ソフトバンクのiPhone XSとiPhone XRは値下げ?新型iPhone発売後の価格を予想

  • 2019年8月25日
  • by 
ソフトバンクのiPhone XSとiPhone XRは値下げ?新型iPhone発売後の価格を予想

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ソフトバンクバナー

2019年9月20日には新型iPhoneが発売されるのではという予測が多い現状において、新型よりも現行モデルの値下げに期待している方々も少なくないようです。

このページでは、新型iPhone発売後にソフトバンクでは現行のiPhone XSとiPhone XRが値下げされるかについて、その可能性や価格を予想していきます。

トップ画像引用元:iPhone – モデルを比較する – Apple(日本)

新型iPhone発売後には現行モデルが値下げされるケースが多い

例年、ソフトバンクでは新型iPhone発売後には、それまでのモデルの値下げをしているケースが多いです。

例えば、去年9月21日にiPhone XSが発売して以降、2017年型のiPhone Xの価格は下がりました。

iPhone XS発売後のiPhone Xの値下がり例

ソフト
バンク
値下げ
値下げ

(機種
変更)
値下げ

(新規
契約)
値下げ

(のり
かえ
/MNP)
iPhone
X
64GB
68,040円50,544円45,360円45,360円
iPhone
X
256GB
86,184円75,816円70,632円70,632円

このように、1万円以上値下げされています。

今回も同様であれば、このくらいの割引が期待できるかもしれません。

なお、現在のソフトバンクでのiPhone Xの価格は、64GBも256GBも税込64,800円です。

電気通信事業法の改正で異例の対応となる可能性も

2019年10月1日には、電気通信事業法の改正法が施行されます。

この改正法は、完全分離プランが義務付けられているなど、これまでのキャリアの売り方を大きく見直さざるを得ない内容となっているのが特徴です。

これを見越して、ドコモ・au・ソフトバンクともに、「通信料金を高く設定した上で機種購入を条件に値下げする」という販売方法は、すでにやめています。

「実質負担額」という表記を最近見なくなったと、すでにお気づきの方も多いのではないでしょうか。

そのため、現時点では「今年も例年通りの値下げが行われる」とは断言できません。

あらかしめご了承ください。

ソフトバンクバナー

機種代金の割引は2万円まで?

これも電気通信事業法の改正法に関係する話です。

改正法の下では、機種代金の割引を2万円までとする新ルールが始まるという話が、総務省から出ています。

具体的にどういう割引になるのかなど、詳細はまだ不明です。

しかし、このルールが通った場合は、より価格予想がしやすくなることは間違いないでしょう。

ソフトバンクの「半額サポート」は廃止確定

画像引用元:半額サポート | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

ソフトバンクには、条件を満たした場合に機種代金の48回払いのうち25回目以降を免除する「半額サポート」というものがあったのですが、これは10月までに廃止されます。

このサポートを適用するためには、2年縛りを2回は繰り返さなくてはいけません。

それゆえに、ユーザーからは「4年縛り」と呼ばれ、ドコモからもメディアを通じて度々批判されてきました。

改正法が施行されれば、「半額サポート」は違反行為となります。

そのため、ソフトバンクは同サービスの廃止に踏み切ったのです。

また、この動きを受け、auも類似サービスである「アップグレードプログラムEX」の廃止を決定しました。

9月30日に新規受付を終了する予定です。

このような事情があるため、たとえiPhone XSとiPhone XRが値下げされたとしても、半額サポートは適用できない可能性があります。

ソフトバンクでの現在の価格から値下げ後の価格を予測!

画像引用元:iPhone – モデルを比較する – Apple(日本)

まずは、ソフトバンクでの現在のiPhone XS/iPhone XS MAX、iPhone XRの価格を見てみましょう。

現在のソフトバンクでの販売価格
  • iPhone XS(64GB):136,800円
  • iPhone XS MAX(64GB):149,760円
  • iPhone XR(64GB):106,560円

機種変更/新規購入/のりかえ(MNP)どれでも価格は同じです。

のりかえ(MNP)なら安くなる、というのはすでに昔の話になっています。

ここに、iPhone Xでの値下げ例や、改正法での新ルールを適用させて考えると、大体1万円~2万円の割引になるのではないでしょうか。

仮に2万円割引されたとすると、以下のようになります。

2万円割引された場合のソフトバンク価格
  • iPhone XS(64GB):116,800円
  • iPhone XS MAX(64GB):129,760円
  • iPhone XR(64GB):86,560円

型落ち機種については例外も検討中とのこと

割引上限2万円ルールには、型落ち機種に対する例外を設ける案も検討しているとのことです。

しかし、今のところ詳細は一切出てきていません。

iPhone XSやiPhone XRは、2019年新型iPhoneが出たら「型落ち」にあたります。

よって、2万円以上の割引もあるかもしれませんね。

とは言っても、改正法前でも1~2万円程度の値下げだったわけですから、いきなり3万円や4万円も値下げされることはないでしょう。

新型iPhoneが発売したらiPhone XSとiPhone XRは値下げ?前例から考察

次のページでは、iPhone XSとiPhone XRが値下げされたとして、2019年新型iPhoneを差し置いて買うべきか考察します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ソフトバンクバナーソフトバンクバナー
この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

ソフトバンクバナー