの方がお得です。

吹き出しアイコン

毎月の使用データ容量をよく考えて、自分に合っている方を選びましょう。

LINEMOの申込み手順

ここで、ソフトバンクをお得に使いたい方の多くが選ぶLINEMOの申し込み方法をみていきましょう。

LINEMOの申込みはスマホで簡単に進められます。

LINEMOの申し込み手順
  1. LINEMO公式サイトで申し込みボタンをタップ
  2. 「新しい電話番号で契約する」をタップ
  3. SIMカードの種類を選ぶ
  4. 注意事項を確認して「サービス選択に進む」をタップ
  5. 利用するプランをタップ
  6. 通話オプションの要否を選択
  7. 本人確認書類の撮影など画面に従って申し込みを完了する
  1. STEP.
    LINEMO公式サイトで申し込みボタンをタップ
    LINEMO申込み
  2. STEP.
    「新しい電話番号で契約する」をタップ
    「新しい電話番号で契約する」をタップ
  3. STEP.
    SIMカードの種類を選ぶ
    SIMカードの種類を選ぶ
  4. STEP.
    注意事項を確認して「サービス選択に進む」をタップ
    注意事項を確認して「サービス選択に進む」をタップ
  5. STEP.
    利用するプランをタップ
    「ミニプラン」をタップ
  6. STEP.
    通話オプションの要否を選択
    通話オプションの要否を選択
  7. STEP.
    本人確認書類の撮影など画面に従って申し込みを完了する
    本人確認書類の撮影など画面に従って申し込みを完了する
  8. 終了

ソフトバンクのプレスリリースや新着情報

ソフトバンクのプレスリリースや新着情報などについて以下にまとめます。

リリース日リリース内容
2024年3月1日「DuraForce EX」を3月1日にソフトバンクオンラインショップで取り扱いを開始
2024年2月1日「あんしんファミリースマホ」を2月9日にソフトバンクで発売
2024年2月1日「すみっコぐらしスマホ」をソフトバンクオンラインショップにおいて3,000台限定で発売
2024年1月17日3Gサービス終了の延期について
2023年12月27日2023年11月18日および20日に発生した固定電話サービスの障害に対する行政指導について
2023年12月26日機種代金の支払いがお得になる新プログラムを、12月27日に“ソフトバンク”で提供開始~対象機種を48回払いで購入すると、最大36回分の機種代金の支払いが不要に~
2023年12月14日「Lenovo 14e Chromebook Gen 3」を“ソフトバンク”で12月22日に発売
2023年12月1日“LINEMO”が満足度ランキングで3冠を達成

データ容量や家族割を考えて最適な料金プランを選ぼう

以上、おすすめのソフトバンク料金プランを紹介してきました。

最後に、料金プランを振り返ってみましょう。

おすすめのソフトバンク料金プラン

ソフトバンクにはLINEMOやワイモバイルも合わせると、非常に多くの料金プランが用意されています。

基本的には「ペイトクプラン」と「メリハリ無制限+」「LINEMO」から、PayPay利用状況と利用するデータ量に合わせて選べば問題ありません。

ですが家族割によっては、ワイモバイルなどの料金プランもお得になるので、よく考えて選びましょう。

この記事を書いた人
ドコモ905iシリーズの頃からモバイル販売を中心に仕事してきた経験を活かし、わかりやすさを心がけて書いてます。 最近はAIに興味津々で、執筆の合間にChatGPTなど各種AIで遊んでいます。