ソフトバンクのミニモンスターの全て|対象機種・月額料金のまとめ

  • 2018年10月21日
  • by 
ソフトバンクのミニモンスターの全て|対象機種・月額料金のまとめ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2018年9月よりソフトバンクからミニモンスターと呼ばれる新料金プランがスタートしました。

今までのソフトバンクの料金プランは決まったデータ通信量に応じて支払う定額制でしたが、今回のミニモンスターは使ったら使った分だけ料金が発生する従量制プランです。

そこで今回は、ソフトバンクのミニモンスターの概要やメリット・デメリットについて解説をします。

併せて、

  • ソフトバンクのミニモンスターはどんな人に適しているのか
  • 最安値で使うにはどのようにすれば良いのか

を解説をするので是非参考にしてください。

1 ソフトバンクのミニモンスターの概要について

ミニモンスター

画像引用元:ミニモンスター | モバイル | ソフトバンク

まず、ソフトバンクのミニモンスターの概要について解説をします。

ソフトバンクのミニモンスターは、「スマホ料金を安くしたい!」という声に合った非常にリーズナブルな価格の料金プランとなっています。

しかし、どのような料金プランなのか知らず、ただ安くなるからと契約をしてしまうと後で痛い目を見ることも有り得ます。

契約する前にしっかりと理解を深めていきましょう。

1-1 使ったぶんだけの従量制データ通信プラン

ミニモンスターグラフ

画像引用元:ミニモンスター | モバイル | ソフトバンク

まず、ミニモンスターは従量制のデータ通信プランであるということを知っておきましょう。

項目ミニモンスター
データ容量~1GB~2GB~5GB~50GB
月額料金3,300円5,500円7,150円8,250円
月額料金
※基本プランと合算
4,378円6,578円8,228円9,328円

このように、毎月利用するデータ通信量によって料金が変動するシステムです。

ちなみに上記の表の金額は、割引などが全て含まれていない金額となっています

また、データ通信プランなので別途、通話プランの加入が必要になります。

従量制というのは使った分だけの料金が発生する仕組みです。

ですから、無駄なくスマホを利用できますが、使いすぎた時に料金が高額になりすぎて地獄を見るということにもなりかねません。

ただ、5GBを超えれば料金がそれ以上高くなることはありません。

しかし、後ほど詳しく解説しますが、5GB以上使うという方であればミニモンスターではなく、定額制のプランに加入した方がお得になります。

1-2 ミニモンスター は最安値1,980円から利用することが可能

ミニモンスターのサービス開始に伴い、スマホを購入する場合1年間は最安値1,980円で利用することができます。

1GB利用の場合価格
データ定額ミニモンスター(1GB)2,480円
通話基本プラン(2年契約)1,500円
1年おトク割-1,000円
おうち割光セット-1,000円
合計金額1,980円

こちらは1GBを利用した場合の料金の内訳となります。

あくまで最安値なので例えば、

  • スマホの購入が伴っていない
  • ソフトバンク光を契約していない

という場合は割引が適用されません。

また、スマホを購入した場合にはスマホの機種代金を分割支払いで別途機種代金が毎月上乗せされます。

それでも、1GB1,980円から利用できるという料金プランは格安SIM並みに安いといっても過言ではありません。

ワイモバイルの価格とほぼ同じ

例に挙げると、ソフトバンクの子会社であり格安SIMであるワイモバイルの料金プランは、1GBで2,980円となっています。

こちらは10分の通話し放題つきの料金プランとなっていますが、ソフトバンクのミニモンスターがいかに格安SIMと同じくらい安い料金プランなのかがわかります。

1-3 対象機種は最新スマホまでほぼ全て

ミニモンスターの対象機種は、現在発売されているスマホはほとんど対象だと思って良いでしょう。

新発売となるスマホも対象機種となっているため、よほどスマホのモデルが古いわけではない限り対象機種と思って問題ないかと思われます。

2 ミニモンスターのメリット・デメリット

次に、ミニモンスターのメリット・デメリットについて説明していきます。

概要でも軽く触れてはいますが、ミニモンスターはただ安いだけの料金プランではありません

auがソフトバンクより先に「ピタットプラン」と呼ばれる料金プランのサービスを開始していますが、ピタットプランと同様に従量制故のデメリットが指摘されています。

メリットとデメリットをしっかりと理解して、料金プランを選ぶようにしてください。

2-1 メリットは使った分だけ料金が発生するので無駄がないこと

ミニモンスターのメリットは、使った分だけ料金が発生するという従量制です。

では、いままでの料金プランの基本となっている定額制のデメリットを見てみましょう。

定額制のデメリット

  • 1ヶ月の間にデータ通信量を使い切ることができない
  • データ通信量超過で速度制限がかかりストレスが溜まる
  • 速度を元に戻すために追加料金を支払って無駄にお金がかかる

このように、データ通信量が多すぎて使い切ることができず、無駄にお金を支払っている気持ちになる方も少なくありません。

反対に、データ通信量超過でストレスが溜まったり、余計なお金がかかることもあります。

定額制は、毎月使うデータ通信量に変動がある方にとってはかなりコスパが悪いといっても過言ではありません。

そのため、ミニモンスターのような従量制のプランは、毎月の使うデータ通信量の変動にも柔軟に対応できます。

使わなかったら安いですし、使ったらその分お金がかかるという非常にシンプルなプランなのです。

だからこそ、無駄なくデータ通信量を使えるという点で、毎月使うデータ通信量に変動がある方にはおすすめなのです。

ソフトバンク × Yahoo! Japanカード(ヤフーカード)の組み合わせはお得!

ソフトバンクユーザーやソフトバンクへのりかえを考えているならYahoo! Japanカードがオススメです。

入会審査が最短3分、年会費無料のうえ、ソフトバンクの通話通信の利用料金(税込)1,000円につきTポイントが5ポイント、クレジット利用ポイントで100円につき1ポイント貯まります。

Tポイントは、ソフトバンクの支払いにも使えるので、ソフトバンクユーザーにとってオススメのカードです。

話題のPayPay連携で入会キャンペーンやポイント還元が効果的なのも特長です。

▼要チェック!ワイモバイルアウトレット▼

次の章では、ミニモンスターの契約開始と併用できるサービスについて詳しく解説します。

ソフトバンクの料金プラン見直し!料金シミュレーションと変更方法

2-2 最安値1,980円と基本料金が一気に安くなる

使ったらお金がかかりますが、逆に使わなかったらかなり安いという点もミニモンスターの魅力です。

1GB程度であれば最安値1,980円で使えてしまうので、毎月のスマホ料金の高さに悩んでいる方にもピッタリです。

ソフトバンクでスマホを利用している方の平均的な利用料金は大体8,000円から10,000円程度だといわれています。

基本料金だけでも5,000円程度している場合がほとんどなので、1,980円まで安くなるとなったらかなり魅力的ですよね。

毎月のスマホ料金の高さに悩んでいる方、少しデータ通信量が使えなくても安くしたいと考えている方にもミニモンスターはおすすめです。

ミニモンスターのメリット
  • 従量制だから使った分だけ料金発生で無駄がない
  • 最安値の1,980円だと基本料金が安い

2-3 デメリットはデータ通信量が2GB以上で高額になるかも

一方で、データ通信量が2GBを常に超えている方にとっては逆に高額になる可能性もあります。

同じ2018年9月にサービス開始したの『ウルトラギガモンスター+』では50GBまで使えて最安値3,480円の定額制プランです。

ミニモンスターの料金プランをもう一度チェックしてみてください。

2GBの時点で既に3,980円になっているので、2GB以上使う方はミニモンスターよりもウルトラギガモンスター+の方がお得になるということなのです。

毎月使うデータ通信量に変動があるという方は、1年間のデータ通信量の平均を出してみればミニモンスターの方がお得になる可能性があります。

しかし、毎月最低でも2GB以上使うという方であれば、ミニモンスターよりもウルトラギガモンスター+の方が安くなります。

ソフトバンクのウルトラギガモンスター+の全て|新料金プランの真実

3 ミニモンスターの契約開始と併用できるサービス

次に、ミニモンスターの契約開始時期と併用できるサービスについて詳しく解説します。

ミニモンスターのサービス開始日は、

  • 新規または機種変更なのか
  • プラン変更のみ

なのかで変わってきます。

また、併用できるサービスについても併せて解説をしますので是非参考にしてください。

3-1 新規・MNP・機種変更は2018年9月から開始してます

新規・MNP・機種変更など、スマホの購入が伴う手続きに関しては、前述の通り2018年9月6日からサービスが開始されています。

ちなみに、ショップのスタッフから「契約当月(3ヶ月と言われることもある)はこのプランに入っていてください」と言われたことはありませんか。

新料金プランの獲得をキャリア側から求められるショップはあの手この手で新料金プランに加入させようとする傾向があります。

その際、どんなデメリットも良いように説明することも多々あります。

そんな時に、しっかりと正しい知識を持っていればスタッフの言葉に惑わされることもありません。

ソフトバンクで契約を考えている方は、是非事前にこの記事でミニモンスターの知識を深めてください。

3-2 料金プランの変更は2018年11月以降の予定

スマホの購入が伴う契約手続きに関しては2018年9月6日にサービス開始となりましたが、スマホを変えずに料金プランだけを変更する場合は時期が異なります。

ソフトバンク公式サイトでは明確な日付の表記はありませんでしたが、料金プランの変更に対応できるのは2018年11月以降を予定しています。

料金プランを変更したいと考えている方は11月以前に料金プランを変更することはできませんので注意が必要です。

3-3 ミニモンスターで併用できる割引サービスについて

次に、併用できる割引サービスについて解説をします。

併用できる割引サービス

  • おうち割 光セット
  • 1年お得割
  • ガラケ→スマホ割

おうち割 光セットはソフトバンク光に加入している方のセット割引です。

ミニモンスターは1GBの利用で最安値1,980円で利用できるので、この機会にソフトバンク光に乗換え、または新規加入するのもおすすめです。

1年お得割は、スマホ購入が伴っている契約に対して1年間1,000円の割引が適用されます。

これまでにソフトバンクで1年お得割を受けたことがある方は対象外なので注意してください。

ガラケ→スマホ割に関しては後ほど詳しく解説します。ガラケーユーザーの方は1年間1,980円の割引が適用されるというとてもお得な割引サービスです。

併用できない割引サービス

  • 月々割
  • みんな家族割+(台数にはカウントされる)

スマホを購入した時に2年間適用される月々割はミニモンスターで併用することはできません。そのため、機種代金がそのまま料金プランに上乗せされると思ってください。

また、家族で契約している台数によって割引が発生するみんな家族割+に関しては、割引は発生しませんが台数としてカウントされます。

ただしこの割引サービスはソフトバンク光の契約が必要なので注意してください。

ソフトバンクの「ギガ使い放題キャンペーン+」の特典内容は!?

次の章では実際に、ミニモンスターはどんな人に最適なのかシミュレーションしてみました。

4 ミニモンスターはどんな人に最適なのかシミュレーションしてみた

まず、最安値の料金をシミュレーションしてみました。

1GB利用の場合料金
データ定額ミニモンスター(1GB)2,480円
通話基本プラン(2年契約)1,500円
1年お得割(1年間)-1,000円
おうち割 光セット-1,000円
ガラケ→スマホ割(1年間)-1,980円
1年間の利用料金
2年目の利用料金
0円
2,980円

※この料金に別途機種代金やその他オプション料金が含まれます。あくまで最低料金であることをご了承ください。

利用できる全ての割引を駆使すると、なんと1年間は最安値0円で使えることがわかりました。

それだけ安く使える方は下記のような人です。

ミニモンスターを1年間0円で使える人

  • 毎月データ通信量は1GBしか使わない人
  • ガラケーからスマホにこのタイミングで乗り換える人

かなり限られてきてしまいますね。

そこで、0円にならなくても、ミニモンスターを使うことに向いている方の特徴をいくつかご紹介するので是非参考にしてください。

4-1 毎月1GB程度しかデータ通信量を使わない人

毎月1GB程度しかスマホのデータ通信量を使わないという人はミニモンスターがピッタリです。

スマホのデータ通信量で1GB程度であれば問題ないので、自宅のWi-Fiに繋いだり、外のフリーWi-Fiを使うことでデータ通信量の節約は可能です。

データ通信量1GBの目安はおおよそ、Youtubeの動画1時間半程度LINE通話の場合は1時間の通話で約1GB程度だといわれています。

普段から、

  • スマホでデータ通信量をあまり使わないライトユーザー
  • 自宅などWi-Fi環境下でしかスマホを使わないという人

はミニモンスターに加入してもお得に使えるでしょう。

4-2 最適なのは ガラケーからスマホに変えようとしている人

画像引用元:ソフトバンク

ソフトバンクのガラケ→スマホ割は、現状ガラケーを使っている人がMNPまたは機種変更することで1年間1,980円の割引が適用されます

割引を適用するためには、使っているガラケーをショップに持っていく必要があります。

対象はMNPまたは機種変更のみなので、昔使っていたガラケーを持って行くようなことはしてはいけません。

4-3 最適なのは25ヶ月目以降に機種変更する前提の人

ミニモンスターは月々割の併用ができないので、スマホの機種代金がそのまま上乗せされます。

iPhoneのような10万超えのスマホだと毎月5,000円以上は機種代金がかかってしまうので、ミニモンスターの料金と合算するとかなり高額になる恐れがあります。

そこでおすすめなのが「25ヶ月目に機種変更する前提で機種代金を半額にするサービス」に加入することです。

機種代金が半額になることで、毎月の料金を安くすることができます。

ただし、25ヶ月目に機種変更する前提の契約となるので、2年以上同じスマホを使い続けたいという方にはおすすめできません。

また、半額対象のスマホに必ずしも新発売のスマホが含まれるとは限りません。

自分の欲しいスマホが対象外の可能性もあるので注意しましょう。

5 ソフトバンクのミニモンスターはライトユーザー向けのプラン

最後にミニモンスターの特徴をまとめます。

ミニモンスターの特徴
  • 従量制のデータ通信プラン
  • 月々割がないので機種代金は満額上乗せされる
  • 最安値1,980円で使える(条件次第では0円も可)
  • 2GB以上使うならウルトラギガモンスター+がお得

ガラケ→スマホ割を使えば1年間0円も夢じゃないミニモンスター。

基本料金の安さに惹かれてしまいがちですが、

  • 従量制プラン
  • 機種代金が満額上乗せされる

ということをしっかりと理解しておいてください。

また、2GB以上使う場合は『ウルトラギガモンスター+』の方がお得です。

あくまでミニモンスターはライトユーザーやスマホのデータ通信のほぼすべてをWi-Fi環境下で行う人を向けの料金プランと考えて方が良いです。

しっかりと料金プランのメリットとデメリットを把握して損のないように検討してみてください。

ソフトバンクのミニモンスターとiPhone XSの相性|お得に使う秘訣

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ