ソフトバンクのiPhone XSとiPhone XRは値下げ!新型iPhone発売後の価格

  • 2019年8月25日
  • by 
ソフトバンクのiPhone XSとiPhone XRは値下げ!新型iPhone発売後の価格

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2019年9月20日には新型iPhoneであるiPhone 11が発売されました。

新型iPhone 11 Proの発売に伴ってソフトバンクオンラインショップでは現行モデルの値下げしています

このページでは、新型iPhone発表後にソフトバンクでは現行のiPhone XSとiPhone XRがいくら値下げされたかを解説します。

iPhone 11 Proが欲しいけど、値段が高い!とお考えの方はiPhone XS、iPhone XRを候補に入れるのも良いかもしれません。

ソフトバンクの機種変更で3万円得するために必要なものとおすすめ3ステップ

※この記事は2019年9月20日に更新されています。

トップ画像引用元:iPhone – モデルを比較する – Apple(日本)

ソフトバンクのiPhone XS・iPhone XRが値下げ!

iPhone

ソフトバンクオンラインショップではiPhone XS / XS Max・iPhone XRの端末価格を値下げしました。

ソフトバンクのiPhoneの値下げ額は?
  • iPhone XS:約12,000円値下げ
  • iPhone XS Max:約12,000円値下げ
  • iPhone XR:約13,000円値下げ

どの機種も12,000円〜13,000円ほど値下げしています。

48回払いを利用することで、月々の価格もぐっと抑えることができますね。

ソフトバンクのiPhone XS・iPhone XRの端末料金は結局いくらになった?

iPhone

ソフトバンクの旧型iPhoneの端末価格は結局、いくらになったかは下の表の通りです。

機種変更/新規購入/乗り換え(MNP)どれでも価格は同じです。

モデル割引前の価格割引後の価格実質価格
iPhone XS 64GB13万6800円12万4320円6万2160円
iPhone XS 256GB15万5040円14万3040円7万1520円
iPhone XS 512GB15万5040円14万3040円
iPhone XS Max 64GB14万9760円13万7280円6万8640円
iPhone XS Max 256GB16万8000円15万6000円7万8000円
iPhone XS Max 512GB16万8000円15万6000円
iPhone XR 64GB10万6560円9万3600円4万6800円
iPhone XR 128GB11万2800円10万320円5万160円
iPhone XR 256GB12万4800円11万2320円5万6160円
※25ヶ月目(2年目)に機種変更した場合

実際にどのモデルも12,000円〜13,000円の機種代金(48回分割)が下がっているのが分かります。

注意する点はiPhone XS及びXS Maxでは256GBと512GB全く同じ端末料金です。

ですから容量の多いものを選ばなければ損になります。

もっとも安いモデルであるiPhone XR(64GB)ならば1,950円 /月で運用が可能に。

10月以降は負担額が変わる可能性あり?

2019年10月以降は実質負担額が変わる可能性があります。

48回払いのうち25回目以降を免除する「半額サポート」が廃止になったり、電気通信事業法の改正などが行われるためです。

10月以降どのような料金体系になるのか不明ですが、9月中に機種変更した方がお得になる可能性は高いかもしれません。

2018年型iPhone、値下げされたがズバリ買い?

画像引用元:iPhone XS – Apple(日本)

iPhone XSとiPhone XRの値下げは前章の通りです。

全てのモデルで1万2000円から1万3000円の値下げされました。

値下げされたiPhone XSやiPhone XRは、2019年新型iPhoneであるiPhone 11 Pro等に比べて購入するだけの魅力があるのでしょうか。

様々な観点から検討してみました。

2019年新型iPhoneには革新的な変化がなかった?

まず、2019年iPhone 11シリーズについてですが「それほど革新的な変化はなかった」と考えることもできます。

2019年新型iPhoneで追加されたもの
  • チップがA12からA13になって処理能力が向上
  • カメラがトリプルレンズになりカメラ性能が向上
  • 防水性のがアップ

この3つは分かりやすい進化ポイント。

トリプルレンズが欲しくないならばiPhone XSでも良さそうです。

また、iPhoneが5Gに対応するのは、2020年からが濃厚になりました。

iPhone XSの完成度が極めて高い

iPhone XS - Apple(日本)

画像引用元:iPhone XS – Apple(日本)

iPhone XSは、スペックは素晴らしいとしか言いようがありません。

機種名iPhone XS
OSiOS 12
SoCA12 Bionic
本体サイズ約143.6×70.9×7.7mm
重量約177g
ディスプレイ約5.8インチ
有機EL
解像度2,436×1,125
アウトカメラ広角:約1,200万画素
望遠:約1,200万画素
インカメラ約700万画素
バッテリー容量2,658mAh
内蔵ストレージRAM:4GB
ROM:64 or 256
or 516GB
外部ストレージ非対応
防水・防塵IP68
生体認証顔認証
Apple Pay
(≒おサイフケータイ)
対応
テレビ非対応
ソフトバンク価格64GB:136,800円
256GB:155,040円
512GB:180,000円
詳細iPhone XS実機レビュー

iPhone Xで初搭載されたFace IDの精度が強化され、防水防塵性能もIP67から最高等級のIP68に向上しました。

AnTuTuベンチマークスコアでは約35万を記録します。

これだけ処理能力が高ければ、最新の3Dゲームでもまったく困らないでしょう。

予測通り、2019年新型iPhoneに大きな変化がないのであれば、iPhone XSで何も問題ないと思います。

ちなみにiPhone XS MAXは、サイズ以外はiPhone XSと同スペックです。

iPhone XRもグッド

WiMAXとiPhoneXRの2台持ち

iPhone XSの廉価モデルとして登場したiPhone XRは、スペックの割には高いなどと敬遠されることが多いモデルです。

機種名iPhone XS
OSiOS 12
SoCA12 Bionic
本体サイズ約150.9×75.7×8.3mm
重量約194g
ディスプレイ約6.1インチ
液晶
解像度1,792 x 828
アウトカメラ約1,200万画素
インカメラ約700万画素
バッテリー容量2,942mAh
内蔵ストレージRAM:3GB
ROM:64 or 128 or 256
外部ストレージ非対応
防水・防塵IP67
生体認証顔認証
Apple Pay
(≒おサイフケータイ)
対応
テレビ非対応
ソフトバンク価格64GB:106,560円
128GB:112,800円
256GB:124,800円
詳細iPhone XR実機レビュー

ただ、純粋にスペックに目を通せば、これまた十分過ぎる内容と言えます。

チップはiPhone XSと同じA12で、AnTuTuベンチマークスコアも同様です。

ディスプレイが液晶だったり防水性能が落ちていたりはしますが、そこにこだわりがなければまったく気にならないでしょう。

iPhone 11 Proを買うべき否か結論
2019年新型iPhone 11 ProよりiPhone XSやiPhone XRを狙うのは「アリ」!

※ 以下は新型iPhone発表前のiPhone XSの値下げ予想の記述になります。

新型iPhone発売後には現行モデルが値下げされるケースが多い

au-アイフォンイレブン

例年、ソフトバンクでは新型iPhone発売後には、それまでのモデルの値下げをしているケースが多いです。

例えば、2018年9月21日にiPhone XSが発売して以降、2017年型のiPhone Xの価格は下がりました。

iPhone XS発売後のiPhone Xの値下がり例

ソフトバンク値下げ前値下げ後
(機種変更)
値下げ後
(新規契約)
値下げ後
(乗り換え/MNP)
iPhone X 64GB68,040円50,544円45,360円45,360円
iPhone X 256GB86,184円75,816円70,632円70,632円

このように、1万円以上値下げされています。

今回も同様であれば、このくらいの割引が期待できるかもしれません。

なお、現在のソフトバンクでのiPhone Xの価格は、64GBも256GBも税込64,800円です。

電気通信事業法の改正で異例の対応となる可能性も

2019年10月1日には、電気通信事業法の改正法が施行されます。

この改正法は、完全分離プランが義務付けられているなど、これまでのキャリアの売り方を大きく見直さざるを得ない内容となっているのが特徴です。

これを見越して、ドコモ・au・ソフトバンクともに、「通信料金を高く設定した上で機種購入を条件に値下げする」という販売方法は、すでにやめています。

「実質負担額」という表記を最近見なくなったと、すでにお気づきの方も多いのではないでしょうか。

そのため、現時点では「今年も例年通りの値下げが行われる」とは断言できません。

あらかしめご了承ください。

機種代金の割引は2万円まで?

これも電気通信事業法の改正法に関係する話です。

改正法の下では、機種代金の割引を2万円までとする新ルールが始まるという話が、総務省から出ています。

具体的にどういう割引になるのかなど、詳細はまだ不明です。

しかし、このルールが通った場合は、より価格予想がしやすくなることは間違いないでしょう。

ソフトバンクの「半額サポート」は廃止確定

画像引用元:半額サポート | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

ソフトバンクには、条件を満たした場合に機種代金の48回払いのうち25回目以降を免除する「半額サポート」というものがあったのですが、これは10月までに廃止されます。

このサポートを適用するためには、2年縛りを2回は繰り返さなくてはいけません。

それゆえに、ユーザーからは「4年縛り」と呼ばれ、ドコモからもメディアを通じて度々批判されてきました。

改正法が施行されれば、「半額サポート」は違反行為となります。

そのため、ソフトバンクは同サービスの廃止に踏み切ったのです。

また、この動きを受け、auも類似サービスである「アップグレードプログラムEX」の廃止を決定しました。

9月30日に新規受付を終了する予定です。

このような事情があるため、たとえiPhone XSとiPhone XRが値下げされたとしても、半額サポートは適用できない可能性があります。

発売直後だけでなく改正法後の動向も見守ろう!

以上、ソフトバンクのiPhone XSとiPhone XRの値下げについてでした。

iPhone XSとiPhone XRの値下げについて
  • ソフトバンクでは1万2000円ほどの値下げが行われた
  • しかし、今年は電気通信事業法の改正がある
  • 48回払いが廃止!?
  • iPhone XSとiPhone XRは今も魅力的なモデル

今回も1万円以上の値下げが行われました。

ただし、今年は10月1日の電気通信事業法の改正法施行が控えています。

改正法施行まではいったん様子を見みるのもありです。

ソフトバンクおすすめ最新スマホ機種ランキング【2020年】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ