ソフトバンクのミニモンスターとiPhone XSの相性|お得に使う秘訣

  • 2018年9月17日
  • by.a-sato

iphonexs3

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

先日、国から「ドコモ・au・ソフトバンクは利益を取りすぎている。あと4割程度は安くできるはず」と携帯キャリアが指摘を受けました。

そこでソフトバンクが9月6日より受付開始の新料金プランを立ち上げました。

「ミニモンスター」と呼ばれる新料金プランで、データ通信量を多く使えると定評のあるギガモンスターの派生ともいえるこの料金プランは、ソフトバンクの中でもかなり安い料金設定となっているようです。

そこで今回は、ソフトバンクのミニモンスターについて説明をしたいと思います。

併せて、9月12日発表となったの新型「iPhone XS」との相性や誰がどう使えばお得なのかと紹介するので、是非参考にしてください。

トップ画像引用元:iPhone XS 製品情報 | ソフトバンク

1 ソフトバンクのミニモンスターとは?


画像引用元:ソフトバンク

まず、ソフトバンクのミニモンスターについて詳しく解説をしていきたいと思います。

ミニモンスターは基本料金がソフトバンク最安値といっても良いほど安い料金設定となっており、9月6日の受付開始から多くの方がミニモンスターで契約することが見込まれます。

しかし、ただ料金が安いわけではなく、しっかりと内容を理解しておかないと料金が高くなってしまう恐れもあるので、十分に注意しましょう。

1-1 ミニモンスター | 2018年9月6日より受付開始の新料金プラン!


画像引用元:ソフトバンク

ソフトバンクのミニモンスターは2018年9月6日より受付開始の新料金プランです。

しかし、9月6日から受付開始なのは対象が新規またはMNP、機種変更のみとなっています。

現状ソフトバンクを使っていて料金プランだけを変更する場合は2018年11月以降受付開始とのことなので、現ソフトバンクユーザーの方は注意してください。

ソフトバンクオンラインショップでiPhoneを予約して機種変更するまでの流れ

1-2 ミニモンスター | 格安SIMも真っ青な月額1,980円から!

料金を簡単にまとめますが、こちらは

  • 『スマホ購入あり』の料金
  • ソフトバンク光加入時の割引等が組み込まれた

場合で、ミニモンスターは最低料金1,980円で毎月使えるということです。

1GB利用の場合価格
データ定額ミニモンスター(1GB)2,480円
通話基本プラン(2年契約)1,500円
1年おトク割-1,000円
おうち割光セット-1,000円
合計金額1,980円

※すべて税抜価格です。

※スマホ購入ありの料金であり、スマホ購入がない場合は+1,000円です。

ソフトバンク光未加入の場合は+1,000円、スマホ購入なしの場合も+1,000円となるため、自分の契約状況をチェックしながらいくらになるのか確認してみてください。

ワイモバイルやUQモバイル、楽天モバイルなどのメジャーな格安SIMの最低料金も月額1,980円といわれており、格安SIMと全く変わらない金額でソフトバンクのスマホが使えるということになります。

安さが魅力であった格安SIMも真っ青になる料金プランではないでしょうか。

1-3 ミニモンスター | 毎月使った分だけを支払える料金プラン


画像引用元:ソフトバンク

今までのソフトバンクの料金プランは、決まった量のデータ通信量が組み込まれた定額制となっていましたが、今回のミニモンスターは使ったら使った分だけ料金が発生する従量制となっています。

項目ミニモンスター
データ容量~1GB~2GB~5GB~50GB
月額料金3,300円5,500円7,150円8,250円
月額料金
※基本プランと合算
4,378円6,578円8,228円9,328円

※この価格は割引等一切含まれていません。

表を見てもらえばわかると思いますが、データ通信量によって料金がかなり異なります

定額制ではないため、データ通信量が超過して速度制限が発生することはありませんが、使いすぎてしまえば最大6,980円になってしまうこともあります。

しかし、毎月使った分だけを支払うシステムなので、

  • 定額制で購入したデータ通信量を使い切らずに翌月になってしまった
  • 速度制限がかかって追加でデータ通信量を購入しお金がかかってしまった

ということもありません。

そのため、無駄なく使った分だけ料金が発生する非常にシンプルな料金設定だといえます。

2 ソフトバンクのミニモンスターのメリットとデメリットは?

次に、ミニモンスターのメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

ミニモンスターは使った分だけを支払うという非常にシンプルな料金設定であることが魅力的ですが、一方では使い方次第で定額プランに加入するよりも高額になってしまう恐れもあります。

しっかりとメリットとデメリットを知り、ミニモンスターに料金プランを変えるか、または契約する時にミニモンスターにするのか検討していただければと思います。

2-1 ミニモンスターのメリット | 使った分だけ無駄なく支払うことができる

普段定額制プランに加入している多くの方は、当月のデータ通信量が余ってしまって「これだけプラン料金を支払っているのはもったいないかな?」と感じたという経験をしたことがあると思います。

または、月途中で速度制限にかかってしまい追加のデータ通信量を購入してしまって料金が高額になってしまったという経験をしたことがある方も少なくないのではないでしょうか。

ミニモンスターは以前の携帯料金のように、使ったら使った分だけ料金が発生するという仕組みなので、毎月無駄なく使用することができます

また、ソフトバンクをはじめとする大手キャリアの定額制プランの多くには1GBプランがありません。

大半は2GBスタートとなるため、「1GB程度しか使わないのに・・・」というライトユーザーの方にとっては少しもったいないと感じていたことも多いはずです。

一方でミニモンスターは1GB程度の利用で1番安く使うことができるため、定額制プランではデータ通信量が多すぎると感じている方にも非常にお得に使えます

ソフトバンクの機種変更が7万円以上お得になる3つのコツ【2020年最新】

次の章では、「ミニモンスターとiPhone XSとの相性」について説明します。

2-2 ミニモンスターのメリット | 最低料金が安いので通信料の節約に

ミニモンスターは最低料金1,980円から利用することができます。

前述の通り、普段から平均して毎月1GB程度しか使わないライトユーザーの方にとっては1番お得に使える料金プランだといえます。

また、今まである程度データ通信量を使ってきた方の中で「節約したい」「安くしたい」と考えている方にとっても通信料を安くするために適した方法です。

Myソフトバンクで当月のデータ使用量をチェックすることができるので、「自分が今どのくらい使っているのか?」と定期的にチェックをしていれば使いすぎるということもありません。

ソフトバンクユーザーの平均的な携帯料金は大体8,000円から10,000円程度といわれているので、ミニモンスターの最安値1,980円の基本料金はかなり安いということがわかると思います。

そのため、純粋に料金を安くしたい、ある程度データ通信量が使えなくても良いと考えている方にもおすすめです。

2-3 ミニモンスターのデメリット | 使った分だけ料金がかかるのでヘビーユーザーは注意

一方で、『ミニモンスター=従量制』ということはしっかりと頭に入れておかなければいけません。

ミニモンスターはそこまでデータ通信量を使わなければ最安値1,980円でスマホを使うことができますが、何も考えずにいつも通り好きにデータ通信量を使っていると最大6,980円と高額な金額になってしまいます。

正直なところ、毎月2GB以上使う方であれば、ミニモンスターよりも同じく新料金プランの「ウルトラギガモンスター+」にした方が安いです。

ウルトラギガモンスター+は50GBを5,980円で使うことができる定額制プランなので、毎月2GBを超えて使ってしまう傾向のある方はミニモンスターよりもウルトラギガモンスター+にした方が安く済む場合があります。

2-4 ミニモンスターの不安要素 | 月々割との併用は不可!今と変わらない場合もある

従来のソフトバンクの定額制プランでは、スマホを購入した時に毎月決まった金額の割引が入る「月々割」が適用されます。

例えば、毎月分割で2,000円の機種代金を支払う分、毎月1,500円の割引が入るという仕組みです。

つまり、機種代金は毎月実質500円となります。

しかし、ミニモンスター(ウルトラギガモンスター+も同様)は月々割が適用されません。

ミニモンスターの利用料金が1,980円だとしたら、2,000円の機種代金がそのまま上乗せされるということになります。

スマホの機種代金次第では今まで使っていたよりもミニモンスターにしたら高額になるケースも考えられます。

そのため、ミニモンスターにする時は、他の料金プランや割引との料金を比較して、自分の利用頻度と予算に合ったプランを選ぶべきでしょう。

ソフトバンクのミニモンスターのポイント
  • メリット:使った分だけ無駄なく支払うことができる
  • メリット:最低料金が安いので通信量の節約に
  • デメリット:使った分だけ料金がかかるのでヘビーユーザーは注意
  • 不安要素:月々割との併用は不可!今と変わらない場合も

3 ミニモンスターとiPhone XSの相性は?

次に、いよいよ発売となるiPhone XSとミニモンスターの相性について解説をしたいと思います。

まだ予約も始まっていない状態で、そこまでiPhone XSに関する情報も出ていないので、あくまで今までのiPhoneの傾向を含めた上での考察となります。

3-1 iPhone XSの機種代金次第ではより高くなってしまう可能性も

画像引用元:iPhone – モデルを比較する – Apple(日本)

参考に、iPhone X 64GBの販売価格を表にしてみました。

支払い回数iPhone X 64GB
一括131,040円
24回5,460円×24回
48回2,730円×48回

iPhone XSの機種代金の傾向としては、恐らくiPhone Xと同等またはそれ以上高額になる可能性があります

つまり、10万を超える可能性が十分に考えられると思って良いでしょう。

ミニモンスターは前述の通り月々割の併用ができないため、1,980円にそのまま5,460円の24回分割支払金が上乗せされるという形になります。

この金額を見ると、正直今ソフトバンクで使っている金額とそこまで変わらないように思えませんか。

もちろん、1GBを超えればさらに料金が高くなります。

48回の支払い回数にして分割支払金を半額にするというのも1つの方法ですが、金額は安くても4年間ローンと変わらないので支払いを滞納した時などの信用情報に対するリスクがかなり大きいです。

iPhone XSの購入を検討しているのであれば、自分のスマホの利用状況をふまえてしっかりとそれぞれのプランで料金比較をするべきです。

3-2 iPhone XSを25ヶ月目で機種変更するなら機種代金は半額になる

1つだけ24回支払いの機種代金を安くする方法があります。

それは、25ヶ月目で機種変更をする前提でスマホを購入する方法です。

25ヶ月目で機種変更をするのであれば、iPhone XSの機種代金を半額にすることは可能です。

しかし、新発売のiPhone XSでそれが適用できるかどうかはまだ何とも言えませんので、事前に確認するようにしましょう。

25ヶ月間のスパンで機種変更をしたり他社に乗り換える方は多いと思うので、25ヶ月目に機種変更をする前提であれば機種代金を半額にした状態で契約するのもおすすめです。

また、25ヶ月間使ったiPhone XSはその後はもう不要になると思うので、25ヶ月間なるべく綺麗に使ってオークションや中古ショップに売りに行くのも1つの方法です。

「まだ使えるスマホがあるのに」ともったいないと思うかもしれませんが、ミニモンスターで安く使うためなら25ヶ月間のスパンで機種変更を繰り返していくというのが1番安いと考えられます。

iPhone XS/XS Maxで高額キャッシュバックをもらってお得に乗り換える方法

次の章では、「ミニモンスターとiPhone XSは誰がどう使えばお得か」について紹介します。

4 ミニモンスターとiPhone XSは誰がどう使えばお得か

では、誰がどう使えばミニモンスターとiPhone XSをお得に使えるのか考察をしていきたいと思います。

まだiPhone XSの詳しい情報が少ないので、iPhone Xの情報を元にして、尚且つ機種代金を半額にできることを前提で話を進めていきます。

4-1 毎月1GB程度しか使わないライトユーザーなら1年間は月額1,980円で使える

ミニモンスターは、2GB以上使う方であれば定額制プランにした方がお得です。

そのため、毎月1GB程度しか使わないライトユーザーの方であればミニモンスターとiPhone XSをお得に使うことができるでしょう。

1GBの目安としては、Youtubeの動画1時間半程度またはLINE通話1時間程度で使い切ってしまいます

動画の鑑賞や音楽のダウンロード、容量の重いゲームのプレイなどをしない限りはデータ通信量を抑えることが可能です。

自宅にネット回線を引いている方は、自宅にいる間はWi-Fiに繋いでスマホを利用すると良いでしょう。

外にいる時も職場のWi-Fiや外出先のフリーWi-Fiを活用することもおすすめです。

ミニモンスターはソフトバンク光に加入している場合1,000円の割引が適用されるので、この機会にソフトバンク光に加入、または乗換えをするのも良いかもしれません。

4-2 iPhone XSを25ヶ月で機種変更する場合機種代金を半額に

25ヶ月で機種変更をする前提でiPhone XSを購入すれば機種代金が半額になります。

iPhone Xの例を挙げると、5,460円の24回払いを2,730円の24回払いにすることができます。

1,980円の利用料金に2,730円の機種代金が上乗せされるだけならかなり安くなりますよね。

ただし25ヶ月目で機種変更をしなければいけないので、iPhone XSは25ヶ月間のみ使用するということになります。

25ヶ月経過したiPhone XSは状態次第でネットオークションや中古ショップに売るのも良いでしょう。その時の状況にもよりますが、美品であれば大体2万円程度で売ることが可能かと思われます。

4-3 ガラケーからiPhone XSに乗換え又は機種変更するなら12ヶ月間0円から使える

ミニモンスターでは現在キャンペーンを行っており、ガラケーからスマホに変える人限定で12ヶ月間0円から利用できます

このキャンペーンでは12ヶ月間1,980円の割引が入るということですが、利用料金が0円であれば後は機種代金やその他オプション料金を支払うだけで済みます。

現状ガラケーを持っている方で乗換えや機種変更をする方限定なので、現状ガラケーを使っている方はこの機会にiPhone XSに乗換えや機種変更を検討してみてはいかがでしょうか。

ご家族でガラケーを使っている方にも是非勧めてみてください。

5 ミニモンスターはライトユーザー向けプラン!

ソフトバンクから登場した新プランのミニモンスターは従量制の格安プランですが、

  • 月々割と併用できない
  • 最大で6,980円まで料金が上がる
  • 購入するスマホや利用するデータ通信量によっては逆に高額になる

可能性があります。

そのため、ミニモンスターでiPhone XSをお得に使うには毎月1GB程度しか使わないことがまず大前提です。

そして、25ヶ月目で機種変更する前提でiPhone XSを購入しましょう。

ガラケーの方は12ヶ月間毎月1,980円の割引が適用されるこのタイミングに、機種変更・乗換えを検討してみてはいかがでしょうか。

ソフトバンク ウルトラギガモンスター+の料金を解説|解約/変更すべきか
ミニモンスターとiPhone XSをお得に使う秘訣
  • 毎月1GB程度しか使わない
  • 25ヶ月目で機種変更する前提でiPhone XSを買う
  • ガラケーから機種変更または乗換えする

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ