ソフトバンクのミニモンスターの全て|対象機種・月額料金のまとめ

  • 2018年10月21日
  • by 
ソフトバンクのミニモンスターの全て|対象機種・月額料金のまとめ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ソフトバンクバナー

2018年9月よりソフトバンクからミニモンスターと呼ばれる新料金プランがスタートしました。

今までのソフトバンクの料金プランは決まったデータ通信量に応じて支払う定額制でしたが、今回のミニモンスターは使ったら使った分だけ料金が発生する従量制プランです。

そこで今回は、ソフトバンクのミニモンスターの概要やメリット・デメリットについて解説をします。

併せて、

  • ソフトバンクのミニモンスターはどんな人に適しているのか
  • 最安値で使うにはどのようにすれば良いのか

を解説をするので是非参考にしてください。

1 ソフトバンクのミニモンスターの概要について

ミニモンスター

画像引用元:ミニモンスター | モバイル | ソフトバンク

まず、ソフトバンクのミニモンスターの概要について解説をします。

ソフトバンクのミニモンスターは、「スマホ料金を安くしたい!」という声に合った非常にリーズナブルな価格の料金プランとなっています。

しかし、どのような料金プランなのか知らず、ただ安くなるからと契約をしてしまうと後で痛い目を見ることも有り得ます。

契約する前にしっかりと理解を深めていきましょう。

1-1 使ったぶんだけの従量制データ通信プラン

ミニモンスターグラフ

画像引用元:ミニモンスター | モバイル | ソフトバンク

まず、ミニモンスターは従量制のデータ通信プランであるということを知っておきましょう。

データ通信量価格
1GB2,480円
2GB4,480円
3GB5,980円
4GB5,980円
5GB6,980円

このように、毎月利用するデータ通信量によって料金が変動するシステムです。

ちなみに上記の表の金額は、割引などが全て含まれていない金額となっています

また、データ通信プランなので別途、通話プランの加入が必要になります。

従量制というのは使った分だけの料金が発生する仕組みです。

ですから、無駄なくスマホを利用できますが、使いすぎた時に料金が高額になりすぎて地獄を見るということにもなりかねません。

ただ、5GBを超えれば料金がそれ以上高くなることはありません。

しかし、後ほど詳しく解説しますが、5GB以上使うという方であればミニモンスターではなく、定額制のプランに加入した方がお得になります。

ソフトバンクバナー

1-2 ミニモンスター は最安値1,980円から利用することが可能

ミニモンスターのサービス開始に伴い、スマホを購入する場合1年間は最安値1,980円で利用することができます。

1GB利用の場合価格
データ定額ミニモンスター(1GB)2,480円
通話基本プラン(2年契約)1,500円
1年おトク割-1,000円
おうち割光セット-1,000円
合計金額1,980円

こちらは1GBを利用した場合の料金の内訳となります。

あくまで最安値なので例えば、

  • スマホの購入が伴っていない
  • ソフトバンク光を契約していない

という場合は割引が適用されません。

また、スマホを購入した場合にはスマホの機種代金を分割支払いで別途機種代金が毎月上乗せされます。

それでも、1GB1,980円から利用できるという料金プランは格安SIM並みに安いといっても過言ではありません。

ワイモバイルの価格とほぼ同じ

例に挙げると、ソフトバンクの子会社であり格安SIMであるワイモバイルの料金プランは、1GBで2,980円となっています。

こちらは10分の通話し放題つきの料金プランとなっていますが、ソフトバンクのミニモンスターがいかに格安SIMと同じくらい安い料金プランなのかがわかります。

1-3 対象機種は最新スマホまでほぼ全て

ミニモンスターの対象機種は、現在発売されているスマホはほとんど対象だと思って良いでしょう。

新発売となるスマホも対象機種となっているため、よほどスマホのモデルが古いわけではない限り対象機種と思って問題ないかと思われます。

2 ミニモンスターのメリット・デメリット

次に、ミニモンスターのメリット・デメリットについて説明していきます。

概要でも軽く触れてはいますが、ミニモンスターはただ安いだけの料金プランではありません

auがソフトバンクより先に「ピタットプラン」と呼ばれる料金プランのサービスを開始していますが、ピタットプランと同様に従量制故のデメリットが指摘されています。

メリットとデメリットをしっかりと理解して、料金プランを選ぶようにしてください。

2-1 メリットは使った分だけ料金が発生するので無駄がないこと

ミニモンスターのメリットは、使った分だけ料金が発生するという従量制です。

では、いままでの料金プランの基本となっている定額制のデメリットを見てみましょう。

定額制のデメリット

  • 1ヶ月の間にデータ通信量を使い切ることができない
  • データ通信量超過で速度制限がかかりストレスが溜まる
  • 速度を元に戻すために追加料金を支払って無駄にお金がかかる

このように、データ通信量が多すぎて使い切ることができず、無駄にお金を支払っている気持ちになる方も少なくありません。

反対に、データ通信量超過でストレスが溜まったり、余計なお金がかかることもあります。

定額制は、毎月使うデータ通信量に変動がある方にとってはかなりコスパが悪いといっても過言ではありません。

そのため、ミニモンスターのような従量制のプランは、毎月の使うデータ通信量の変動にも柔軟に対応できます。

使わなかったら安いですし、使ったらその分お金がかかるという非常にシンプルなプランなのです。

だからこそ、無駄なくデータ通信量を使えるという点で、毎月使うデータ通信量に変動がある方にはおすすめなのです。

ソフトバンク × Yahoo! Japanカード(ヤフーカード)の組み合わせはお得!

ソフトバンクユーザーやソフトバンクへのりかえを考えているならYahoo! Japanカードがオススメです。

入会審査が最短3分、年会費無料のうえ、ソフトバンクの通話通信の利用料金(税込)1,000円につきTポイントが5ポイント、クレジット利用ポイントで100円につき1ポイント貯まります。

Tポイントは、ソフトバンクの支払いにも使えるので、ソフトバンクユーザーにとってオススメのカードです。

話題のPayPay連携で入会キャンペーンやポイント還元が効果的なのも特長です。

▼要チェック!ワイモバイルアウトレット▼

次のページでは、ミニモンスターの契約開始と併用できるサービスについて詳しく解説します。

ソフトバンクの料金プラン見直し!料金シミュレーションと変更方法

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ソフトバンクバナーソフトバンクバナー

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

ソフトバンクバナー