ソフトバンクのキッズ携帯と格安スマホのメリット・デメリット|持つならいつが最適か

ソフトバンクのキッズ携帯と格安スマホのメリット・デメリット|持つならいつが最適か

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

「ソフトバンクのキッズ携帯と格安スマホのメリット・デメリット|持つならいつが最適か」のまとめ

ここまで、キッズ携帯と格安スマホのメリットやデメリット、そしていつ持つのが最適なのかについてお伝えしてきましたが、まとめると以下のようになります。

キッズ携帯を購入する時期
  • 入学、進級のタイミング
  • クラブや部活の始まる時期
  • 塾などの習い事を始める時期
もう1つのキッズ携帯購入時期
  • 親のスマホの契約更新のタイミング
キッズ携帯(ソフトバンク)の料金
項目キッズフォンみまもりケータイ4
基本料金529円/月539円/月
機種代金780円/月280円/月
合計金額1,309円/月809円/月
格安スマホ(LINEモバイルの料金)
項目金額
基本料金500円/月(税込:540円/月)
機種代金810円/月(税込:874円/月)
合計金額1,310円/月(税込:1,414円/月)
子供に携帯を持たせることのメリット・デメリット
メリット居場所を確認できる
災害時の連絡手段
非常時に子供から連絡できる
デメリット通信料金がかかる
他の人に電話をかけてしまうのではないか
ネットに夢中になってしまう
キッズ携帯のメリット・デメリット
メリット防犯ブザー機能搭載
みまもりマップで位置が確認できる
インターネット閲覧機能は非搭載
デメリット契約期間の縛りがある
解約違約金が発生する
ご両親の契約更新月との同期がとれなくなる
格安スマホのメリット・デメリット
メリット契約期間の縛りがない
料金が安い
デメリット子供専用の設定がない
音声通話SIMだと料金が高くなる

キッズ携帯は、子供さんの生活スタイルに合わせて購入する必要があるものの、親御さんの契約更新のタイミングによっては、契約が困難になる場合があります。

そのような場合には、LINEモバイルのような格安スマホを利用することで、キッズ携帯並みの料金で利用することが可能になります。

格安スマホを利用する場合には、通信料金を安く抑えるためにデータSIMでの契約をする必要があるため、どのような使い方をするかの検討が必要です。

また、格安スマホにはキッズ携帯特有の機能が搭載されていないため、一定の工夫が必要になりますので、事前に機能を確認しておくとよいでしょう。

現在、子供さんの使う携帯電話をどうしようか検討中の方は、ここで紹介した内容を参考に、キッズ携帯または格安スマホを選択いただけたらと思います。

子供に携帯は必要?3キャリアの月額料金・機種代金と防犯機能を比較

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
pnatsu
pnatsu
pnatsuと申します。 iPhone好きで、便利機能やアプリの情報を集めることが好きです。 趣味や経験を活かして、スマホ関連全般の記事を主に作成しています。 みなさんの快適なスマホライフのお役に立てる情報をお届けすることが最大のミッションです。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ