ソフトバンクで機種変更を2年以上経ってからすると損する?得する?

ソフトバンクで機種変更を2年以上経ってからすると損する?得する?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

携帯電話の契約では、常に「2年」という期間が付きまといます。

これは、携帯電話のプランが基本的に2年契約となっており、このルールを破ることでペナルティが発生するためです。

では、契約から2年以上経過した後に機種変更をすると、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

今回は、2年以上経過してから機種変更を行うことで発生する、「得」と「損」について解説していきます。

トップ画像引用元:ソフトバンク

契約から2年以上経ってからの機種変更なら損を防げる

結論から言ってしまうと、2年以上経ってから機種変更しても、基本的に得になることはありません。

また一方で、大きく不利益になることもありません。

つまり、得も損もしないということです。

2年以上契約し続けたことで、何かしらのキャッシュバックや割引が発生すれば得になるのですが、ソフトバンクにはそのようなものは用意されていません。

2年以内の機種変更には要注意

ソフトバンクのみならず、大手キャリアでは2年以内に機種変更をしてしまうと、損になる可能性が非常に高くなります。

では、なぜ2年以内の機種変更は損につながるのでしょうか?その仕組みについて詳しく解説していきます。

2年以内の機種変更で損をするケースとは?

2年以内の機種変更で損をする可能性があるのは、携帯電話の機種代金に対する割引サービスを利用している場合です。

具体的には、以下の割引サービスが該当します。

ソフトバンクの機種代金に対する割引サービス
  • 月月割
  • 半額サポート

現代のスマホは本体価格が10万円を超えるものも珍しくないため、これらの割引サービスを利用している方も多いと思います。

では、なぜ2年以内の機種変更で損をするのかについて見ていきましょう。

月月割は解約した時点で割引がなくなる

月月割は、契約の2ヶ月目~25ヶ月目までの間、機種代金を一定額割引してくれるサービスです。

割引額は機種によって異なりますが、多いもので半額以上割引してくれる場合もあります。

この月月割は、2019年1月31日に新規受付を終了しているのですが、それ以前に適用したものは終了まで有効なので、現在も利用されている方は多いはずです。

では、なぜこの月月割が損に繋がるのでしょうか。

それは、月月割を途中で解約すると、その月以降の割引が効かなくなってしまうからです。

実際に損をするのはどのくらい?

ここではiPhone XS(64GB)を月月割で購入し、14ヶ月目で機種変更した場合の残債の変化を見ていきます。

iPhone XSの本体価格は136,800円。

24回払いにすると、月の支払いは5,700円になります。

これに月月割を適用すると、月の支払いはなんと2,250円に。

通常時と比べると月額で3,450円も安くなるのですから、非常にお得な割引サービスと言えるでしょう。

しかし、これがかえって災いとなるのです。

14ヶ月目で機種変更した場合の残債は以下のとおりです。

項目2ヶ月目から
13ヶ月目まで
の支払い
14ヶ月目から
25ヶ月目まで
の支払い
機種変更
しない場合
2,250円
×12ヶ月分
2,250円
×12ヶ月分
14ヶ月目で
機種変更
した場合
2,250円
×12ヶ月分
5,700円
×12ヶ月分
差額0円3,450円
×12ヶ月分
=41,400円

このとおり、14ヶ月目に機種変更してしまうと、月額で3,450円、1年で41,400円も余分に支払うことになります。

14ヶ月目に機種変更したこと以外は、何も条件を変えていません。

それにもかかわらず、4万円以上もの追加費用が発生してしまうのです。

このように月月割を適用していると、2年以内の機種変更で大きな追加費用が発生してしまいます。

これはできる限り避けたいですよね。

半額サポートの期間中なら機種変更はNG

ソフトバンク半額サポート

画像引用元:半額サポート | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

ソフトバンクのもう1つの機種代金割引サービスである「半額サポート」。

その名のとおり、機種代金が半額になるという非常に嬉しいサービスです。

月月割とは異なり、半額サポートでは機種に関係なく機種代金が実質半額になります。

よって、話題の新機種であっても、半額サポートの対象にさえなっていれば半額で購入できるということです。

日本で高い人気を誇るiPhoneの新機種も対象に含まれているので、半額サポートを利用してiPhoneを購入した方も多いでしょう。

しかし、本サービスを利用している場合は、絶対に2年以内に機種変更をしてはいけません。

なぜなら、半額サポートの特典利用条件が以下のようになっているからです。

半額サポートの特典利用条件
  • 対象機種を24ヶ月利用後、25ヶ月目以降に「半額サポート」「機種変更先取りプログラム」いずれかの指定機種に機種変更すること
  • 機種変更の翌月末までに、加入時に購入した機種を査定完了し、ソフトバンクに回収してもらうこと。その際、ソフトバンク指定の回収条件を満たすこと

2年以内に機種変更をするということは、1つ目の条件に違反することになります。

つまり、2年以内に機種変更するだけで、半額サポートの「機種代金を実質半額にする」という特典はなくなり、機種代金を全額支払うことになってしまうのです。

月月割は機種変更をした月から割引がなくなりますが、半額サポートの場合はすべての割引がなくなります。

半額サポートを途中解約したあとの残債は非常に高い!

iPhone XS(64GB)を契約から14ヶ月目に解約した場合の残債を計算してみました。

項目2ヶ月目から13ヶ月目
までの支払い
14ヶ月目から25ヶ月目
までの支払い
26ヶ月目から49ヶ月目までの支払い
機種変更しない場合2,850円×12ヶ月分2,850円×12ヶ月分0円
14ヶ月目で機種変更した場合2,850円×12ヶ月分2,850円×12ヶ月分2,850円×24ヶ月分
差額0円0円68,400円

半額サポートを適用すると、機種代金は48回払いになります。

そして、特典利用条件を満たせば、26ヶ月目以降の支払いが免除となり、実質半額となる仕組みです。

しかし、2年以内に機種変更してしまうと、特典利用条件を満たせなくなるため、支払いは49ヶ月目まで続きます。

その結果、総額68,400円と非常に高額な追加費用が必要になってしまうのです。

48回払い、つまり支払いに4年間かかるということですから、中途の機種変更により、月額料金を払う期間が2年追加されることになります。

この点も精神的に良くないですよね。

よって、半額サポートを利用している場合は、特段の理由がない限り、2年以内の機種変更は諦めた方が賢明です。

機種変更に2年契約や解約金は関係ない?

ソフトバンクに限らず、携帯電話の契約ではもはやお馴染みの「解約金」。

更新月以外に解約してしまうと、この約1万円の解約金がかかってしまいます。

この解約金があるからこそ、「携帯電話の契約は2年」というイメージが定着したとも言えますね。

しかし、解約金はそのキャリアとの契約を「解約」するときにかかるものです。

よって、機種変更には関係ありません。

月月割や半額サポートの利用期間には注意しなければいけませんが、更新月に関しては特に気にする必要はないということです。

ソフトバンクの機種変更で3万円得するために必要なものとおすすめ3ステップ

次のページでは、契約から2年以上経過した後の機種変更で、発生する恐れのある追加費用について解説していきます。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ