ソフトバンクのキッズ携帯と格安スマホどちらを持たせるか…それぞれのメリットデメリット

  • 2020年6月6日
  • by 
ソフトバンクのキッズ携帯と格安スマホどちらを持たせるか…それぞれのメリットデメリット

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

お子さんにスマホを持たせるようとすると、スマホの料金や機能が気になります。

そこで今回は、ソフトバンクのキッズ携帯と格安スマホを徹底比較しました。

月額料金や子供向けサービスを比較し、どちらがお得かみていきましょう。

ソフトバンクのキッズ携帯と格安スマホどちらがお得か
  • 両親のスマホの契約更新に合わせて購入すべき
  • ソフトバンクのキッズ携帯なら月額1,300円以内で使用できる
  • LINEモバイルの格安スマホなら月額1,600円ほどで使用できる
  • LINEモバイルならLINEで使用する通信量がノーカウント
  • キッズ携帯の場合、子ども向けのサービスが充実している
  • 格安スマホは契約期間を気にせず好きな機種を使用できる
  • LINEモバイルは全部で15種類の機種を取り扱っている
子供に持たせたいおすすめ最新キッズ携帯ランキング【2020年版】

トップ画像引用元:キッズフォン2 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

キッズ携帯の購入を検討する時期はどんな時?

ソフトバンクのキッズフォン2

画像引用元:キッズフォン2 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

お子さんの生活スタイルに変化が生じる時期はキッズ携帯の購入を考える時期にあたります。

例えば送迎無しで子供が一人で学校に通い始めるようになると、万が一の連絡手段が必要だと考えます。

そのため生活スタイルが変わるタイミングに合わせて、キッズ携帯の購入を検討する方が多いです。

キッズ携帯を購入する時期
  • 入学、進級のタイミング
  • クラブや部活の始まる時期
  • 塾などの習い事を始める時期

スマホ購入時期はいつがおすすめ?

スマホの契約には契約期間の縛りがあります。

そのため子どものスマホを購入するのであれば、両親の契約更新に合わせて購入すると良いでしょう。

両親のスマホと契約期間を合わせて購入する理由
  • 両親のスマホ契約と家族契約とすることで、お得な料金プランで利用することが可能
  • 解約時に違約金がかからない

これらの理由をそれぞれ解説していきましょう。

両親のスマホ契約と家族契約とすることで、お得な料金プランで利用することが可能

キッズ携帯を両親のスマホと家族契約にすることで、お得な料金プランを適用できます。

おすすめプランには、家族内で通信容量を共有し毎月の月額使用料が割引されるプランなどが考えられます。

複数で契約した方がよりお得になりますので、大家族の方は積極的に活用しましょう。

解約時に違約金がかからない

両親のスマホを契約更新のタイミングに合わせて、他社に乗り換える際には注意が必要です。

というのもスマホの契約には解約違約金が設定されているためです。

ご両親とお子様のスマホ契約更新のタイミングがずれると、乗り換えをする際にどちらかの解約違約金が発生してしまいます。

将来的に他社への乗り換えなどを検討されている場合、両親とお子様の契約タイミングが重要です。

どうしても契約更新のタイミングに合わせることができない場合、格安スマホを利用する方法もあります。

子どものスマホを契約するなら
  • 家族契約でお得な料金プランを利用する
  • 家族契約するスマホと契約期間を合わせるようにする

ソフトバンクのキッズ携帯の料金プランはいくらか

キッズ携帯

画像引用元:キッズ向け | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

例として、ソフトバンクのキッズ携帯料金を確認しましょう。

キッズ携帯の基本料金と端末代金
  • 基本料金:539円/月
  • キッズフォン2:18,000円(750円×24回)
  • みまもりケータイ4:12,240円(510円×24回)

ソフトバンクでは、キッズフォンシリーズとみまもりケータイシリーズの2つのモデルが準備されています。

機種代金によって毎月かかる月額使用料は異なりますが、月額約1,300円かからない程度です。

基本料金と端末料金を合わせると、キッズフォン2は月額1,289円でみまもりケータイ4は月額1,049円となります。

通常のスマホに比較するととてもお手頃な金額です。

また通信費を安く抑える方法として格安SIMという選択肢もあるため、次の項目で検討しましょう。

格安SIMを代表してLINEモバイルでシミュレーションしてみる

LINEモバイル

画像引用元:【LINEモバイル】 格安スマホ/格安SIM 月額基本料5ヶ月間半額キャンペーン実施中!

子供さんとの連絡手段としてLINEを検討されている方も多いのではないでしょうか。

LINEはLINEモバイルという格安スマホを展開しており、これを利用しても良いでしょう。

LINEモバイルでスマホを利用する場合の料金は以下の通りです。

格安スマホの基本料金と端末代金
  • 基本料金:660円/月
  • 端末代金:880円/月×24回(端末はOPPO A5 2020)

またLINEをメインに利用する場合、音声通話機能がついていないデータSIMのみでの運用もできます。

LINEモバイルの最もシンプルなLINEフリープランなら月額660円からと格安です。

LINEモバイルの料金プラン詳細

プラン名称容量データ
SIM
(SMS付)
音声通話
SIM
LINEデータフリー500MB660円/月1,210円/月
LINEデータフリー3GB1,078円/月1,628円/月
LINEデータフリー6GB1,870円/月2,420円/月
LINEデータフリー12GB2,970円/月3,520円/月
SNSデータフリー3GB1,386円/月1,936円/月
SNSデータフリー6GB2,178円/月2,728円/月
SNSデータフリー12GB3,278円/月3,828円/月
SNS音楽データフリー3GB1,606円/月2,156円/月
SNS音楽データフリー6GB2,398円/月2,948円/月
SNS音楽データフリー12GB3,498円/月4,048円/月

最もシンプルなプランは「LINEデータフリー」です。

通信データ容量は500MBと少なめですが、LINEアプリのデータ使用はカウントされません。

そのためもし1ヶ月のデータ容量を使い切ったとしても、LINEアプリは速度が遅くなることなく快適に利用できます。

その他、各種SNS(Twitter、Facebook、LINE)のデータがノーカウントになる「SNSデータフリー」もあります。

LINE MUSIC、Instagramのデータがノーカウントになる「SNS音楽データフリー」も使いやすいです。

音声通話機能付きSIMでは通常の携帯と同様に通話も可能ですが、従量制で30秒あたり10円かかります。

LINEモバイルとソフトバンクのキッズ携帯を比較すると、ソフトバンクのほうが月額料金は安価です。

キッズ携帯とLINEモバイルの月額料金比較
  • キッズフォン2:月額 1,289円
  • みまもりケータイ4:月額 1,049円
  • LINEモバイル(OPPO A5 2020):月額 1,628円

子供に携帯を持たせることのメリットとデメリット

LINEモバイルの格安スマホ

画像引用元:LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

お子さんにスマホを持たせるメリットとデメリットを確認しましょう。

メリット、デメリットともに3つ挙げました。

子どもに携帯を持たせることのメリット
  • 居場所を確認できる
  • 災害時の連絡手段
  • 非常時に子供から連絡できる

次にデメリットについてです。

子どもに携帯を持たせることによるデメリット
  • 通信料金がかかる
  • 他の人に電話をかけてしまうのではないか
  • ネットに夢中になってしまう

子ども学校に入ると、部活動や習い事で行動範囲が広くなります。

時には学校や塾経由では連絡が取れなくなることもあるでしょう。

そのため万が一に備えてお子さんに携帯を持たせることは大切です。

ただ携帯を持たせることで便利さや安心感が増す一方、携帯の端末代金や月々の通信料金も発生します。

また、携帯電話を子供に与えてしまうことでインターネット利用にも不安を抱く方も多いです。

キッズ携帯・格安スマホのメリットとデメリット

先ほどの項目で携帯電話を子供さんに持たせるメリットやデメリットを解説しました。

では、キッズ携帯と格安スマホを比較した場合、どのようなメリットとデメリットがあるでしょうか。

キッズ携帯のメリット・デメリット

はじめにキッズ携帯のメリットを3つ挙げました。

防犯機能など、必要な機能が標準で入っていることがうれしいです。

キッズ携帯のメリット

キッズ携帯のメリットは以下の通りです。

キッズ携帯のメリット
  • 防犯ブザー機能搭載
  • みまもりマップで位置が確認できる
  • インターネット閲覧機能は非搭載

キッズ携帯はVoLTE対応なので通常の携帯電話やスマホのようにクリアな音声で通話できます。

またメール機能も搭載されているためテキストでも連絡ができます。

例えば親御さんが仕事中で電話に出られない時でも、メールで連絡できれば困りません。

キッズ携帯特有の機能としてGPSで位置を確認するみまもりマップがあり、お子さんの居場所も確認できます。

インターネット閲覧機能が搭載されていないので、インターネット利用の面でも安心です。

キッズ携帯のデメリット

デメリットは主に金銭面に関することです。

キッズ携帯のデメリット
  • 契約期間の縛りがある
  • 解約違約金が発生する
  • 親御さんの契約更新月との同期がとれなくなる

キッズ携帯は通常のスマホに比較すると割安です。

しかし親御さんが乗り換えなどを検討している場合、契約期間の縛りがネックになります。

契約期間は2年間で、更新月に乗り換え・解約ができないと違約金が発生します。

新たにキッズ携帯の契約をするとなると、親御さんの契約更新月を合わせることが難しいです。

そのため違約金が発生しやすくなります。

乗り換えなどの予定がなければ、低価格で子どもが使うことに特化したキッズ携帯を選択してよいでしょう。

格安スマホのメリット・デメリット

格安スマホのメリット・デメリットについてみていきましょう。

こちらもキッズ携帯同様に、メリット・デメリットを正しく理解した上で契約することをおすすめします。

格安スマホのメリット

格安スマホには金銭面で2つのメリットがあります。

格安スマホのメリット
  • 契約期間の縛りがない
  • 料金が安い

料金は大手キャリアの通信プランより大幅に安くなります。

例えば紹介したLINEモバイルの場合だと月額600円から利用することが可能です。

キッズ携帯の料金プランと比べると、若干高めになりますがLINEやSNSアプリはデータ量を気にせず使い放題です。

また契約期間の縛りや自動更新などもないため、利用状況や親御さんのスマホの契約に合わせていつでも解約することが可能です。

なおLINEモバイルの場合、データ通信のみであれば月額660円で利用できますが、音声通話を利用する場合1,210円になります。

さらに音声通話が必要な場合には10分電話かけ放題の(月額968円)オプションもあります。

格安スマホのデメリット

以下は、格安スマホのデメリットです。

格安スマホのデメリット
  • 子供専用の設定がない
  • 音声通話SIMだと料金が高くなる

ソフトバンクのキッズ携帯のようにGPSによる位置の追跡などのキッズ携帯特有の機能がありません。

そのため、利用制限をかけるなどの工夫をして安全に使えるようにすることが必要です。

ソフトバンクおすすめ最新スマホ機種ランキング【2020年】

LINEモバイルで取り扱っている機種を紹介

lineモバイル 端末一覧

画像引用元:端末一覧|LINEモバイル

格安スマホを選択する場合、キッズ携帯にとらわれず好きな機種を選択することができます。

ここではLINEモバイルが取り扱いっている機種を紹介します。

LINEモバイルが取り扱っている機種の一覧は以下の通りです。

LINEモバイルで取り扱いのある機種一覧
  • iPhone 7
  • ZenFone Live(L1)
  • OPPO A5 2020
  • moto g7 plus
  • AQUOS sense3 SH-M12
  • arrows M05
  • HUAWEI nova 5T
  • Mi Note 10
  • OPPO Reno A
  • ZenFone 6
  • HUAWEI P30
  • HUAWEI P30 lite
  • Reno 10x Zoom
  • ZenFone Max(M2)
  • HUAWEI nova lite 3

お得なキャンペーン満載のLINEモバイルが取り扱っている機種が全部で15種類です。

ラインナップにはAQUOSやHUAWEIなどといった有名メーカーがありますので安心して利用できます。

フラッグシップモデルではありませんが、どの機種も使い勝手がよく不便な点はありません。

キッズ携帯にするか格安スマホにするかは方針次第

ここまで、キッズ携帯と格安スマホのメリットやデメリット、最適な契約タイミングについてお伝えしてきました。

ポイントは以下の通りです。

ソフトバンクのキッズ携帯と格安スマホどちらがお得か
  • 両親のスマホの契約更新に合わせて購入すべき
  • ソフトバンクのキッズ携帯なら月額1,300円以内で使用できる
  • LINEモバイルの格安スマホなら月額1,600円ほどで使用できる
  • LINEモバイルならLINEで使用する通信量がノーカウント
  • キッズ携帯の場合、子ども向けのサービスが充実している
  • 格安スマホは契約期間を気にせず好きな機種を使用できる
  • LINEモバイルは全部で15種類の機種を取り扱っている

キッズ携帯を契約するには、両親の契約更新タイミングに合わせられるとベストです。

将来発生するかもしれない違約金が気になる場合、格安スマホが料金的におすすめできます。

ただ格安スマホにはインターネット利用制限など、キッズ携帯特有の機能が搭載されていません。

また格安スマホの音声通話プランは、キッズ携帯より若干高めです。

料金やスマホの使い方を検討して、キッズ携帯か格安スマホを選ぶことをおすすめします。

ソフトバンクの機種変更で3万円得するために必要なものとおすすめ3ステップ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ